拝受 意味。 「拝受 vs. 拝見」の意味と違い・使い分け

拝受を荷物や郵便物の受け取りに用いるのは適切?

拝受 意味

「拝受」は敬語の文章で使用する場合が多いです。 謙譲語である「拝受」は無理に使う必要はありませんが、社会生活を円滑に進めるには時には上の立場の人がへりくだることも大切であり、相手からの好意に対する「拝受」の言葉がどれだけ重要なのか判断できます。 ではこの「拝受」ですが、どのように使うといいのでしょうか。 いたしました 例文は「お礼の品について、確かに拝受いたしました」となります。 「拝受」という言葉が敬語であるので文章全体を敬語表記にする必要があるため、このような使い方が適切です。 「拝受」というのはほとんどが物品が該当しているため、この「いたしました」という言葉と一緒に使用する頻度は多くなっているでしょう。 しかも「拝受」は物品などを受けてから相手に対して述べるため、このような過去形の言い方をするのが通常となっています。 例文は「あなたからの貴信をありがたく拝受します」となります。 「貴信」というのは相手からの通信を敬う言葉であり、敬語というのはその文章を全て同じ表記にしなければいけないので「拝受」を用います。 通信方法はいろいろあり時代によって変遷を続けますが、どの時代であっても相手からの温かな気持ちは嬉しいものであり、そこには立場の違いは関係なくなってくるでしょう。 「貴信」という表現方法を用いずに一般的な表記をしていれば「拝受」という言葉を使わないこともあるため、謙譲語というのは本人の考え次第であることがよくわかります。 感謝状 例文は「今回の感謝状について、ありがたく拝受いたします」となります。 感謝状というのは当人の功績に対して第三者が評価を下したものですが、その相手が本人よりも立場的に低い場合に使われています。 「拝受」が謙譲語であるので感謝状を贈る相手の立場が上であれば別の言葉を用いなければならず、敬語というのはその状況に応じて使い分けなければいけないために難しいと感じてしまうのでしょう。 感謝状というのは常に自分よりも立場の上の相手が送るとは限らないため、その敬語表記は慎重に行う必要があります。 「拝受」の類語 「受領」とは金品や物品を相手から受け取ることを意味します。 その特徴というと「拝受」の類語ではあっても敬語ではないので、同じように使うには文の締めくくりなどを敬語の表現にする必要があります。 「受領」という言葉はビジネスではよく使われますが一般的には「受け取る」という言葉を用いることが多くなっていますが、「受け取る」は表現が軽いために敬語で使うには適していません。 ただし「受領」は表現方法が固くなり過ぎる傾向があるため、敬語にして使う場合にはよく考えて行うようにして下さい。 査収 「査収」というのは金品や物品などを精査してから受け取ることです。 意味的には「受領」と同じですが、よく調べてから受け取るというところが大きく違っています。 「査収」は日常生活で使うことはほとんど無く仕事を行う上で使う言葉であるため、仕事で金品などを受け取るには慎重に行わなければいけないので「査収」の方をよく使うと言えるでしょう。 ビジネスで多く使われる言葉はどうしても固くなる傾向が強いため、日常会話で使うのは避けた方が適しています。 頂戴 「頂戴」とは相手から物品などを受け取ることを丁寧に表現した言葉です。 ただし日常的に使われている言葉でもあるため敬語ではなく、敬語にするには「頂戴いたします」といった使い方をします。 「頂戴」は本来は目上の者から立場の低い者が好意を受け取る際に使われていた言葉ですが、現在はあまり立場は関係なく用いられているのが通常です。 言葉というのは時代と共にその使い方が変化していて、この「頂戴」も元の使い方から変化した言葉と言えるでしょう。 授受 「授受」とは相手からの物品などの贈り物に対し、敬意を払いながら受けるということです。 漢字の意味からも「授かり受ける」となるので、その意味がよくわかるでしょう。 「授かる」というのは「もらう」の尊敬語であり「拝受」とはその使い方で異なる部分がありますが、この立場的なところは言葉を発信する本人の主観によるため、違っていても「拝受」の類語ではないとは言い切れません。 「拝受」の反対語・対義語 言葉は常に同じ条件で使うわけではなく、その正反対の場面でも必要になるでしょう。 その場合に役立つのは反対語などであり、ビジネスのようなあらゆる状況が考えられる場合には覚えていると役に立ちます。 「拝受」はビジネスでは割りと使う言葉であるので、その反対語も使う頻度が少なくないと言えるのは間違いありません。 ではこの「拝受」の反対語や対義語には、どのような言葉が存在しているのでしょうか。 拝辞 「拝辞」とは相手からの好意に対して、敬意を払いながらも受け取らないことを言います。 これはその好意を不要と考えての行動ではなく、相手の迷惑になることを避けたいという気持ちがあるからです。 本来であれば相手側も喜んで欲しいという考えから好意をするものなので素直に受け取ってもいいのですが、そこは人間社会で共に相手を気遣う精神から断る場合もあるということでしょう。 何でも素直に受け取っていては慎みがないとも捉えられてしまい、ここが日本人の奥ゆかしさでもあります。 遠慮 「遠慮」とは相手からの好意に対し、感謝の気持ちを表現しながら受け取らないことです。 これは「拝受」とよく似た意味の言葉であり、日常的に使用される言葉に置き換えたものと言ってもいいでしょう。 「遠慮」というのはビジネスの中だけでなく一般的な生活でもよく見られる光景であり、相手からしても「遠慮」されたからといって嫌悪感を持つようなことはありません。 これは人間同士の相手を気遣うという気持ちから出て来るものであり、いろいろな人と接する経験を積んでいくことで「遠慮」する機会は自然に増えていきます。 謙遜 「謙遜」とは相手の好意を自分は受けるべき存在ではないと謙って拒否することです。 ただし、立場が相手よりも上の人でも「謙遜」することはあり、必ず地位の低い人が行うものでもありません。 「謙遜」と「遠慮」はほとんど同じ意味ですが、「謙遜」という表現方法はかしこまっていて固い印象を相手が受けてしまうため、一般的な場合では「遠慮」の方をよく使います。 また「謙遜」というのは自分で言うことはあまりなく、相手方や第三者がその人の行動を見て表現する際に用いる言葉になっています。 保留 「保留」とは相手からの申し入れに対して、受けるかどうか判断を後回しにすることです。 「保留」というのは相手に対してだけ行われるものではなく、自分自身が対象になる場合でも行われます。 「保留」というのは拒否とは違っていて、判断を先延ばしにしたことで結果的に断ったとしても相手に配慮したことになります。 「保留」というのはそれまでの経緯や相手の態度からある程度の推測は立てられるため、即座に断るよりも対応は優しくなります。 慎む 「慎む」とは相手からの好意を感謝していても、敢えて受け取らないことを言います。 このような気持ちだけを受け取って物品などは遠慮するというのは、日本人の優しさとして知られていることです。 「拝受」のように相手の好意を素直に受け取るのも礼儀なら、気持ちだけで十分で物品などは必要ないという考え方も正しい選択と言えます。 「慎む」というのは現代では忘れがちな部分でもありますが、廃れてはいないので日本の良き伝統として残していくべきです。 笑納 「笑納」とは自分が価値が低いと認識している物品などを、笑顔で相手に渡すことです。 「拝受」が敬意を払いながら相手からの物品などを受け取ることなので、完全な反対語と言っても間違いありません。 ある程度の知っている関係のある相手に対して、それほど気を使わなくてもいい場面で贈り物を行う場合には「笑納」ですることが多くなっています。 そのため「笑納」を行う際には「つまらないものですが」という常套文句を発してから行うことが多く、日常的な作法として定着しています。 「拝受」の読み方.

次の

「拝受」「拝受いたしました」の正しい意味と使い方 【例文付き】

拝受 意味

スポンサーリンク ビジネスに限らず、荷物や郵便物などを受け取りで先方に対し「拝受いたしました」などと伝える機会があります。 もともとは謙譲語である拝受という言葉を荷物や郵便物の受け取りに際して使用するのは果たして適切なのでしょうか。 ビジネスシーンでも役立つ敬語表現の適切な使い方について詳しくまとめました。 結論を言うと適切です!使用範囲の広い拝受の意味 答えを先に言ってしまうと、拝受は人に対してだけでなく、荷物や郵便物の受け取りに使っても適切な表現となります。 適切な使い方としては、「先日、荷物や郵便物の受け取りました」という意味で「荷物や郵便物を拝受いたしました」などと使うのが一般的であるとされています。 拝受は基本的に、相手からの行為に対して用いるのが適切であり、荷物や郵便物などの無機物の受け取りにたいして使っても不適切にはなりません。 ただ、先方に対して「荷物や郵便物をお送りするので拝受してください」などと伝えるのが敬語表現として不適切になってしまいますので充分に注意しましょう。 スポンサーリンク 拝受以外に間違えやすい敬語表現 新入社員は敬語の適切な使い方をよく理解していないようで、知らないうちに上司に対して不適切な用法で敬語を使用します。 部下としても、敬語を正しく使用する方法を暗記するよりも、間違いを覚悟でどんどん敬語を使用することがより重要であり、上司のほうも部下の誤った敬語表現にはできるかぎり寛容であるべきです。 また、荷物や郵便物の受け取りでは、ただちに先方に対してお礼の電話やメールを差し上げるのが一つのマナーとなっています。 その際にはまず、荷物や郵便物への御礼を簡潔に伝え、そのうえで受け取りの際の状況などを確認することが肝要です。 なお、先方に対しての御礼とともに上司へ荷物や郵便物の内容と受け取り状況を報告することもビジネスの基本ですので、社会人としては「御礼と報告」がすみやかに行えるようにトレーニングを積んでいく必要があります。 送付物の受け取りに際して、先方に対して「拝受いたしました」と伝えるのは適切な敬語表現です。 もちろん、荷物や郵便物に対しての御礼も重要で、それだけでなく上司に対して荷物や郵便物の受け取り状況について過不足なく報告することも重要で、社会人としてはまず最初におさえておくべき初歩的なマナーであるとされていますので、知らず知らずのうちに失礼にならないようにしっかりと基本をおさえておきましょう。 スポンサーリンク.

次の

「拝受」の意味とは?メールでの使い方や類語「受領」との違いも

拝受 意味

「見る」に「拝」をくっつけた敬語(謙譲語)であるため、ニュアンスとしてはもっと丁寧で「 つつしんで見る」の意味となります。 「見る」よりもかしこまった感じの敬語とお考えください。 したがって使い方としては… メールや資料などを上司なり目上・取引先から「受け取りました!」とするときには「 拝受しました/拝受いたしました」というように「拝受」をつかいます。 いっぽうで。 ホームページやテレビを「見ました!」とするときには「 拝見しました/拝見いたしました」というように「拝見」をつかいます。 なお使い分けは… 「受け取ること=拝受」と「見ること=拝見」のどっちが日本語としてふさわしいのかをまず考えましょう。 そうすれば自ずと答えにたどり着けるでしょう(くわしくは本文にて)。 ざっくりとした解説はこれにて終了。 ここからはより詳しく「 拝受」「 拝見」それぞれの意味と違い、使い分け、正しい使い方についてビジネスメールの例文つきで解説していきます。 意味の違い 拝受 はいじゅ ・受け取ることをへりくだっていう語。 ・つまり「受け取ること」の意味の謙譲語であり 「つつしんで受け取ること」のようなニュアンスとなる。 ・送り主を立てるためにつかう 拝見 はいけん ・見ることをへりくだっていう語。 ・つまり「見ること」の謙譲語であり 「つつしんで見ること」のようなニュアンスとなる。 たとえばお客さんの前で自社のホームページを「拝見しました」とするのは間違い。 お客さんではなく自社の誰かを立ててしまうことになります。 ・メール拝受いたしました。 ・商品を拝受いたしました。 ・カタログを拝受いたしました。 ・代金を拝受いたしました。 拝見 はいけん ・見る対象の制作者を立てる ためにつかう。 ・目の前にいる相手を立てる 訳ではない。 ・資料を拝見しました。 ・ホームページを拝見しました。 ・メールを拝見いたしました。 ・テレビで拝見いたしました。 ・今朝の新聞で拝見しました。 「~しました」とするよりも丁寧です。 「メールは 拝受しましたか?」「 拝見しましたか?」のような使い方は間違い敬語ですのでご注意を。 こんなときには。 「メールはお受け取りになりましたか?/お読みになりましたか?」というような敬語をつかうのが正解です。 「拝受」「拝見」の使い分けがややこしく感じるのは… たとえばメールや資料は「見た=拝見した」のか「受け取った=拝受した」のかどっち!? のようなどっちつかずのケースが多々あるからです。 この問いに対する結論としては「ビジネスシーンによる」ということになります。 メールのときは「拝受」で資料のときは「拝見」をつかう、というような使い分けをするのではなく。 状況におうじてふさわしい語を選択します。 以降でケーススタディー的にビジネスシーンごとにふわさしい使い分け方を紹介します。 返信メールの書き出しに「メール拝受or拝見しました」はどっちが正しい? 「拝受」「拝見」の使い分け方。 まずは上司なり目上・取引先からのメールに返信するとき。 例文「 メールを 拝受しました」• 意味はそれぞれ「メールを受け取りました」「メールを見ました」であり「拝受・拝見」はメールの送り主である上司なり目上・取引先を立てるためにつかっています。 メールは受け取るものなのか、見るものなのかを考えたとき。 どちらも適用できますよね!? そんなわけでどちらを使っても日本語としては正しい、ということになります。 こんなビジネスシーンでは「拝受=受け取ること」をつかうことのほうが圧倒的に多いです。 理由はよくわかりません、すみません…おっさん営業マンの長年の経験としか言いようがなく年寄りのたわ言だとおもって無視していただいても構いません。 なお返信メールではたとえば。 【例文】メール拝受しました(拝見しました)。 早々にお返事いただき誠にありがとうございます。 【例文】資料を拝受いたしました(拝見いたしました)。 早速ご対応いただきありがとうございます。 というように「 拝受(拝見)+相手がしてくれた事にたいするお礼」とすると丁寧です。 これらはビジネスメール返信の書き出しにつかえるフレーズですね。 あるいは。 【それなりに丁寧】まずは拝受のご連絡まで。 【それなりに丁寧】まずは拝受のお礼まで。 【かなり丁寧】まずは拝受しましたことをご報告申し上げます。 【かなり丁寧】まずは拝受のお礼までにご連絡(お返事)申し上げます。 【かなり丁寧】略儀ながら、まずは拝受しましたことをご連絡(ご報告)申し上げます。 というようにビジネスメールの結びにつかっても丁寧。 こうすると「 まず手始めに受け取ったことの連絡(報告・お礼など)をしますよ!」という意味になります。 受け取ったことを報告・連絡する返信メールでつかう敬語フレーズであり、上司なり目上につかってもまぁそれなりには丁寧です。 こんなシーンで「メールなり資料を見ましたよ!」という意味で「 拝見しました/拝見いたしました」をつかってもまぁ違和感はないのですが…あまり見たことがありません。 「資料を拝受or拝見しました」はどっちが正しい? 「拝受」「拝見」の使い分け方。 つづいて上司なり目上・取引先から資料(見積書やプレゼン、会議資料など)を受け取ったあとメール返信するとき。 例文「 資料を 拝受しました」• 意味はそれぞれ「受け取ったよ!」あるいは「見たよ!」であり「拝受・拝見」は資料の送り主である上司なり目上・取引先を立てるためにつかっています。 資料は受け取るものなのか、見るものなのかを考えたとき。 どちらも適用できますよね!? そんなわけでどちらを使っても日本語としては正しい、ということになります。 こんなビジネスシーンでは「拝受=受け取ること」をつかうことのほうが圧倒的に多いです。 こちらも理由はよくわかりません…おっさん営業マンの長年の経験としか言いようがなく年寄りのたわ言だとおもって無視していただいても構いません。 なお返信メールではたとえば。 【例文】メール拝受しました(拝見しました)。 早々にお返事いただき誠にありがとうございます。 【例文】資料を拝受いたしました(拝見いたしました)。 早速ご対応いただきありがとうございます。 というように「 拝受(拝見)+相手がしてくれた事にたいするお礼」とすると丁寧です。 これらはビジネスメール返信の書き出しにつかえるフレーズですね。 あるいは。 【それなりに丁寧】まずは拝受のご連絡まで。 【それなりに丁寧】まずは拝受のお礼まで。 【かなり丁寧】まずは拝受しましたことをご報告申し上げます。 【かなり丁寧】まずは拝受のお礼までにご連絡(お返事)申し上げます。 【かなり丁寧】略儀ながら、まずは拝受しましたことをご連絡(ご報告)申し上げます。 というようにビジネスメールの結びにつかっても丁寧。 こうすると「 まず手始めに受け取ったことの連絡(報告・お礼など)をしますよ!」という意味になります。 受け取ったことを報告・連絡する返信メールでつかう敬語フレーズであり、上司なり目上につかってもまぁそれなりには丁寧です。 こんなシーンで「メールなり資料を見ましたよ!」という意味で「 拝見しました/拝見いたしました」をつかってもまぁ違和感はないのですが…あまり見たことがありません。 メールの途中で「資料を拝見or拝受しましたところ、いくつか修正をお願いしたい箇所が見つかりました」はどっち? 「拝受」「拝見」の使い分け方。 たとえば取引先にお願いした資料(見積書や契約書をふくむ)をメールで読んだあと。 何かしら修正が必要になったとき。 例文「資料を 拝受しましたところ、いくつか修正をお願いしたい箇所が見つかりました」• 例文「資料を 拝見しましたところ、いくつか修正をお願いしたい箇所が見つかりました」 とした場合はどうでしょうか? 結論としてここでは「拝見=見ること」をつかうほうが違和感のない日本語と言えます。 それぞれの意味を考えると理由は明白です。 意味「資料を受け取ったところ、いくつか修正してほしい箇所が見つかった」• 意味「資料を見たところ、いくつか修正してほしい箇所が見つかった」 日本語としてシックリくるのは「資料を見たところ」であるハズ。 したがって「 拝見」をつかうのが妥当ということになります。 ここで「資料を受け取ったところ、いくつか修正してほしい箇所が見つかりました」では、なんとな~く日本語として成り立たないですよね。 資料を見たあとに何かしら修正点を見つけたわけであって、資料を受け取っただけではわからないハズですので。 資料は拝見するもの?拝受するもの? ところで資料は受け取る(拝受する)ものなのか、見る(拝見する)ものなのかを考えたとき。 どちらも日本語としては正しい使い方ですよね!? そんなわけでビジネスシーンに応じて「 拝見=見ること」と「 拝受=受け取ること」とを使い分けする必要があります。 といっても深く考える必要はなく。 資料を見たことを報告するのであれば「 拝見」あるいは「拝読」• 資料を受け取ったことを報告するのであれば「 拝受」• どちらを使うべきか迷ったら…「 拝受」で問題なし というように使い分けすればOK。 まぁ実際のビジネスシーンではこんな風に厳密に使い分けする必要はまったくありません。 日本語としてなんとな~く違和感がなければOKです。 ビジネスパーソンは何かと忙しく、誰もそんな細かいところまで気にしている余裕などないのですよね。 敬語はまず、もとの意味に直して考えてみよう! こうして例をあげていくとキリがないためまとめます。 「拝受」「拝見」にかぎらず敬語の使い分けでつまずいた場合。 敬語をつかう前のもとの意味にもどって考えるとたいてい上手くいきます。 たとえば「拝受」「拝見」の使い分けについて悩んだとき。 こういうときには「受け取ること」と「見ること」のどっちが日本語としてふさわしいのか?をまず考えましょう。 そうすると日本語ネイティレベルの皆さまでしょうから自ずと答えはでてきます。 どちらも使えそうであればどちらを使っても差し支えありません。 敬語ってわからない英単語みたいに意味不明だから悩ましいのですが、いったん意味がわかるとドンドン応用できるようになります。 わからない敬語がでてきたらその都度、意味をチェックすることをオススメします。 参考記事 タイトルに対する結論は以上。 あとは以下の記事にて「拝受」「拝見」の正しい使い方を、ビジネスメール例文とともに解説しています。 よろしければご参考にどうぞ。

次の