フルフロンタル 和訳。 UC

フルフロンタルの名言まとめ!正体やシャアクローン説と和訳名も

フルフロンタル 和訳

概要 [ ] と同じく「シャアの再来」として作り出されたの1人。 しかし、容姿や人格などはの再来と言うには程遠く、計画を知る人間からは「失敗作」と揶揄されている。 性格も狂暴かつ好戦的であり、シャアやフロンタルのように人望やカリスマ性に優れる訳でもない。 周囲から「失敗作」として扱われることに強いコンプレックスを抱いており、その評価を覆すことを行動原理にしている。 一方で気性の激しさの中にも気難しさや繊細さも持ち合わせており、それが彼の残虐性をより一層際立てている。 幼少から強化人間の実験体として扱われてきた過去を持ち、右目もその際に失明し、サイコセンサーを内蔵した義眼 サイコミュ・レンズ を埋め込まれている。 義眼が埋め込まれた右目に傷があり、左目や全身にも同じ形の入れ墨を入れている。 登場作品と役柄 [ ] 初登場作品。 物語の影の主人公的立ち位置であり、野心のためにを付け狙う人物の1人。 の命令からの「」に乗じてフェネクス捕縛を目論み、同じくフェネクスを追い求めるヨナ達の前に強大な敵として立ち塞がった。 また、Youtubeの公式PV「ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!」ではナレーションを担当しており、一年戦争から本作までの年表をやりたい放題に解説している。 人間関係 [ ] モナハン一党 [ ] ゾルタンの部下兼監視役。 ゾルタンはモナハンからの指示を受けた彼女に監視されていたが、途中、モナハンから証拠隠滅の指示を受けている場面を盗聴した後、射殺した。 の外務大臣。 シャアの再来計画を指揮した張本人。 ゾルタンの能力は認めているが、その人格から持て余している感もある。 ゾルタンと浅からぬ因縁を持つ。 残党「」 [ ] 彼と同じくシャアの再来として作り出された強化人間。 こちらは成功例であり、においてそのカリスマ性や手腕を発揮した。 その他 [ ] 以来「赤い彗星」として名を馳せたエースパイロット。 彼の再現を試みようと、ゾルタンを含めた強化人間達が生み出された。 不死鳥狩り 『NT』の原案小説『不死鳥狩り』に登場した強化人間。 本名・容姿共に不明ではあるが、ネオ・ジオングに搭乗しフェネクスと対峙するなど、立ち位置的にゾルタンの原案となった人物の可能性がある。 名台詞 [ ] 「撃っちゃうんだなぁこれが! 」 スペースコロニー「メーティス」でと交戦した際に。 本来ならコロニー内での戦闘は御法度だが、ゾルタンは躊躇なくビーム・ライフルを発砲している。 ある意味でゾルタンを象徴する台詞である。 迷台詞 [ ] 「基本的には金持ち父さんと貧乏父さんの取っ組み合い」 公式PV「ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!」より、特権階級揃いの連邦軍 地球連邦政府 と国力に乏しいジオン軍の対立図に対するゾルタンなりの大雑把な要約。 「でも暑っ苦しくてダメ。 は怖すぎてダメ。 は『赤い彗星』なのに黄色かった からダメ。 じゃあ!ってんでが出てきたけど、対するガンダムも何かスゲー事に!」 同上。 からまでに登場したジオン系勢力の代表人物に対するコメント。 組織を束ねる大物とはいえ確かに曲者揃いである。 それぞれの人物についても名前の上に「 四字熟語に詳しい」「 俗物アレルギー」「 やっぱりこの人のせい」「 名前は和訳しない方が良い」と一言添えられている。 「おいおいこれ別のアニメじゃないの!?」 「こりゃやっぱ別のアニメじゃないの!?各方面大丈夫!?」 同上。 コロニーレーザーを防ぎ、人間を不死にするともされるの能力に対するメタ台詞。 ガンダムシリーズ初期からがオカルト染みた能力を見せてきたとはいえ、サイコフレームの引き起こす超常現象にはゾルタンも慌てふためくばかりだった。 搭乗機体・関連機体 [ ] 主な搭乗機。 によって強奪されたの2号機で、1号機と装備に若干の差異がある。 の予備パーツを基に建造された大型。 彼が率いた部隊の母艦。 商品情報 [ ] 資料リンク [ ]• リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の

フル・フロンタルとは (マルハダカとは) [単語記事]

フルフロンタル 和訳

概要 [ ] と同じく「シャアの再来」として作り出されたの1人。 しかし、容姿や人格などはの再来と言うには程遠く、計画を知る人間からは「失敗作」と揶揄されている。 性格も狂暴かつ好戦的であり、シャアやフロンタルのように人望やカリスマ性に優れる訳でもない。 周囲から「失敗作」として扱われることに強いコンプレックスを抱いており、その評価を覆すことを行動原理にしている。 一方で気性の激しさの中にも気難しさや繊細さも持ち合わせており、それが彼の残虐性をより一層際立てている。 幼少から強化人間の実験体として扱われてきた過去を持ち、右目もその際に失明し、サイコセンサーを内蔵した義眼 サイコミュ・レンズ を埋め込まれている。 義眼が埋め込まれた右目に傷があり、左目や全身にも同じ形の入れ墨を入れている。 登場作品と役柄 [ ] 初登場作品。 物語の影の主人公的立ち位置であり、野心のためにを付け狙う人物の1人。 の命令からの「」に乗じてフェネクス捕縛を目論み、同じくフェネクスを追い求めるヨナ達の前に強大な敵として立ち塞がった。 また、Youtubeの公式PV「ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!」ではナレーションを担当しており、一年戦争から本作までの年表をやりたい放題に解説している。 人間関係 [ ] モナハン一党 [ ] ゾルタンの部下兼監視役。 ゾルタンはモナハンからの指示を受けた彼女に監視されていたが、途中、モナハンから証拠隠滅の指示を受けている場面を盗聴した後、射殺した。 の外務大臣。 シャアの再来計画を指揮した張本人。 ゾルタンの能力は認めているが、その人格から持て余している感もある。 ゾルタンと浅からぬ因縁を持つ。 残党「」 [ ] 彼と同じくシャアの再来として作り出された強化人間。 こちらは成功例であり、においてそのカリスマ性や手腕を発揮した。 その他 [ ] 以来「赤い彗星」として名を馳せたエースパイロット。 彼の再現を試みようと、ゾルタンを含めた強化人間達が生み出された。 不死鳥狩り 『NT』の原案小説『不死鳥狩り』に登場した強化人間。 本名・容姿共に不明ではあるが、ネオ・ジオングに搭乗しフェネクスと対峙するなど、立ち位置的にゾルタンの原案となった人物の可能性がある。 名台詞 [ ] 「撃っちゃうんだなぁこれが! 」 スペースコロニー「メーティス」でと交戦した際に。 本来ならコロニー内での戦闘は御法度だが、ゾルタンは躊躇なくビーム・ライフルを発砲している。 ある意味でゾルタンを象徴する台詞である。 迷台詞 [ ] 「基本的には金持ち父さんと貧乏父さんの取っ組み合い」 公式PV「ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!」より、特権階級揃いの連邦軍 地球連邦政府 と国力に乏しいジオン軍の対立図に対するゾルタンなりの大雑把な要約。 「でも暑っ苦しくてダメ。 は怖すぎてダメ。 は『赤い彗星』なのに黄色かった からダメ。 じゃあ!ってんでが出てきたけど、対するガンダムも何かスゲー事に!」 同上。 からまでに登場したジオン系勢力の代表人物に対するコメント。 組織を束ねる大物とはいえ確かに曲者揃いである。 それぞれの人物についても名前の上に「 四字熟語に詳しい」「 俗物アレルギー」「 やっぱりこの人のせい」「 名前は和訳しない方が良い」と一言添えられている。 「おいおいこれ別のアニメじゃないの!?」 「こりゃやっぱ別のアニメじゃないの!?各方面大丈夫!?」 同上。 コロニーレーザーを防ぎ、人間を不死にするともされるの能力に対するメタ台詞。 ガンダムシリーズ初期からがオカルト染みた能力を見せてきたとはいえ、サイコフレームの引き起こす超常現象にはゾルタンも慌てふためくばかりだった。 搭乗機体・関連機体 [ ] 主な搭乗機。 によって強奪されたの2号機で、1号機と装備に若干の差異がある。 の予備パーツを基に建造された大型。 彼が率いた部隊の母艦。 商品情報 [ ] 資料リンク [ ]• リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の

アンジェロ・ザウパー

フルフロンタル 和訳

概要 [ ] と同じく「シャアの再来」として作り出されたの1人。 しかし、容姿や人格などはの再来と言うには程遠く、計画を知る人間からは「失敗作」と揶揄されている。 性格も狂暴かつ好戦的であり、シャアやフロンタルのように人望やカリスマ性に優れる訳でもない。 周囲から「失敗作」として扱われることに強いコンプレックスを抱いており、その評価を覆すことを行動原理にしている。 一方で気性の激しさの中にも気難しさや繊細さも持ち合わせており、それが彼の残虐性をより一層際立てている。 幼少から強化人間の実験体として扱われてきた過去を持ち、右目もその際に失明し、サイコセンサーを内蔵した義眼 サイコミュ・レンズ を埋め込まれている。 義眼が埋め込まれた右目に傷があり、左目や全身にも同じ形の入れ墨を入れている。 登場作品と役柄 [ ] 初登場作品。 物語の影の主人公的立ち位置であり、野心のためにを付け狙う人物の1人。 の命令からの「」に乗じてフェネクス捕縛を目論み、同じくフェネクスを追い求めるヨナ達の前に強大な敵として立ち塞がった。 また、Youtubeの公式PV「ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!」ではナレーションを担当しており、一年戦争から本作までの年表をやりたい放題に解説している。 人間関係 [ ] モナハン一党 [ ] ゾルタンの部下兼監視役。 ゾルタンはモナハンからの指示を受けた彼女に監視されていたが、途中、モナハンから証拠隠滅の指示を受けている場面を盗聴した後、射殺した。 の外務大臣。 シャアの再来計画を指揮した張本人。 ゾルタンの能力は認めているが、その人格から持て余している感もある。 ゾルタンと浅からぬ因縁を持つ。 残党「」 [ ] 彼と同じくシャアの再来として作り出された強化人間。 こちらは成功例であり、においてそのカリスマ性や手腕を発揮した。 その他 [ ] 以来「赤い彗星」として名を馳せたエースパイロット。 彼の再現を試みようと、ゾルタンを含めた強化人間達が生み出された。 不死鳥狩り 『NT』の原案小説『不死鳥狩り』に登場した強化人間。 本名・容姿共に不明ではあるが、ネオ・ジオングに搭乗しフェネクスと対峙するなど、立ち位置的にゾルタンの原案となった人物の可能性がある。 名台詞 [ ] 「撃っちゃうんだなぁこれが! 」 スペースコロニー「メーティス」でと交戦した際に。 本来ならコロニー内での戦闘は御法度だが、ゾルタンは躊躇なくビーム・ライフルを発砲している。 ある意味でゾルタンを象徴する台詞である。 迷台詞 [ ] 「基本的には金持ち父さんと貧乏父さんの取っ組み合い」 公式PV「ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!」より、特権階級揃いの連邦軍 地球連邦政府 と国力に乏しいジオン軍の対立図に対するゾルタンなりの大雑把な要約。 「でも暑っ苦しくてダメ。 は怖すぎてダメ。 は『赤い彗星』なのに黄色かった からダメ。 じゃあ!ってんでが出てきたけど、対するガンダムも何かスゲー事に!」 同上。 からまでに登場したジオン系勢力の代表人物に対するコメント。 組織を束ねる大物とはいえ確かに曲者揃いである。 それぞれの人物についても名前の上に「 四字熟語に詳しい」「 俗物アレルギー」「 やっぱりこの人のせい」「 名前は和訳しない方が良い」と一言添えられている。 「おいおいこれ別のアニメじゃないの!?」 「こりゃやっぱ別のアニメじゃないの!?各方面大丈夫!?」 同上。 コロニーレーザーを防ぎ、人間を不死にするともされるの能力に対するメタ台詞。 ガンダムシリーズ初期からがオカルト染みた能力を見せてきたとはいえ、サイコフレームの引き起こす超常現象にはゾルタンも慌てふためくばかりだった。 搭乗機体・関連機体 [ ] 主な搭乗機。 によって強奪されたの2号機で、1号機と装備に若干の差異がある。 の予備パーツを基に建造された大型。 彼が率いた部隊の母艦。 商品情報 [ ] 資料リンク [ ]• リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の