保土ヶ谷 バイパス リアルタイム ツイッター。 保土ヶ谷バイパスでやべぇ事故 ライダーが車の下敷きに : 乗り物速報

保土ヶ谷バイパスでやべぇ事故 ライダーが車の下敷きに : 乗り物速報

保土ヶ谷 バイパス リアルタイム ツイッター

概要 [ ] 横浜市中心部より町田市、、方面へと伸びる国道16号のバイパスとして、横浜新道から横浜市を縦断し、までを結んでいる。 新保土ヶ谷ICが起点ではあるが、本線部は国道16号横浜新道を介して隣接するまで一体となっており、そこで及び横浜横須賀道路と接続している。 新保土ヶ谷ICでは横浜新道(第三京浜方面及び戸塚方面)にも接続しているほか、上川井ICで八王子方面へのと、で東名高速道路と接続する。 平成17年度によれば、平日24時間交通量は17. 4万台で、これは首都高速の新木場 - 葛西JCT間(18. 0万台)に次ぐ交通量である。 特に昼間12時間に限れば、平日・休日ともに日本一交通量が多い道路となっている。 首都高速狩場線の開通接続後は、日中に全線で渋滞することも珍しくなくなった。 横浜町田立体開通前までの保土ヶ谷バイパスは上川井IC付近が終点であったが、接続する大和バイパスは信号のある一般道であり渋滞が激しかった。 この解消のため、保土ヶ谷バイパスを上川井IC付近から横浜町田ICまで立体で延伸する事業(横浜町田立体事業)が行われ、 の完成後は下川井IC付近の渋滞が大幅に緩和された。 そして、この延伸区間(町田立体事業) は、横浜町田ICへのランプから分岐する形で八王子方面へと接続された。 これにより東名を利用しない車両でも大和バイパスの地上区間を走行することなく八王子方面へと行けるようになり、東名入口交差点を中心として、周辺道路や交差点の渋滞が大きく緩和された。 町田立体事業については「」を参照 年表 [ ]• :着工。 :新保土ヶ谷IC - 本村IC間がで開通。 :狩場IC - 上川井IC間が全面4車線開通(狩場IC - 新保土ヶ谷IC間は国道16号横浜新道として開通、上川井IC - 東名横浜IC(当時)間はとして1968年に開通済み。 :新保土ヶ谷IC - 下川井IC間6車線化。 :下川井IC - 上川井IC間6車線化と、横浜町田立体事業の上川井IC - 東名横浜町田IC間が完成。 上川井ICの二重立体化と横浜町田IC付近の立体化が実現。 :新桜ヶ丘ICが暫定供用開始。 :新桜ヶ丘ICが全面供用開始。 :東名横浜町田IC - 南町田北交差点間が供用開始。 :東名横浜町田IC 八王子側ランプ部が供用開始。 所管警察 [ ]• 朝比奈分駐所 インターチェンジなど [ ] 施設名 累計 キロ 接続路線 所在地 管理 国道16号 ( E16 ・・方面) 0. 0 ( E83 方面および方面) 第1種 第3級 0. 6 2. 6 3. 4 (厚木街道) 6. 2 (中原街道) 8. 7 国道16号(八王子街道)・旧国道16号(横浜市道) 国道16号(八王子方面。 ICの北方で接続) 10. 2 E1 (東名への出入のみで、一般道には接続しない) 南町田北交差点 11. 路線バス [ ] 空港連絡バスや高速バスが経由するほか、南本宿IC - 本村IC及び本村IC - 下川井ICをの一般路線バス 旭2・4・20系統 が経由する。 かつては横浜市営バスも運行していた。 脚注 [ ]• 平成17年度道路交通センサス• 横浜市• 国土交通省関東地方整備局 川崎国道事務所 2019年2月15日. 2019年2月15日閲覧。 町田市 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• [ ]•

次の

保土ヶ谷バイパス

保土ヶ谷 バイパス リアルタイム ツイッター

概要 [ ] 横浜市中心部より町田市、、方面へと伸びる国道16号のバイパスとして、横浜新道から横浜市を縦断し、までを結んでいる。 新保土ヶ谷ICが起点ではあるが、本線部は国道16号横浜新道を介して隣接するまで一体となっており、そこで及び横浜横須賀道路と接続している。 新保土ヶ谷ICでは横浜新道(第三京浜方面及び戸塚方面)にも接続しているほか、上川井ICで八王子方面へのと、で東名高速道路と接続する。 平成17年度によれば、平日24時間交通量は17. 4万台で、これは首都高速の新木場 - 葛西JCT間(18. 0万台)に次ぐ交通量である。 特に昼間12時間に限れば、平日・休日ともに日本一交通量が多い道路となっている。 首都高速狩場線の開通接続後は、日中に全線で渋滞することも珍しくなくなった。 横浜町田立体開通前までの保土ヶ谷バイパスは上川井IC付近が終点であったが、接続する大和バイパスは信号のある一般道であり渋滞が激しかった。 この解消のため、保土ヶ谷バイパスを上川井IC付近から横浜町田ICまで立体で延伸する事業(横浜町田立体事業)が行われ、 の完成後は下川井IC付近の渋滞が大幅に緩和された。 そして、この延伸区間(町田立体事業) は、横浜町田ICへのランプから分岐する形で八王子方面へと接続された。 これにより東名を利用しない車両でも大和バイパスの地上区間を走行することなく八王子方面へと行けるようになり、東名入口交差点を中心として、周辺道路や交差点の渋滞が大きく緩和された。 町田立体事業については「」を参照 年表 [ ]• :着工。 :新保土ヶ谷IC - 本村IC間がで開通。 :狩場IC - 上川井IC間が全面4車線開通(狩場IC - 新保土ヶ谷IC間は国道16号横浜新道として開通、上川井IC - 東名横浜IC(当時)間はとして1968年に開通済み。 :新保土ヶ谷IC - 下川井IC間6車線化。 :下川井IC - 上川井IC間6車線化と、横浜町田立体事業の上川井IC - 東名横浜町田IC間が完成。 上川井ICの二重立体化と横浜町田IC付近の立体化が実現。 :新桜ヶ丘ICが暫定供用開始。 :新桜ヶ丘ICが全面供用開始。 :東名横浜町田IC - 南町田北交差点間が供用開始。 :東名横浜町田IC 八王子側ランプ部が供用開始。 所管警察 [ ]• 朝比奈分駐所 インターチェンジなど [ ] 施設名 累計 キロ 接続路線 所在地 管理 国道16号 ( E16 ・・方面) 0. 0 ( E83 方面および方面) 第1種 第3級 0. 6 2. 6 3. 4 (厚木街道) 6. 2 (中原街道) 8. 7 国道16号(八王子街道)・旧国道16号(横浜市道) 国道16号(八王子方面。 ICの北方で接続) 10. 2 E1 (東名への出入のみで、一般道には接続しない) 南町田北交差点 11. 路線バス [ ] 空港連絡バスや高速バスが経由するほか、南本宿IC - 本村IC及び本村IC - 下川井ICをの一般路線バス 旭2・4・20系統 が経由する。 かつては横浜市営バスも運行していた。 脚注 [ ]• 平成17年度道路交通センサス• 横浜市• 国土交通省関東地方整備局 川崎国道事務所 2019年2月15日. 2019年2月15日閲覧。 町田市 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• [ ]•

次の

保土ヶ谷バイパスでやべぇ事故 ライダーが車の下敷きに : 乗り物速報

保土ヶ谷 バイパス リアルタイム ツイッター

概要 [ ] 横浜市中心部より町田市、、方面へと伸びる国道16号のバイパスとして、横浜新道から横浜市を縦断し、までを結んでいる。 新保土ヶ谷ICが起点ではあるが、本線部は国道16号横浜新道を介して隣接するまで一体となっており、そこで及び横浜横須賀道路と接続している。 新保土ヶ谷ICでは横浜新道(第三京浜方面及び戸塚方面)にも接続しているほか、上川井ICで八王子方面へのと、で東名高速道路と接続する。 平成17年度によれば、平日24時間交通量は17. 4万台で、これは首都高速の新木場 - 葛西JCT間(18. 0万台)に次ぐ交通量である。 特に昼間12時間に限れば、平日・休日ともに日本一交通量が多い道路となっている。 首都高速狩場線の開通接続後は、日中に全線で渋滞することも珍しくなくなった。 横浜町田立体開通前までの保土ヶ谷バイパスは上川井IC付近が終点であったが、接続する大和バイパスは信号のある一般道であり渋滞が激しかった。 この解消のため、保土ヶ谷バイパスを上川井IC付近から横浜町田ICまで立体で延伸する事業(横浜町田立体事業)が行われ、 の完成後は下川井IC付近の渋滞が大幅に緩和された。 そして、この延伸区間(町田立体事業) は、横浜町田ICへのランプから分岐する形で八王子方面へと接続された。 これにより東名を利用しない車両でも大和バイパスの地上区間を走行することなく八王子方面へと行けるようになり、東名入口交差点を中心として、周辺道路や交差点の渋滞が大きく緩和された。 町田立体事業については「」を参照 年表 [ ]• :着工。 :新保土ヶ谷IC - 本村IC間がで開通。 :狩場IC - 上川井IC間が全面4車線開通(狩場IC - 新保土ヶ谷IC間は国道16号横浜新道として開通、上川井IC - 東名横浜IC(当時)間はとして1968年に開通済み。 :新保土ヶ谷IC - 下川井IC間6車線化。 :下川井IC - 上川井IC間6車線化と、横浜町田立体事業の上川井IC - 東名横浜町田IC間が完成。 上川井ICの二重立体化と横浜町田IC付近の立体化が実現。 :新桜ヶ丘ICが暫定供用開始。 :新桜ヶ丘ICが全面供用開始。 :東名横浜町田IC - 南町田北交差点間が供用開始。 :東名横浜町田IC 八王子側ランプ部が供用開始。 所管警察 [ ]• 朝比奈分駐所 インターチェンジなど [ ] 施設名 累計 キロ 接続路線 所在地 管理 国道16号 ( E16 ・・方面) 0. 0 ( E83 方面および方面) 第1種 第3級 0. 6 2. 6 3. 4 (厚木街道) 6. 2 (中原街道) 8. 7 国道16号(八王子街道)・旧国道16号(横浜市道) 国道16号(八王子方面。 ICの北方で接続) 10. 2 E1 (東名への出入のみで、一般道には接続しない) 南町田北交差点 11. 路線バス [ ] 空港連絡バスや高速バスが経由するほか、南本宿IC - 本村IC及び本村IC - 下川井ICをの一般路線バス 旭2・4・20系統 が経由する。 かつては横浜市営バスも運行していた。 脚注 [ ]• 平成17年度道路交通センサス• 横浜市• 国土交通省関東地方整備局 川崎国道事務所 2019年2月15日. 2019年2月15日閲覧。 町田市 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• [ ]•

次の