あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展。 表現の不自由展、中止に実行委が抗議「戦後最大の検閲」 [表現の不自由展]:朝日新聞デジタル

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」騒動に見る・芸術の斜陽&現代の病

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

県が設置した第三者機関(あいちトリエンナーレのあり方検証委員会)ではさまざまな事実検証や分析がなされ、9月25日に中間報告が一応まとまりました。 この報告を受けた愛知県の大村秀章知事は「条件が整い次第、すみやかに展示再開を目指したい」と表明。 しかし、その日の夜に文化庁の補助金不交付の方針が報じられ、翌日には萩生田光一文部科学大臣が正式決定を発表しました。 文化庁の担当部署によると、決定は愛知県の中間報告が出るタイミングを見計らったが、その内容を反映したものではなく、決定に関わる調査などはすべて文化庁内で対応したそうです。 ただし、文化庁職員が直接、トリエンナーレ会場に出向いて展示物や構成を見たわけでもないとも明かしました。 萩生田大臣は愛知県側の申告や運営の不備を不交付の主な理由に挙げ、「中身(展示内容)について文化庁は関与していない」「検閲には当たらない」と説明しました。 しかし、これを額面通り受け止めるのは難しいでしょう。 これだけ「中身」が議論を呼んだ一部の展示を含む運営に対して、全額不交付という重い決定です。 当然、中身にも判断が及んだ、あるいは過剰反応をしたと受け取られても仕方がありません。 また、今回は「検閲」の有無や定義が議論の的となってきました。 憲法解釈や判例による厳密な検閲行為でなくとも、それにつながりかねない政治家の「検閲的」な言動に問題はないのか。 検証委は今回の展示中止判断が「表現の自由(憲法第21条)の不当な制限には当たらない」と結論づけた上で、名古屋市の河村たかし市長の発言など「政治家の発言は内容によって圧力となりえ、広い意味での検閲とも言いうるので、慎重であるべき」だとしました。 一方で、芸術監督の津田大介氏や不自由展の実行委員会がキュレーターの作品選定までを検閲だと主張するのは「検閲の超・拡大解釈」(上山信一副座長)だと指摘。 つまり、「検閲的」の中でも問題となる範囲が絞られていました。 今回は、こうした議論に照らせば、まさに国の政治決定であることから「広い意味で問題となる検閲」と言えなくもありません。 少なくとも、整理が付きかけていた議論を再び混乱させ、国が自らの立場を疑わせる悪手だと言えます。 文化庁は今のところ、簡単な経緯などを記した5ページほどの報道発表資料をホームページで公開している程度です。 不交付決定に至るまでの審査の過程と結論について、もっと公に説明を尽くすべきでしょう。 大村知事が裁判に訴えると主張するのも致し方ないことのように思えます。

次の

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」問題 あえて「前向き」に考えてみる(THE PAGE)

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、同展の異様さが改めて浮き彫りとなっている。 元慰安婦を象徴する少女像などに加え、昭和天皇の肖像を燃やすような動画が展示されていたためだ。 「表現の自由」をめぐる議論が活発化する中、特定の政治性を帯びた侮辱や冒涜(ぼうとく)、ヘイト(憎悪)とも受け取られかねない作品に批判が相次いでいる。 「焼かれるべき絵」 問題の動画は、先の大戦を連想させる映像や音声が流れる中、コラージュ画に使われた昭和天皇の肖像を大写しにして、ガスバーナーで燃やしていく-という内容。 燃え残りの灰を足で踏みつぶすシーンもある。 企画展が中止となる前日の3日、動画を流すモニターの前には人だかりができ、来場者が顔をしかめたり、スマートフォンで撮影したりする姿もみられた。 説明書きなどによると、昭和61年、富山県立近代美術館(当時)に展示された昭和天皇の写真と女性のヌード写真などを合成したコラージュ画が県議会で「不快」と批判され、美術館は作品を売却するとともに図録を焼却処分した。 それが今回、燃やすシーンを挿入した理由とみられる。 モニターの近くには「焼かれるべき絵」とのタイトルで、昭和天皇とみられる軍服姿の、顔の部分が剥落した銅版画も掲げられていた。 来場した名古屋市の会社員男性は「結局、昭和天皇の戦争責任を問いたいのだろう。 悪意に満ちていて気分が悪かった」と吐露。 愛知県春日井市の自営業男性は「いくら表現の自由があるとはいえ、天皇の肖像を焼くような動画を行政が支援するイベントで見せるのは行き過ぎ」と話した。

次の

あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」、地元で抱いた違和感と危機感(関口威人)

あいち トリエンナーレ 表現 の 不 自由 展

8月1日から開催されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が、様々な批判や意見が主催者側に寄せられた結果、開催から3日で中止となった騒動。 問題となったのは、慰安婦像をモチーフにした「平和の少女像」の展示だった。 これを受けて「週刊文春デジタル」では展示中止公表当日の8月3日 土 から8月5日 月 まで、緊急アンケートを実施。 「『慰安婦』少女像の展示に賛成ですか? 反対ですか?」と読者に問うたところ、回答者の74. 9%が「反対」と答えた。 3日間で810人からの回答があった。 回答者の内訳は、男性が566人(69. 8%)、女性が244人(30. 1%)。 13歳から88歳まで、幅広い年齢層が回答した。

次の