社内 書類送付 添え状。 書類送付の案内・メールでの送り方|書類送付状のテンプレートと例文

入社書類と同封する添え状の例文は?会社への提出書類の送付状の書き方!

社内 書類送付 添え状

INDEX• 送付状 添え状 をつける目的 就活の際、応募書類やエントリーシートを企業に郵送しますよね。 この際に応募書類と同封するのが 「送付状」です。 送付状は「添え状」「カバーレター」とも呼ばれ、以下の目的で作成・同封します。 ・ どのような書類が何通同封されているかを確認するため ・ 誰から誰に宛てた書類なのか名前を明確にするため ・ どのような目的の書類かを明確にするため つまり、書類に不備不足がないかの確認や、間違った相手に書類が渡ってしまうことを防止するために送付状を同封するのです。 就職後も取引先や顧客に書類を郵送する場合に必要となる作法ですので、これを機にしっかりと知識を身につけておきましょう。 送付状 添え状 は絶対必要? 基本的なマナーとして必要 添え状には、郵送物を受け取った人がいちいち中身を確認しなくても、どの部署の誰宛ての郵送物かをひと目で判断できるようにという配慮の意味があります。 企業側の手間を省くためにも、企業に書類を送る時は添え状を付けるのが基本的なマナーです。 また添え状を付けることによって、きちんとした印象を与えることもできるため、就活中の郵送物にはできるだけ添え状を付けた方が良いでしょう。 ただし、企業が資源ゴミの削減などを理由に「添え状は不要です」と指示してくることがあります。 この場合は素直に指示に従い、添え状ははぶきましょう。 代わりに、封筒に「応募書類在中」「履歴書在中」などと朱書きして、採用担当者宛ての郵送物だとわかるようにしておくといいでしょう。 送付状 添え状 を付けないと選考に落ちる? 添え状はつけるのがマナーですが、もし忘れてしまった場合でも、添え状を付けたか付けていないかで、選考に大きな影響はありません。 むしろ、 付け忘れたからと言って後から添え状だけを送ったり、要件以外のことをこまごまと書き込んだ添え状を付けたりする方が、選考ではマイナスになると思われます。 パソコンと手書きならどちらがおすすめ? どちらかと言うと、添え状はパソコンで作成するのが主流です。 そして、決まったフォーマットを使ったシンプルな添え状が好まれます。 なぜなら、添え状の目的は、あくまでも送付物本体の概要を伝えることであり、あまり手間暇をかけて作成するものではないと一般に考えられているからです。 ただし手書きの添え状がNGかと言えば、決してそんなことはありません。 パソコンで作成する場合は横書き、手書きなら縦書きと言われていますから、その点さえ気をつければ手書きでも大丈夫です。 パソコンにせよ手書きにせよ、誤字脱字には十分に気を配り、規定の書式をきちんと守りましょう。 PCで送付状 添え状 を書く場合 PCでの送付状 添え状 の書き方 送付状の目的でお伝えしたように、送付状はあくまでも宛先や同封されてる書類の枚数や概要を把握できればOK。 そのため、手書きで時間をかける必要はありませんし、テンプレート通りのものを引用して問題ありません。 企業担当者も送付状の内容や書き方などをじっくりと確認したり、その内容までじっくり読むことはほぼありません。 余裕がある時に自分なりの送付状のテンプレートをWordなどで作っておき、必要に応じて作り変えるのがおすすめです。 複製して利用する場合は、宛先などを前の社名のままにすることがないよう、十分に注意しましょう。 簡潔に内容を伝えること、 敬称や頭語・結語、時候の挨拶、尊敬語の使い方を間違えないといった点にも注意が必要です。 作成日を記入する場合は、投函日とあまり日付が離れないように気をつけてください。 また、 ESや履歴書の添え状として使う場合は、西暦・和暦をESや履歴書と統一した方が好ましいでしょう。 敬称は、人事部や総務など組織に宛てて出す時は「御中」、担当者個人に出す時は「様」と使い分けましょう。 学校名と所属学部、氏名、住所、携帯番号とE-mailアドレスを、それぞれ改行して右寄せに書きましょう。 手書きで送付状 添え状 を書く場合 手書きでの送付状 添え状 の書き方 送付状はパソコンで作成したほうが楽だと言っても、パソコンが苦手な人や、様々な理由からパソコンでは作成できない人もいますよね。 その場合の手書きでの送付状の書き方を紹介します。 まず押さえるのは、以下のポイント3つです。 面倒でも新しい紙に書き直しましょう。 手書きで送付状 添え状 を書く際のポイント 1 頭語・結語 頭語(拝啓)は1行目の一番上から書き始めます。 その後ろに一文字程度のスペースを開けて時候の挨拶を書きましょう。 結語(敬具)は本文の最後の行に一緒に書きます。 便箋の一番下に一文字程度スペースを開けたところに書きましょう。 最後の行にどうしても収まらないようであれば次の行の下に書いても大丈夫です。 2 本文 段落の始めに、必ず一文字分スペースを開けましょう。 内容は、簡潔に応募書類を送付することを記入します。 自己PRや志望動機などを書く必要はありません。 3 日付 本文の最後の行の次の行に書類を送付する日付を書きます。 位置は行の一番上に書きます。 書く際は、漢数字と和暦を使用しましょう。 4 差出人 日付の次の行には差出人(自分の名前)を書きます。 この際、一番下に一文字分スペースが空くように、下寄りに名前を書きましょう。 大学名は名前の前に一文字分スペースを空けて書きます。 5 宛名 宛名を書く際は「会社名」「部署名」「担当者名」を1行にまとめましょう。 「会社名」「部署名」「担当者名」の間は一文字程度空いている方が見やすいです。 会社名が長くてどうしても収まらない場合は、「会社名」に1行、「部署名」と「担当者名」に1行。 のようにまとめるといいでしょう。 送付状 添え状 は郵送・FAXの時に送付する 送付状は企業に書類 履歴書・エントリーシートなど を「郵送」または「FAX」する場合に書類の枚数に関わらず同封します。 そのため、書類を直接会社に持参する場合や、メールで添付送信する場合は必要ありません。 もし同封し忘れてしまったら? 送付状を同封し忘れたからといって、採用に影響する可能性は低いでしょう。 かえって相手の手間を増やすことになってしまうため、わざわざ先方の担当者にその旨を報告する必要はありません。 しかし、やはりマナーを守れている方が好印象に繋がるのは事実です。 送り忘れがないよう、書類を封筒に入れる際には内容の確認をしっかりと行うようにしましょう。 時間の余裕がないと送り忘れが多くなりますので、できれば余裕をもって準備を行うことでミスを減らしましょう。 まとめ 送付状はビジネマナーとして必要なものですが、同封しなくても合否には関係ありませんが、逆に言えば凝りすぎても効果はありません。 その分の時間があるのであれば、面接の練習や企業研究、大学の勉強、アルバイトの時間などに割り当てましょう。 物事を効率よく進めることも社会人には必要なスキルとなります。

次の

入社書類と同封する添え状の例文は?会社への提出書類の送付状の書き方!

社内 書類送付 添え状

送付状の役割とは ビジネスの場で書類を送る時は、送る書類だけでなく、送付状も付ける必要があります。 マナー違反をしないように、送付状はどのような時に、何のために必要なのかを知っておきましょう。 相手に中身を知らせる 送付状の目的は、送る相手に何を送ったのか中身を知らせるためにあります。 どんな書類を何枚送ったのか分かりやすくすることで、受け取る側も迷いなく受領することができます。 送付状を送るのはビジネスマナー 送付状を付けなかった場合、受け取る側としては必要なものを全て受け取れているのか、すぐに確認することができません。 書類なら、どんな書類が何枚なのかを送付状で分かりやすく明記することで、必要なものを全て受け取ったと分かりやすくなります。 送付状が付いていなかったり、送付状に記載する情報が不足していると、相手を困らせることになってしまいます。 送付状があると受け手も助かる 送付状で何を送ったのかを箇条書きで記しておくことで、受け手としても分かりやすくなります。 書類を確認して連絡が必要になった時のために、 差出人の連絡先が記載されていると、何かあったときでも安心です。 関連相談• 社内へ送る送付状の基本的な書き方とは 送付状の基本的な書き方について解説します。 宛名・発信者について 宛名や発信者は、 日付の下は左詰めで宛先を、それに続いて右詰めで差出人を記載します。 宛先の会社名や名前を間違えるのは大変失礼になりますので、名刺などを見て間違いの無いように書きましょう。 挨拶文について(拝啓・お疲れ様です等) 挨拶文は、社外宛の場合は拝啓からはじめて、敬具で締めます。 挨拶文は、「ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 」など決まり文句を使いましょう。 社内宛の場合は、「お疲れ様です」などフランクな文面でもよいでしょう。 送る書類・物の書き方 送る書類は箇条書きで記載します。 書類名を書き始める前に「記」と書き、書き終わったら「以上」を入れます。 以下のように記載しましょう。 記 1. 【状況別】すぐ使える送付状のテンプレート 実際にすぐに使える送付状のテンプレートを紹介します。 書類を送る場合 以下は書類を送る場合の送付状のテンプレートです。 早速ではございますが、下記のとおりご送付いたしましたので、ご査収いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。 敬具 記 1. たとえば、感謝の気持ちを込めて品物を送る場合は、何を送ったかの説明に加えて挨拶文をつけておくようにしましょう。 文面としては以下のようになります。 ささやかではございますが、ぜひご活用いただければ幸いです。 それでは、貴社の更なるご発展をお祈り申し上げます。 今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。 faxで送る場合 faxでビジネスの文書を送る場合も送付状をつけます。 faxの場合は送信状と呼ぶことが多いですが、内容は同じものです。 faxの場合は送信状を1枚目に送り、送信状に何枚送ったかを書いておきます。 そうすることで受信する側も何枚受け取ればよいのかが分かりやすくなります。 関連相談• 送付状について覚えておきたいこと 送付状を送るときに覚えておくと便利なことをいくつか紹介します。 送付状のテンプレートはネットでも入手できる ビジネスで使う送付状は一般的な型が決まっていますので、ネットでテンプレートを入手できます。 文章量も多くありませんので、テンプレートをちょっと書き換えるだけですぐに完成させることができます。 親しい仲なら少しアレンジしても良いでしょう 社内でよく知った相手に送るときなど、親しい仲の場合なら、堅苦しくならないように少しアレンジするのもよいでしょう。 送付状の基本はおさえた上で、堅苦しい挨拶文はなしにしてフランクにしても問題ありません。 状況によっては手書きもアリ 社内の親しい相手に送ったり、社外でも親しい間柄の相手に送るなら手書きで作成するのもよいでしょう。 パソコンで作って印刷したものは堅苦しい印象になることもありますので、手書きにすることでフランクな印象になります。 ビジネスの書面ということを忘れずに丁寧な文面にしつつ、手書きで出すのもひとつの方法です。

次の

送付状 [送り状、添え状、書類送付、シンプル版・正式文書版]2018版

社内 書類送付 添え状

入社前の準備は書面でのやりとりが増える 応募エントリーや面接日の調整、内定承諾といった選考プロセスにおいて、企業とのやりとりはwebやメールで行うことが多い昨今ですが、いざ入社となると紙媒体が増えます。 たとえば、雇用契約書、給与振込口座確認、扶養家族に関する申告やエビデンス等です。 これらの書類は企業から直接郵送されてくるので、必要事項を記入し期限までに返送するパターンが多く見られます。 封筒に入れてポストへ!の前に 既に社会人経験のある方ならおわかりかと思いますが、ビジネスシーンにおいて企業へ書類を送付する際には『添え状』を付けるのがマナーというものです。 企業側から指定された書類を入れて封をする前に、添え状を同封しましょう。 添え状は『送付状』や『カバーレター』などの言い方もあります。 表紙のようなものですね。 添え状に書くこと ご挨拶を兼ねて、今回の送付書類を明確にします。 送る側も受け取る側も、添え状で同封書類の確認をすることができます。 送付日付 書類を送付する年月日。 記入位置は右寄せ。 記入位置は左寄せ。 差出人 氏名、住所、常時連絡のつく電話番号など。 記入位置は右寄せ。 件名 今回の書類送付目的「入社書類送付について」。 記入位置は中央。 記書き 中央に「記」とし、以下に送付書類を箇条書きに記入します。 最後に「以上」を忘れずに。 『あいさつ文の書き出しがわからない、とくに時節が。 』という方に! 安心してください、はいてますよ。。。 イヤ、教えますよ。 春 : 3月「早春の候」 4月「陽春の候」 5月「暮春の候」• 夏 : 6月「向夏の候」 7月「盛夏の候」 8月「残夏の候」• 秋 : 9月「初秋の候」 10月「仲秋の候」 11月「晩秋の候」• 冬 : 12月「初冬の候」 1月「初春の候」 2月「向春の候」 添え状サンプル 文章はパソコンで作成しても、手書きでも大丈夫です。 字に自信がない方でも丁寧に仕上げれば、手書きも気持ちが伝わって良いと思いますよ。 送付物チェックも忘れずに 肝心なのは、送付すべき書類に記入漏れや同封漏れが無いようにすることです。 また、封筒の宛先に誤字はないか、差出人の住所氏名も記載したか、最後にチェックして投かんしましょう。

次の