乳首 が 痒い。 妊娠すると乳首が痛い・かゆい・色が変わる!変化とトラブルについて

乳首が痛い原因って更年期?それとも病気?

乳首 が 痒い

乳首が超かゆい! 乳首が かゆいのは 厄介ですよね。 人前で触ることができず、 痒みと ストレスが倍増してしまう…。 なかなか人に相談しにくい、胸の悩み。 たぶん、病気ではなさそう。 なのでよけいに、相談しづらいこんな乳首のかゆみ。 あんまり男子からは聞かないですな。 なので、なおさら憤りを感じます。 そして、意外と多い、解決困難な女子の悩みです。 今回は「乳首が痒い原因と対処法」について、そのへんのブログでは見つからない秘密の情報をまとめてみました。 ) ほら、かゆいと言っても• 突然かゆくなる!• 常にかゆい!なんとかして!! って2つの場合があるじゃないですか。 突然かゆくなった場合は それこそ、• 腕を組むふりをして何気にかく• トイレに逃げ込む• デスクに座っているなら、考えこむフリをしてうつむいてかく などなど、 テクニックの見せ所です。 女子として生きて行くなら磨いておきたい技です。 主に 6つほど懸念されます。 あなたのかゆみはどれでしょうか。 その1 傷で乳首がかゆい 授乳中に赤ちゃんに 乳首を噛まれるなどして 傷が出来た場合、 かゆくなってしまうことがあります。 傷は治りかけが一番かゆいものです。 とはいえ、 赤ちゃんは乳首をすごい勢いでくわえますから どうしようもないですね。 赤ちゃんにも安心な馬油などを傷口に塗って、 傷が外気に触れるのを防いでやりましょう。 母乳を傷にぬっても早く治るようです。 え? 赤ちゃんなんていない? 殿方に噛まれた? 噛み返して同じ苦しみを味わっていただきましょう。 って冗談もありますが、妊娠中で痒いばあい、少し注意したほうがいいかもしれません。 特に妊娠初期は痒くても我慢せねばならない時があります。 詳しくは、こちらまでスクロールをもしくはまで飛ぶべし。 その2 乾燥で乳首がかゆい 秋から冬にかけての乾燥の季節。 乳首ももちろん 皮膚ですから、 乾燥します。 お肌が乾燥すると痒くなるのと同様、 乳首も乾燥で痒くなったりするのです。 アトピー持ちの方は特に、乳首が痒くなったりしますね。 ブラジャーを 綿素材のお肌に優しいものにする、 ワセリンを塗って保湿を心がけるなどの対処で 乳首を乾燥から守りましょう。 特に、日々使っているボディーソープ類は お肌に優しいものに変えたいところです。 その3 摩擦で乳首がかゆい ブラや洋服の 摩擦によって乳首が乾燥してかゆくなることがあります。 乳首はデリケート。 ブラジャーや服はお肌に優しい素材を身に着けるように心がけましょう。 またブラの素材の種類によっては、 かぶれてかゆくなる場合もあります。 お肌が弱い方はブラジャーを かわいさだけで選んではいけません! スポーツブラは通気性がよくてお勧めです。 さらに、 念のためですが、 寝るときはブラをしないようにしましょう。 その4 ホルモンバランスの乱れで乳首がかゆい 乳首が痒いのが 生理前や 生理中など、 期間限定でかゆくなる場合は、 ホルモンが関係している場合もあります。 生理中に乳首がかゆくなる女性は意外と多く、 女子として避けられない 宿命みたいな面も否めず。 ホルモンバランスに注意しておきたいところです。 そのためにも、 大豆類の摂取や 日々の 運動など心がけて行きたいですね。 スポンサーリンク その5 不潔で乳首がかゆい 『不潔』っていわれると、イメージが悪いですが 乳首は汚れがたまりやすい場所です。 皮脂などの汚れがたまっていませんか? 特に夏は汗をかきやすく、 乳首が汚れやすいです。 また、厚着をする冬だって、侮れません。 満員電車で汗が谷間に滴ることも多いですが、 その上、乳首がかゆくなった日には、 ちょっとやそっと掻いた位では おさまらず、 悶絶の苦しみです。 なので、まずは 清潔に。 お風呂に入るたびに、 泡立てた石けんなどで 優しく洗ってあげませう。 ごしごし洗いは乳首に傷をつけますから避けましょう。 その6 乳腺の異常で乳首がかゆい 乳首の 乳腺から何らかの液が出ていて 炎症が起こっている場合、 乳首がかゆくなる時があります。 この場合は早めの病院の受診を心がけましょう。 婦人科で対処してもらえます。 あまり多くはないのですが、 パージェット病という 乳がんの一種があったりします。 その7 妊娠していて痒い これまでの理由と被りつつも、 妊娠してからやたら乳首がかゆい。 と言った、 結構シリアスな問題もございます。 『妊娠初期は乳頭に刺激を与えることで子宮が収縮し、流産のリスクが高まります。 しかし、妊娠後期になると、産後の円滑な授乳の準備のために乳房マッサージと一緒に乳頭マッサージをすることが勧められます。 つまり、多少は乳頭に刺激を与えても問題はありません。 ただし、乳頭を刺激しすぎるとお腹が張ることがありますので、状態を見ながらマッサージを行なう必要があります。 infoseek. ただ、原因がいまいちわからない。。 そんな時はもしかしたら、 カビ の可能性も否定できません。 そうです。 カビです。 マセラチアというカビの一種は人間にとりつき、かゆみを引き起こします。 ほら、おじさま方に多い足の水虫だって、原因はカビ。 足以外にも感染することはあります。 「乳首とその周りの痒み」恐るべしです。 注意されたし。 乳首の病気と注意したいトラブル さてさて、ここまで乳首がかゆい場合の様々なケースをみてまいりました。 が、しかし笑い話ですまないこともあります。 続いては少し深堀して、注意しておきたい状態を見ていきませう。 かゆみがひどく乳頭が赤くなって分泌液がでる いつもじゃないけど、乳首、とくに 乳頭のまわりに痒みがあってちょいちょい 分泌液みたいなのが出るケース。 比較的若い女子にみられる状態ですね。 こんな場合は アトピー性皮膚炎が関係している可能性が。 無責任に 乳がんかも!って書いているブログがあったりしますが、落ち着きましょう。 経験上よくあるのですが、皮膚がカサカサ乾燥しやすくて耐えきれなくて掻いちゃうと、 ひっかき傷になってしまい、乳頭や乳輪の皮膚の表面がめくれるようになってしまいます。 そこから分泌物のようなものが出てきて、 ジュクジュクした状態に。。 そのうちかさぶたのような物ができて、また最初のカサカサの皮膚に戻る。 これの繰り返し。 乳腺自体には何の異常がなくて、超音波検査やマンモグラフィでもなんにもわからない場合それは皮膚そのものに問題がある可能性も考えたいところです。 同じような状態になる、病気として最初のほうであげたパジェット病は非常にまれです。 ご年配(高齢)の場合には気にするべき病気。 こんな場合はすぐに専門医のところにGOです。 スポンサーリンク 本日のまとめ 乳首がかゆい!6つの原因と対策!• 乳首がかゆい場合はネタとしては有だけど、笑えない原因もある• 乳首も大切なお肌の一部• どうしてもかゆみがおさまらない場合は病院を受診する 乳首も肌の一部と考えて、毎日優しくケアしてあげませう。

次の

中年男性ですが乳首がカユいです。

乳首 が 痒い

Sponsored Links ネット上で乳首から汁が出て悩んでいる人の声 乳首から汁が出ることで悩んでいるのはあなただけではない! インターネット上でこのような悩みを見つけました。 2週間程前あたりからなのですが、左胸を押すと乳首から黄色い汁のようなものが出てきます。 はじめは量が多くて色も濃かったのですが、だんだんと透明になり量も減ったのでこのまま何でもないだろうと思っていたので すが、 昨日血が混じったものが出てきました。 血の色も濃くなく少しだけだったのですが不安です… 二十代前半で出産の経験もありません。 何か病気の前兆などなのでしょうか?回答よろしくお願いします。 お返事 乳首から汁が出る症状があるとのことで、心配してしまいますよね。 高プロラクチン血症や乳管内乳頭腫、または乳腺症などの病気が考えられます。 これらの病気の症状は似ているので専門の医師でないと判断がつきにくいと思います。 また乳がんのリスクもあるので早めに病院で検査を受けることをおすすめします。 私なら、乳腺外科を受診して検査を受けます。 乳管内乳頭腫や乳腺症などは意外と多い病気だそうです。 デリケートな場所なので、人に相談しにくいですし、乳がんの心配があるとストレスにもなりますので、 一度しっかり検査を受けることで安心できると思いますよ。 どうかお大事にしてください。 最後に 乳首から汁が出る原因は3つあることがよく分かりましたね。 乳首から汁が出る症状を治すには ・ストレスを溜めない ・睡眠をしっかり取る ・バランスの良い食事を心掛ける ・カフェインを控える 以上のことが大切です。

次の

乳首がかゆい8つの原因は?乳がんの初期症状って本当?病気の可能性や症状について!

乳首 が 痒い

更年期とは? 更年期とは、閉経前後の約10年間を指します。 日本人女性の多くは50歳前後で月経が終わるため、44~55歳前後が更年期といえるでしょう。 更年期の症状 更年期に起こる症状の不調には、身体の症状と心の症状があります。 身体の症状 ・乳首、乳房の痛み ・だるい ・疲れやすい ・動悸 ・のぼせ、ほてり ・腰痛、肩こり、頭痛 ・耳鳴り ・手足の冷え など。 心の症状 ・イライラ ・不安 ・不眠 ・うつ症状 など。 閉経を迎える年齢に個人差があるため、更年期の時期にも個人差があります。 更年期の症状には、性格やストレス、自分を取り巻く環境にも左右されやすいです。 更年期症状は日によって、表れる症状や症状の重さが違うため、さまざまな不調に悩まされます。 エストロゲンの分泌量が低下すると、ホルモンバランスが乱れるだけでなく、自律神経まで乱れてしまう恐れがあるんです。 自律神経とは? 自律神経とは、自分の意思とは関係なく働いている神経を指します。 心臓がずっと動いていたり、血圧や体温を調整したりと、生きるために重要な身体の機能をコントロールしてくれているのが自律神経です。 自律神経が乱れればホルモンバランスも乱れるため、自律神経と女性ホルモンは互いに影響し合っていると考えられています。 更年期の乳痛は、女性ホルモンの減少が原因 女性は通常、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンが、バランスよく分泌されています。 ところが、更年期になるとエストロゲンの分泌が減り、プロゲステロンの分泌が増えるため、ホルモンバランスが乱れてしまうんです。 更年期に起こる乳痛の大きな原因は、このホルモンバランスの乱れだと考えられます。 プロゲステロンには、一時的に乳腺を発達させたり、乳腺内の血管を拡張させたりする働きがあるため、更年期になると乳痛を感じるのでしょう。 乳腺疾患の可能性も!胸の痛みには要注意 乳首が痛む原因は、更年期や妊娠だけが原因だとは限りません! 乳痛を含め、胸の痛みを伴う病気はたくさんあり、自分で病気かを見分けるのはたいへん難しいです。 「いつもより乳痛が長引く」「片胸だけ痛い」など、少しでも胸に不快感や違和感がある場合は、 医療機関を受診されることをオススメします。 私は社会人になったころから、健康診断と共に、乳がん検診を受けるようになりました。 たとえば、乳腺症と乳がんの症状は似ている 乳腺症とは、女性ホルモンのバランスが乱れ、乳腺が炎症して起こる様々な病変の総称です。 卵巣機能が低下して女性ホルモンの分泌が不安定になる30~50代の女性に、 乳腺症は多く見られます。 また 乳腺症の場合は、生理周期に合わせて痛みが強くなるというのが特徴の1つです。 乳腺症は良性疾患であるため基本的には経過観察のみだそうですが、乳がんは悪性腫瘍なので治療が必要になります。 乳腺が炎症して起こる「乳腺症」にみられる、 乳首や乳房の痛み、胸の張り、しこり、乳頭からの分泌物などの症状は、乳がんの自覚症状と似ているそうです。 乳首が痛いときの予防法【3選】 規則正しい生活 乳首が痛いときだけでなく、 更年期の症状を和らげるには、ホルモンバランスを整えることが大切です。 睡眠不足や疲労により、ホルモンバランスは簡単に崩れてしまいます。 睡眠時間をしっかり摂るようにするだけでなく、就寝時間と起床時間はなるべく一定に保つように心がけましょう! また、疲れたときは休息を十分に摂り、 ストレスも溜めないようにすることが大切です。 バランスの良い食事 脂肪分の多いお肉中心の食生活や、ジャンクフードばかり食べるのは控えましょう。 コレステロールばかり摂取していると、血液がドロドロになってしまい、乳腺にコレステロールが詰まりやすくなってしまいます。 血液がドロドロになると、身体に必要な栄養素が十分に届かなくなる恐れもあり、乳首が痛いなどの乳痛を悪化させてしまう恐れがあります。 また、ホルモンバランスを整えるにはエストロゲンの分泌を増やす必要があり、 エストロゲンは食品から摂取することも可能です。 別名、「植物性エストロゲン」とも呼ばれているんです。 つまり、大豆イソフラボンを摂取することで、 エストロゲンの分泌を促進する効果が期待できます。 ビタミンEを多く含む食品には、たとえば納豆があります。 また、サポニンは中性脂肪やコレステロールを洗い流してくれる役割があり、 肥満防止効果が期待できるため、痩せにくい女性にもオススメです。 サポニンは、大豆や高麗人参に含まれています。 締め付けの強いブラジャーは避ける ワイヤー入りのブラやサイズの合っていないブラで胸を強く締め付け続けていると、 胸の血流が悪くなってしまいます。 血行不良により胸の痛みが生じている恐れがあるため、胸に痛みを感じる場合はブラを見直してみるのがオススメです。 胸にも成長痛があり、胸が大きく成長する過程で胸や乳首が痛むことがあります。 10代はまだまだ身体が不安定のため、生理不順によりホルモンバランスが乱れて乳痛を引き起こしている場合もあるようです。 妊娠や出産による痛み 生理前もそうなのですが、 妊娠中には「プロゲステロン」が多く分泌されます。 プロゲステロンには乳腺を発達させる働きがあるため、生理痛のように胸が張って乳痛が起こっている恐れがあります。 またプロゲステロンの影響で、 妊娠中は皮膚トラブルが起こりやすいです。 とくに乳首部分はデリケートであるため、 下着の摩擦により乳首に痛みを悪化させているかもしれません。 ストレスによる痛み 女性ホルモンや自律神経は、ストレスに大きく影響されているんです。 ストレスを溜め過ぎることで、女性ホルモンや自律神経のバランスを乱してしまい、乳痛を引き起こしている場合があります。 乳痛だけでなく、ストレスが原因で引き起こす病気はたくさんあるので、ストレスを溜めないように気をつけましょうね。 まとめ 乳首が痛むという症状は、更年期障害の1つとも考えられます。 加齢と共に卵巣機能が低下するため、ホルモンバランスが乱れてしまい、エストロゲンの分泌が減少すると、乳痛が起こる場合があるんです。 ただ、胸の痛みには更年期の症状だけでなく、成長期、妊娠や出産、ストレス、病気などといった様々な原因も考えられます。 胸に少しでも不快感や違和感がある場合は、一度、医療機関を受診される方がよいでしょう。 更年期で起こる乳痛を予防するには、規則正しい生活やバランスの良い食事が大切です。 また、ストレスはホルモンバランスを簡単に崩すため、ストレスを溜めないようにしてくださいね。

次の