メインクーン 北海道。 北海道のメインクーン|里親募集|ジモティー

メインクーン子猫でお探しの方はこちらへ ペットショップワンラブ

メインクーン 北海道

実際に動物の保護活動などをしていること• 実際に動物の保護活動などをしていること• 法人であること• 当サイトに掲載されているペットの里親を希望されている方に対し、掲載していないペットの有料譲渡のお話をされる事も禁止致します。 また、金額を確定しない寄付金の受付・請求は禁止致します。 引き渡し方法 責任を持って生涯大事に可愛がって頂ける方に里親になって頂けたら嬉しいです。 お名前・年齢・家族構成・メールアドレスをお知らせください。 札幌近郊または道内で上記以外の遠方の方はお引き取りに来れる事が条件です。 先住猫の有無・猫の飼育経験の有無をお知らせください。 65歳以上の方のみのご家庭や同棲カップルの方からの応募は辞退いたします。 運送会社の陸送・空輸はお断り致しますのでご了承ください。 小さなお子様がいらっしゃらない方を希望いたします。 大型種ですのでご飯代は目安としてロイヤルカナン10kgが約2カ月で 無くなりますので都度7,000~8,000円程度かかります。

次の

北海道札幌近郊江別市の、マンチカン、メインクーン、ベンガル等の販売情報。ブリーダー直売です。

メインクーン 北海道

雪上を歩行するメインクーン 原産国 ヨーロッパから北米に伝来 別名 クーン・キャット(Coon Cat) メイン・キャット(Maine Cat) メイン・シャグ(Maine Shag) 各団体による猫種のスタンダード メインクーン(Maine Coon)は、の中でも大きなのひとつであり「 ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称を持つ身体的な特徴と、その賢さと遊び好きなことでも知られている。 長毛種である。 一般的にが原産とされておりメイン州公認の「州猫」として認定されている。 アメリカにおける最古、最大の品種であり、身体の模様やのが(ラクーン)に似ていることから命名されたが、実際には(アメリカ)のにいた猫と、によりから連れて来られた長毛種の猫のと考えられている。 にアメリカ初のキャットショーで優勝したメインクーン「コーセイ」(Cosey) メインクーンの起源は、奇抜とも思われる逸話を含め、諸説がある。 マーク・コールマン Coleman, Mark 著、古谷沙梨訳「メイン・クーン」 , 7月 では、以下の説を紹介している。 地方の猫をルーツとする説 昔は、その風貌から土着猫とアライグマの混血であると考えられておりメイン州のアライグマ(raccoon:ラクーン)を意味する「メイン・クーン」と名づけられたとする説。 クーンの連れてきた猫とする説 系あるいは、系の猫がクーン船長によって、中国から北アメリカ東部沿海地方に連れてこられ、この猫を始祖とする説。 のアメリカ計画をルーツとする説 スティーブン・クロー船長の助力によりへの亡命を計画し、まで用意したが実現されず、形見にと船長が連れてきた王妃が愛でていたアンゴラ種の猫を始祖とする説。 そして、の船猫であったと風貌が似ていることから中にする船員と同じく逃げ出した猫と土着の猫との交配により誕生したとする説を、最も有力としている。 身体特徴 [ ] 白毛のメインクーン メインクーンは特にその大きな骨格と三角形の体型、長い毛並みで知られ、色は多彩でその知能と優しい性格も特徴とされる。 や股関節異形成症の健康面での問題を持つブリードとされているが、これらは検査により遺伝子異常を発見し、発症し得るかを確認することが可能である。 メインクーンの耳は大きく、根元が幅広、頭の高い位置にあり、中にタフト(Tuft=房毛)が豊富に付き、先端にリンクスティップス(Lynx Tips=の耳先の飾り毛)がある。 メインクーンに特徴的なリンクスティップスによって、オオヤマネコのような風貌を得ている。 メインクーンのは長く、2004年には17. 4 cmの洞毛を持つメインクーンが、2005年には19 cmの触毛を持つメインクーンが最長のを持つ猫としてギネスに登録された。 頭の形はどちらかというと長めだが、されていない雄が成長するとえらが張るようになる。 顎は頑丈で、はしっかりとした四角形。 横顔には、にジェントルカーブと呼ばれる緩やかで、流線的な窪みが見られる。 メインクーンと似ていると区別する特徴の一つとして、ジェントルカーブの有無がある。 メインクーンのボディは、筋肉質で胸幅が広く、どの部分をとっても華奢な部分が無く、がっしりとしている。 胴は長めで、横から見ると長方形に見える。 全体的に均整が取れていて、極端な特徴は無い。 体長(鼻の先から尻尾の先にかけての長さ)は、1メートル(40インチ)を超える場合もあり2010年に123 cm(48. 5インチ)が最も体長の長い猫としてギネスに記録されている。 成猫としての体格が出来上がるまでには、他の猫種より長い期間を要する傾向にあり、4歳から5歳で成猫としての体格が固まるとされている。 2010年に世界最長の猫に認定されたメインクーンは、5歳になって記録の体長に達した。 体重が11 kg - 12 kg(25ポンド)に達する個体もあるが雄の成猫の平均体重は6 kg - 9 kg(12ポンド - 20ポンド)で雌は若干軽い3 kg - 5 kg(7ポンド - 11ポンド)。 メインクーンの尻尾は長く、2011年に世界一長い尻尾の猫として、前述の2010年に世界最長の猫に認定されたメインクーンが再び認定された。 その際の尻尾の長さは41. 5 cm(16. 34インチ)である。 しかし、チョコレート、ラヴェンダー、濃いタビー、局所的な色パターン(のようなポイント)のメインクーンは存在しない。 目の色も極めてバラエティに富んでいる。 あらゆる被毛パターンで、グリーン、グリーンゴールド、または、ゴールドという目の色がある。 被毛が白のメインクーンの場合、両目がブルー、または、というものもいる。 額に特徴的な「M」型の模様があるのは、メインクーンの毛色に多いの特徴であり、メインクーン特有ではない。 毛はミディアムロングで密集しており、胸元にはのに似たひだ襟のような長い飾り毛がある。 このため maine coonを mane coon(maneはたてがみの意) と冗談交じりで表記することもある。 被毛が下毛と長めの上毛の2層になっているのがメインクーンの特徴である。 被毛は、一般的にとても柔らかい。 やなどと呼ばれる足の後ろ側にある長い毛と、指の間にある長い毛のおかげで、寒さの中でも体温を保つことが出来る。 尻尾がとても立派にふさふさとしているため、「尻尾にくっついている猫」という異名すら得ている。 初期のメインクーンは、持ち前の太足、飾り毛によって、そしての兆候が強くあったため足場を取りやすく、上での活動に有利であったとされるが、次第に多指症の傾向は逆転するに至っている。 行動面の特徴 [ ] メインクーンは、極めて賢く、器用で、遊び好きな猫種である。 足先を器用に丸めて物を持ち上げるなど、前足を良く使う傾向にあるため、棚の戸を開けたり、水道の蛇口を開いたり、トイレを流したり、小さなものを持ち上げたりすることを簡単に覚えてしまう。 中には、直接ボウルに顔を近づけるのではなく、前足を使ってエサや水を飲むメインクーンも見受けられる。 メインクーンは、平均以上の知能を持っているため、トレーニングしやすい猫種のひとつであるといわれている。 また、のどを鳴らすような鳴き声と、ニャーという猫の鳴き声を組み合わせたような声を出すことでも知られており、うれしい時や驚いた時にこのような声をだす傾向にあるようだ。 他の猫種に比べ、メインクーンのニャーという鳴き声は高めである。 仲間の猫や人間と一緒に食事をすることを好み、単独でエサを食べるのは珍しい。 メインクーンは、飼い主に甘えて膝の上に乗ってくるタイプの猫種ではないといわれてはいるが、これは、個体により異なり、中には、飼い主の膝の上が大好きというメインクーンもいる。 飼い主の膝の上でうたた寝するメインクーン 水の中に入ってというわけではないが、水で遊ぶことを好むメインクーンもいる。 おもちゃを水に浸してから遊んだり、水のボウルをひっくり返したりすることがある。 また、前足を使って器用に水をすくって飲むメインクーンもいる。 犬のような行動をするメインクーンもいる。 物を取ってくるというのは、好きなゲームの一つである。 犬がそうするように、ボールを取ってきて飼い主の足元に置き、またボールを投げてもらうのを待つという遊びである。 郵便物を取りに行ったり、犬の散歩に行ったりなど、日々の生活の中で飼い主についてまわることがあり、屋外にいる時でさえ、飼い主に呼ばれると戻ってくることもある。 健康状態 [ ] 美しい白毛のメインクーン メインクーンは一般的にはニューイングランドの気候で生活できるように丈夫で健康なブリードである。 一番危険な病気はで、メインクーンの場合はで遺伝する。 特に中年期から老年期の猫や雄猫に発症しやすいとされている。 肥大型心筋症は、左心室の筋肉が肥大し硬くなる心筋の病気で、猫の場合、心不全、による後足の麻痺、突然死などの原因となる。 1歳から7歳のメインクーンなら、心臓超音波診断(心エコー検査)で肥大型心筋症を発見することが可能である。 また、この病気を発症する遺伝子異常は遺伝子検査により発見することも可能である。 の獣医学部で遺伝子突然変異の検査をしたメインクーンの内、3分の1の猫が陽性であった。 [ ]心臓ミオシン結合タンパク質Cの遺伝暗号を指定する遺伝子の突然変異が、ある特定のメインクーンの遺伝系列においては、肥大型心筋症の要因となってきたことがわかっている。 もうひとつの健康リスクはで、これもまた遺伝性の病気で、胴や四肢の筋肉を動かす脊髄の神経が消失することにより発生する病気である。 症状は通常、生後3~4ヶ月で発症し、筋肉の萎縮、筋力の低下、短命などに繋がる。 この病気を発症する遺伝子も検査により発見することが可能である。 股関節の運動障害や関節炎となるもメインクーンには見られる。 動物整形外科財団が2007年に纏めた研究レポートによると1974年1月から2008年12月までに動物をブリードごとに最低各100のケースを調査したうち、メインクーンは994のケースがあり23. ちなみにメインクーンはこのレポートで唯一の猫であった。 [ ].

次の

メインクーンの平均・最高寿命は?オスとメスで違いはあるの?短命?

メインクーン 北海道

猫舎所在地 住所:北海道石狩市花川南八条3丁目 猫舎紹介文 当キャッテリー子猫は獣医師による簡易健康診断(視診、聴診、触診、検便)の他に、血液検査にて肝臓・腎臓・血糖値・赤血球数・白血球数までクリアした状態でお引渡しをしております。 また、検便では寄生虫が発見されていなくても、お引渡し前に念のため駆虫薬も投与しております。 【キャッテリー】 性格の良い猫の飼育方法である神原メソッドを開発し『日本に定着していた外飼い猫の習性は誤りだ』、『室内猫は人に寄り添って生きるのだ』という猫の人懐っこさを2012年より世に配信する。 今では視聴数80万を超える) その結果、捨て猫が減り里親希望者が増えるという諸問題の根源より改善・激変させたため、保護活動家の方々より『猫界の神』と称される。。 また、法改正により壊滅状態に陥っていたネット利用の子猫販売を、神対応しかしないというアフターフォローや子猫を全国へ自らお届けして、躾やお手入れの方法まで説明する手法をいち早く確立・普及させ猫販売の常識を根本から変える。 今では当たり前となっているが当時では斬新な画像の撮り方で子猫を販売し、子猫の販売価格をたった一人(と猫数頭)で安定化させる。 そしてサイベリアンやオシキャット、ミヌエットなどの知名度の無い猫を世に広め、消えかけたマンチカンブームを再興させたたため日本の猫業界のプライスリーダーとして、今では猫ブームの火付け役と呼ばれる。 神原の猫は全国各地へと行くため、まわりにどれだけ人がいようが大人しく人間が触れられるように躾が施されます。 その手法は他に類を見ないため『神メソッド』として猫業界で研究されるが、結局誰もできないため『神の手』と呼ばれる。 お引渡し時に触れ方、接し方を60~180分説明しており、お引渡し後も接し方のご相談を受けられるように直通ダイヤルを通知しております。 キャットショーの全猫種審査員や猫セミナーの講師を全国各地で務め、猫に対する知識は格段に豊富です。 我が家に可愛い男の子のメインクーンを迎えることが出来ました。 長毛種の為、ブラッシングの事や迎え入れるにあたっての準備など 不安に思うことを何度も問い合わせしましたが、いつも丁寧に答えてくださり また、写真や動画での成長過程も度々送っていただいたので 実際に仔猫に会わずに迎えるという不安は消え、早く会いたいとワクワクした気持ちで待っていました。 遠方な為、代行取引となり神原さんにはお会いしてませんが、引き渡しの際には体調を崩した時の為にと点鼻薬や整腸剤も一緒に送ってくだって、ありがたかったです。 迎え入れた仔猫も 毛並みがふわふわでとても美しく、すぐにゴロゴロと喉を鳴らしてすり寄ってきてくれて愛らしいです。 神原さんにとても大切に育ててもらったのがわかりました。 これからの成長が楽しみですし、素晴らしいブリーダーさんとの出会いに感謝しています。 猫舎所在地 住所:北海道札幌市西区 猫舎紹介文 スタンダードに基づきブリーディングするのはもとより、愛らしく性格の良い仔猫に育つように接しております。 最高です。 3年前、初めて飼った猫が加藤様のメインクーンで 一緒に暮らし始めて、もうすっかりメインクーンが大好きになり 2匹目もぜひ加藤様のメインクーンと決めていました。 夫が真っ白い子がいいな、と言っていたので この子を見たその日に夫に相談して飼うことを決めました。 一番心配していた先住猫との相性でしたが 見学の際、加藤様のアドバイス通りにしたところ 初日はギクシャクしていましたが 日に日に距離が近くなり、 一週間後には追いかけっこしてじゃれあうようになりました。 2匹並んで寝たりして、とても可愛いです。 癒されます。 毎日が最高です。 あと、嬉しい誤算なのですが 1歳になったばかりの娘ととても仲良くなり、 娘の遊び相手になってくれているので助かっています。 娘がちょっと手を出しても 怒ったりひっかいたり噛んだりすることもないです。 1匹目同様、初日からトイレもご飯も問題なく、 爪とぎも爪とぎ以外ではしません。 この度は本当にありがとうございました。 また機会がございましたらどうぞ宜しくお願いいたします。 加藤さまとこのコに出逢えた事に感謝です! サイトを通じて写真に一目惚れ。 自分でも分からないくらいに惹かれました。 距離など関係ないくらいに、いてもたってもいられなくなり、まずは問い合わせしてみることに。 メインクーンを亡くしてからの心配と神経質がちな仔猫探しでしたが、加藤さまとやり取りをしてみると、その丁寧で真摯な対応に感銘を受け思わず涙がでました。 加藤さまが育ててくれた仔猫なら絶対大丈夫。 そんな安心感を与えてくれる説得力のある文章。 実際に見学に訪問させて頂いて、その言葉を直接聞けて猫に対する愛情に触れることができてよかったです。 たくさんの婿入り道具と共に一緒に空港まで来て頂けて感謝しきれない程。 見学の際はとってもシャイボーイだったのに、わが家に来てその日に熟睡したり、撫でたらゴロゴロお腹を見せてくれるなど…シャイをどこかに置いてきた感じ。 トイレも猫砂を頂いたおかげで場所だけ教えてあげたら初回から自分のタイミングで済ませていました。 ごはんも今まで食べていた物を頂いたおかげで、その日から普通に食べてくれました。 加藤さまや母猫からたくさんの愛情を受けて育ったおかげで撫でられるのが大好きな可愛いキルシュ君。 この度は本当にありがとうございます。 本当に感謝です。 想定される事項もしっかり説明いただき、 こちらの不安もクリアでき、大丈夫と自分にいいきかせ、慌てることなく今に至る所存です。 骨がしっかりしてる印象を受けました。 良いご飯を食べて成長したとかんじました。 血統とはこういう事なんだと感じました。 また性格も大変良く、躾、トイレなどもできていて環境がかわったにもかかわらず、全く問題ありませんでした。 800匹ちかくの猫を送り出したプロの仕事をかんじました。 がブリーダーさんは本当にプロとかではなくただ猫を愛しいかわいいという猫の気持ちを尊重したお人柄でした。 私はラッキーでした。 これから楽しみに猫の成長を見守りたいです。 大事な家族がこんな形で増えたのは嬉しい限りです。 また、このサイトを利用出来たことにも感謝しております。 猫舎所在地 住所:北海道網走市駒場南 猫舎紹介文 メインクーンに支えられ、彼らの魅力 ・個性に楽しみながらブリーディングしています。 お客様に喜んで頂ける様な、可愛く 懐っこい子に大切に育てています。 スタンダードを意識し繁殖に心がけています 健康・衛生面には配慮し飼養致しています。 子猫の毎日の変化・体調は徹底した管理致しています。 この度は遠路お越しいただき、素敵な子猫さんをお譲り頂き有り難うございました。 猫さんを迎えるのは初めてだったのですが、詳しく説明をしていただけたので滞りなく迎える準備を済ませることができ、そして迎えてからも「わからないことがあればいつでもご質問ください」とお声がけ頂けたことが大きな安心材料でした。 また、メールのやりとりも迅速丁寧で非常に信頼できるブリーダーさんだと感じました。 迎えた子猫は心配とは裏腹に、初日早々からよく食べよく飲みよく眠り粗相もなく元気のいい甘えっ子で、育ってきた環境の良さがうかがえます。 素敵な子と出会えたこと感謝いたします。 次の子を迎える時もまた佐々木様にご相談させていただきたいと考えております。 今後ともよろしくお願い致します。 この度はとても可愛い女の子を譲ってくださり、ありがとうございました。 佐々木様から子猫を譲ってもらうためにこちらのサイトに登録しました。 子猫はミコと名付けました。 倭建命(ヤマトタケルノミコト)からです。 ミコはとても聡明で、甘噛みもせず、爪も立てず、要求鳴きもせず、爪切りもブラッシングも好き放題やらせてくれる、とても可愛い女の子です。 今やご飯もモリモリ、うんちもしっかりして、どうやったらこんないい子が育つのか、元々の気質がいいとしか言いようがありません。 色々相談に乗っていただき、本当に感謝しています。 北海道から遠い地ですが、大切に育てさせていただきますね。 ありがとうございました。 この度はとってもきれいな良い子を譲っていただきありがとうございました。 当日は当方の不手際で一時間以上も遅れてしまいましたが、臨機応変かつ落ち着いた対応をしていただき大変助かりました。 人の不安などは猫ちゃんに伝わるのでとのお言葉も頂き、猫ちゃんたちが不安にならないよう日々実践されておられるのを感じました。 家に着いた直後は怯えてトイレでうずくまっておりましたが、ご飯もすぐに食べ、今ではもう自分でケージから出てお腹を撫でさせてくれています。 一挙手がかわいらしく一日目にして日々の疲れが吹き飛ぶほど癒されております。 ただ、まだまだ新環境ですのでこれから油断せず一緒に暮らしていけたらと思います。 この度は素敵なご縁を頂きありがとうございました。 またこれからの日々にて改めてご助力いただけますと幸いです。

次の