ダウントン アビー。 ダウントン・アビー 本編 あらすじ

ダウントン・アビー

ダウントン アビー

解説 大邸宅に暮らす貴族・クローリー家と使用人たちの生活を描き、ゴールデングローブ賞やエミー賞に輝いたイギリスの人気ドラマを映画化。 2010年から2015年まで全6シーズン放送されたドラマ版の最終回から2年後のクローリー家が描かれる。 1927年、英国国王夫妻が訪れることとなったダウントン・アビーでは、グランサム伯爵家の長女メアリーが執事のカーソンを復帰させ、パレードや豪勢な晩餐会の準備を進めていた。 そんな中、先代伯爵夫人バイオレットの従妹で何十年も音信不通となっていたメアリー王妃の侍女モード・バッグショーとバイオレットの間にぼっ発した相続問題など、一族やメイドたちのスキャンダル、ロマンス、陰謀が次々と巻き起こる。 マギー・スミス、ヒュー・ボネビル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリーらドラマ版のキャストに加え、映画版で初登場となるモード役でイメルダ・スタウントンが出演。 ドラマ版に引き続き、オスカー受賞のジュリアン・フェローズが脚本、マイケル・エングラーが監督を務める。 2019年製作/122分/G/イギリス・アメリカ合作 原題:Downton Abbey 配給:東宝東和 スタッフ・キャスト TVシリーズを知らないまま映画版へ飛び込むのは無謀だが、一族と使用人の物語を一貫して見つめてきたファンにとって、本作はいつも通りの安定したクオリティと言える。 出番の少ないないキャラクターでさえ、その表情やセリフや仕草は決して「点」ではなく、これまで点描されてきたものの延長にある「線」。 おびただしい数を配した群像劇を卓越した手腕でさばくあり方は、過去のどの特別編よりも凛として冴え渡っている。 階級社会のイギリス。 変わりゆく時代を生きる伯爵一家と、使用人たち。 彼らは出入り口も違えば、階段を超えると住む世界も違う。 その立場をわきまえつつ、従者は貴族に敬意を払い、貴族は一族のみならず従者のことも気にかける・・・。 シリーズを通して描かれた光景に一つの国家が集約されている、という見方も可能だろう。 そして今回のラストには、ヴィスコンティの『山猫』のエッセンスが投入されているのではないか、とふと思った。 C 2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

相関図

ダウントン アビー

『ダウントン・アビー』シーズン5あらすじ 初の労働党からの首相が就任した1924年。 世の中が大きな変化を遂げる中、ダウントン・アビーも影響をうけることになりました。 マシューの死を乗り越え、トニー・ギリンガム卿からの求婚を受け入れる気持ちになってきているメアリー。 しかし、結婚する前にトニーと体の相性を確かめたくなってしまいます。 そこで、秘密裏に旅行を計画し、2人での時間をたっぷりと楽しむのでした。 スイスで極秘出産したイーディスは、娘をスイスに養子に出し1人帰国していました。 しかし、愛するグレッグソンとの子どもを忘れることができずに、誰にも言わずにイギリスへ連れ帰り、小作人ドリュー夫婦に育ててもらうことにします。 しかし、このイーディスの軽率ともいえる行動が、後に大きな問題を引き起こすことになってしまったのです。 そんな中、クローリー家の一員として暮らしていたトムでしたが、自分の新しい居場所を求めてアメリカへの移住を決意するのでした。 中でもメアリーはもちろんのこと、大人女子イザベルとバイオレットの甘酸っぱい恋の話が印象的でした。 イザベルは、マートン卿から求婚され、悩んだ末に一緒になることを決めました。 しかし、マートン卿の息子からの猛反対によって彼との関係をあきらめることにします。 結婚は本人同士の意志だけでなく、家族を巻き込んでの問題となるのは年齢は関係なくおこることなのですね。 息子に負けずに、マートン卿にはあきらめず頑張ってもらいたいです! 一方、バイオレットは、ひょんなことから昔の恋人クラーギン公爵と再会することになりました。 実ははるか昔、既婚者だったバイオレットはクラーギン公爵と恋仲になり駆け落ちしようとしていた過去が……。 今でもお互いを思いやる心が残っていたのですが、行方不明だったクラーギン公爵の妻が見つかり、自分の気持ちを封印して妻の元へと返す大人対応をみせたバイオレットでした。 ローズの結婚話も素敵なエピソードでしたが、シーズン1からずっとダウントンを支えてきた カーソンさんとヒューズさんがゴールインすることに! 引退後の事を考えるようになったカーソンさんは、ヒューズさんとお互いの貯金を出し合って家を購入し、そこでホテルを経営しようと話を持ち掛けました。 素敵な話に心躍らせるヒューズさんでしたが、実はヒューズさんには施設に入っている妹がいて、彼女の面倒を見るために収入の大半を使っていて貯金がまったくないことを打ち明けます。 使用人たちの母親のような立場で、みんなを優しく見守ってくれていたヒューズさんにそんな苦労があったとは驚きです。 しかし、そこで男を見せるカーソンさん。 最終エピソードでヒューズさんにプロポーズしました。 ヒューズさんもその言葉を待っていたようですんなりOKの返事をだします。 お互いずっと惹かれあっていたようで素敵なハッピーエンドとなりました。 いつまでたっても不幸なイーディス 3姉妹の中で 1番幸薄めなイーディス。 ようやく出会った運命の相手グレッグソンは行方不明。 さらに、結婚前に彼の子供を身ごもってしまい、悩んだ末に叔母に助けてもらいながらスイスで極秘出産します。 マリーゴールドと名付けた娘を養子に出したものの、愛する人の 忘れ形見であるマリーゴールドを忘れることができません。 結局、叔母にも内緒でイギリスへ連れて帰ってきてしまいました。 しかし、ダウントン・アビーに一緒に住むことはできないので、敷地内に住む小作人ドリュー夫妻に知り合いの子どもと偽って育ててもらうことにしました。 いきなり知り合いの子を養子にしてくれと頼むなんて違和感しかありませんが、やはりドリューもそのことは最初から気づいていたようです。 度々様子を見に来るイーディスの事を、ドリューの妻は快く思っていませんでした。 妻とイーディスの間に立つドリューもついに限界に達し、イーディスは出入り禁止となってしまうことに……。 そんな辛い時期に、グレッグソン死亡が明らかになります。 二重の悲しみを抱えたイーディスは、マリーゴールドを連れてロンドンへ逃亡してしまいます。 ドリュー夫妻に対して、迷惑をかけるだけかけたイーディス。 本当の娘のように可愛がって育てていたドリューの奥さんが少し可愛そうでした。 最後はロバート達も事実を知ることとなり、ダウントン・アビーで一緒に暮らせることとなったのですが、 犬猿の仲のメアリーがこの事実に気づいたときどうなるのか……。 Watch out! イーディス! 『ダウントン・アビー』シーズン5の感想 シーズン5では、 たくさんのロマンスが生まれました。 中には、ロバートが不倫に走りかけたり……と、ドキドキなストーリーもありましたが、概ね多くがハッピーエンドとなっています。 しかし、ロバートとコーラの孫たちは気づけばみんな片親になってしまいました。 次のシーズンがいよいよファイナルです。 メアリー、イーディス、トムが良きパートナーに出会えることを願います。 そして、癒しキャラだったロバートの愛犬アイシスが死んでしまいました。 ストーリーを進める中で、アイシスの降板が必要だったのでしょうか?謎です。 前シーズンまでに、トーマスがアイシスを森の小屋に閉じ込めて隠したシーンがありました。 そのシーン以来、活躍したシーンは特に思い出されませんが、シーズン6で姿が見れなくなるかと思うと少し寂しいです。 アンナとベイツもグリーンの不審死について散々振り回されましたが、最後は2人とも無罪放免。 幸せな道へと今度こそ進んで行ってほしいです。

次の

キャスト&スタッフ

ダウントン アビー

スコットランドの山岳地帯ハイランドの南西に位置する、氷河で削られた入り江を望む静かな街「インヴァレリー」。 そこに美しいガーデンを持つ美しい城があります。 この城は、スコットランドの名家:キャンベル一族の居城であり、キャンベル家は、スコットランドの歴史上において悲劇「グレンコーの大虐殺」で有名。 (どちらかといえば悪役でしょうね・・・。 ) 現在も代々続く、13代目アーガイル家侯爵と、イギリスのチョコレート会社「キャドバリー」のご令嬢のご夫妻が住んでおられます。 ここは、ダウントンアビーでは、シーズン3のクリスマススペシャルにおいて、フリントシャー侯爵マクレア家代々の居城「ダンイーグル城」として使われました。 このツアーを体験したお客様の声 渡英時は大変お世話になりました。 10連休の後、仕事が山積みでバタバタしておりすっかり御礼が遅くなり申し訳ありませんでした。 あれから二十日しか経過していませんが、妻共々すっかり英国が気に入り、来年もまたそちらに行きたいなどど話しております。 ロンドン市内は勿論ですが、連れて行って頂いた英国の田舎の風景、変わりやすい気候、なんだかとても心地良く感じられ(新潟の冬から春に似ている?)、今までに訪れたニューヨーク、パリ、ローマ、シチリアも素晴しかったのですが、何故かすっと土地の雰囲気、空気感が肌に馴染む不思議な経験でした。 これも、気取らない棟方様のガイドがそうさせてくださったのでは、と二人で納得しております。 ダウントンアビーのロケ地である、8代目カナーヴォン伯爵家である、ハイクレア城の貸し切り見学ツアーがあるというので参加してきました。 RSVPという、イギリス情報専門雑誌の10周年記念イベントだったそうで、ただでさえ公開日が少なく、切符を手に入れるのが難しいといわれる、ダウントンアビーのロケ地、ハイクレア城を貸し切ってのガイド付き見学ツアー、その後に場内に設置されたマーキーにてのランチパーティー、カナーヴォン伯爵夫人のトークイベントと、普通では考えられない豪華なツアーでした。 館内は一切撮影禁止とのことで、館の中の写真が撮れないのが残念でしたが、撮影に使われた入口のフォイエーやダイニングルームは意外と小さく、こじんまりとした印象でした。 しかし、1階は撮影に使われているフォイエーや、ダイニングルーム、ライブラリーのほかにも何部屋も撮影に使われていない部屋があり、階上のベッドルームもドラマの印象よりももっともっとたくさん部屋があります。 完全プライベートでダウントンアビーのロケ地めぐりをガイドしていただきました。 観光の前日は、ガイドのゆきさん宅に宿泊させていただきました。 1フロアー、自由に利用させていただきプライベート空間を堪能できる快適なお部屋でした。 ピンク調でラブリーなお部屋はテンションが上がり女性向けです。 ドラマのいくつかのシーンを印刷、持参してその撮影場所へ行きたいと伝えると、ドライバーさんへ的確に指示、そして、丁寧に案内をしてくださいました。 そのドライバーさんは香港人の方で、時間に正確、安全運転で安心できる方でした。 5時間の間に、希望したロケ地を回わり、素敵なマナーハウスでのクリームティーをアレンジしていただきました。 このような気遣いは日本人らしさがあり、満足度が高くなります。 土地勘がある方に案内してもらう事で、安全に効率よく回る事ができ充実した旅となりました。 ダウントンアビーのロケ地である、ハイクレア城のお話をしてくださったので、リピート予定です。 大変お世話になり、ありがとうございました。 前回、全英リコー女子オープンゴルフに連れて行って頂きましたが、今回も同様、ゼロからこちらの要望に応えて頂けるだけでなく、お任せ、頼りっきりでも柔軟に対応して頂き、今回のダウントンアビーを巡るツアーでは、予約が至難の技と聞いていたハイクレア城もスムーズに入城し、タイミング良くゆっくり見学することが出来ました。 一人では見逃してしまったに違いないポイントも色々教えて頂き、とても有難かったです。 でも一番感動したのはランチ。 本来のダウントンアビー ロケ地巡りの趣旨からはずれてる?ごめんなさい 景色を楽しみながら、 彩りやバランスなどの盛り付けを目から楽しんだ後、 久々に美味しいお料理を堪能しました。 全く知らなかったので得した気分です。 何から何まですっかりお世話になりありがとうございました。 機会がありましたらまたどうぞ宜しくお願いします。

次の