連想 ゲーム お 題。 連想ゲームのお題、問題一覧【高齢者~小学校向け】ルールも解説!

連想ゲーム

連想 ゲーム お 題

youtube. 回答者は目をつぶり出題者が残りのチームメンバーにそれぞれ回答しなくてはいけない『お題』を見せます。 出題者側は一人でも構いませんし、ゲーム運営側であり、2チームのいずれにも属していなければだれでも構いません。 その『お題』そのものの名詞や、それを含む用語を使うことは禁止し、『お題』にまつわる言葉を使うことで回答者を正解に導いていきます。 ヒントを与えるのはチーム内順番で一人ずつ口頭で伝えるもよし、ホワイトボードなどに書き込んで行くもよし、フェアな条件を用意できるのであれば方法は問いません。 最終的に ヒントの少ない数で回答に至れたり、先に回答できたチームの方を勝利とします。 ルールB チームを二つに分けるところまでは一緒で、全員に回答件が存在します。 出題者は『お題』に近い名詞や動詞をチームに語り、それぞれに回答を促してゆく、または挙手において回答がわかったものを指定し回答させてゆきます。 クイズ番組における早押し形式などを想像すればよいです。 例として『お題』がバナナなのであれば、黄色、果物、甘い、長いなど連想させやすいワードを並べるとともに、変色する、南国生まれ、など回答を混乱させるワードを並べても良いでしょう。 お題の出題例 レクリエーションにおいて 出題の基本は「誰でも知っている」「連想しやすい」のが最低条件です。 あまりに簡単すぎるのも面白くありませんが、あまりに難しすぎ乗るの正解にたどり着けずつまりません。 子供向け、小学生向けであれば最近の授業で習ったものや子供たちの間で流行っている題材を利用するのが良いでしょう。 あこがれの職業や身近なスポーツ、アニメやゲームなど、事前に調べて題材を用意しましょう。 また複数の絵本の読み聞かせのあとで物語にまつわる『お題』を用意するのも復習を踏まえた脳の活性化に良いでしょう。 高齢者向けであれば、脳の思考視野にここによって偏りがあるのでハッキリと解かり易い『お題』を出題するのが良いでしょう。 例えば 季節の行事であるだとか、興味のあるものが妥当です。 毎日の食事であったり、動物や色、歴史話などでも良いでしょう。 お勧めできないのは最近のニュースであったり世情を反映した『お題』などです。 高齢とはいえ、 それぞれに主張を胸に持つ大人として諍いの原因にもなりえそうなお題は避けて通るのがベターです。

次の

言葉遊びで子供の語彙力と思考力を育てる!楽しい言葉遊び10選一覧

連想 ゲーム お 題

幼稚園や保育園児が集まる子供のパーティーや、社会人の新年会で定番・伝言ゲーム。 大人が集まるお花見の余興や、デイケアなどの高齢者レクリレーションとして行うのも面白いですよね。 でも、伝言ゲームをやる際に悩むのは『お題』。 お題が面白さの鍵をにぎるので、お題えらびは重要です。 しかし、どんなお題を選んだらいいのか困りものですね。 そこで今回は「 伝言ゲームのお題」についてご紹介します。 簡単で短い例文や面白い長文を中心にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 また、口パク伝言ゲームや背中伝言ゲーム、ジェスチャー伝言ゲーム、イヤホンガンガン伝言ゲームなども紹介もしています。 合わせてチェックしてみてくださいね。 こちらは大人向けですね。 新年会やお花見、忘年会の出し物にどうでしょうか? 難しい例文にするには、とにかく長い文章にすること。 単語自体は簡単でも、覚えるものが多いと頭が混乱しますよね。 伊藤さんは座布団運びをさせられている山田くんのようなポジションだった』 ・『北海道の札幌へ桜を見に行ったら、何故か飛行機に乗って東京へ行った。 そこから新幹線で大阪へ、さらにバスで福岡に行ったら疲れて、大分で温泉に入ったら目が覚めて夢だと気付いた』 ・『ドラゴンボールを7個集めていて5個まで集まったのに、悟空が悟飯に4個渡して1個になった。 そこから亀仙人に3個もらって4個になり、ベジータへ1個渡して3個になった』 などがおすすめ。 おじいちゃんおばあちゃん、老若男女で楽しめそうです。 内輪ネタも盛り上がるので、伝言ゲームのお題としておすすめですよ。 ただ、名前を出す際にはきちんと許可を取ってくださいね! 伝言ゲームのお題 長文の例文!文章の変化を楽しめる! 最後に伝言ゲーム【長文のお題】編。 コロッとだまされた王子たちはすぐ姫たちと結婚し、幸せに暮らした』 ・『坊主が上手に屏風に坊主の絵を描きたかったが、どう見ても後光が差した和尚の絵にしか見えず、坊主には絵の才能がないことが判明した。 そこへ校長先生が来て仲良くしなさい!と怒ったが、逆に先生たちに怒られて、火に油を注ぐ結果になった』 などがおすすめです。 まずは『背中伝言ゲーム』。 伝言ゲームといえば、声で相手にお題をひそひそと伝えて、最後の回答者にお題が何かわかるように伝えていくゲームです。 対して背中伝言ゲームというのは、背中に指で文字を書いて何が書かれているのか伝えていくゲーム。 言葉で伝えるのではなく、わかるように指でお題の文字を書きます。 伝言ゲーム ジェスチャー伝言ゲーム 続いて、ジェスチャー伝言ゲームです。 クイズ番組でもよくやっていますよね。 お題が出された人は、回答者に何のお題が出されているか相手に伝えなければなりません。 声で伝えるのではなく、ジェスチャーのみで伝えなければならないので結構大変です。 例えば『志村けん』というお題が出されると、アイーンというモノマネをして相手へ伝えるなど。 伝言ジェスチャーゲームは、〔回答者〕・〔ジェスチャーを行う人〕・〔お題を出す人〕と役割にわかれて行います。 またジェスチャーで伝言内容を伝えていくので、けっこう忙しいゲームかもしれませんね(笑) 動画を見れば、やり方も良くわかりますよ。 小学生や中学生のクラス会、会社の忘年会や新年会でも盛り上がりますね! イヤホンガンガン伝言ゲーム!これってどんなゲーム? 最近流行中のイヤホンガンガン伝言ゲーム。 一体どんなゲームなのでしょうか? イヤホンガンガン伝言ゲームの遊び方は、 ・イヤホンに大音量の音楽を流して相手の声が聞き取れないようにし、 ・口の動きだけでお題(言葉)を読み取ってお題を伝言していくゲーム です。 イヤホンから流れる音楽のせいで相手の声が聞き取れないので、なかなかお題を伝えるのが難しいんです。 でも、あまり音楽の音量を上げ過ぎると耳がおかしくなってしまうため、声(言葉)が聞こえるか聞こえないかぐらいの音量にしてくださいね。

次の

言葉遊びで子供の語彙力と思考力を育てる!楽しい言葉遊び10選一覧

連想 ゲーム お 題

人間は外界の様々な刺激により影響を受けやすいです。 その受けた影響によって、考え方や行動などの意思決定が大きく変わってきます。 「プライミング効果」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? プライミング効果とはあるものを見たり聞いたりした情報が、無意識のうちにその後の行動に影響することをいいます。 この効果は心理面だけでなく 脳血流量にも影響を与えることがわかってきています。 人間の脳内にはたくさんの知識や情報が蓄積されており、それらが結びついています。 その結びつきが脳内のネットワークを生み出しているのです。 高齢者はこの脳内の結びつきが少なくなってきますので、 徐々に記憶力などの低下が見られる ようになってくると言われています。 つまり プライミング効果をうまく活用することで脳内への刺激を与え、情報を関連付けていくことができれば、 記憶力アップが期待されるのです。 今回は連想ゲームを紹介します。 有名な国もあればあまり馴染みのない国までたくさんありますので、おそらく一回のゲームでは出尽くさないと思われます。 難しいようでしたら地球儀などを準備すると、イメージがつきやすいかもしれません。 また、一文字だけでは数が出にくい場合は「あ」と「か」のどちらかで始まるもの、と 二種類指定することもよいと思います。 思いついた方が少ない県名を言うと、皆さんからどよめきが聴こえてきそうです。 しかしあまりに古い時代のスポーツ選手だと、若い職員は正解の判断が難しいかもしれません。 そこから昔話に発展してもおもしろいですね。 なかなか答えが出にくい方には穴抜け(例:神出〇没)などで対応するとよいと思います。 ここから昔話や歌を出している俳優、女優さんが出てきたときに皆さんでその方の歌を歌われるのもいいですね。 このゲームの お題は 誰もが知っていて、簡単に描けるものを選びます。 例えば動物や食べ物などがよいでしょう。 チームに分かれて、はじめの言葉と終わりの言葉の間にたくさんの言葉をしりとりで言えたチームが勝ちです。 このゲームは絵ではなく単語、もしくは一文字がいいでしょう。 Aチームは春に関係する言葉、Bチームは夏に関係する言葉…と、より多くの言葉を可が得たチームが勝ちです。 思いつくものがなくなってきたら、魚などもルール内に入れてしまいましょう。 お題は単純なものがよいでしょう。 何人か(4人までがいいかと思います)一組になり、職員の「せーの!」でお題に関係する言葉を一斉に言っていただくゲームです。 「この人は声が大きくて聞き取りやすい」「いつも挨拶が気持ちいい」「歩き方が上手」など、いくつになっても他人から褒められると嬉しくなるゲームです。 例:今日の旅行の出発点は「東京からです。 『う』から始まる地名に行きましょう」 しりとり形式で次の地名をいっていくゲームです。 マス目にはお題(例:赤いものといえばなんでしょう?)に関連のあるものを埋めていただきます。 お題をかぶった高齢者には、お題は見えていません。 それを周りの方がヒントを出しあって、お題をかぶった高齢者に頭の上に書かれた言葉を当てていただくゲームです。 連想ゲーム㉑ 〇から始まる英単語 特定のアルファベットを指定し、その文字から始まる英単語を答えていただきましょう。 少し難しいかもしれませんが、普通の連想ゲームでは物足りない場合に試してみてもいいでしょう。 ㉑にも言えることですが、口頭で言えれば問題ないのでスペルが分からなくても読める単語、知っている単語で答えていただけば大丈夫です。 カステラや天ぷらも、元々はポルトガル語が語源なんです。 ご存知でしたか? そんな外来語を挙げていただきましょう! 意外な外来語もありますが、「ガラス」や「ズボン」のようなカタカナ表記することの多い言葉程度に考えて気軽に取り組んでみましょう。 連想ゲーム㉔ 歴史上の人物を挙げよう 近年では歴史に興味を持つ、若い女性も増えているようですね。 高齢者のみなさんは時代劇や大河ドラマなどで、歴史上の人物が登場する作品に触れる機会も多いかと思いますので、 思いつく人物が何人かいるか、たくさん挙げていただきましょう。 どの時代の人物を多く思い浮かべられるかで、その方が好きな時代が分かるかもしれませんね。 連想ゲーム㉕ 料理名 食材を複数並べ、そこから連想できる料理名を答えていただきましょう。 例、【玉ねぎ・牛肉・ナス・かぼちゃ・卵・牛乳】が並べられている場合、【玉ねぎと牛肉】を使って牛丼を作る!など 共通する食材から、違う料理名がたくさん挙がって来そうですね。 特に料理をされる方には有利かもしれません。 連想ゲーム㉖ 観光地 国内外問わず、各地には有名な観光地がたくさんありますよね。 特に大きな縛りをすることなく、有名観光地を自由に答えていただきましょう。 例:国内なら、東京タワー・雷門・襟裳岬・沖縄の海・富士山など 旅行に行った思い出も、よみがえるのではないでしょうか。 連想ゲーム㉗ 俳句・川柳 みなさん、誰もが有名な俳句や川柳をいくつか暗記しているのではないでしょうか。 今回はそんな俳句や川柳を思いつく限り挙げていただきましょう。 やや難易度が高いかもしれませんので、俳句や川柳に関する人物の名前、季語など範囲を追加してみるのもいいでしょう。 連想ゲーム㉘ ことわざ 普段の生活の中で口に出すことはあまりないかと思いますが、誰もが知っていることわざが複数ありますよね。 今回はそれらを挙げていただきます。 途中でつまってしまうようであれば、ことわざ辞典などを見ながらヒントを出すのもいいでしょう。 ことわざの再確認、新たなことわざを覚えることもできて良いですね。 連想ゲーム㉙ 五十音を使って 五十音をホワイトボードに書いておきます。 各音を1回のみ使って単語をつくり、全ての音を使用することができるかに挑戦するというルールです。 ゲームが進むにつれて難しくなっていきますね。 例えば、「えんぴつ」この場合は「え」「ん」「ひ」「つ」の 4音がこの後は使えません。 濁点(ばびぶべぼ などの音)や半濁点(ぱぴぷぺぽ)の使用も OKですが、濁点や半濁点がついていない状態の文字を使ったものとしてカウントします。 連想ゲーム㉚ 〇〇県と言えば 各都道府県にはそれぞれ魅力がありますね。 観光地や名産品など、その県に当てはまるものを何でもいいので答えてみましょう。 その県出身の芸能人でもいいですし、市町村名、名産品でもいいです。 お題としての枠組みが大きいため、どんな答えが出てくるか予想がつきにくい分自由度が高めで面白いゲームになると思います。 このゲームで自分たちの出身県にどんなイメージを持っているのか、何となくわかるかもしれませんね。 以上、高齢者脳トレ連想ゲーム、おすすめお題集30選でした!.

次の