お 寿司 数え 方。 お寿司の一貫と一個では数え方が違う?1皿2個の理由は?数え方の歴史を解説

にぎり寿司を一貫二貫と数えるようになった理由とは?寿司の歴史も味わおう

お 寿司 数え 方

スポンサードリンク お寿司の数え方は1貫、2貫。 これは常識ですよね。 ですが2個セットで提供されることが多いお寿司は、 1つずつで1貫と数えたり、 2つで1貫と数えたり、人によってバラバラなのです。 いったいどっちが正しい数え方なのか、その謎に迫ります。 お寿司の歴史 皆さんがよく知るお寿司は、 江戸前寿司と呼ばれるものです。 それ以前からお寿司は日本にも存在していたのですが、「 なれずし」と呼ばれる酢飯と魚を発酵させて作るものが主流でした。 もともとは東南アジアの山間部にすむ民族が、貴重な 魚を保存するために考案したものですが、それが中国を経由して奈良時代ごろには日本にも伝わっていたそうです。 しかし江戸時代になると、 今のような握りずしが広まっていきます。 江戸近郊では天然の漁場が多数あり、新鮮な魚介類を新鮮なうちに食すために、握りずしが出来上がりました。 なので 握りずしは江戸にしかなかったものなのですね。 明治時代になり、1923年に 関東大震災が発生。 東京の街は大打撃を受け、江戸前寿司も壊滅寸前でした。 何とか生き延びたすし職人たちは、 東京から離れ全国へと散らばります。 そしてその土地で江戸前寿司が広がり、今のように「寿司といえば江戸前寿司」という文化になっていったのです。 スポンサードリンク お寿司の数え方はどうして貫になった? ではどうして寿司は1貫2貫と数えられるようになったのか。 こちらは諸説あって、有力なのは 海苔巻きを1巻と数えていたことから、握りずしも貫と数えるようになった説 重さの単位「貫」から転じた という説の2つです。 海苔巻きについてはわかるのですが、重さの単位である「貫」はイマイチ馴染みがないかもしれません。 貫というのは 「 尺貫法」における質量の単位です。 「尺」の方が長さを表し、「貫」の方が重さを表しているのですね。 今ではほとんど使われることはありませんが、明治時代には1貫=3. 75キロと定義づけられてました。 さらに江戸時代までは通貨の単位としても使われていたといいます。 1文銭の重さを1匁 もんめ として、 1000匁=1貫とされていたのです。 もともと古代中国から、銭の真ん中に空いている穴にひもを通して、大量のお金をまとめるという文化はありました。 その文化は日本にも伝わり、江戸時代までは実際にそういった形式でお金がまとめられていたそうです。 そして1文銭を1000枚まとめたものが、1貫として扱われていました。 1文銭1000枚の重さは3. 737kgほどになります。 それが明治時代になって3. 75kgと統一されるわけなのです。 6kg くらいだったそうですが。 ではどうしてそこからお寿司の数え方に結び付くのでしょうか。 江戸時代のお寿司は、 1つ当たりの大きさが今の倍以上ありました。 今のお寿司はだいたい20g前後ですが、 江戸時代のお寿司は40gも重量があったそうです。 忙しい江戸っ子は、2つほどお寿司をつまんで小腹を満たしたら、もうおあいそを済ませて仕事に戻っていたんだとか。 ですがたいていの場合は、 1人前で9つのお寿司がセットになっていたそうです。 40g前後のお寿司が9つとなると、その重さは 360g前後になりますよね。 つまりちょうど100文とおなじくらいの量なのですが、江戸時代にはこれで景気よく 1貫揃いと呼んでいたのです。 そこからお寿司のことを貫という単位で数えるようになり、さらにそれが変化してお寿司1つで1貫と呼ぶようになりました。 スポンサードリンク 2つで1貫と呼ぶ風習はどこから? このように、江戸時代にはお寿司1つ1つを1貫と数える風習ができていました。 でもこれだとまた別の疑問がわいてきますよね? どこから お寿司を2つで1貫と呼ぶ風習も出来上がったのでしょうか? この違いは、明治から昭和にかけて、お寿司の提供方法に変化があったことポイントになります。 江戸から明治に変わっていくにつれて、 すしの大きさは徐々に小さくなっていきました。 これは食べやすさを重視したことや、 ネタにできる魚介が増えてきたことなどが影響しています。 その後、第二次世界大戦などもあって寿司屋は全国的に営業が停止していたのですが、 委託加工業者として何とか復活。 この当時は1合の米を握りずし10個と交換するという、厳しい統制の中でもなんとか生き残っていきました。 この時はまた江戸時代のような1つ当たりが大きい寿司が提供されていたようです。 つまり お寿司1つ=1貫のままでした。 高度経済成長が始まるころには回転寿司が普及。 徐々に庶民性を取り戻していき、再び食べやすいような大きさになっていきます。 このとき、 もともとは1つ分だった分量を2つに分けて提供し始めるようになり、 2つで1貫と数える風習が出来上がっていきました。 こうして、 昭和から平成にかけてはお寿司は2つで1貫が当たり前でした。 ですがここからまた回転ずしが普及していくにつれて、お寿司1つ=1貫と数え始めるようになります。 やっぱり1皿1貫と表記するよりも、1皿2貫と言われた方がお得感がありますからね。 そういった広告的な面もあって、 いまではお寿司1つ=1貫と数える方が主流になってきています。 江戸時代に比べて大きさは半分くらいになったのに、数え方だけ元に戻っちゃったんですね。

次の

にぎり寿司を一貫二貫と数えるようになった理由とは?寿司の歴史も味わおう

お 寿司 数え 方

index• にぎり寿司の単位「一貫」の意味とは 初めに結論を述べると、にぎり寿司の一貫の意味を「にぎり寿司1個」とする方が主流です。 厳密には定義されていないので、たとえ「一貫=にぎり寿司2個」と考えていたとしても、間違いとは言えません。 現在は、スーパーマーケットや全国展開している寿司チェーン店では、 にぎり寿司1個を一貫として扱っているところが多いです。 ただし、人によって一貫を「にぎり寿司1個とするか2個とするか」は異なります。 寿司屋についても、「にぎり寿司1つとするか2つとするか」は、店によって異なります。 一貫に対する考えについて来客が誤解しないように、にぎり寿司の数え方に個数を採用する寿司屋もあります。 ひとまず、一貫の意味を「にぎり寿司1個」と考えておきましょう。 寿司屋に行った際に、一皿に2個のにぎり寿司が載っているなら、二貫と数えて構いません。 この記事では、「一貫=にぎり寿司1個」として扱っていきます。 にぎり寿司を一貫ニ貫と数える理由 にぎり寿司の数え方として知られている「貫」ですが、重さとして使われる意味では「一貫=3. 75kg」です。 現在のにぎり寿司の一貫は、ネタを載せた状態で30g前後ですから、あまりにも重さが違います。 にぎり寿司の単位に「貫」が採用されて、一貫ニ貫……と数えられるようになった理由については、諸説あります。 代表的な説について、いくつか紹介しましょう。 江戸時代に使われていた文銭の重さに由来する説 江戸時代には、文銭というお金が使われていました。 一文銭の重さは、3. 75gと規定されています。 96枚の文銭を紐でまとめたものを銭差し百文と呼びます。 百文と呼ぶには4銭だけ足りないと思うでしょうが、百文の価値があるものとして扱われていました。 足りない4銭は、96銭を数えて紐でまとめる際の手間賃として考えられたからです。 ちなみに、10本の銭差し百文を銭さし一貫と呼びます。 文銭96枚は、重さにして360gです。 当時の寿司の重さは、銭差し百文と同じくらいだったと言われています。 本当かどうか定かではありませんが、江戸末期〜明治初期の寿司が原寸大で描かれているという「すしの絵」では、なんと 鮎1匹(約12cm)が載っています。 江戸東京博物館では、にぎり寿司の屋台にて、おにぎり大の寿司が展示されています。 現在のにぎり寿司と比較すると、3~5倍は大きかったことは確かです。 江戸時代では、にぎり寿司は大工などの肉体労働者の食べ物として好まれていました。 そのため、大きな寿司の方が受けがよかったのでしょう。 にぎり寿司は、本来なら銭差し百文と同じくらいの重さとされています。 それを景気よく「銭さし一貫と同じくらい」と誇張した結果、にぎり寿司1個を一貫と呼ぶようになったのではないかと考えられています。 にぎり寿司の一貫が小さくなったキッカケ 江戸時代の中後期(1818~1830年)、江戸両国の寿司職人である華屋与兵衛は、「9種類のネタを握った、1つ40gほどの寿司9つ」を出したそうです。 この握り方は、多くの一般人から支持されました。 与兵衛の寿司の握り方が他の寿司屋でも採用された結果、現在のように一口大に近い寿司が広まったと考えられています。 なお、与兵衛の自伝によると、与兵衛の握り方には、すでに何人かの先駆者がいたそうです。 与兵衛は彼らの握り方を知り、自身でも実践した結果、大成したというわけです。 明治~大正時代では、10銭を俗に一貫と呼んでいたことに由来する説 明治から大正時代にかけて、10銭のことを俗に一貫と呼んでいました。 この頃は、にぎり寿司1個が5銭くらいであったので、にぎり寿司2個を一貫と呼んだのではないかと考えられています。 にぎり寿司の一貫の呼び方が定着した時期 ところで、いつ頃から「にぎり寿司は一貫として数える」という数え方が定着したのでしょうか。 文献をたどっていくと、1970年(昭和45年)に篠田統が書いた「すしの本 増補版」に、にぎり寿司の数え方として「貫」が登場します。 吉野鮨本店の三代目である吉野曻雄からの聞き書きとして、「五貫のチャンチキ」と書かれています。 チャンチャキとは太鼓のバチであり、「五貫のチャンチキ」は「にぎり寿司5個と細巻き2本」という意味です。 それ以降の年代の文献にも、にぎり寿司の数え方として一貫(「イチかん」あるいは「いちかん」とも)という表現が登場します。 やがて、昭和後期のグルメブームの際に、にぎり寿司の数え方が一般人にも広まり始めたと言われています。 にぎり寿司の数え方が辞典にも記載されるようになった時期は、21世紀に入ってからです。 三省堂国語辞典の第五版(2001年)の「貫」の項目に登場します。 用例としては「タイのにぎり二貫」と表記されたようです。 にぎり寿司の戦前・戦後の違い にぎり寿司の戦前・戦後の違いを象徴するものと言えば、回転寿司です。 回転寿司の登場は、1958年(昭和33年)、大阪府の布施市(現・東大阪市)の近鉄布施駅北口で開店した「元禄寿司」が最初と言われています。 1970年(昭和45年)、日本万国博覧会に出店した元禄寿司は、食事優秀店として表彰されることとなります。 これにより、回転寿司の知名度は著しく高まりました。 ちなみに、今ではおなじみとなった軍艦巻きは、第二次世界大戦前である1941年(昭和16年)に登場したものです。 軍艦巻きの発案者は、東京銀座の寿司店「久兵衛」の主人であったと言われています。 ウニを持参した常連客から「これで寿司を握ってくれ」と言われた主人は、シャリの周りを海苔で囲うという方法を編み出しました。 当時、軍艦巻きは、寿司業者からゲテモノ扱いされました。 江戸前のにぎり寿司の伝統に合わなかったからです。 しかし、不安定なネタでもシャリに載せられる有用性が認められた結果、戦後は一般的なものとなりました。 にぎり寿司一貫のシャリの重さとカロリー にぎり寿司のシャリの重さは、さまざまな要因によって変わります。 たとえシャリ製造機のような機械作業であっても、店舗によって設定しているシャリの重さは異なります。 大手チェーンの回転寿司店のシャリは、重さ18gを採用しているそうです。 一般の人々に慣れ親しまれている点を考慮すると、にぎり寿司一貫のシャリの重さを18gと考えてもいいでしょう。 次に、にぎり寿司一貫のシャリのカロリーについてです。 米(精米)100gは、360kcalと言われています。 これに基づいて計算すると、にぎり寿司一貫のシャリのカロリーは、64. 8kcalとなります。 にぎり寿司一貫には何粒の米が使われているか 米穀安定供給確保支援機構によると、ご飯(炊いた精米)150gの米粒は、約3250粒だそうです。 すなわち、ご飯1gあたり約22粒の米が含まれていることになります。 シャリの重さを18gと仮定すると、約390粒の米が使われている計算になります。 まとめ 現在のにぎり寿司の数え方は、「一貫=にぎり寿司1個」とする方が主流となっています。 しかし、厳密に定義されているわけではありません。 にぎり寿司を一貫二貫と数えるようになった理由には、江戸時代の銭差し百文の重さに関する説もあれば、明治~大正時代の10銭の俗な呼び方に関する説もあります。 真説は定かではありません。 にぎり寿司を一貫として呼び始めた時期は、文献としては1970年(昭和45年)の「すしの本 増補版」が初めのようです。 昭和後期のグルメブームの際に、一般人に広まったと考えられています。 辞典として一貫という言葉が登場した時期は、2001年(平成13年)に出版された三省堂国語辞典第五版とされています。 にぎり寿司の歴史を知ることで、今度から寿司を食べる際に、歴史の趣も味わえることでしょう。 二重の意味で、にぎり寿司の味を楽しんでください。

次の

お寿司の一貫と一個では数え方が違う?1皿2個の理由は?数え方の歴史を解説

お 寿司 数え 方

20代の若い人数名に聞いてみたが、握り寿司は1つを「1貫」というと思っているとのことだった。 つまり、うさぎを1羽、2羽と数えるように、「貫」とは握り寿司の数え方だと思っているとのことだった。 まとめよう。 握り寿司を前にして、「1貫」というとき、人によって主張が違う。 「1貫」とは、にぎり寿司1個のことである。 「1貫」とは、にぎり寿司2個のことである。 1個か2個かというのは、 全然違う。 全然違うのに、どうしてこんな「重要」なことで「意味が揺れている」んだろう? そこで、私は考えた。 きっと現在は、 「1貫=2個」から「1貫=1個」に移り変わる過渡期なのであろう。 このあたりのことを調べてみようと思った。 よくよく考えてみれば、「貫」というのは 質量の単位である。 質量の単位と考えれば、「1貫」の寿司が1個の場合もあるし、2個の場合もあるし……、そういうことが起こったって不思議はない。 しかし、 1貫は3. 75kg。 「1貫」のお寿司は、一人分としては多すぎる! これは、握り寿司の歴史と質量の単位「貫」の歴史について調べ、どこかで 接点を見つければよいと気がついた。 質量の単位である「貫」は、やはり「つらぬく」に関係がある。 天秤で質量を量るときには、規格の整った分銅がたくさんあると便利である。 身近にあるものでは、やはり硬貨だろう。 金銭としての値打ちを一定にするためにも、また、信用のためにも、硬貨は 均一性が求められる。 75g。 このころの一文銭には四角い穴が空いていて、その穴は紐を通して大量に持ち歩くときに利用された。 一文銭100枚を紐に通したものが 「百文差し」と呼ばれた。 ちょうど100文の買い物をするときには、「百文差し」1本をぽ~んと渡せばよい。 この作業を行うことに対する作業賃がほしいくらいだ。 「お代は、100文」だよと言われて、百文差しを簡単に渡すのはなんだか悔しい。 そこでかどうかはわからないが、当時は実際には 96枚で百文の価値があるとされていた。 75gの一文銭が96枚だったら、3. これだけの重さがある。 この 360gという質量、ちょっと記憶に残しておいてください。 75gだ。

次の