チョコレート の 名前 の 由来。 チョコレートとは?

チョコレートの名前の由来や日本での歴史を振り返る!

チョコレート の 名前 の 由来

日本のチョコレートの歴史は、18世紀の長崎の遊女がオランダ人から貰った物を記したリストの中に「しよくらあと」として登場するのが最初でした。 日本のチョコレート製造は、1878年に「米津凬月堂」が初めて製造しまし。 ただしこれは、輸入した原料チョコレートを加工したものでした。 米津凬月堂は、新聞に掲載された日本初のチョコレートの広告には貯古齢糖と漢字を当てていた。 カカオ豆からの一貫生産は、1918年、森永製菓によって開始されました。 戦争の影響により、日本では1940年までにカカオの輸入は止まり、百合根(ユリの鱗茎)などの脂肪分を利用した代用チョコレートが考案されました。 1945年、日本が太平洋戦争に敗れると、アメリカの進駐軍を通じて大量のチョコレートが日本にもたらされました。 "Give Me Chocolate! " は戦後の日本人がすぐに覚えた数少ない英語表現の1つでです。 戦後の日本では、安価なものから高価なものまでさまざまなチョコレート菓子が販売されるようになり、1980年代から1990年代にかけてはトリュフなどの小粒な形状をした高級チョコレートが一般的に出回るようになりました。 2000年代に入るとさらに高級かつ洗練されたチョコレート菓子が流行しました。 2004年頃には東京都内にヨーロッパ各国の高級チョコレート店が多数出店し、中には1粒400円から1000円という超高級チョコレートを取り扱う店も現れました。 バレンタインデーにチョコレートを贈る風習は、19世紀のイギリスのチョコレート会社キャドバリー社によって始められました。 日本チョコレート・ココア協会が、日本でバレンタインデーにチョコレートを贈るようになったことをきっかけに「チョコレートの日」として記念日を制定し、1970年代に定着しました。 また、バレンタインデーに、女性から男性にチョコレートを渡すという習慣は日本独自のものであるといわれますが、チョコレートを贈ること自体は特に日本だけの風習ではありません。 ただし、欧米ではバレンタインデーに男性から女性に贈り物をするのが普通であり、必ず女性から男性へチョコレートが贈られる日本の習慣は欧米とは逆となっています。 ちなみに男性が女性に渡す日(お返し)はホワイトデーであるが、この習慣は世界的にはバレンタインデーほど普及していません。

次の

チョコレート、名前の由来として有力なのは?【ことば検定】 答え林修

チョコレート の 名前 の 由来

チョコレートを飲むの王たち ごろから、ではカカオが栽培されていた。 までには、カカオはとして流通するほど珍重された。 アステカでは税あるいは貢ぎ物としても納められていた。 当時のメソアメリカでは、カカオを粉にしてや、などの香辛料を入れ、の種子で色を付け、水や湯に溶かしたものにイアフラワー()などの花から作った調味料を加えたカカオ・ペーストを、主に嗜好品として、また薬用や強壮用として飲用していた。 16世紀まではカカオの実から作られた飲み物はヨーロッパに知られることはなかった。 コロンブスによるカカオの紹介 [ ] が中央アメリカ島部に到達した後、にカカオがもたらされた。 コロンブスの息子によれば、最初にチョコレート(カカオの実)を見たヨーロッパ人はコロンブスで、1502年のコロンブス最後の航海時であった。 ただし、コロンブスがチョコレートを飲んだという記述はない。 16世紀のスペイン人の神父で、伝道のため、後にはにて暮らしていたは次のように書いている。 非常に不快な味のするかすや泡があり、体験したことがないほど気分が悪くなる。 だが現地の者たちには大変尊ばれており、高貴な来訪者をもてなすのに用いられる。 この国に慣れ親しんだスペイン人ならば男女を問わずこの飲み物に貪欲となる。 彼らはそれを飲むことで暑さや寒さその他さまざまなものが和らぐと言い、唐辛子を大量に入れる。 さらに胃腸に良く予防になると肌にも貼り付ける。 チョコレートの語源 [ ] 日本語「チョコレート」の語源は: chocolate だが、この英単語自体はさらにスペイン語のチョコラテ(: chocolate)に由来する。 スペイン人は、16世紀後半にチョコラトルという言葉を使い始めており、16世紀末のイエズス会士ホセ・デ・アコスタの時代にはチョコラテと呼ばれるようになった。 チョコラテの語源についてはさまざまな説が存在し、いずれも決定的なものではない。 この説に対して言語学者の ()は中央メキシコの植民地時代の資料にはチョコラトル( chocolatl)なる語彙は見当たらないと述べている。 また、 ()が編纂した最初のナワトル語-スペイン語の辞書において、ショコアトル( xocoatl)はの飲み物であり、カカワトル( cacaua atl)がカカオの飲み物を指しているという。 ショコラトル( xocolatl)はモリーナの辞書にはない。 別の説として、サンタマリアはマヤ語で「熱い」を表すチョコル( chokol)とナワトル語のアトル( atl)を組み合わせた造語が語源だとしている。 この説を最初に唱えたのは、メキシコの言語学者 ()であり、ナワトル学者の ()に支持されている。 ダーキンとウィッチマンは東部ナワトル語で「泡」を表す chicoli の派生語で「泡立った飲み物」を意味する chicolatl が語源であるという新説を立てた。 近世ヨーロッパ [ ] 「」も参照 がカカオの実をスペインのフェルディナンドとイザベラに見せるためヨーロッパに持ち込んだが、広めたのはスペインのである。 チョコレートがヨーロッパにもたらされた最初の記録として、のの使節による、スペインのフェリペ皇太子(のちの)への訪問がある。 この時は飲料として、容器とともに宮廷に運ばれた。 のちに王侯貴族の間で好評を博したのみならず、庶民も飲むようになった。 カカオの取り引きが最初にあったと記録されているのは1585年にからへの積荷としてであった。 当初は現地と同じレシピのまま輸入されたが、やがてヨーロッパでは特有の苦味を打ち消すため砂糖や牛乳を加え、唐辛子の代わりに手に入りやすいやを使うようになり、イアフラワーの代わりに、など高価な香料を取り入れた。 銀製のチョコレートポット、モリネット()を入れるための蝶番が付いている。 London 1714-15() スペインでのチョコレートが普及から間もなくしてスペイン人はアフリカ人の奴隷を使いカカオの栽培を始めるが、当初はチョコレートはヨーロッパではスペインのみでの普及だった。 しかし、がスペイン王女と結婚した時、チョコレートを好むアナが嫁入りの際に持参したため、フランスにチョコレートがもたらされた。 ルイ13世の息子も、チョコレート好きのスペイン王女と結婚したため、フランスでは上流階級からチョコレートが広まった。 マリア・テレサはまた、チョコレートを飲む道具一式と、チョコレート専門の(後にいう)を連れて輿入れした。 17世紀後半にはイギリスにも伝わり、ロンドンで最初のチョコレートハウスが1657年に開店した。 1689年には医師で収集家のがでミルクチョコレートドリンクを開発した。 当初は向けに作られていたが、その後兄弟に権利を売却した。 苦い飲み物から甘い飲み物に変化したことで、チョコレートは17世紀頃にはヨーロッパの王侯貴族の間でカカオはぜいたく品となっていた。 近代ヨーロッパ [ ] 何百年もの間チョコレートの製造工程は不変だったが、の到来により硬く甘いキャンディに生命を吹き込む多くの変化が起きた。 18世紀には固く長持ちするチョコレートの製造の補助となる(カカオバター)を絞り出すための機械式ミルが作られてはいた が、大規模に使用されるようになったのは産業革命以降である。 18世紀の末までに、ヨーロッパの各所に水力を利用したチョコレート製造所が現れた。 やがてそれらは蒸気力を導入しより大規模になり、チョコレート産業都市を形成した。 産業革命の熱気が冷めてから程なくして、チョコレート会社は新しく作られたチョコレート菓子の販売のために、我々が頻繁に目にするような広告や宣伝を行うようになった。 製造工程の機械化により、チョコレートは世界中で消費されるようになった。 菓子材料としての利用も同時期に始まっており、文献上ではにコンラッド・ハッガーが残した料理手帳に「チョコレートトルテ」が確認できる。 (、)作「ホットチョコレート」 19世紀初頭のによる南米の動乱からカカオ生産が落ち込み、続くの影響で贅沢品に対する購買力が落ちた上に、で品薄となった代わりに紛い物が出回り、品質に対する信用も低下し、チョコレートは停滞の時期を迎えた。 しかし、チョコレートの技術革新が起きたのは、この低迷期だった。 1828年にはの ()(の創業者)はカカオ豆からとココアバターを分離製造する方法の特許を取得した。 それまでのチョコレートは濃密で、水なしでは飲めないものだったが、これにより口当たりがよくなり普及が進んだ。 さらにファン・ハウテンはを加えることで苦味や酸味を除くをも開発し、現代的なチョコレートバーを作ることも可能になった。 もっとも、ファン・ハウテンの圧搾機が開発された当時は、チョコレートは未だに飲み物であり、抽出したココアバターの使い道が無かったために特に注目はされなかった。 1847年にイギリス人のジョセフ・フライ( ()社)が初めて固形チョコレートを作り、1849年に兄弟により引き継がれたともされている。 ただしこれはまだ苦いものだった。 初の固形チョコレートがドレによりで作られ、1826年から ()が大規模に売り出したものという説もある。 [ ] 1819年にはF. ケイラーが初めてにチョコレート工場を開設した。 [ ] の職人は義父がチョコレート会社を経営していたことからチョコレートに携わるようになり、1867年からチョコレートの苦味をまろやかにするために牛乳を入れることを試行錯誤し始め(溶けたチョコレートに水分を混ぜると、チョコレートの中の砂糖が水分を吸収しココアバターの油と分離するためにボソボソになり食感が悪くなる)、を入れるという解決方法を発明し、1875年にミルクチョコレートの販売を始めた。 またミルクチョコレート製造には、牛乳から水分を抜く必要があったが、ダニエルは隣りに住んでいた生産業者の(創業者)と協力して研究を行った。 またロドルフ・リンツはチョコレートの粒子を均一かつ細かくし、滑らかな食感を出すのに必要なを考案した。 [ ] の時代、アフリカやインドネシアといったの植民地に、カカオの栽培は拡散していき、1910年にはギニア沖のが世界最大のカカオ輸出地になるなど、カカオ生産の拠点はアフリカにシフトした。 1905年にイギリスのジャーナリスト、ヘンリー・ウッド・ネヴィンソンがサントメ島を取材し、レポートや「現代の奴隷制」といった著作で奴隷的な労働の実態を明らかにし、センセーションを巻き起こした。 日本での歴史 [ ] 一説に、初めてチョコレートを口にした日本人はであり、1617年にメキシコ(当時は)に渡った際に、・・・・などの菓子とともに、薬用としてのチョコレートを味わったのだとされる。 日本におけるチョコレートに関する明確な記録は、ののがオランダ人から貰ったものを記したリスト『』に「しよこらあと」として登場するのが最初で、同時期に記された『』にも「しょくらあと」に関する記述がある。 にはがフランス訪問中にチョコレート工場を見学し記録を残し、次のように書き残している。 銀紙に包み、表に石版の彩画などを張りて其 それ 美を為す。 極上品の菓子なり。 此の菓子は人の血液に滋養を与え、精神を補う効あり 日本初の国産チョコレートは、総本店の主、5代目大住喜右衛門が、当時の番頭である米津松蔵に横浜で技術を学ばせ、に両国若松風月堂で発売したものである。 新聞に掲載した日本初のチョコレートの広告には「貯古齢糖」の字が当てられていた。 カカオ豆からの一貫生産は、、によって開始された。 こうしてチョコレートは高級品から庶民の菓子となり、1920年代から30年代にかけて日本人の間に急速に普及した。 当時のチョコレート菓子は、玉チョコ(いわゆるチョコボール)や棒チョコという形状が一般的であった。 の影響により、日本では12月を最後にの輸入は止まり、あとは軍用の医薬品(常温では固体で人の体温で溶けるココアバターの性質からやの基剤となる)や食料製造のために、指定業者にだけ軍ルートでカカオ豆が配給されるのみとなった。 「日本チョコレート工業史」によると、1941年に日本チョコレート菓子工業組合と日本ココア豆加工組合からなる「ココア豆代用品研究会」により、ココアバターの代用品に醤油油(の製造過程の副産物。 丸に含まれる油。 よく誤解されるが醤油そのものではない)、、、油などの植物性油脂の、カカオマスの代用品に百合球根(の)、チューリップ球根、決明子(の種子)、オクラ豆、脱脂大豆粉、脱脂粉などを原料にしたが考案された。 を占領した日本軍は、カカオ豆や、の製菓工場を接収し、やにチョコレート製造を委嘱し、陸海軍に納入させた。 また軍用にで溶けないチョコレートも開発された。 に日本が第二次世界大戦で敗れると、のを通じて大量のが日本にもたらされた。 当時の子供たち()が呪文のように米兵に投げかけた「 ギブ・ミー・チョコレート! 」という語は、の世相を表す語となっている。 にはによってを原料にした代用チョコレート(グルチョコレート、グルチョコ)が製造された。 カカオマスの代用品となるグルコースに、少量のココアパウダーとチョコレート色素を加えた物であった。 戦後の日本では、安価なものから高価なものまでさまざまなチョコレート菓子が販売されるようになった。 特ににカカオ豆の輸入が自由化され、続いてにはチョコレート製品の輸入が自由化されたことで、様々な種類のチョコレートが流通するようになった。 出典 [ ] []• 2008年6月2日閲覧。 Justin Kerr. フィールド自然史博物館. 2008年6月2日閲覧。 (英語)• Campbell, Lyle 英語. Quichean Linguistic Prehistory; University of California Publications in Linguistics No. Berkeley, California: University of California Press. 104. "There is a problem with this term in that it is of uncertain etymology in Aztec; its first occurrence in Aztec dictionaries seems to be after its first occurrence in Spanish William Bright,personal communication. Molina, Fray Alonso de 1977 スペイン語. Edicion Facsimile. Mexico: Editorial Porrua, S. Santamaria, Francisco スペイン語. Diccionario de Mejicanismos. 412—413• Coe, Sophie スペイン語. チョコレートの歴史. 日本: 河出書房新社. 162—166• Dakin Karen; Wichmann Soren 2000. Ancient Mesoamerica Cambridge: Cambridge University Press 11: 55—75. Coe, Sophie スペイン語. チョコレートの歴史. 日本: 河出書房新社. 184—185• Justin Kerr. フィールド自然史博物館. 2008年6月2日閲覧。 2007年6月8日閲覧。 Justin Kerr. フィールド自然史博物館. 2008年6月2日閲覧。 Justin Kerr. フィールド自然史博物館. 2008年6月2日閲覧。 Justin Kerr. フィールド自然史博物館. 2008年6月2日閲覧。 相原恭子 『ヨーロッパお菓子紀行』 日本放送出版協会、2002年, p. 2012年7月29日閲覧。 河野友美; 山口米子. 2010年5月9日閲覧。 xococ は英語では"sour"もしくは"bitter"、"acid"と訳されるが、日本語では「酸味」に相当する。 バンホーテン創業およびココアパウダーとココアバターの分離に関しての事績はクーンラートの父であるカスパルス・ファン・ハウテンによるものとの説もある。 2009年6月2日閲覧。 参考文献 [ ]• ・『チョコレートの歴史』訳、河出書房新社、1999年。 外部リンク [ ]• 日本チョコレート・ココア協会• 日本チョコレート工業協同組合• ロイズ• (英語)• (英語)• Cornell University, Mann Library (英語).

次の

アポロチョコレートの名前の由来は何か?逆の確率はどれくらい?|WorpMan blog

チョコレート の 名前 の 由来

1年で1番チョコレートが売れる日といえば2月14日「 バレンタインデー St. 気になる人や恋人、大切な家族や友達にチョコレートをプレゼントする人も多いと思います。 今年はどんなチョコレートを贈ろうかなと、チョコレート好きな人であればだいぶ前からそわそわ考え始めているかもしれませんね。 私のバレンタインの思い出といえば、高校時代は女子校に通っていたので、少女漫画に描かれるようなバレンタイン告白とは縁がなく、毎年クラスメイト全員で手作りチョコレートを学校に持ち寄って、わいわい楽しくパーティーをしたことが思い出されます。 そんなことはさておき、「バレンタインデー」の本当の由来をみなさんはご存知でしょうか? 今回は、知っているようで実は知らない「バレンタインデー」の由来と意味を紹介しながらオススメのチョコレートや今年のトレンドについて解説していきます。 「バレンタイン」は人の名前だった!? 「バレンタインデー St. 当時ローマでは、2月14日はすべての神々の女王ユーノーの祝日で、翌日の2月15日はルペカリアの祭りが行われる日でした。 このお祭りでは、男性が桶の中から女性の名前が書かれている紙を引き、相手の女性と祭りの間パートナーとして一緒に過ごすことになっていたそう。 そして、パートナーとなった多くの男女はそのお祭りで恋に落ち、結婚したと言われています。 西暦3世紀頃のローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、若者が戦争へ争いに行きたがらない理由は、愛する家族や恋人を故郷に残すことを躊躇する気持ちにあると確信し、結婚を禁止してしまいました。 しかしこれを受け、キリスト教司祭のウァレンティヌスはかわいそうな兵士たちのこと想い、内緒で結婚式を執り行っていました。 そのことがやがて皇帝の耳にも入り、怒った皇帝は法を無視したウァレンティヌスに罪を認めさせ、二度とそのようなことがないように命令しました。 しかし、ウァレンティヌスはそれに従わなかったため、処刑されてしまいました。 ウァレンティヌスの処刑日はユーノーの祝日であり、ルペカリアの祭りの前日である2月14日があえて選ばれました。 以降、毎年2月14日はウァレンティヌスが処刑された日として国民でお祈りをするようになったそうです。 「バレンタインデー」の「バレンタイン」とは、若者たちの愛を取り込もうとしたキリスト教司祭の名前「ウァレンティヌス」のことだったのですね。 今では「ウァレンティヌス」は「聖バレンタイン」という聖人として広く知られています。 バレンタインにチョコレートを贈るのは日本独自の習慣だった!? バレンタインデーといえばチョコレートを思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は日本独自のものです。 海外でもバレンタインデーにチョコレートを贈ることはありますが、カードや花束、お菓子を恋人や家族、友達に贈る習慣の一つの選択肢であって、日本のようにチョコレートが主役ではありません。 では、日本のバレンタインデーでどうしてチョコレートがこのように定番化したのでしょうか? 日本では、1958年頃からバレンタインデーが流行しました。 一説によると都内デパートで開かれたバレンタインセールで、チョコレート業者が「バレンタインにはチョコを贈ろう」と広告を出しキャンペーンを行ったのが発端だそう。 最近ではクッキーやマカロンをプレゼントする人も増えているようですが、それでも「バレンタイン」といえばチョコレートですよね。 SNS映え抜群!見た目も可愛い甘美なチョコレート バレンタインデーにはチョコレートに熱狂する日本人ですが、職場の上司や同僚など本命ではない人に渡す「義理チョコ」、同性の友達同士で贈り合う「友チョコ」のほかに、そして少し奮発してあえて高価なものを自分用に購入する「ご褒美チョコ」がトレンドのようです。 ここでは最後に、インスタ映え抜群な可愛らしさなのに手を伸ばしやすい価格帯のチョコレートをいくつか紹介します。 message de rose(メサージュ・ド・ローズ) ブルガリアンローズが香る薔薇モチーフのチョコレート「SONIA UN ROSE(ソニア・アン・ローズ)」は芸術作品のような高級感。 レース模様のピンク色の箱にはリボンが大きく飾られていて、女心をくすぐる可愛さ。 思わず一緒に自撮りしてインスタのストーリーにアップしたくなってしまうはず! Lindt(リンツ) スイスチョコレートの代表格「リンツ」の「LINDOR(リンドール)」は、可愛らしいハート型のケースに、キャンディのようにラッピングをされたコロンと可愛いチョコレートが詰まっています。 薄いチョコのシェルを口に含むと、フィリングのガナッシュがとろりと溶け出します。 GRAMERCY NEWYORK(グラマシーニューヨーク) グラマシーニューヨークの「ジェリーチェリー ショコラブーケ」はその豪華さとインパンクで人気を集めているバレンタインデーシーズン限定商品。 華やかな見た目は食べるのを躊躇してしまいそう! Sebastien Buille collection(セバスチャン・ブイエ) まるで本物のコスメのようなチョコレート!見た目のキラキラ感から、多くの乙女心を鷲掴みしているセバスチャン・ブイエ。 プレゼントした相手を驚かすことができるのはもちろん、思わずSNSにアップしたくなっちゃいますね。

次の