福山雅治 演技下手。 佐藤健 演技力の評価は?「演技下手派VS演技うまい派」

佐藤健 演技力の評価は?「演技下手派VS演技うまい派」

福山雅治 演技下手

集団左遷 福山雅治の演技わざとらしいの声! 集団左遷の第8話の視聴率は、11.9% 福山雅治主演でスタートしたTBS日曜劇場のドラマ、『集団左遷』1話の視聴率は13.8%と好スタートを切りました。 しかし、その後は視聴率が回を追う毎に落ちて行きましたが、最新の8話で視聴率11.9%と大幅に上がりました。 しかし、今回 福山雅治さんが演じる片岡の演技がわざとらしいという声が上がっています。 と言うのもキャラクターの設定上、熱い男、曲がったことが嫌いで、正義感が強いという今まで 福山雅治さんが演じたことがない役柄なので視聴者はなおさらそれを感じ取ったのでしょう。 Twitterで『福山雅治 演技』と打ち込んで検索して見ましたが、ドラマの中身よりも演技の下手さを指摘する声がこちらが思ったほど多い事に驚いてしまいました。 個人的には熱い演技をドラマでやる場合どうしてもオーバーリアクションになりがちだと考えられるのであの演技になるのかと思います。 まあ、日常生活で熱く何かを語るときは、声は大きくなってもオーバーリアクションはあまり取らず、感情が高ぶって時には手が先に出るというケースもあります。 それがない分声とオーバーリアクションでカバーしているのか?と思います。 個人的な私見ではドラマを視聴していても、福山雅治さんが出てきても違和感はありませんので、 世間の見方の方が厳しいなと感じました。 スポンサーリンク 第8話あらすじ 遂に上層部が退陣! そして負ければ出向!? 日本橋支店に何かを隠していると踏んだ片岡(福山雅治)と真山(香川照之)はそんな折、日本橋支店の取引企業先で上場を控えたレジーナホームが怪しいのでは無いかと目を付けました。 その理由は管理しているシェアハウスの入居率が90パーセントなのにインターネットの口コミは極端に悪いということで調査を進めると不正融資の疑いがあると疑惑を持ち隅田常務(別所哲也)の下調査を開始しました。 すると、横山専務(三上博史)が金村支店長(川原和久)にレジーナホームを紹介し担当させたことが判明。 調査を進めると銀行に提出した書類とレジーナホームで管理している書類に違いがある事が解りました。 その書類によると、銀行提出書類には売上高が右肩上がりなのに対し、自社で管理している書類は年を追う毎に売上が減少していました。 それを隠し三友銀行から融資を受け続けていたのです。 不正融資の疑惑を金村支店長に突きつけようとした瞬間。 不正融資に気付かなかったという事で責任を取り、金村は日本橋支店を去りました。 それにより日本橋支店への調査を回避されて不正発覚が遅れました。 また、その一件で三友銀行の株価は下落し評判ががた落ちしました。 しかし横山専務が何を隠蔽しているのか調査をして行く過程で、金村支店長の出向先に何度も出向く真山と片岡、しかし横山専務から口止めをされているため、金村は真山と片岡に対して頑な態度を取り相手にはしてくれない日々が続きました。 そんな中、金村に変わり本店から鮫島(小手伸也)が異動してきて真山の監視を強める嫌がらせを行い、片岡も部下からの監視下におかれ動きづらい日々が続きました。 その理由は不正発覚を遅らせるためです。 その裏で鮫島は日本橋支店で管理している裏金口座の通帳をシュレッターに掛け処理し証拠隠蔽を図りました。 ある日の業務終了後、真山が鮫島がわざと置いた手帳の中に気になる数字の羅列を発見口座番号ではないかと疑いを強めました。 再び金村に片岡が詰め寄り説得すると、金村は裏金の使い道の確認のため横山に電話。 ホテルで密会しその席で1年我慢してくれと言い渡され、さっさと話を終えると次の来客があると言って金村と別れました。 しかし、話が終わりホテルを後にしようとする金村の目に入ってきた物は横山と海外の銀行買収で有名なダイバーの幹部が会っている場面でした。 銀行は1年後なくなると確信した金村は片岡に裏金の証拠となる手帳を託して行きました。 すると、銀行の幹部が裏金を受け取っていた事実を掴みました。 ある日の定例会議で裏金の話を隅田常務が切り出し、手帳の画像をプロジェクターに映した瞬間。 そこには横山の名前も入っていたはずが藤田頭取(市村正親)によって横山の名前を消され、名前の書かれていた他の銀行幹部は退陣に追い込まれました。 横山は上手いこと藤田頭取に取り入り自分の身を守り、一緒に裏金を貰っていた幹部を切り捨てる冷酷な手段に出て成功しました。 最後までお読みいただき有難うございます。 スポンサーリンク.

次の

紅白2019福山雅治は歌が下手で口パク?上手い?感想や出演時間は?|マシュとマロのふたりごと

福山雅治 演技下手

(C)まいじつ 福山雅治が主演するドラマ『集団左遷!! 』(TBS系)が4月22日にスタートした。 香川照之、三上博史ら演技派俳優が脇を固めているが、香川、三上に比べて福山のオーバーアクション的な演技に「違和感がある」と首をひねる声が続出している。 舞台は大手銀行。 片岡(福山)は蒲田支店への異動と支店長への昇格を言い渡される。 だが、銀行幹部が蒲田支店をはじめとしたいくつかの店舗の廃止を検討していることが明らかに。 片岡は常務の横山(三上)から支店廃止の意向を伝えられ、「何も頑張らないでいただきたい」と念を押された。 第1話では、会社経営者・米山(平山浩行)が融資を踏み倒して失踪。 福山のコミカル演技に「安っぽい」批判続出 福山は終始コミカルでオーバーアクションな演技を披露。 米山が車で〝逃走〟するシーンでは、福山が車にしがみついたものの、振り飛ばされて壁に激突。 あお向けで逃げられたことを悔しがるシーンもあった。 銀行を舞台にコミカルな演技を見せた福山に対し、違和感を示す多くの声が続出。 《こんなに、つまらないのは久しぶり》 《銀行にこんな安っぽいシーンとかないしな》 《テンション落とした方が絶対楽しめると思います》 《演技がやけにオーバーリアクションで違和感ハンパなかった》 また、迫真の演技を見せた三上、香川と福山とを見比べる声もあった。 《福山雅治の演技が軽い上に過剰なのがちょっと気になった》 《三上博史と香川照之はやはり演技うまい。 福山の演技がショボく感じた》 《三上&香川両氏の存在感が無駄になった感じ》 《福山さんの「顔芸」への取り組みが一生懸命過ぎて、見ている方が恥ずかしくなった》 果たしてこの演技は、誰の発案なのだろうか…。

次の

【大根役者】演技が下手な俳優&女優ランキングTOP45【2020最新版】

福山雅治 演技下手

1990年「追憶の雨の中」でシンガーソング・ライターとしてデビュー。 以降音楽活動の他、俳優、ラジオパーソナリティ・カメラマンなど幅広い分野で活躍。 また、2009年に発売されたSg「はつ恋」の着うた、着うたフルを合わせたダウンロード数が150万DLを超え2011年に発売された「家族になろうよ」も125万DL超える大ヒットを記録している。 2010年には、自身の音楽活動20年をまとめたBESTアルバム「THE BEST BANG!! 」をリリースし、80万枚を超えるセールスを記録。 アジア6カ国でも発売され、今なおロングセールスを続けている。 このシングルの発売を受けオリコンウィークリーシングルランキングに於いて7作連続、通算16作目の首位獲得となり、シンガーソングライター通算シングル首位獲得数歴代1位の記録を更新した。 2014年4月には、自身11枚目となるオリジナルフルアルバム「HUMAN」をリリース。 発売後、オリコンウィークリーアルバムチャートにて2週連続1位を獲得し、国内の男性ソロアーティスト歴代1位のシングル・アルバムの総売上記録を伸ばしている。 また、アルバム「HUMAN」収録楽曲の「暁」を全編中国語で歌唱した「暁 中国語Ver. 」を各国にて配信限定でリリース。 同楽曲は台湾ドラマ『『你照亮我星球(You Light Up My Star)』の主題歌に使用された。 デビュー以来ライヴ活動も精力的に行っている。 2011年には自身最大規模のアリーナツアーを開催。 全国19箇所、56公演のライヴツアーを敢行し、一連で60万人を超える動員を記録した。 また、2012年に横浜スタジアムにて16年ぶりに開催したファンクラブ限定イベントでは弾き語りライヴを披露し、3日間で約9万人のファンを熱狂させた。 更に最終日の大晦日公演では、第64回NHK紅白歌合戦と、100万人以上を動員した台湾のカウントダウンイベント「台北ニューイヤーズパーティー」の会場の3か所を結んで、 紅白歌合戦史上初の世界3元中継を行い、その模様は台湾・香港、中国全土に生中継された。 役者としては、2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬役を演じ、高視聴率も記録し社会現象となる。 2013年4月よりフジテレビ系月9ドラマ「ガリレオ」にて5年ぶりに湯川学役として主演を務め、連続高視聴率を記録した。 また、ドラマ「ガリレオ」は世界70カ国以上でも公開となり、世界的に認知されるドラマ作品となった。 更に、日本のみならず香港・台湾をはじめとするアジア各国にて上映が開始された映画ガリレオ「真夏の方程式」は、6月の全国公開以降、劇場動員数260万人を突破し、2013年上半期の邦画実写興行収入1位を獲得する大ヒット作品となった。 また、9月公開の是枝裕和監督作品、福山雅治主演映画「そして父になる」は、第66回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にて審査員賞を受賞し、その後も世界各国の映画祭にて数々の賞を獲得。 国内外ともに高い評価を得る大ヒット作品となった。 数多くのCM出演及び、CM楽曲の提供もしており、近年では「アルマゲドン」、「トランスフォーマー」シリーズなどを手がけたハリウッド映画監督のマイケル・ベイが監督を務めたアサヒスーパードライのCMに出演し話題となり、2013年には「レッドクリフ」シリーズ「ミッションインポッシブル2」などを手がけた同じくハリウッド映画監督のジョン・ウーが監督を務め話題となる。 更なる活躍に世界的に注目が集まっている。 代表作品 TBS『集団左遷!!

次の