布団乾燥機。 布団乾燥機でダニ退治する正しい手順は?ダニが死ぬ温度は?

【2020年最新】布団乾燥機の正しい使用方法とおすすめ人気商品10選!

布団乾燥機

布団乾燥機のメリット 布団乾燥機にはメリットが多く、ぜひご家庭に一つは準備しておきたいものです。 具体的にはどんなメリットがあるのかを知っておくと良いでしょう。 ダニ退治ができる 毎日眠る布団の中には、目に見えないダニがいると言われています。 ダニの好物はホコリなのですが、布団の性質上、全くホコリを付けないまま使うというのはとても難しいことです。 布団乾燥機を使えば熱を使ってダニを退治することができます。 湿気を飛ばすことができる 布団は常に室内の湿気を吸っています。 梅雨時期など、人間が肌で湿気を感じる季節以外も同じです。 夏の日中は熱い空気を含みますが、夜は冷房などで冷やします。 すると布団の中で湿気が生まれやすくなります。 また、寝ている間にかいた汗を吸っているので、その汗も湿気となります。 寒い冬は湿気量は減りますが、布団を干す機会が減るので湿気が溜まりやすくなります。 布団乾燥機を使えば、一年中湿気を飛ばして、布団を気持ちよく使うことができます。 布団乾燥機の種類と特徴 布団乾燥機は大きく分けて2種類あります。 それぞれにメリットとデメリットがありますので、事前に確認しておきましょう。 マットありタイプ 出典: ホースや吹き出し口から直接温かい風を布団に送るのがマットなしタイプです。 メリットはマットがない分、準備や片づけの手間がかからないことです。 サイズもコンパクトなものが多く、収納場所も確保しやすいでしょう。 デメリットは、マットなしタイプに比べると価格が高いことです。 安いものでも1万円ほどします。 付属機能が増えるとさらに高くなります。 布団乾燥機の選び方のポイント 布団に対応しているか 布団乾燥機は、使う布団に対応しているかどうかが重要です。 事前に確認が必要なのは次の2点です。 サイズ 布団乾燥機は、その商品が対応している布団のサイズがあります。 シングルやダブルなど、布団のサイズと同じですので、特に布団の長さを測る必要はありません。 ただし、しっかりと乾燥をさせたいのであれば、布団よりもワンサイズ大きなものの方が確実です。 シングルの布団にダブルサイズ対応の布団乾燥機を使う、などの方が熱が隅まで行き渡りやすくなります。 素材 布団乾燥機は熱風を出すので、布団の素材が熱に弱い場合は使えません。 お使いの布団がその商品に対応している素材であることを確かめておきましょう。 ほとんどの布団乾燥機では、綿・化学繊維の一部には対応しています。 また、布団が羊毛・羽毛などにも対応している商品が多く見られます。 必要な機能を確認する 布団乾燥機の中には、さまざまな機能が付属しているものがあります。 ご自宅に必要な機能があるのなら、事前に確認をしておくことで効率の良いお買い物ができます。 布団以外への利用 「衣類乾燥機能」や「靴乾燥機能」が付いている布団乾燥機もあります。 冬場の部屋干しの乾燥や、ブーツの乾燥・脱臭、収納の乾燥などにも使ええて便利です。 それぞれの使い方に必要なアタッチメントなどが付属されているものもあります。 タイマー 布団乾燥機をかけたまま、忘れて出かけてしまったりすると火災の原因になることもあります。 タイマー付きが安心です。 家事をしながら布団乾燥機のタイマーをセットしておけば、手が空いたときに片づけるだけでOKです。 脱臭効果 出典: 布団乾燥機の中には、脱臭機能がついているものもあります。 布団は毎日使うので、どうしても臭いが付きやすく、また取れにくいものです。 布団乾燥と一緒に脱臭ができるととても便利ですね。 中にはアロマ機能がついているものもあり、脱臭だけでなく良い匂いにしてくれます。 クールダウン・暖め機能 布団乾燥機の熱が布団にこもっていることがあります。 冬場であれば温かくて良いですが、夏場だとそうはいきません。 そんなときはクールダウン機能がついているものが便利です。 昼間のエアコンで、暑くても足元だけ冷えるという方には、足元だけ暖める機能がついているものもおすすめです。 安全機能 子どもがいるお宅では、チャイルドロックなどの安全機能がついているものが良いでしょう。 布団乾燥機にはボタンがたくさんついているので、子どもはつい押したくなってしまいます。 誤ってやけどやケガをしないためにも、安全機能があると安心です。 電気代はどのくらいかかる? 布団乾燥機は、家電の中でもやや電気代が高めだと言われています。 布団乾燥機1回の使用にかかる電気代は、乾燥だけなら約14円、ダニ退治機能なら約72円ほどと言われています。 5円」ということになります。 布団乾燥機の使い方 布団乾燥機を布団に使う場合は、敷布団と掛布団の間にホースや送風口を入れてスイッチを押すだけです。 ここでは、布団乾燥機を使うときにちょっと工夫が必要なベッドでの使い方をご説明します。 STEP1:シーツを外した状態で準備する ベッドパッドやベッドシーツ、掛布団カバーを外した状態で布団乾燥機を使います。 事前に取り外しておきましょう。 STEP2:送風口を差し込む 布団乾燥機の送風口をベッドと掛布団の間に差し込みます。 このとき、ベッドのあまりにも下にセットすると温風が上手く広がりません。 頭、または足元から30センチほどベッドの内側に進めたところに差し込んでおきましょう。 STEP3:掛布団をかける 布団乾燥機をセットした状態で掛布団をかけます。 掛布団は上から押さえつけずに、ふんわりとかけるようにします。 枕も一緒に乾燥させる場合は、枕ごと掛布団で覆います。 STEP4:電源を入れる 布団乾燥機の電源を入れます。 商品によって推奨されているコースや時間があると思うので、ご自身の希望に近いものを選びましょう。 商品よって異なりますがダニ機能を使うと通常の乾燥よりも時間が長くなります。 STEP5:掛布団を裏返す 必要に応じて、掛布団を裏返して再度乾燥をします。 掛布団が厚手の場合は、片面だけしか乾燥できないことがあるためです。 STEP6:必要に応じて掃除機をかける 布団乾燥は以上で終わりです。 後は、必要に応じて掃除機や布団クリーナーでダニの死骸やホコリを掃除しましょう。 布団乾燥機のおすすめ10選.

次の

【使い方解説】人気のアイリスオーヤマ布団乾燥機「カラリエ」ツインノズルレビュー!【おすすめ】[FK

布団乾燥機

Contents• 布団乾燥機を選ぶ時の3つのポイント• ダニ対策の時間がしっかり記載されているもの• 価格 布団乾燥機でダニ対策する時に大事なことは 温風の温度です。 そのために温風の温度は大切です。 購入される前にしっかり温度が記載されているものを選んでください。 また、 ダニ対策できる時間が表示されているのも大切です。 一般の布団乾燥機の乾燥時間はふとんがふっくらする時間であって、ダニ対策できる時間とは限りません。 今回ランキングで表示している「ダニモード時間」は一般的な布団乾燥機の時間ではなく、ダニ退治できる時間になります。 お布団を乾燥させるだけならもう少し短い時間でも可能です。 最後に 価格も選ぶ時のポイントになりますね。 布団乾燥機は安いもので3,000円台から販売されています。 以上3つのポイントをわかりやすく表で比較していますので、あなたが購入するときの参考にしてみて下さい。 さらに、衣類や靴などの乾燥もできたら主婦の私たちは助かりますよね。 ただし、布団乾燥機でダニ退治する時間は一番短いもので100分、家族の布団を例えば4組すると400分(約6時間40分)かかってしまいます。 実は私も布団乾燥機でダニ退治をやって、そのあと掃除機をかけて・・・という生活をしていた時期もあるんですが、もう疲れて疲れて少しノイローゼ気味になっていたのかもしれません。 そんな時に出会ったのが簡単置くだけの「ダニ捕りロボ」でした。 これで私の生活が本当に楽になったので、気になる方はこちらを見てみてください。

次の

通年で活躍! 布団乾燥機おすすめランキング11選

布団乾燥機

さっと読める目次• 布団乾燥機の選び方 自分にぴったりの布団乾燥機を効率良く見つけるためには、いくつかのポイントに気をつけながら選ぶ必要があります。 ブランドで選ぶ 象印や日立、アイリスオーヤマ、パナソニック、シャープ、三菱電機など大手メーカーから布団乾燥機が販売されています。 乾燥マット無しの布団乾燥機を最初に開発販売した象印、専用デオドラント剤の使用で乾燥と同時に臭い対策もできる日立、軽くて小さく持ち運びや収納がしやすいアイリスオーヤマ、イオンで空気を浄化するプラズマクラスター搭載のシャープ、日本で初めて布団乾燥機を発売した三菱電機など、メーカーによって商品の特徴に違いがあります。 乾燥方法で選ぶ 布団乾燥機には乾燥マットを使用するものと、マットなしでノズルを布団に差し込んで使用するものがあります。 乾燥マットを使用する方法なら、使用する布団のサイズと乾燥マットのサイズが合うようにする必要があります。 乾燥マット有りと無しのそれぞれメリットデメリットを良く理解してから選びましょう。 乾燥以外の機能で選ぶ 布団を乾燥させるのではなく、温めて寝やすくするだけの「あたため機能」を使えば寒い時期でも布団の寒さに震える必要が無くなります。 足元だけ温めるタイプもあり、短時間の使用で布団に入った瞬間から快適に過ごすことができます。 「送風機能」は、布団を温風で乾燥させた後に送風をして熱を取り除いてくれるので、湿度が高い夏でもサラリとした肌触りの布団で眠ることができます。 布団以外を乾燥できるかどうかで選ぶ 布団乾燥機の中には、付属の袋を使用して枕を効果的に乾燥させられるものや靴の乾燥ができるもの、部屋干しした洗濯物を乾かせるものなどがあります。 蒸れやすいブーツや靴を乾燥できれば梅雨の時期も快適ですし、嫌な臭いの発生を抑えることができます。 また、高温で一定時間布団を温めることでダニを死滅させるダニ対策用の機能や、タイマーを設定して一定時間経過すれば停止する機能を搭載した商品もあります。 口コミで人気の商品を選ぶ 様々な種類の布団乾燥機から気に入った物を1つ選ぶのはとても大変です。 そんな時は、口コミで人気の商品から気になるものを選んでみましょう。 例えば、「アイリスオーヤマ」のは「操作が簡単ですぐにポカポカになります」「コンパクトで使い勝手が良いです」など口コミでも非常に評価の高い商品なのでおすすめです。 季節による布団乾燥機の使い方 布団乾燥機は、寒い時期に布団を温める以外にも様々な使い方ができます。 衣類の乾燥や靴の乾燥も可能なモデルであれば、蒸れやすいブーツを乾燥させたり室内に干した洗濯物を素早く乾燥させることができます。 春になって花粉が気になる季節になると外で布団を干しにくくなりますが、布団乾燥機があればいつでも干したてのような布団で快適に過ごすことができます。 ベランダが小さく布団が干せない人でも、布団乾燥機があれば一年中快適な布団の状態をキープできます。 夏は汗や湿気でダニが繁殖しやすい時期ですが、布団乾燥機で加熱することで天日干しよりも効率良くダニの発生を抑制させることができます。 布団乾燥機でダニ退治! 咳や喘息などの体調不良の原因となるダニは、布団に多く生息しています。 ダニ対策をしっかりしたい人は、ダニ退治ができるモードを搭載している布団乾燥機を選ぶと良いでしょう。 ノズルタイプよりも、マットタイプの方が布団の隅々までしっかりと密着し、敷き布団と掛布団の端まで熱を与えることができます。 ダニが死滅しても、死骸やフンを吸い込んでしまうと喘息を起こす原因となるため、布団乾燥機でダニを退治した後はふとんクリーナーでダニの死骸をしっかりと吸い込んで取り除きましょう。 布団乾燥機はマット有り無しどっちが良い? 従来の布団乾燥機はマットが有るタイプがほとんどでしたが、最近ではマットの無いタイプが主流になりつつあります。 マットがあるタイプでは、布団の間にマットを敷いて温風を送り込むことで布団の隅々までしっかりと温めることができます。 しかし、布団よりもマットが小さい場合は布団全部を温めることはできないというデメリットや、準備や後片付けが大変だというデメリットがあります。 マットが無いタイプでは、本体もしくはホースを布団に差し込んで温風を送り込みます。 マットを布団に敷く手間が省け、片付けも簡単で手軽に使用できるのがメリットですが、温風の差込口から離れた部分を十分に温めるのは難しくなります。 布団乾燥機ランキングBEST3 それでは、今売れている人気の布団乾燥機の中から独自のポイントを加えて厳選した3点をランキング形式でご紹介します。 非常に人気が高く信頼できる商品を集めたランキングですので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。 アイリスオーヤマ 布団乾燥機 レビュー 収納が面倒なマット無しで使用できるため、ホースを伸ばすだけで簡単にセットすることができて片付けも楽ちんです。 立体ノズルが布団の中に空間を作り、温風を隅々まで届かせます。 風力、出力共にハイパワーで、ダブルサイズの大きな布団もしっかり乾燥させます。 靴用の乾燥アタッチメントを使えば蒸れやすい靴のつま先までしっかり乾燥でき、ノズルの向きを固定できるので、室内干しの洗濯物を乾燥させることも可能です。 また、コンパクトで軽いので持ち運びしやすく収納場所に困りません。 日立 布団乾燥機 レビュー 速乾・速暖を実現し、嫌な臭いにも対応した高機能モデルです。 布団乾燥は約30分、足元温めは約5分で完了します。 ホースをセットするだけの簡単準備で、温風温度は自動にコントロールされるので誰でも簡単に使用可能です。 マットは無くても、「ふとん乾燥アタッチメント」が左右、前方向に伸びて布団を均一に素早く乾燥させます。 アタッチメントを洗濯物に向ければ、雨の日や花粉が気になる季節も部屋干しでしっかり乾かすことができます。 「くつ乾燥アタッチメント」を使えば濡れた靴の乾燥ができますし、専用のデオドラント剤で芳香消臭効果も得ることができます。 靴の素材に合わせて温風温度をコントロール可能で、HEPAフィルターとアレルキャッチャーフィルターでアレル物質対策も行っています。 オールインワン収納なので、保管時の付属品の汚れを防ぎつつスッキリとさせます。 象印 マット・ホース レビュー 片付けが面倒なマットやホース不要の布団乾燥機なので、パッと開いてセットしスイッチをオンするだけ。 片付けも簡単でいつでも気軽に使用できます。 13cmの薄さなので、ちょっとした隙間に収納ができます。 「羊毛」「羽毛」「綿」「化学繊維」などに対応しており、「乾燥・標準コース」「送風仕上げコース」「ダニ対策コース」「あたため・標準コース」「低温あたためコース」「エココース」が搭載されています。 大風量で布団の隅々まで温風を広げ、アレル物質抑制フィルターで花粉やダニの死骸などのアレル物質を抑制させます。 部屋干しの洗濯物や靴、ブーツの乾燥にも使用可能で、2. 6mのロングコードで広い範囲で使用が可能です。 また、ふとん検知センサーで本体にふとんがかぶさった時に運転を停止させるのでより安全に使用することができます。 まとめ 布団乾燥機は寒い時期に布団を温めるだけではなく、ダニの退治や外干しできない時の布団乾燥など1年を通して活躍する家電です。 マット無しのタイプなら、部屋干しの洗濯物の乾燥や靴の乾燥にも使用できます。 選ぶ時はブランドや搭載された機能、マット有り無しなどを考慮しながら自分にぴったりの布団乾燥機を見つけましょう。 温風の温度設定や乾燥モードの種類も必ずチェックしてください。 Lacy編集部:桜井香織 ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。 美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。 時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。

次の