あおにゃん ジェノベ 現在。 あいのりアフリカンジャーニー 18話ヒデとハスキーの闇 ジェノベの恋は?

あおにゃんが語る♡「あいのりアフリカンジャーニー第16話『野獣降臨!』の回」|あおにゃん|note

あおにゃん ジェノベ 現在

あおにゃんが出した結論 昨日は気持ちを伝えてくれてありがとう。 (中略)わたしのこのあいのりの旅が楽しくなったのもジェノベのおかげだなって思ってる。 でも、ごめんなさい。 わたしは、ジェノベのトイレみたいな存在にはなれません。 正直最初男子メンバーの中でも恋愛対象に見れないって思ったし、絶対に無理だなって思う気持ちとかが強くて、日本で一緒にいること全然想像できなくて…。 わりと早く結論が出てしまい、ジェノベとあおにゃんはカップルになることができなかったと誰もが思った…たった一人の男を除いて。 まだ諦めていないジェノベは改めてあおにゃんの説得を始めるのであった。 さすが、肉食系男子!たった一回のNGじゃ諦められないってことなんだよね。 ジェノベの説得 変わったべ、今は?俺だってそうだよ。 (中略)本当に幸せにするし、ずっと守るし、もうあおにゃんは俺のそばで笑ってくれてれば、それ以外はなにも求めない。 ずっと俺のそばで笑っててください。 ジェノベの言葉を聞いたあおにゃんは、うつむいたまま頷く。 もしかして…ひっくり返えるのか…!? ふたたび話し始めたあおにゃんは 「ジェノベが家族を大切にしているところや素敵なところをたくさん知ることができた」と素直な気持ちを伝える。 それに対し、ジェノベは 「人は見かけじゃないって、チェンジ・ザ・ワールドだよ」と…。 「チェンジ・ザ・ワールド」ってなんだよと突っこみたくなるけど、人は見た目だけじゃないよね。 見かけが良くても中身が最悪な人っていっぱいいるし。 ふたたび考え込んでいたあおにゃんから信じられない言葉が…。 あおにゃんが出した最終結論 さっき、わたしはジェノベのトイレみたいな存在にはなれないって言ったけど、まだまだジェノベのことをたくさん知りたいし、これからも一緒にいたいと思った。 思わず、ジェノベと同時に叫んじゃいました。 こんなことってあるんですね。 すごいとしか言いようがない。 もし、最初の結論でジェノベが諦めて説得していなかったら、絶対にカップルになることはなかった二人。 大切にしたい人が現れたら、一回ぐらい断られても簡単にあきらめちゃダメなんだと…自分の素直な気持ちをストレートに伝える大切さをジェノベから教わった気がします。 本当に守ってくれる?って確認し、ジェノベの胸に飛び込むあおにゃんの表情はすっごくかわいらしかった。 無事、2人はキスして帰国。 おめでとうございます。 最後の地・ザンジバル 翌日、次の街へ移動するメンバーたちは、ザンジバルに到着。 ラブワゴンを探すメンバーたちの目の前に現れたのは「たちばなようちえん」と書かれたバスだった。 車を乗せるフェリーが到着するまで、バスで旅を続けるあいのりメンバー。 ハスキーの過去 その日の夜、JOYくんを呼び出したハスキーは自分の過去を話し始める。 家庭環境が複雑だったため、人の顔を伺ってしまうようになり、本当は甘えたかったけど、 父親が変わるたびに甘えることができなくなっていたのだった。 ハスキーがこんな過去を抱えていたとは思わなかったです。 きっと、放送されたのは辛い過去のほんの一部だと思うし、そんな思いの中、ずっと明るく旅をしていたことを考えたら、切ない気持ちに…。 自分の過去を話し終えたハスキーは、 自分が弱いことを認め、本当は甘えたいと正直な気持ちをJOYくんに伝えるのであった。 手作りのラブラコン 次の日の朝、JOYくんは一人買い物にでかけ、Official髭男dismの『ビンテージ』がバックに流れながら作り始める。 6時間後、出来上がったのはハスキーにプレゼントする ピンク色の手作りブランコだった。 出来上がったブランコ(ラブラコン)を見せるためにハスキーを呼び出すJOYくん。 2人で仲良くラブラコンをこぎ、話し始めるのであった。 — あいのり African Journey AinoriJP 日が沈みかけた頃、立ち上がりハスキーの目の前にヒザをついてしゃがむJOYくんは、ハスキーへの想いを伝えるのであった。 JOYくんの告白 昨日さ、ハスキーは甘えるのが苦手で、自分の弱い部分を見せるのも苦手みたいな言ってて。 (中略)ハスキーが思いっきりワガママを言えるような存在なりたいってか…なる!俺はハスキーのことが好きだから、俺について来てほしい。 すごくまっすぐでJOYくんのやさしさがたくさん詰まった素敵な告白。 自分の辛い過去を正直に話したハスキーもJOYくんに伝えてよかったと思えただろうな…。 JOYくんとハスキーの結末 翌朝、JOYくんが待つ浜辺に姿を現したハスキー。 あらためて、ハスキーへの想いを伝えるJOYくん。 「ハスキーの気持ちがブランコみたいに揺れることがあるかもしれない。 その時は俺が柱になって支える」って、ちょっとかっこよすぎじゃないJOYくん。 そんなJOYくんの告白にはハスキー3つの質問をするのであった。 ハスキーからの質問 1.遠距離恋愛になるから頻繁に連絡とってくれますか? 2.お酒大好きだから、心配かけることもあると思うけど許してくれますか? 3.一緒におる時は手繋いでてくれますか? すべてYESと答えるJOYくん。 お酒だけは全部許しちゃうと大変なことになるかもしれないから注意した方がいいんだけどな…。 うれしくてそれどころじゃないか。 そして、最後に1つワガママをお願いするハスキー。 JOYくんからもらった「このチケットで一緒に日本に帰ろ。 」それがわたしの最初のワガママと伝えるハスキー。 なんかいい感じの2人だったな~。 お幸せに。

次の

あいのり22話(最終回)無料フル動画の視聴方法は?アフリカンジャーニー見逃し配信

あおにゃん ジェノベ 現在

デビューは目前なのにあと一歩が届かない姿は、私も辛かったです・・ 現在もJYP練習生として練習をしているのか調べてみたところ、まだ情報がないようなので分かり次第、追記していきたいと思います。 ITZYがデビューする時に沢山の練習生が辞めたそうですが、他の事務所に行く可能性もあるかもしれないですね。 ですが、以前に虹プロメンバーとまだ一緒に行動している姿を目撃されていますので、まだJYP練習生としてしばらくは所属しているのかなと思いました。 ちなみに、JYP練習生は、 社会人としてマナーを学んだり、月末には評価を受ける為会社の人の前で成果を発表するなどと、緊張感のあるなかで生活を送っているそうです。 練習生としても費用は払わないといけないのかもしれませんが、 ユナちゃんは実力もあるので、違う形でデビューしてくれることを期待しています! また、インスタに関しては、虹プロの公式サイトしか今のところ確認できません。 最終オーディションのパフォーマンスが何より大事だったんですね・・! 以前からJYParkさんは、ユナさんのことをエース候補として期待されていたのですが、「とにかくリラックスして欲しい」とアドバイスを受けていました。 オーディションを通して固くなっている印象がJYParkさんの頭に残っていたと思いますが、そのイメージを払拭できるパフォーマンスが出来ていなかったということなのでしょうか。 そして、今回個人的に思ったのは、 デビューメンバーの体型の統一です。 デビューしたメンバーは、痩せすぎなのではと心配になるくらいスラっとしています。 ユナさんが太っているとは全く思わないのですが、 予選の頃と比べると、少しふくよかになっていた印象です。 練習量も多いと思うのですが、急激に体型が変わる理由としてあげられるのは、スランプや自信のなさからくるストレスなのと思いました。 しかし、ユナさんは間違えなくJYParkさんの好みであることは確かです。 今回のオーディションは残念でしたが、約1年のオーディションを通して多くのファンを獲得しているユナさんだけに、違う形でのデビューを期待していきたいと思います。 ひとまず沢山休んで、次に向かって頑張るユナさんを応援していきたいと思います。

次の

あいのりアフリカンジャーニー第16話あらすじネタバレ感想!野獣降臨

あおにゃん ジェノベ 現在

netflix. netflix. netflix. その素敵な水着をジェノベがじっと見ていた 「3人の中で1番やりたい体」 とロックオンしていた。 netflix. netflix. そこで自分を変えるためにスタッフに提案する 「もう1度キリマンジャロに登りたい」 15年前ヒデは高山病でリタイアしていた。 今回上りきれば何かが変わると思っていた 実はスタッフの植竹Dはキリマンジャロ登山を考えていて 前金も払っていたがなかなか話せないでいたらしい。 だからこれはチャンスだった。 ヒデはメンバー全員集めて 「相談だけどキリマンジャロに登るのはどうかな?」 登るのに4日間、帰り2日間という過酷さだと正直に話した。 JOYは賛成、ジェノベは無理、ゆいなもNO そこでヒデは 「これをクリアしたら変われる良い経験になる」 と説得すると 全員一致で登ることを決める.

次の