らん ちょん こうふく メニュー。 神保町にある老舗の洋食屋といえば「ランチョン」

ランチョン メニュー:お酒のお供に♪

らん ちょん こうふく メニュー

日本、いえ世界有数の〝本の町〟。 それが、私どもが長年商売を続けている 神田神保町です。 ランチョンといえば、 ビヤホールの顔が知られていますが、 洋食と生ビール、このどちらが欠けても…… ダメなのです。 だって、われわれ日本人は料理を並べて 長~く飲むのが好きなんですから(笑)。 でも、ビールが飲めなくたってご安心を。 だって(笑)、うちは洋食屋なんですよ。 スパゲッティーナポリタンやオムライス、 ハンバーグにメンチカツといった、 昔ながらのメニューがたくさんあります。 「懐かしい!」なんて喜んでくださる お客様もいれば、 「レトロでかわいい!」「インスタ映え する!」なんておっしゃる若いお客様も。 オープンは 11時 30分、ラストオーダーは 夜の9時(土曜は夜8時)。 そう、うちは通し営業なんですよ。 お料理もね、営業時間中ずっと お召し上がりいただけますので、 どうぞ、昼間っからビールを飲んで、 ゆったりとお過ごしくださいませ。 ここには、そんな〝お仲間〟が たくさんいらっしゃいますから。 愛煙家のみなさまご了承のほどお願いいたします。

次の

らんちょんこうふく(三島市谷田)|エキテン

らん ちょん こうふく メニュー

作家で英文学者の吉田健一は食通、酒飲み、そして偏屈でも知られる人物。 かつて昭和40年代、当時、神田駿河台にあった中央大学で教鞭を取っていた吉田は講義の合間や終了後、たびたびランチョンを訪れていた。 編集者との打ち合わせや原稿の受け渡しに利用していたそうだ。 ビーフシチューを好んだ吉田だが、「会話に夢中になると、ナイフとフォークで食べるのが面倒だ。 話しながらでも、手づかみで食べらないものか」と、先代マスター(故・鈴木一郎さん)に相談し、それに応えて誕生したのが「ビーフパイ」だったのだ。 これに合わせるのは……吉田に倣うと「ウイスキーリプトン」である。 これは熱々の紅茶にたっぷりのウイスキーを注いだもの。 でも、現マスター、四代目の鈴木寛さん曰く、「ご要望があれば今でもお出しします」とのこと。 文豪気分を味わう一品だけに真似する人々多数。 もちろん、看板メニューとしてもつとに知られるだけに売り切れ必至。 あれば試しておきたいメニューなのだ。 文=ひさだひさ 洋食屋にとって欠かせない料理のひとつが卵料理です。 近頃はオムライスをご注文なさるお客さまが多くいらっしゃいますが、当店ではオムレツも自慢のひとつ。 外側はシワひとつなくスーッとなめらか。 でもひとたびスプーンを入れると……とろ〜り溶け出すのです。 決して玉子焼きになってはいけません。 あくまでも外はふんわり、中はとろ〜り。 これが代々ランチョンに受け継がれてきたオムレツなのです。 そのままでも濃厚な味わいですが、そこにコクがあってまろやかなベシャメルソースを合わせます。 ソースには小エビを添え、プリッとした食感が小気味よいアクセントに。 付け合わせはマカロニサラダにトマト、そして生野菜。 ほどよい酸味の自家製ドレッシングをかければ、極上のひと皿が完成します。

次の

卵箸 らんちょん(八王子/居酒屋)<ネット予約可>

らん ちょん こうふく メニュー

110席• ソファー席あり 宴会最大人数• 40名様(着席時)• 100名様(立食時) 貸切可能人数• ~100名様 禁煙・喫煙• 店内全面禁煙 お子様連れ お子様連れOK• 受け入れ対象:• 乳児からOK• 設備・サービス:• 離乳食持ち込みOK• お子様用椅子あり• お子様用食器あり• ベビーカー入店OK 外国語対応• 外国語メニューあり:• 英語メニューあり• 外国語対応スタッフ:• 英語を話せるスタッフがいる 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )• Wi-Fi使えます( 無料接続可 )• 電源利用可 化粧室• 様式:• 洋式(温水洗浄便座)• 男女別:• 男性用3個• 女性用2個 その他の設備・サービス• ビールマイスターがいる• シェフがいる.

次の