冷凍 大根 煮物。 大根の煮物って冷凍できるの?おすすめの方法はこれ!

大根の煮物の日持ち期間や保存方法 冷蔵庫の場合は?冷凍できる? | 食の専門サイト

冷凍 大根 煮物

Sponsored Link 大根の冷凍保存の方法は? 大根を冷凍するなんて、あまりイメージにないですよね。 でも実は、 大根は冷凍保存が可能なんです。 では一体どんな風に冷凍保存すればよいのでしょうか。 まず、大根を洗って厚めに皮をむきます。 そして、3~4cmの厚さに切りましょう。 大根を使う料理が決まっているのであれば、その料理にあう切り方で切ってくださいね。 そして、1回分ずつ小分けにできるようにラップでしっかりと巻きます。 その後、ジップロックなどの密封できる袋に平らに並べて入れて、空気を抜き、冷凍します。 このときに、 アルミホイルやアルミトレイに乗せて冷凍庫に入れると、急速に冷凍することができますよ。 素早く冷凍することが、ビタミンCなどの栄養素をできるだけ壊さずに保存することができるコツなんです。 ビタミンCは肌にハリや弾力を与えてくれるので、この効果・効能を少しでも残したいですよね。 そして、 冷凍庫に入れたら、約6時間で冷凍大根の完成です。 Sponsored Link なぜそんな風に保存する必要があるの? 大根は、1本丸ごとで買ってしまうと、量が多く冷蔵庫で保存している間にぱさぱさになったりスが入ったりしてしまいます。 でも、冷凍保存することで長く美味しい状態で保つことができるのです。 冷凍保存することで、 煮物にする際に味がしみこみやすくなるというメリットもあります。 長期保存だけでなく、短時間で味の染みた料理を作りたいときには冷凍保存すると良いですね。 また、冷凍保存する際には皮を厚めにむくのですが、これは 皮のあたりに繊維質が多く、加熱しても筋っぽくなってしまうためです。 皮を捨てるのがもったいないという方は、きんぴらなどに利用してもいいですね。 冷凍保存できる期間はどのくらい? 冷凍食品の賞味期限はかなり長いですよね。 でも、家庭で冷凍した野菜などはいつまで食べられるものかよくわからなくて、食べてみると冷凍やけしていてがっかりといったことも、我が家ではよくあります。 では、大根はどのくらいの期間冷凍保存できるのでしょうか。 大根の冷凍保存期間は、 おおよそ1ヶ月程度とされています。 割と長いイメージですよね。 1ヶ月あれば、大きな大根も何度かに分けて食べきれるのではないでしょうか。 解凍の方法や注意点は? 冷凍した大根をいざ調理したい! そんな時に気になるのが、解凍はどうしたらいいの?ということだと思います。 冷凍した大根というのは、冷凍することで水分が抜けるため、生で食べる調理法には向いていません。 そのため、 煮物などに使うのがベストですね。 あと、冷凍した大根を調理するときは、 凍ったまま調理してください。 詳しいレシピは、クックパッドのこちらのレシピを参考にしてみてくださいね。 10分煮込んで、10分放置して染みこませるだけで、しっかりと味のしみこんだ美味しい煮物を作ることができますよ。 まとめ 今回は、大根の冷凍保存の方法とその保存期間についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 寒い冬には、おでんや煮物など温かい大根料理をたくさん食べたいですね。 今回ご紹介した方法で冷凍保存することで、短時間で美味しい煮物ができるので、是非挑戦してみてください。 大根は100gあたり18kcalとレタスとさほど変わらないくらいカロリーが低いため、ダイエットをしている方にもおすすめですよ。 Sponsored Link•

次の

大根の長持ち保存方法と保存期間!【冷凍・冷蔵・常温】全て解説

冷凍 大根 煮物

レシピ(4人分)• 大根のいちょう切り … 300g• 豚薄切り肉 … 150g• 塩・こしょう … 少々• ニンニク … 4分の1片• 白すりごま … 大さじ1• 一味唐辛子 … 少々 まずは冷凍保存した大根のいちょう切りを前日から冷凍庫で自然解凍しておきます。 時間がない時はレンジで生解凍してもいいし、冷凍のままでもかまいません。 ただし冷凍だと調理に少し時間がかかります。 次に豚薄切り肉(ロースやもも)を2cm幅に切って塩・胡椒を振りまぜます。 にんにくはみじん切りにしておきます。 フライパンにごま油を引いて熱してから豚肉を炒めます。 肉の色が変わってきたらにんにくのみじん切りを入れて香りを出してから、大根を加えて炒めます。 大根がしんなりしてきたらしょうゆ、しおすりごま、砂糖、一味唐辛子を加えて汁けがなくなってくるまで炒めたら出来上がりです。 大根は大根おろしにしてから冷凍保存することも可能です。 まずは大根をすりおろします。 すりおろした大根は冷凍用保存袋に平らになるように入れて、金属トレイにのせて冷凍保存します。 これで1ヵ月は保存ができます。 冷凍する際は一気にするのではなく、凍りかけの段階で1回取り出し下の画像のように十字に折り目をつけておくといいです。 こうすると折り目できれいに分けれるので使う分だけ解凍して利用することができます。 ガチガチに凍ってしまった後では折り目は付けられないので、凍りすぎていないかは注意が必要です。 心配なら使う分ごとにラップで包み、それを冷凍用保存袋に入れて保存してもいいです。 下の画像は折り目で折って、4分の1だけ取り出した冷凍した大根おろしです。 レシピ(2人分)• 大根おろし … 250g• 油揚げ … 3枚(正方形タイプ)• えのきだけ … 50g• だし汁 … 200ml• しょうゆ … 大さじ1• 万能ねぎの小口切り … 適量 まずは冷凍保存した大根おろしを前日から冷凍庫で自然解凍しておきます。 油揚げは裏表に2、3回熱湯をかけて油抜きをして冷まし、水けを絞って8mm幅に短冊切りにします。 えのきだけはいしづきを切り取ってから4cmほどの長さに切り分けます。 次に鍋にだし汁、砂糖、みりん、しょうゆを加えて一煮立ちさせてから油揚げとえのきだけを加え、弱火にして落し蓋をし、10分ほど煮込みます。 途中何度か油揚げを裏返します。 最後に大根おろしを加えてさっと煮てから火を止め、器に盛って万能ねぎの小口切りを散らせば完成です。

次の

大根の冷凍保存の方法や期間は?解凍方法も合わせてご紹介!

冷凍 大根 煮物

大根は「用途別冷凍」でムダなく使い切れる! 大根の主な食べ方は、味噌汁、煮物、サラダや漬物、大根おろしなど。 「とりあえず冷凍」でなく、2〜3週間(冷凍保存が可能な期間)で作るメニューをイメージして用途別に冷凍しましょう。 使い勝手がぐんとよくなって、確実に使い切れます。 生のときと食感の変化が少なく味わえます。 煮物やおでん用なら輪切りに。 冷凍すると繊維が壊れるので、下茹でしなくても短時間で味が染みるようになります。 【冷凍方法】• 大根の皮をむき、用途に合わせて切る。 ペーパータオルで水気を拭き取り、使いやすい量で小分けにし、ラップで包む。 (輪切りはラップに包まなくてOK)• 冷凍用保存袋に入れて口を閉じ、冷凍する。 冷凍庫で2週間程度保存可能。 味噌汁なら、沸騰した湯に冷凍大根を入れて煮る。 煮物なら、鍋に冷凍大根と水、調味料を入れて煮る。 *冷凍してから煮ると、味がしみやすい! 冷凍大根は煮たときに中心まで味が染みやすく、生の大根で作った煮物よりもほろっとしたやわらかな食感になります。 冷凍前はシャキシャキですが、コリコリとした歯ざわりになるのも楽しい変化。 【冷凍方法】• 大根の皮をむき、千切りやいちょう切りにする。 大根を平らにし、空気を抜くように袋の口を閉じ、平らな状態のまま冷凍する。 冷凍庫で3週間程度保存可能。 味が薄ければ塩などで味を調える。 食感や味の変化はほぼなく、生のときと同じように使えます。 【冷凍方法】• 大根の皮をむいておろし器ですりおろし、ザルに入れて自然に水を切る。 手で水気を絞ると水分が抜けすぎて食感が悪くなるので注意。 Sサイズの冷凍用保存袋に1食分ずつ(写真は150g)入れ、空気を抜くように袋の口を閉じて冷凍する。 冷凍庫で3週間程度保存可能。 ザルに入れて自然に水気を切って使う。 焼き魚や卵焼きに添えたり、しらす和え、みぞれ煮、みぞれ鍋などに。 *大根おろしを少量で使いたいなら、製氷皿で冷凍を ザルで水気を切った大根おろしを製氷皿に入れて冷凍し、凍ってから冷凍用保存袋に移すという手も。 冷凍庫で3週間程度保存可能です。 解凍方法は保存袋で冷凍した場合と同様。

次の