分解 ドライバー。 【PSP】分解方法と修理の仕方【修理】

MacBookAirを分解するのに必要なドライバーは2種類

分解 ドライバー

以前、一度ハードディスクの物理破壊をしました()が、今回は分解して物理破壊をしてみました。 以外と知らないハードディスクの一面も見れて面白いですよ。 ・工具を揃える ハードディスクの物理破壊は一度したことがありますが、()前回は外装を外さないで破壊したので、今度はちゃんと外装を破壊して見ようと思い、まずは、工具を揃えることにしました。 工具と言ってもひと通りの一般的な工具は揃っているのですが、唯一ないものが「星形ドライバー」でした。 ハードディスクを見てみると6角のネジ穴のネジがついています。 これをどうしても分解してみたくて、近所のダイソー、セリアなどの100円ショップを回ったのですが、目的の星形ドライバーを手に入れられなくて、結局ホームセンターで、1300円くらいのレンチセットと、その一回り小さい「T8」という型のレンチを300円くらいで購入しました。 結局、ネットで探したらいろんな特殊な形の精密機器用のドライバーが1000円くらいで売られていたので、ネットで買った方が良いです。 by ハードディスクの分解には、ほぼ「T8」というサイズのレンチしか使いませんでしたが、もう少し小さいサイズのものもあると便利だと思います。 ちなみに、iPhoneはよく見ると5角の星形なので、6角のものでは分解出来ないので注意してください。 ・ネジを外して蓋を開ける 今回バラすのは3つのSATAのハーディスクです。 容量も少ないし動きも悪くなってきたので、今回年末大掃除ということで中身を確認して廃棄することにしました。 まずは、買ってきたレンチを6角のナジ穴に差し込みます。 予備で購入した一番小さい「T8」というサイズのものしか入らなかったので、他のレンチは結局使いませんでした。 ネジを全てはずして、蓋を取ろうとするのですが、接着剤でくっついているようで、うまく外れません。 接着剤つけるならネジつけなくてもいいのに、、、 結局、工具セットのバールで無理やりこじ開けました。 by ハードディスクの分解中に手を切ったなんて言ったら洒落にならないので、安全重視でいきました。 どうやっても外れないので、これは「答えは裏面にあるに違いない!」と思い、裏面を解体することにしました。 しかし、ネジを外しても外れるのは一部分だけ。。。 結局、元に戻りバールで無理やりディスクを取り外すことにしました。 ・ハードディスク硬すぎ 今回の目的はきれいな解体ではなく、ハードディスクの物理破壊なので、ディスクを取り出せて破壊できれば良いので、頑張ってディスクを取り出しました。 ハードディスクって以外と頑丈というか、分解しにくい造りになっているんですね。 ディスクを割って読み込み不可能にしたという話をどこかのブログで読んだので、ドライバーをディスクの上につきたてて、上からハンマーで一撃を食らわせますが、傷がつくだけでぜんぜん割れる気配がないです。 さすが「ハード(頑丈)ディスク」と、変なところで感心してしまいました。 ぜんぜん割れないので、結局、表面に傷をつけたり曲げたりして読み込みできない様に加工しました。 1つ目は蓋が開かなかったですが、2つ目の日立製のハードディスクはきれいに蓋が取れました。 きれいな盤面ですね。 おかしなところは無さそうなのに、なぜか読み込み出来なくなってしまったハードディスクです。 こちらと、最後の1つも同じように円盤部分を傷つけて物理破壊しました。 ・感想 結構、面倒なのと素手で解体すると以外と力作業が必要で、手を切る危険性があるので、解体の際には手袋をつけることと、床を傷つけないように注意することをおすすめします。 以外と時間がかかったので、高性能な電動ドリルを持っている人は、ハードディスクを解体しないで、フタごと穴を開けるのが一番てっとり速いのではないかと思いました。

次の

Y字ドライバーの代用は-ドライバーでもできますか。(大至急)…

分解 ドライバー

使いやすくてお気に入りのマウスだったんですけど、MA-117Hは故障率が高いのでというゲーミングマウスに買い換えてそこそこ当たりマウスだったというのが。 ただしそこまでひどいチャタリングでは無かったので自分で修理できるかと思い、とりあえず分解してみました。 でもMA-117Hの分解はやったこと無いしググってもわかりやすい写真が見つかりません。 なので自分で分解してメモしてみました。 MA-117Hってほんとに個体差がひどくて新品でもクリック感やホイール感が違うものが当たり前にあります。 このブログへのアクセスも「ma-117hbk 分解」みたいな検索が多いのでこの型番の分解について調べている人はそこそこいそうな気がします。 もくじ• MA-117H分解 最初は隙間にヘラやマイナスドライバーをねじ込んで無理やり開けてみようとしたんですけど、固すぎて壊れそうだったのでやめました。 しばらくいじっていると裏面のマウスソールの中心に何やら隠しネジ穴っぽい凹みがあります。 でソールをめくって、 ペリペリペリっとはがしていくとネジ穴がほんとに隠れてました。 隠しネジは気のせいか潰れてるように見えるけど、普通のプラスドライバーで簡単に外せます。 ネジを外してしまえばあとは適当に下と上を掴んでガパっと開けることができます。 そんなに力は要りません。 これで分解完了。 隠しネジさえ外せればとても簡単です。 マウスの中身 無駄にかっこよさそうな写真を撮ってみる。 ゲーミングマウスなんかと比べたら基板が小さいですね。 その分本体の重さが62gとかなり軽量です。 マウスソールを元に戻すのが難しい マウスソールを元の位置にピッタリ戻すのは難しいので慎重にしてください。 ちょっとでもずれて段差になったらマウスパッドと擦れて引っかかってしまいます。 なんとか貼り直して元の位置に戻したほうが良いですけど、どうしてもできない場合は400番くらいの紙やすりで縁を削ればある程度ごまかせます。 マウスの分解はとりあえず隠しネジを探してみる もしかしたらマウスを分解するなら当たり前の話かもしれないですけど、知らない人も多そうな気がします。 とりあえずマウスの中身が見たくて分解するなら、 マウスソールの表面を強めに擦ってネジ穴が隠れてないか探してみると良いんじゃないでしょうか。 分解した後は、マウスのチャタリングを直すために接点復活剤を使ってみました。 「」という記事に書いています。 チャタリングに悩まされた事がある人は見てみてください。 結構改善すると思いますよ。 ーーー 関連:.

次の

リールのメンテが好きな私が選ぶ、オーバーホールに必須の工具

分解 ドライバー

う~ん、やる人がやればできるとは思いますが、それは万人に当てはまる話ではないので、器用さ・技量・指先の力がどうなのよってところに行き着きます。 つまり、できる・できないは貴方次第って答えになっちゃう。 これが友人相手だったら、「お前ならきっとできる!やれやれ!」とか「壊す。 やめとけ」みたいにはっきり言えるんだけど、ネット越しで全く見識がない人に対して断言なんて、そりゃ適当すぎでしょう。 また、マイナスドライバーも安物はすぐにひん曲がって、「へ」「~」の字になっちゃうので、百均で売ってるものとかでは論外です。 運が良ければできるかも知れないけど。 もう一点一般論を述べておくと「できますか?」じゃなくて、自分で何とかするんです。 今はすでにマイナスでもやれそうだと言う答えが見えているわけだから、後は自分の決断次第。 するのかしないのか。 頑張れ!.

次の