北 朝鮮 潜水艦。 臆測呼ぶ、韓国が強力な最新潜水艦を開発する理由:朝日新聞GLOBE+

SLBM開発進むも当分の発射は無理?北朝鮮のお寒い潜水艦事情

北 朝鮮 潜水艦

2日午前、北朝鮮の国防科学院が東部の元山湾で行った新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」の試射=2019年10月3日 写真提供:時事通信 北朝鮮発射の弾道ミサイル~新型SLBMか 北朝鮮が2日、東海岸付近から発射した弾道ミサイルはおよそ450キロ飛行し、島根県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した模様だ。 ミサイルは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられ、実際の射程はおよそ2000キロに及び、日本全域が攻撃可能となる恐れがあると日米韓の専門家などが分析している。 飯田)北朝鮮の朝鮮中央通信も先ほど、ミサイルは「北極星3」というSLBMであり、成功したと報じています。 北朝鮮の思惑、そして発射されたミサイルはどういうものなのか。 元航空自衛官で評論家の、潮匡人さんと電話がつながっています。 潜水艦発射型というと、脅威の形がまた変わるということですか? 4日、朝鮮東海の海上で行われた前線・東部戦線防護部隊の火力攻撃訓練を指導する金正恩朝鮮労働党委員長=2019年5月4日 写真提供:時事通信 潜水艦発射型ミサイル「北極星3」~太平洋からの発射も可能 潮)そうですね。 地上発射型のものに比べて、発射の兆候を日本側としては非常につかみづらいということがあります。 また、発射のポイントも陸上発射型のものであれば、北朝鮮から撃つ場合、日本に近いところでも「ここしかない」というような制限があります。 しかし、潜水艦から発射できるということですので、発射する潜水艦自体が日本、あるいはアメリカに近づけば近づくほど、飛距離の制約がなくなるということです。 特に日本にとっては、通常であれば日本海側から発射されるのですが、何らかの理由で太平洋側に回られた場合、日本の弾道ミサイル防衛やレーダーの目などは、基本的に朝鮮半島、あるいは中国大陸側を向いています。 そのため、まさに背後から隙を突かれることにもなりかねません。 要注意だと思います。 飯田)一部の情報では、海のなかに設置した発射台から行ったとも報道されていますが、北朝鮮は潜水艦から発射できるものを持っているのですか? 潮)そういう情報もあったのですが、今朝の北朝鮮の国営メディアの報道で、潜水艦から撃ったと思われる写真まで掲載しています。 間違いなく潜水艦を海に沈めて、海中から撃っているということだと思いますし、この技術自体は「コールドローンチ」と専門家が呼んでいる技術です。 これまでも北朝鮮は過去、その実績を示して来た。 北極星の1型や2型、さらに今回の3型というように改良を重ねて、性能が上がっていると考えた方がいいと思います。 飯田)これは他国から技術が導入されたものなのですか? 潮)北極星シリーズを北朝鮮が開発し、実際に試射を始めて以降、そういう点についてはさまざまな疑念や指摘が重ねられています。 たとえば旧ソビエト連邦が崩壊をし、そしてロシアに至る間に、ソ連やロシアといった国家の意思とは別の事情で、そういった国の技術者が単純にお金のためだけに北朝鮮で活動に従事したり、貢献している可能性もあります。 中国についても、同じようなことが当てはまるのではないでしょうか。 その一方で、北朝鮮もこれに限らず自国開発も行っていますので、決して北朝鮮の科学力、軍事力を侮ってはいけないと思います。 日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説する文在寅大統領(韓国・天安)=2019年8月15日 写真提供:時事通信 日韓双方に必要なGSOMIA~今回の発射を機に回避策を打つべき 飯田)スタジオには、ジャーナリストの鈴木哲夫さんもいらっしゃいます。 鈴木)潮さん、おはようございます。 日本と韓国の関係悪化が続いていて、北朝鮮がどうもその隙をついて撃って来ているような気がします。 日本と韓国の安全保障については連携をしなければなりませんが、潮さんはどのようにお考えですか? 潮)日韓のGSOMIA破棄の影響については、よくも悪くも日韓双方で、自国よりも相手の方が協定の利益を得ているので、廃止になっても自国に影響はないというスタンスを両国ともに示しています。 しかし2日の朝、この発射について韓国政府側から、日韓GSOMIAによる情報の提供を公式に求めて来ているということですし、日本側も当初2発撃ったという認識を示していたのが、そうではなく1発でした。 私は2段式になっていて、途中で切り離したのではないかと思います。 だとすると、そうした情報はより近い場所にいる韓国軍のレーダーの方に、より正確に映っているはずです。 これを機に、少なくとも日韓GSOMIAは11月23日で失効してしまいますので、そうならないような回避策を打つべきではないかと思います。 FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00.

次の

北朝鮮・朝鮮人民軍における武力装備の今

北 朝鮮 潜水艦

北朝鮮の新型潜水艦の能力や性能は? 報道によると北朝鮮が新型の潜水艦の建造を進めているようです。 場所は北朝鮮東部の新浦(シンポ)造船所。 大きさは潜水時排水量が約2,000トン、船幅は11メールといわれています。 潜水時排水量は潜水艦の体積ですから(海に全部潜るので)船幅のサイズから計算すると、全長は約20メートルくらいでしょうか。 それにしても船の種類からそのサイズまでよく分かるものですよね。 軍事衛星からの画像を解析して判断しているとは思いますが、そこまで詳しくわかるものなんですね。 トラックが移動しているかしていなか、までわかるそうなので数メート以上の大きさであれば、かなり性格に形を推測できる性能が、衛星にはあるということでしょう。 潜水艦ですが、北朝鮮にはすでに70隻の潜水艦があるといわれています。 数だけはかなり多く、隣国韓国が11隻しか潜水艦を保有していないのに比べるとかなり多いといえます。 中国やロシアと比べても数では引けを取りません。 中国が66隻といわれており、ロシアも64隻の保有と推測されいるので、北朝鮮の70隻はものすごい数と言えるかもしれません。 しかし、その殆どは旧式で小型のものに限られているとみられます。 1500トンを越えるサイズのものはおそらく20隻ほどであろうと見られ、残りの50隻は500トン以下の小さな潜水艦に限られています。 1500トンを越える20隻についても旧型であるため、北朝鮮が現在盛んに発射実験を繰り返している弾道ミサイル(SLBM を搭載できるのは1隻のみと見られています。 その1隻も搭載できるSLBMは1発のみで、現在その潜水艦はまだ実戦配備には振り向けられていないようです。 潜水艦によるSLBMの発射実験は2016年の4月に行われたので、現在は実戦配備に向けての改善がくわえられているところではないでしょうか。 今回補足された新型潜水艦は複数の弾道ミサイル発射管を装備すると見られており、実際に建造が完了し、その時点で潜水艦からのSLBMの発射精度も確立していれば、実戦へと配備され新たな米軍にとっての脅威となるかもしれません。 Sponsored Link 北朝鮮の新型潜水艦を米国のと比較すると? では対する米軍はどんな潜水艦を何隻ぐらい保有しているのでしょうか。 またその性能は北朝鮮の新型潜水艦と比較した場合、どのくらい性能差があるのでしょうか。 アメリカの潜水艦保有隻数は約70隻といわれており、北朝鮮の保有数とだいたい同じです。 しかし、その性能にはかなりの開きがあります。 まず潜水艦を動かす動力ですが、アメリカの潜水艦は全て原子力です。 原子炉の核燃料棒は数年から数十年に一度の交換ですむので、通常のディーゼル燃料のように頻繁に燃料補給をする必要がありません。 ディーゼル型潜水艦の場合には燃料補給とともに、酸素を取り入れるために浮上する必要もあります。 クルマと同じで酸素がなければディーゼル燃料は燃えないので。 これに対して原子力潜水艦は動力が原子力なので、エネルギーを生むのに酸素がいりません。 すなわち長期間に渡って水面下に潜行し続けることが可能です。 敵に見つからないための潜水艦ですから、海上に頻繁に浮上しなければならないディーゼル型潜水艦に対して、ずっと潜っていられる原子力潜水艦では、軍事能力として大きな違いになります。 では大きさはどうなのでしょうか。 米海軍の主要な潜水艦であるオハイオ級原子力潜水艦では、排水量が18,750トン、全幅は12. 8m、全長171mとなっています。 北朝鮮の新型潜水艦と比べると、体積で約10倍になっています。 船幅があまり変わらない分、全長が171mと北朝鮮の潜水艦の20mと比べるとかなり長く、もし二隻が並んだとしたら、ずんぐりむっくりの北朝鮮潜水艦に対して、ポキっと折れてしまいそうなくらい細長い米海軍の潜水艦というところでしょうか。 搭載可能なミサイル数も圧倒的に多く、弾道ミサイルと巡航ミサイルを合わせれば潜水艦1隻に約50基搭載できるので、潜水艦の保有数が約70隻で同じだとしても攻撃能力としてはやはり雲泥の差がありますね。 ちなみに、潜水艦に関してはアメリカについで攻撃能力が高いのはロシアで、保有している潜水艦の約半数が原子力潜水艦になっています。 これに対して中国は、まだかなり水を開けられており、原子力潜水艦はまだ10隻に満たないと考えられています。 やはり世界の軍事力バランスから考えると、米国とロシアがその勢力を二分した状態なんですね。 Sponsored Link 北朝鮮の潜水艦からミサイル(SLBM が発射されると? さて、もし北朝鮮の新型潜水艦の建造が進み、実戦配備されその潜水艦から弾道ミサイル(SLBM が発射されるとどうなるのでしょうか。 潜水艦の現在地の補足はGPSでは出来ないので、まず無理といわれています。 ということは北朝鮮の潜水艦が突然太平洋のハワイ沖に出てくるような事態も想定されるのでしょうか。 これについては、おそらくありえないだろうと見られています。 理由は北朝鮮の潜水艦がディーゼルを燃料とした潜水艦なので、燃料補給をしないで長距離を運行することはできません。 国交があり軍事協力をしてくれる他国の基地で燃料補給をしながら、自国北朝鮮から遠く離れた地域へと向かうわけですが、太平洋上にそんな国はありません。 逆に西に航海したとしても、アメリカと敵対してまで北朝鮮の潜水艦に燃料補給をしてくれる国もまずないでしょう。 であれば、活動範囲は朝鮮半島沖合、せいぜい日本海までに限られるのではないでしょうか。 それでも、我々日本にとってはかなりの脅威となりうることは確かです。 北朝鮮の弾道ミサイルはグアムまでは少なくとも届くことが証明されているので、日本海に展開する北朝鮮の潜水艦から弾道ミサイルが発射されてば、日本全土が射程距離圏内になります。 しかも潜水艦からの発射なので、発射台を移動したりの事前の兆候をつかむことも難しいでしょう。 北朝鮮が新型潜水艦を完成させたとしても搭載可能なSLBMはまだ数発ですが、核弾頭を搭載されたときを考えれば、たとえ一発でも甚大な被害を及ぼしかねません。 その間にも北朝鮮の軍事力は強化されているので、なんとか早く実効性のある形でその脅威をなくすことが出来たら良いのですけどね。

次の

北朝鮮の潜水艦が行方不明、米メディア報道 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

北 朝鮮 潜水艦

砲兵部隊も自走砲にアンテナが殆ど無くて、 おそらく対砲レーダーを殆ど使っていない為に一度撃ったら、 アメリカ軍の対砲レーダーで砲撃地点を逆探知されて壊滅してしまいます。 今回の砲撃もトーチカから撃つ事で韓国軍の砲兵部隊の反撃を防御するなど、かなり綿密に計画されていました。 海軍も潜水艦艇とミサイル艇、魚雷艇が主力で、 フリゲートやコルベットも少数しか有りませんし、 空軍は燃料が無い為に航空機での飛行訓練すら出来ません。 航空自衛隊は戦闘機と空対空ミサイル、輸送機の更新がかなり遅れていて、 国内外への対地攻撃能力と輸送力がほぼ皆無に近くて、 専守防衛の建前上、対地ミサイルや対レーダーミサイル、クラスター爆弾などの対地攻撃兵器、 戦車や野戦砲を輸送出来る輸送機を持ってはいけません。 1対1では錬度の高い空自のF-15Jが勝ちそうだけど、 近代化改修を行った空自のF-15Jは最大88機で、 改修されるF-2も100機に満たないし、 陸上自衛隊の機械化率は北朝鮮軍未満で、夜間戦闘能力がイラク軍未満で、 自衛隊の戦車の性能や装甲車の数では中国軍やシンガポール軍に負けています。 陸自創設以来北海道の北部方面隊を除いて北朝鮮や中国、ロシアの陸軍に勝る陸上装備など殆ど無いし、 戦車や歩兵戦闘車、装甲車、自走砲、対空ミサイルの配備がかなり遅れていて、 よって九州や本州の師団の連隊には装甲車や自走砲、対空砲なんて殆ど無いし、 今後は戦車や兵員すら削減されるだろうし、 タイやシンガポール、インド、パキスタン、中国、台湾、マレーシア、北朝鮮、インドネシア、オーストラリア、アメリカ、カナダ、 イラク、シリア、イスラエル、サウジアラビア、ヨルダン、クウェート、UAE、トルコ、エジプト、南アフリカ、 ロシア、ウクライナ、ポーランド、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、オランダ、ギリシャ、 スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、スイス、オーストリア、スペインなどの陸軍にも劣る陸自の機械化率で、 これは一体どこの途上国の陸軍だと思われています。 アジアの途上国ですら持っている弾道ミサイルすら持っていません。 自衛隊の特科部隊の大半は牽引式の野戦砲で、 敵が対砲レーダーを保有している場合には自衛隊の砲撃地点を逆探知して、 そこへ砲撃しますけど、牽引式の野戦砲では砲撃後に移動して、敵の反撃をかわす事が難しいので、 敵の先制砲撃を対砲レーダーで探知して、そこへ砲撃しないといけないけど、 敵が自走砲を装備していれば、自衛隊の砲撃を自走砲で素早くかわして、対砲レーダーで逆探知して、 自衛隊の牽引式の野戦砲が動く前に砲撃されてしまいます。 海戦では日本が優位に戦えますけど、陸上部隊の輸送能力が殆ど有りませんし、 海上自衛隊には巡航ミサイルや攻撃機を発進させる空母を持っていません。 哨戒機や哨戒ヘリ、護衛艦の連携による対潜作戦や掃海艇での機雷除去の実力で海上自衛隊は世界第2位の海軍でした。 海上自衛隊の戦力が無ければ自衛隊は底辺レベルです。 北朝鮮と日本を隔てる海の存在が大きく鍵を握ります。 陸軍部隊が数多くいても、海がある以上、使い物になりません。 飛行機は航続距離が物を言うので、戦闘機では北朝鮮の飛行場からでは満足に戦えません。 従って鍵を握るのは海軍力とミサイル能力でしょう。 局地戦で展開すれば、海軍力の弱い北朝鮮は勝ち目が有りません。 逆に言うとあまりにも陸上戦力が乏しくて、輸送艦艇の少ない自衛隊では北朝鮮を占領出来る戦力が無くて、 自衛隊の航空機での数が少ない爆弾での空爆や護衛艦での旧海軍の戦艦の主砲に比べれば小さくて弱い主砲での砲撃、 潜水艦や哨戒機で封鎖しても北朝鮮は一向に降伏しませんし、 もしも自衛隊が北朝鮮へ上陸作戦などすれば膨大な北朝鮮の陸軍戦力に叩き出されるでしょう。 よって戦況はお互い本土に上陸出来ない状況となるでしょう。 自衛隊と北朝鮮軍とでは1対1では自衛隊の方が圧勝でも、 予算が減らされまくる自衛隊と予算が豊富な北朝鮮軍の物量は無限大です。 日本国自衛隊です。 北朝鮮と戦う=日本海での海戦、空戦が中心です。 そうなれば自衛隊の圧勝です。 北朝鮮海軍は40年物の前の艦艇を使っています。 しかもレーダー、船体、武装ともに老朽化が著しく戦力になりません。 北朝鮮海軍などは海自の1個護衛艦隊で撃滅できます。 北朝鮮空軍対航空自衛隊ですが空自の勝利です。 理由としては海軍とともに旧式の機体が多いからです、一部は第4世代戦闘機のMig-23などを保有していますがそもそも飛ばす燃料がありません。 空戦で戦ったとして空自の旧式機であるF-4EJ改戦闘機でも勝てます。 陸軍が110万人と脅威ですがこれらを日本本土に運ぶ揚陸艦事態が海軍にありませんので宝の持ちくせれになります。 しかしこの結果は正規軍と正規軍が戦った結果です。 今日では開戦前に工作員を日本に送り込み開戦時にゲリラ活動を開始・・・なんて事もあり混乱する可能性があります。 しかし大抵は制圧できるでしょうね。 よって日本国自衛隊の勝利です。

次の