ロジクール g703h。 【Logicool G703】ワイヤレスゲーミングマウスのレビュー

G703hレビュー:ロジクールHEROセンサー搭載し軽量化されたワイヤレスマウス

ロジクール g703h

外観 マウスの外観を写真で見ていきます。 正面 G703h:横幅が少し広い、マウスホイールの下にDPI変更ボタン ボタン割り当て可能 GPRO Wirelss:左右対称、横幅が少し狭い為小ぶりな感じ 裏面 G703h:電源スイッチ、追加ウエイト用のパッチ GPRO Wirelss:DPI変更ボタン ボタン割り当て可能だが、裏面の為、実質使用不可 、電源スイッチ、追加ウエイト用のパッチ 左側 G703h:大きいサイドボタン、本体少し高め GPRO Wirelss:小さいサイドボタン 取り外し可能 、本体少し低め 右側 G703h:何も無し GPRO Wirelss:小さいサイドボタン 取り外し可能 スペック 簡単にスペックの違い等を紹介します。 使用する上で、個人的に気になる点を載せてます。 詳しくは製品ページで センサー、レシーバー センサー、レシーバーに関しては2製品とも同スペック。 HERO 16Kセンサーと、LIGHTSPEEDワイヤレスというレシーバーを搭載。 POWERPLAYというワイヤレスでマウスを充電しながら使えるマウスパッド対応。 バッテリー持続時間 G703h:LED使用時 約35時間 GPRO Wirelss:LED使用時 約48時間 LED不使用時はどちらも約60時間 重さ G703h:約95g GPRO Wirelss:約80g どちらも追加ウエイトで10g足せます。 割り当て可能ボタン数 G703h:6個 GPRO Wirelss:8個 裏面のDPI変更ボタンはほぼ使えない為、実質7個 価格 G703h:約8千円 GPRO Wirelss:約1. 5万円 2020年2月 現在 まとめ これまでを踏まえての個人的な意見です。 まずコスパで完全にG703hですね。 GPRO Wirelssの約半額でほぼ同スペックのマウスなので… 人によるとは思いますが、GPRO Wirelssは正面にDPI変更ボタンが無いのもマイナスです。 サイドボタンは個人的にFPSで右側のボタンは要らないのと、ボタンは大きい方が押しやすいのでここもG703hですね。 バッテリーに関してもGPRO Wirelssの方がLED点灯時は長持ちしますが、G703hでも35時間使える為さほどマイナスでは無いです。 G703hはGPRO Wirelssに比べてサイズが一回り大きい為、手の小さい方は少し使いにくいかもしれません。 右手用の為、左手で使うならGPRO Wirelss一択だと思います。 重さがG703hは少し重い ので 、 15gなので私は気になりませんが 軽い方がいいという方は GPRO Wirelssですね。 私はデバイスをほぼロジクールで統一していることもあって、人気の GPRO Wirelssは高価ながら気になっていました。 しかし、実際使ってみると思っていた物と違っていて、かなり損をした気分でした。 その後で、 GPRO Wirelssの半額程度の値段で売られていたG703hをダメ元で使ってみた所、これがもの凄く良かった為この記事を作りました。 結局の所使ってみないと分からない事も多いですが、人気というだけで高価な製品を買うのは良くないという勉強になりました。 笑 一個人の一つの意見ですが、是非参考にしてみて下さい。

次の

【ロジクールG703hレビュー】おすすめゲーミングマウスの紹介

ロジクール g703h

前から気に入っていたロジクールG703がリニューアルしたので、購入しました。 仕様 名前 G703h G703(旧) 接続 ワイヤレス ワイヤレス 重量 95g 107g バッテリー持続時間 ライティングあり:35時間ライティング無し:60時間 ライティングあり:24時間ライティング無し:32時間 設定用ソフト Logicool HUB ロジクールゲーミングソフトウェア Logicool HUB センサー HERO 16K PWM3366 最大DPI 16,000 12,000 メインボタン耐久度 5,000万回 5,000万回 G703hのウリは何といっても軽量ワイヤレス。 旧型から12g軽くなり95gに。 結果、ワイヤレスマウスとしては同じロジクールのGPro-Wirelessに次ぐ軽さに。 ちなみに 全メーカー見渡しても現状では2番目の軽さかも知れません。 センサーはPWM3366からHERO 16Kに変更。 ロジクールのゲーミング向けのマウスは最近全てこのセンサーを使用しているので信頼性は高いです。 ただ、元々のPWM3366も評判の高いセンサーなのでこの点に関しては特によくなったとは思いません。 しかしセンサー変更に消費電力の低下による恩恵として、バッテリー持続時間が大幅に伸びています。 ロゴのライティングをオフにすれば60時間、オンでも35時間の連続使用が可能です。 旧型の5倍以上。 外観 せっかくなので旧型と並べました。 どの画像も 左が旧型、右が新型です。 上面 少し左側面がくぼんでるいわゆるIEクローンな形状。 正面 メインスイッチは指が収まりやすいように少し凹んでます。 スイッチは適度な反発があります。 ホイールはクリック感のあるゴリゴリ回転するタイプ。 でも軽めですね。 左側面 サイドスイッチは大きめです。 でもあまり指に接触したりはないですね。 両サイドともラバーコーティングされています。 旧型は1年くらいでこのラバーがベトベトしたので、このラバーやめて欲しかったです。 ちなみにベトベトはつや消しスプレーで解決しました。 裏面 ソールの形状は大きいU字型2個とシンプル。 下部にあるロゴの入った蓋を取れば付属のおもりを入れて重量を増やすこともできます。 センサーの横にあるのは電源スイッチで、使わないときは電源をオフにできます。 が、別にわざわざ切らなくても放っておくと休止モードに入ります。 画像を見てわかると思いますが、 旧型との形状的な違いはありません。 もしかしたら若干変更があるかもしれませんが、触ってみた感じでは全く一緒です。 握った感じ 参考までに、自分の手は日本人男性の平均くらい 振り向きは10cmくらいのハイセンシより 持ち方は被せと摘みの中間くらいです 細かい感想は形状が旧型と同じなので、旧型のレビューを見てもらったほうがいいですね。 簡単に言うと ・個人的に最高のフィット感(GProよりも上) ・お尻が高めなので手のひらとマウスパッドの摩擦が少なくて動かしやすい と、持った感じとしては抜群に良いです。 センサー 体感上特に問題を感じないので参考までにマウスセンサーのテストソフトでセンサーの反応をチェックしました。 下の画像はマウスを左右に振る動作を10往復した時のセンサーの読みとりの記録です。 波形が上向が右方向への移動、下向が左方向への移動です。 G703h 1600DPI 最高速付近で少し乱れが見えますが、そこそこ綺麗にマウスの移動を拾っている部類だと思います。 そこそこ綺麗というようにこれより綺麗に拾ってくれるセンサーはあります。 PMW3360とかPMW3389とか。 なので個人的にはロジクールのHERO 16Kというセンサーは超一級品とは思っていません。 ただ、繰り返しますが体感できるほどの差はありませんし、プロ勢も特に不満なく使用しているので特に気にしていません。 G703 旧型 1600DPI こちらは旧型の読みとり記録。 基本的には新型より綺麗に拾うのだが、赤丸の部分で読みとりが飛んでる。 いわゆるセンサ飛びでしょうか。 何度かためしましたが、10往復の動作を1回とすると 5回に2回くらい赤丸のように飛んでしまいました。 うーん、旧型を買ったばかりの時はそんなことなかったと思うんですが1年以上なるのでセンサー劣化したんですかね? 使い心地 上で述べた元々の握りの良さに加えて、ワイヤレスかつ新型で軽量化されたことでもはや最高の領域に。 軽量ですががっちりと手に収まって、思い切り振っても安定感があります。 107gだった旧型も悪くはなかったですが12gの軽量化はやはり別物感。 メインでGPro-Wirelessを使っていましたが、ちょっとどっちにするか迷うレベル。 最強クラスの評価 形状の良さ、軽量、ワイヤレスと最強クラスのゲーミングマウスです。 さらに上のクラスに80gのGPro-Wirelessがありますが、形状的にG703hの方が好きという人も多いと思います。 また、価格的に1. 8万近いGPro-Wirelessに対しG703hは1. 80gという軽さは魅力的ですが、G703hの95gも異常なレベルで軽い方です。 十分なまでに軽いので、形状が気に入るのであればG703hがオススメです。 関連: yaruoFPS.

次の

ロジクールG HUBアドバンスト ゲーミング ソフトウェア、RGB & ゲームプロファイル

ロジクール g703h

2019年6月18日、Logitech Internationalの日本法人であるロジクールが、ゲーマー向け製品ブランド「Logicool G」の新型マウス計3製品を6月27日に発売することを発表しました。 3つとも、現行モデルの「G903」「G703」「G403」をベースにしており、Logitech独自の第2世代光学式センサー「HERO 16K」を採用させ、性能を向上させた製品です。 ラインナップと参考価格は以下のとおりです。 G903h(ハイエンドクラス):21,130円 税抜• G703h(ハイクラス):11,880円 税抜• logicool. jp Amazonの情報を掲載しています ロジクールの高性能ワイヤレステクノロジー「LIGHTSPEED」。 特徴は、有線接続をも上回る圧倒的データ転送速度です。 高速な応答速度が売りで、他社の有線マウスをかなり上回ります。 他社の有線マウスの応答速度はおおよそ5ms(0. 005秒)。 しかし「LIGHTSPEED」はなんとワイヤレスにも関わらず1ms(0. 001秒)以下を実現するとのこと。 「ワイヤレスはゲーミングに向かない」という常識を覆します。 別売りのワイヤレス充電機能付きマウスパッド「POWERPLAY」を購入すれば充電切れの心配もない ワイヤレスの欠点は、遅延だけでなく充電です。 遅延という欠点だけを解消したところで、イコール優先接続に勝るというわけではないのです。 優先接続の場合には、バッテリーを気にする必要がないのですから。 しかし『G903h』と『G703h』は、マウスパッド「POWERPLAY」を購入すればバッテリーを気にする必要がなくなります。 使いながら同時にマウスパッドが『G903h』と『G703h』を充電してくれるからです。 ワイヤレスでも軽いのでFPS向け 『G903h』110g 『G703h』95g ワイヤレス最後の欠点が重さです。 バッテリーを搭載させる分、重量が上がってしまうのです。 しかし『G903h』は110g、 『G703h』95gとかなり軽量。 バッテリーがなくてもこのくらいの重さあるマウスはありますから、かなり軽いと言えます。 軽くなると心配になるのがバッテリーの長持ち度ですが、『G903h』はライティングなしで約180時間、『G703h』は約60時間とかなり長持ちします。 マウスパッド「POWERPLAY」があれば関係なくなります。 3 x 66. 5 x 40. 『G903h』の高さは40. 4 mm。 40mmを超えているのなら「かぶせ」向けなのではと思いますが、奥行きサイズが他のマウスのサイズを圧倒しているんです。 「かぶせ」向けマウスの奥行きはおおよそ125mmですが、『G903h』は130. 3mmもあるんです。 5mmくらい縦長ということになります。 手を丸めるというより、他のマウスに比べて少し広げたように使うことができるサイズといえば伝わりやすいでしょうか。 高さではなく、長さがあるので「かぶせ」持ちがしやすそうなサイズ感です。 『G703h』と『G403h』は一般的なかぶせ持ち向けなサイズ感 『G903h』のサイズ感は他社のマウスに比べて少し特殊でしたが、『G703h』と『G403h』は一般的なかぶせ持ち向けなサイズ感といえます。 ボタン寿命が違う 『G903h』と『G703h』は、スイッチ・ボタンのテストで、5000万回に耐えた高耐久なボタンが採用されています。 エントリーモデル向けの『G403h』は、少し差をつけられており2000万回になります。 屈曲性にとんだゴムと金属の中間素材「PTFE(フッ素樹脂)」の摩耗耐性は250kmのテストに耐えているところは3つ全て同じ。 ボタンの数が違う 『G903h』だけボタンの数が11個搭載されています。 「Logicool G HUB」ソフトから、11コものプロファイルとマクロを設定可能。 「オンボード メモリ」対応なので、それらの設定をマウス本体に記憶しておくこともできます。 MMOでの左手キーボードの操作が楽になります。 『G703h』と『G403h』のボタンの数は6つと『G903h』の約半分。 「Logicool G HUB」ソフトで設定変更可能で、「オンボード メモリ」対応は同じです。 チルト機能は『G903h』だけ 『G903h』にだけ「チルト機能」が搭載されています。 「チルト機能」とは、ホイールを上下にスクロールするだけでなく、傾けて主に左右へのスクロールも可能にする機能です。 高性能な性能は『G903h』『G703h』『G403h』共通 FPSでもMMOでもプライベートでも活躍 DPI100~16,000まで変更可能 「DPI」は、1インチ 2. 54cm マウスが動いた時に、画面上のカーソルが何ドット分動くかを示す数値です。 解像度と呼ばれています。 DPIが高いほど良いとも言われています。 『G903h』『G703h』『G403h』は最大16,000dpi。 FPS向けの数値です。 しかしFPSゲームであっても、4,000dpiあれば十分とも言われていますから、自分にあった解像度に調整できるかどうかの方が重要。 『G903h』『G703h』『G403h』は100~16,000dpiまで調整できますので、FPSだけでなくMMOでも活躍できます。 最大速度400IPS 最大加速40G FPSでもあなたのパフォーマンスを妨げない 『G903h』『G703h』『G403h』の最大速度は400IPS、最大加速は40Gです。 ハイエンドゲーミングマウスともなると、最大速度400IPS以上、最大加速40G以上が当たり前になってきます。 最大速度とは、センサーが正しく認識してくれる最大距離のこと。 大きくマウスを動かしてもしっかりあなたのパフォーマンスにマウスがついてきてくれます。 大きく動かしすぎて認識してくれず撃ち負けてしまうなんて心配はありません。 最大加速とはセンサーが正しく認識してくれる最大の勢いのことです。 どれだけ高速にあなたがマウスを動かしても、やはりしっかり認識してくれますので安心です。 ポーリングレート1,000Hz(1ms) 繊細な動きにも反応する応答速度 標準マウスのポーリングレートはわずか125Hz(8ms)。 1秒間にマウスの操作を125回PCに報告してくれます。 それに比べて『G903h』『G703h』『G403h』は1,000Hz(1ms)。 1秒間にマウスの操作を1,000回PCに報告可能です。 繊細な動きにも反応する高速応答可能なマウスなので、操作した動作が画面に反映されるまでのタイムラグに悩まされることはありません。 フルカスタマイズ可能な1680万色の「LIGHTSYNC RGB」対応 「Logicool G HUB」ソフトからカスタマイズ可能な1680万色の「LIGHTSYNC RGB」対応です。 ゲームや動画、音楽などのあらゆるコンテンツと連動するライトエフェクトが可能。 4 43 幅 66. 5 68 奥行き 130. All rights reserved•

次の