府民 共済 解約。 都道府県民共済は引っ越しすると、加入し直しが必要

県民共済やめました。これで医療保険なしです。

府民 共済 解約

現在、病気やけがの治療中である。 または検査や治療が必要と指摘されている 健康診断や人間ドックなどで、検査や治療が必要と指摘された場合を含む 、もしくは検査中である。 慢性疾患の診断を受けている、もしくは医師から治療をすすめられている。 または慢性疾患が治ってから5年以内である。 慢性疾患や中毒のため薬を常用している。 過去1年以内に、病気やけがで連続14日以上の入院か、同じ病気やけがなどで20回以上の通院治療を受けたか、または過去3ヵ月以内に心身に異常を感じる症状や変調があった。 手術を受け、治ってからまだ1年以内である。 身体に残る障害や先天性の病気により、日常生活において他人の手助けを必要とする状態である。 最初にご紹介するのは府民共済の 掛け金の安さです。 大阪府民共済の掛け金は1,000円から4,000円となっており、コースごとに設定されていますが、一番高いコースでも4,000円です。 民間の保険の場合、加入する年齢によって保険料に差があるものですが、府民共済の場合、コースごとに設定されている掛け金は年齢が違っても同じです。 年齢や性別などの条件が違っても同じ掛け金になるため、安心して加入できるのではないでしょうか。 口コミにもあるように、掛け金が安いため、その分貯蓄に回すこともできます。 さらに決算時に「余剰金」があった場合は「 割戻金」として払い戻しされる場合もあります。 かなりコスパの良い保険になっていますよ。 府民共済の保険料(掛け金)は 全て掛け捨て型になっています。 掛け捨て型の保険の取り扱いしかないことがデメリットと感じる方もいます。 老後資金として保険で貯蓄したいという方も多くいます。 掛け捨て型では満期などになっても満期保険金などは受け取ることはできません。 そのため、貯蓄を目的にしている人には向いていない保険となります。 ただし、掛け捨て型となっているため保険料(掛け金)はかなり安く抑えられています。 そのため、口コミにも書かれている通り、安く抑えられた分のお金を貯蓄に回すことができます。 中には掛け捨ての保険が嫌い、という方もいるかもしれません。 残念ながらこのような方には府民共済は向いていないと言わざるを得ないようです。 府民共済への加入が向いていない人として、「 終身保障を受けたい人」が挙げられます。 保険と聞くと終身保障を思い浮かべる方もいるかもしれません。 一度加入すれば生涯保障を受けることのできる保険です。 高齢になっても保障を受けられるのは魅力ですよね。 しかし、府民共済の保険では、保険期間に上限が設定されており、 生涯保障を受けられる終身保険は存在しません。 府民共済の保険期間は以下のようになっています。 こども型:0~18歳• 総合保障型・入院保障型:18~65歳• 熟年型・熟年入院型:65~85歳 以上のように、府民共済の保険期間は0歳~85歳までとなっており、85歳を過ぎると保障を受けることができなくなってしまうのです。 さらに申し込みは満69歳までとなるので注意が必要です。 そのため、終身保障を受けたいと考えている方には向いていないと言えます。 保険を利用して貯蓄を考えている方は意外と多いのではないでしょうか。 このような方に府民共済は向いていないと言えます。 貯蓄性の高い保険としては、学資保険などが有名ですよね。 また、老後の貯えとして貯蓄性の高い保険を検討している方もいるかと思います。 保険を利用して貯蓄を行う方は沢山います。 府民共済にも貯蓄型の保険は有るのでしょうか? 府民共済で取り扱っているものは、 全て掛け捨て型になります。 お祝い金や満期返戻金のある貯蓄性の高い保険を希望している場合はおすすめできません。 貯蓄性のある保険に加入したい場合、民間の保険などに加入するか、府民共済で安い掛け金で万一の備えをし、浮いたお金を自分で貯金するしかありません。 府民共済への加入が向いていない方に「 引っ越しの多い人」が挙げられます。 大阪府民共済への加入は、居住地や勤務先が大阪府にあることが条件となります。 その他の県に引っ越しを行う場合、府民共済への加入を継続することができなくなり、その県の県民共済へ 加入し直す必要があるのです。 手続きを一からやり直さなければならないのです。 さらに、引っ越した先に都道府県民共済が存在しない場合もあります。 山梨県・福井県・鳥取県・徳島県・愛媛県・高知県・佐賀県・沖縄県では県民共済が無いため、 継続することができない可能性もあるのです。 そのため、仕事の都合などで引っ越しの多い人の場合、府民共済はおすすめできないと言えます。 5万円・5万円・10万円 2. 5万円・5万円・10万円 2万円・5万円・10万円・20万円 先進医療 1~150万円 1~150万円 1~150万円 後遺障害 交通事故 不慮の事故 1320万円~52. 8万円 800万円~32万円 - 300万円~12万円 200万円~8万円 死亡 交通事故 不慮の事故 病気 2,000万円 1,600万円 800万円 10万円 10万円 10万円 500万円 400万円 200万円 これらの保障を月掛け金合計1万円で受けることができます。 5万円・5万円・10万円 2. 5万円・5万円・10万円 先進医療 1~150万円 1~150万円 後遺障害 交通事故 不慮の事故 660万円~26. 4万円 400万円~16万円 - 死亡 交通事故 不慮の事故 病気 1010万円 810万円 410万円 10万円 10万円 10万円 夫・妻合計で月の掛金は6,000円となります。 ここでは年代別のおすすめプランを紹介しましたが、 よりご自身に合ったプランを見つけたいという方は多いと思います。 その場合は、 保険のプロに無料相談するのがおすすめです。 下のボタンから保険のプロへの面談予約が1分で完了しますので、ぜひご利用ください。 府民共済の特徴は保障が幅広く掛け金が安く、さらに告知が緩やかで加入しやすいこと• 府民共済のメリットは、掛け金が安い・加入年齢が幅広い・帝王切開などの手術も保障される• 府民共済のデメリットは、掛け捨て型しかない・高齢になると保障が薄くなる・終身保障でない• 府民共済では総合保障型・医療保障型それぞれに加入することで、幅広い保障を得ることができる• それぞれのコースの掛金は1,000円~4,000円• 府民共済がおすすめなのは、30代・40代の方・安い掛け金に興味のある方・健康状態がやや不安な方• 府民共済に向いていないのは、終身保障を希望している人・保険を利用して貯蓄したい人・引っ越しを頻繁に行う人.

次の

県民共済は契約者貸付を行っている?お金に困った時の対処法をご紹介!|お金を借りる&払う|みんなのPay活プラットフォーム・マニプラ

府民 共済 解約

大阪府民共済(都道府県民共済の大阪府版)の平成30年の掛金の割戻(返還)金と、割戻金で相殺した正味掛金です。 割戻金は、生命保険の配当と同様、決算により生じた剰余金が還付されるものです。 総合保障型 割戻率 割戻金* 正味掛金* 32. 36% 7,766円 1,353円 *割戻金と正味掛金は、総合保障2型(掛金2,000円、年額24,000円)で計算しました。 熟年型(65才~) 割戻率 割戻金* 正味掛金* 28. 16% 6,758円 1,437円 *割戻金と正味掛金は、熟年2型(掛金2,000円、年額24,000円)で計算しました。 こども型 割戻率 割戻金* 正味の掛金* 22. 53% 2,703円 775円 *割戻金と正味掛金は、こども1型(掛金月額1,000円、年額12,000円)で計算しました。 20%です。 割戻金の具体例 大阪府民共済の「総合保障2型」(2,000円)と医療特約の「医療1型特約」(1,000円)に加入している場合、毎月掛金3,000円を1年間で36,000円支払います。 「総合保障2型」と「医療1型特約」の割戻率は32. 36%です。 1年間に支払った掛金36,000円の32. 36%の11,649円が割戻金になります。 割戻金のうち1年間に支払った掛金36,000円の5%の1,800円が出資金に振り替えられます。 割戻金11,649円から1,800円を差し引いた9,849円が、8月上旬に掛金引き落し口座に振り込まれます。 出資金に振り替えられた1,800円は、大阪府民共済を解約したり、満期を迎えて更新しない場合など大阪府民共済生活協同組合を脱退するときに、返還されます。 一般の生命保険は無配当が主流となる中で、 大阪府民共済の割戻金は大きなメリットだと思います。

次の

共済金の受け取りには税金がかかる?

府民 共済 解約

保険加入の際に、多くの方の候補にあがるのが、「共済」です。 監督官庁の監視の下に置かれている4大共済には、「JA共済」「全労済」「都道府県民共済」「CO・OP共済」があります。 「都道府県民共済」は、厚生労働省の認可を受けた、全国生活協同組合連合会(全国生協連)の共済です。 主力商品の「総合保障型」は、掛け金一律の定期タイプです。 あなたにあった保険を選ぶためには、主力商品の「総合保障型」がどんな保障内容であるかを知っておく必要があります。 なぜなら、この共済のしくみの問題点に早く気づいてもらいたいからです。 あなたが60歳になって、この共済が待ち構えている問題に始めて気づいて、困る事態になってほしくありません。 このページでは、「都道府県民共済」の主力商品である「総合保障型」を取り上げながら、しくみと問題点について説明します。 都道府県民共済は、都道府県をまたがる引っ越しの場合、加入し直す必要がある 都道府県民共済は、生損保を兼営していて、新火災共済の取り扱いもあります。 昭和48年(1973)年に埼玉県民共済生活協同組合が生命共済をスタートさせ、昭和57(1982)年に厚生省から共済事業の認可を取得し、除々に全国展開を図ってきました。 全国網羅しているわけではありませんが、現在では39の都道府県で扱っています。 つまり、各都道府県に1つあるイメージです。 一般的に「県民共済」と呼ばれていますが、都・道・府ではそれぞれ「都民共済」「道民共済」「府民共済」、また神奈川県では「全国共済」と呼ばれていて、名称や保障内容が異なっています。 引っ越して都道府県が変わると加入し直す必要があるため、取扱をしていない山梨県、福井県、鳥取県、徳島県、愛媛県、高知県、佐賀県、沖縄県の8県に転居した場合、共済が継続できない可能性もあります。 北海道(「道民共済」)、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、 東京(「都民共済」)、 神奈川(「全国共済」)、新潟、富山、石川、静岡、愛知、岐阜、三重、長野、滋賀、 京都(「府民共済」)、奈良、 大阪(「府民共済」)、兵庫、和歌山、島根、岡山、広島、山口、香川、福岡、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島(39都道府県) 現在加入するには、出資金を支払って組合員になる必要があります。 出資金は1人200円程度で、初回の掛け金に上乗せして支払います。 解約時に、出資金は全額返金される仕組みです。 加入手続きは、居住地あるいは勤務先のある都道府県の共済に加入する形となります。 郵送もしくは普及員経由、金融機関に置いてあるパンフレットや申込書を使って金融機関窓口でも受け付けています。 主力商品の「総合保障型」は、年齢を重ねても掛け金はそのままで、保障が減る 主力商品の生命共済は、死亡保障を優先したタイプの「生命型」と入院保障を優先した「入院型」の2タイプが用意されていましたが、商品性の改良によって、「 総合保障型」がメイン商品になっています。 生命共済は、掛け金一律の定期タイプで、年齢や目的に合わせて、子ども向けの「こども型」、入院から死亡までバランスよく保障する「総合保障型」、入院への手厚い保障を重視した「入院保障型」、組み合わせ加入の「総合保障型+入院保障型」のラインアップで、それぞれ1~3のプランが用意されています。 例えば、現役世代が最低限の保障を用意したいときの「総合保障2型」は、満18歳~満64歳の健康な人なら申し込みでき、月2,000円で死亡・障害・入院などの保障が「パッケージ型」になっています。 なお、年度末の決算で剰余が生じると、割戻金が受け取れるため、実質の掛け金負担は2,000円より少なくなります。 64歳までは掛け金・保障内容ともに同じですが、65歳以降「熟年2型」になります。 掛け金は同じでも、保障内容が減るもしくはゼロになります。 また、長くても保障は85歳で終わります。 参考までに「総合保障型」のタイプ別保障内容を一覧表にまとめてみました。 60歳以降は、掛け金は変わらないものの、保障内容がだんだん減っていくことがわかります。 このように、都民共済で一番身近な保険商品は、死亡・障害・入院などの保障がパッケージになっているので、「幕の内弁当」のようなものです。 通信販売などで気軽に申し込むことができるため、加入者も多いですが、65歳以降は病気による入院の保障が2,500円になったり、病気による死亡保障は100万円以下になっています。 このことに、60歳が到来したときに、気づいてほしくありません。 60歳以降不足する保障額を新規で加入しようとしても、そのときの健康状態が問われるため、困難な可能性もあります。 また、年齢が上がるにつれて、保険料もアップします。 「60歳以降、保障が減っていく」保険が通用するのは、20世紀の時代のことです。 なぜなら、60歳以降の老後資金や医療費を自分で用意しなくても、退職金でやりくりしたり、年金や老人医療費の無料制度など、国が面倒をみてくれたからです。 21世紀に老後を迎えるあなたは、退職金と年金が期待できません。 そして、老人医療費の自己負担が無料という時代は終わっています。 また、60歳以降も再雇用などで働く時代ですので、60歳過ぎても、毎月お給料を持ってくる大黒柱が万が一のことがあったら、残された家族は困ります。 これから、60歳を過ぎても、保険が必要な時代になりました。 これから加入を検討するあなたは、ある一定期間だけ保障する定期タイプという仕組みを理解し、民間の生命保険をベースに、補足する形で加入してください。 しくみを理解しないで加入したあなたは、60歳以降、保障が減っていく「総合保障型」の見直しをすることをお勧めします。

次の