ほうれい線エクササイズ。 【簡単3分!】ほうれい線をなくす顔の体操・エクササイズ

ほうれい線を消したい…たるんだお顔を引き上げる表情筋エクササイズ

ほうれい線エクササイズ

表情筋エクササイズは、初級・中級・上級の3種類 ペットボトルを使った表情筋エクササイズには、はじめての人におすすめの初級、慣れてきた人におすすめの中級、「とにかく早く効果を出したい」という人向けの上級の3種類があります。 各エクササイズの方法についてご紹介します。 自宅で気軽に行える上効果も抜群なので、試して損はありません。 早速今からトライしてみましょう。 中身は何も入っていないものを用意しましょう。 その状態のままペットボトルを口で咥えてペットボトルが凹むくらいの勢いで思いっきり息を吸い込み、頬を膨らませて凹んだペットボトルを元に戻すイメージで息を吐き出しましょう。 ポイントとしては、息を吸うときにはお尻の穴を閉める感じ、吐くときに穴を緩める感じを意識することです。 これを1回あたり2分、1日3セットの計6分間行います。 そこに、少量の水を入れます。 最初のうちは、100ミリリットル以下が望ましいかもしれません。 次に、足を肩幅感覚に広げ、ペットボトルを唇で加えます。 歯ではなく、唇で咥えるようにしてください。 そして、その状態を10秒間キープします。 これを1回あたり2回、1日3セットの合計2分間行いましょう。 最初のうちは100ミリリットルの水でもキツく感じるかもしれませんが、慣れてくればペットボトル満タンでも行えるようになるはずです。 日を追うごとに、徐々に水の量を増やしていくと良いでしょう。 方法は、中級編のエクササイズに動きをプラスするというものです。 500ミリリットルのペットボトルに少量の水を入れて唇の力だけで咥えたら、そのままペットボトルを持ち上げてペットボトルを上下、そして左右にも動かしてください。 上上、下下、右右、左左といった風にリズム良く動かすと良いでしょう。 これを休みながら1回2分、合計1日3セット行います。 こちらも中級編同様、 日を追うごとに水を増やしていき、最終的には満タンの水で行えるようになるのを目指しましょう。 読者モデルもやってる、ペットボトルエクササイズが人気の理由 ただペットボトルを咥えるだけだというのに、ペットボトルエクササイズの顔のたるみやほうれい線への効果は大! 2週間実践し続ければ、自分で実感できるほど顔のたるみやほうれい線が改善されるのです。 その効果は、人気読者モデルもお墨付き。 「そんなに人気なのはどうして?」といまいちペットボトルエクササイズに対して半信半疑な人のためにも、ペットボトルエクササイズのメリットについてご紹介しましょう。 コストをかけず、気軽に顔のたるみやほうれい線を改善できる 使うものはペットボトルと水のみです。 そのため、実質0円で顔のたるみやほうれい線を改善することができます。 自宅で気軽に行えるため、空いた時間を見つけてスグに実践できるのもメリット。 毎日たったの6分なので、続けやすい! ペットボトルエクササイズに要する時間は、1日たったの6分。 1日6分といえば、メイクする時間よりも短時間。 しかも、1セットあたりにかかる時間はたった2分、わずか120秒なので、あっという間にエクササイズが終わります。 なので、習慣的に続けやすく、苦にもなりにくいといえます。 ペットボトルエクササイズは続ければ続けるほど顔のたるみとほうれい線に効果を発揮するため、 とにかく毎日続けることが大切。 顔のたるみやほうれい線以外にも効果あり! ペットボトルエクササイズには顔のたるみやほうれい線を改善する効果以外にも、様々な効果があります。 まずは、 口角が上げる効果です。 口角が上がると表情筋が鍛えられることから、たるみ・しわ対策にもつながる上、より魅力的な笑顔をつくれるようにもなります。 次に、 リフトアップ効果です。 たるんだ頬が引き締まる上にむくみや二重あごなども改善されるため、顔が小さくなります。 また、習慣的にペットボトルを使って息を吐いたり吸ったりすることで、 肺活量もアップ。 健康にも役立ちますね! まとめ いかがでしたか?ペットボトルのエクササイズを2週間続けることで、顔のたるみやほうれい線が改善されるだけでなく、健康の改善など色々と効果が期待できそうですね!数週間後のイベントに向けて改善したい人や、気軽に対策できる事を探していた方など、是非試してみてください。

次の

ペットボトルでほうれい線を消す方法とは?半年続けたらこうなった!

ほうれい線エクササイズ

老け顔にみられがちな原因のひとつ、ほうれい線。 しかし、マッサージやエクササイズ、ツボ押しなど、ほうれい線を目立たなくする方法はあります。 ここでは、ほうれい線の原因やそれを目立たなくする方法について詳しく紹介していきます。 ほうれい線の出来る原因は? ほうれい線のような深いシワが出来る原因は、肌のハリを支えている真皮のコラーゲン繊維やエラスチン繊維が、変性・減少することです。 コラーゲン繊維やエラスチン繊維の変性・減少には、加齢はもちろん、筋力の低下や毎日の生活習慣が影響しています。 それでは、その原因を一つ一つ具体的に解説していきます。 肌の老化 人の肌は、20歳をピークに老化が進むと言われています。 20歳をピークに基礎代謝が低下し、また、肌のハリに欠かせないコラーゲンやエラスチンを合成する線維芽細胞の働きが衰えるからです。 そのような肌の老化を防ぐためには、肌のターンオーバーを促して、コラーゲンやエラスチンの修復にアプローチすることが大切。 肌のターンオーバーは、顔のマッサージやエクササイズで血行を促すこと、また、抗酸化作用のある成分を含んだスキンケア用品やサプリを取り入れることなどにより、促進できます。 紫外線ダメージ 紫外線ダメージも、ほうれい線をはじめとして、シワや乾燥などの肌トラブルを引き起こす一因となります。 なかでもUV-A(生活紫外線)は、室内にいても、窓ガラスを通り越して肌に侵入するほど、波長の長い紫外線。 この紫外線が肌内部の真皮に到達し、コラーゲンやエラスチンを合成する線維芽細胞にダメージを与えることが、ほうれい線やたるみの原因になるのです。 普段からサンスクリーン(日焼け止め)で紫外線ダメージを防ぐほか、保湿をしっかり行って肌のバリア機能を正常化させましょう。 頬のたるみ 加齢の影響で表情筋の筋肉が衰えるのも、ほうれい線が目立つ原因の一つです。 表情筋は頬にある厚い脂肪を支えているのですが、衰えると肌全体が下がり、たるみができてしまいます。 このたるみによって、ほうれい線が目立つようになるのです。 頬のたるみを解消し、ほうれい線を目立たなくするには、表情筋を使ったエクササイズやマッサージがおすすめです。 生活習慣 実は、睡眠不足やデスクワークの姿勢も、ほうれい線ができる原因となります。 特に最近はスマホの普及により、顔を下に向ける時間が長いなど、姿勢が悪い人が増えています。 スマホの操作やデスクワークによって長い時間表情を動かさないと、表情筋が凝り固まり、余分な水分や老廃物が溜まるので、むくみやたるみ、そしてほうれい線へとつながるのです。 また、睡眠不足によって肌のターンオーバーが滞るのも、原因の一つです。 ほうれい線を予防・解消するためには、表情筋を鍛えるエクササイズや血行を良くするマッサージ、質の良い睡眠、姿勢をよくするなど、生活習慣を改善していきましょう。 ほうれい線にアプローチ!エクササイズ ほうれい線を予防・解消するためには、表情筋を使ったエクササイズがおすすめです。 エクササイズは、ほうれい線だけではなく、たるみにもアプローチしてくれます。 やり方さえ覚えれば、場所を選ばずいつでもエクササイズが可能。 ほうれい線やたるみが気になる人は実践してみましょう。 まずは、口を「う」の形にして、唇を前に突き出します。 そして、唇を顔の右側に思いっきり移動させてください。 左側も同様に行います。 左右の動きを1セットとし、3セット続けてください。 イメージとしては「ひょっとこ」のような表情です。 表情筋をしっかり使い、ほうれい線を引き伸ばすようなイメージで左右に動かしましょう。 片方の頬に思いっきり空気を入れ、膨らませます。 このまま10秒間キープして、もう片方も同様に行いましょう。 左右の動きを1セットとし、3セット続けたら完了です。 ほうれい線が伸びているのを感じながら行うのがポイントです。 口をしっかり閉じたら、ほうれい線が出る斜め下あたりに舌先を当てます。 そして、ほうれい線のラインに沿って、舌先を下から上に動かしてください。 もう片方も同様に行います。 ポイントは、リフトアップを意識しながらほうれい線を伸ばしていくことです。 左右を1セットとし、3セット続けたら完了です。 ほうれい線にアプローチ!マッサージ方法 ほうれい線の予防・解消には、血行を促進してターンオーバーを促すことも必要です。 ここでは、血行促進やリフトアップにアプローチするマッサージ方法について解説していきます。 おすすめは、湯船に浸かっている時やスキンケアの最中です。 湯船に浸かると全身の血行が良くなるので、効果的なマッサージが行えます。 また、スキンケアの最中なら、保湿を兼ねたマッサージができます。 毎日少しずつマッサージを取り入れていきましょう。 マッサージクリームやスキンケアクリームなどを適量手に取り、手のひらでなじませます。 そして、顎からこめかみに向かって、螺旋状に手のひらを滑らせていきましょう。 必ず、下から上に向かってマッサージしてください。 マッサージクリームやスキンケアクリームなどをたっぷりと手に取り、目や口の周り、頬などを左右対称にマッサージしていきます。 指の側面を使い、顔の中心から外側に向かってマッサージしましょう。 そして、耳の前あたりから首筋、鎖骨へと流すように首をマッサージしていきます。 これによりリンパの流れが促され、皮下脂肪の原因となる余分な水分を排出することができます。 皮下脂肪を解消することで、ほうれい線やたるみの予防・解消につながるのです。 まずは手をグーの形にして、顎から頬に向かってコリをほぐしていきます。 次に、人差し指と中指を折り曲げ、第二関節の部分を頬に当てて、目の周り、頬などを耳に向かって引き上げてください。 次に、伸ばした指を目の下に当て、目尻に向かってやさしくなぞっていきましょう。 その指をこめかみまで引き上げたら、マッサージ完了です。 リンパだけではなく、ツボを刺激することができるので、ほうれい線やたるみの予防・解消にぴったりです。 マッサージ時の注意点 マッサージを行う際、摩擦によって肌にダメージを与えてしまうことがあります。 特に、肌が乾燥している状態でマッサージをすると、摩擦によるダメージを強めてしまうので、マッサージクリームを使用するようにしましょう。 また、オールインワンジェルを使ったマッサージもおすすめです。 「コラリッチEX」なら、肌のハリに欠かせないコラーゲンの働きを支える美容成分が豊富に含まれています。 また、肌馴染みの良いアルガンオイルや、体温で溶けるシアバターが含まれているので、保湿をしながらマッサージすることができます。 みずみずしいテクスチャーで肌もべたつきません。 マッサージをしながらスキンケアが1ステップで完了できる手軽さも魅力的です。 ほうれい線にアプローチ!ツボ ほうれい線の予防・解消に働きかけるツボ押しを紹介していきます。 ポイントは、リズム良く押すこと。 ツボを押すときに息を吐いて、離すときに息を吸うと良いでしょう。 ここでは押し方だけではなく、ツボの場所や効果についても解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。 指で押すと軽く凹んでいる部分が2箇所あるので、探してみましょう。 巨りょうの場所を把握したら、指の腹を使って、力を込めず、軽く5秒間押してください。 指を離すときはゆっくりと。 これを5回ほど繰り返してみましょう。 迎香(げいこう) 迎香は、左右の小鼻(鼻の横)にあるツボです。 老廃物が溜まりやすい場所なので、ツボを押すことで老廃物の排出を促し、ほうれい線の予防・解消に役立ちます。 このツボを、麺棒を使ってイタ気持ちいい加減で押してください。 1回につき10秒間、計4セット行いましょう。 血行が良くなります。 ほうれい線へのアプローチ法 ほうれい線は、加齢や紫外線、生活習慣などによってできてしまいます。 ほうれい線を予防・解消するためには、表情筋を鍛えることと血行を良くすることがポイントです。 生活習慣改善や日焼け対策はもちろん、エクササイズやマッサージ、ツボ押しを取り入れて、ほうれい線にアプローチしていきましょう。

次の

ほうれい線に効くエクササイズ!プロが教える簡単な口元の筋トレ方法

ほうれい線エクササイズ

鼻の両脇から口元にかけて八の字に刻まれるラインのことをほうれい線と言います。 年齢とともに深くなるほうれい線は顔印象を老けさせる要因のひとつ。 そんなほうれい線は一般的に30代頃から目立ちはじめると言われています。 そこで今回は、自分で簡単にできるほうれい線撃退に効果的な 割り箸エクササイズをご紹介します。 ほうれい線に効く!割り箸エクササイズの方法 エイジングサインのひとつとしてコンプレックスのひとつに数えられるほうれい線。 ほうれい線を失くすためには様々な種類があますが、今回ご紹介するのはコンビニやスーパーなどでもらえる一般的な割り箸を使ったエクササイズです。 ここからはほうれい線を撃退する割り箸エクササイズの方法を2種類ご紹介します。 エクササイズ1 最初にご紹介する割り箸エクササイズは比較的簡単で続けやすい内容となっています。 ほうれい線が気になってきた方はまずこちらのエクササイズを行ってみてください。 【簡単な割り箸エクササイズの方法】• 割り箸を横一直線の向きにしたまま上下の前歯ではさみます• 割り箸をはさんだまま「イー」の口を作ります• その状態で30〜60秒キープしてください• 歯の力を使わないため、最初のうちは頬の筋肉がぷるぷると震えますが、ほうれい線に効いている証拠です。 【レベルアップ!割り箸エクササイズの方法】• 割り箸を縦笛のようにして唇でくわえ、先端を地面に向けます• 歯は使わず、頬の力のみで割り箸をゆっくり持ちあげます• 唇の高さで5秒キープします• 割り箸をゆっくり持ち上げ、ゆっくり下げることで頬の筋肉により負荷がかかり、気になるほうれい線にしっかりアプローチします。 割り箸エクササイズがほうれい線に効くのは「表情筋」を鍛えられるから! 割り箸エクササイズはなぜほうれい線ケアに効果があるのでしょうか? 頬にクッキリと刻まれたほうれい線は、シワのようにみえて実はシワではありません。 ほうれい線とは、頬のたるみが口元に覆い被さるような形で出来るミゾのことで、これを解消するためには頬のたるみを無くす必要があります。 頬のたるみは加齢や生活習慣などによって顔の筋肉= 表情筋が衰え、皮下脂肪の重みに耐えられなくなった皮膚が垂れ下がることで生まれます。 つまり、ほうれい線の原因となる頬のたるみをケアするためには、表情筋を鍛えることが重要なのです。 割り箸エクササイズでは、頬や口周辺の表情筋を鍛えることができるため、ほうれい線の原因となる頬のたるみにアプローチすることが出来ます。 毎日の習慣に割り箸エクササイズを取り入れ、年齢を感じさせない若々しい美顔を手に入れましょう。 割り箸エクササイズはやり方を間違えると逆効果!? 老け見えの原因となるほうれい線。 割り箸エクササイズはそんなほうれい線を解消するために顔の筋肉を鍛えるものですが、 「やりすぎるとかえってほうれい線が目立つ」という声が聞かれます。 気になるほうれい線を消すために努力を重ねた結果、逆効果を生んでしまっては困りますよね。 では、実際のところはどうなのでしょうか? ほうれい線をケアするための割り箸エクササイズが逆効果になるという噂の証拠となるデータは見つかりませんが、同じく簡単にできるほうれい線対策として知られる 「舌回し体操」では、やりすぎによってほうれい線がよりくっきりしてしまったという口コミが見られました。 何事もやりすぎは禁物。 ほうれい線ケアのために割り箸エクササイズを行う際は、適切な回数を守って無理なく継続することが重要です。 「もっと手軽にほうれい線ケアしたい!」という人には美容鍼がオススメ! 「ほうれい線は消したいけど、手間をかける時間はない」という人におすすめしたいのが 貼るタイプの美容鍼(びようばり)です。 美容鍼はその名のとおり、美容に特化した鍼治療のこと。 小顔・美肌効果がある上に即効性が高いことで美容愛好家から注目を集めている美容法です。 『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』の特長は素材に徹底的にこだわって作られていること。 美肌効果のある金の鍼や、温感効果のあるチタンテープを使用していて、貼り心地がとってもいいんです! 『HARIRI(ハリリ)〜セルフケア美容鍼〜』を貼って寝るだけで、プロの鍼灸師さんの施術に負けない効果があります。 「綺麗になりたいけど、ケアに時間をかける余裕がない」という人におすすめです!.

次の