収束 する 意味。 収束の意味と例文 「終息」との違い 例文と英語表現を解説

「収束」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

収束 する 意味

公開日: 2018. 01 更新日: 2018. 01 「収束」と「終息」の違いと使い分けとは?宣言するのはどっち? 「収束」という言葉をご存知でしょうか。 「事態が収束する」「争いが収束する」などと使います。 では、「収束」とは一体どういう意味なのでしょうか。 具体的な意味はよく分からないけれど、なんとなく使ってしまっているという人も多いかもしれません。 実は「収束」と間違えやすい言葉に「終息」があります。 どちらも「しゅうそく」と読みます。 同じ意味の感じがしますが、何か違いはあるのでしょうか。 言葉を正しく使うためには、しっかりと意味を理解する必要があります。 そこで今回は「収束」と「終息」の違いと使い分けについて解説していきます。 意味を正しく覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう! 「収束」の意味と使い方 読み方と漢字 「収束」は< しゅうそく>と読みます。 「集束」と書くこともできますが、 一般的には「収束」とすることが多いです。 「収」は音読みで「シュウ」、訓読みで「おさめる・おさまる」と読みます。 「収」は「取りまとめる。 まとまる」を意味します。 「束」は音読みで「ソク」、訓読みで「たば・つか・つかねる」と読みます。 「束」は「引き締めて一つにまとめる」を意味します。 一般的な意味と使い方 「収束」の意味は 「おさまりをつけること。 おさまりがつくこと」です。 分裂や混乱していたものが、まとまっておさまりがつくこと・おさまりをつけることを表します。 「収」は「取りまとめる。 まとまる」、「束」は「引き締めて一つにまとめる」を意味します。 「収束」には「多くの光線が一点に集まる」という意味も含まれます。 これは物理用語なので、日常的にはあまり使いません。 混乱していた状態が落ち着いてきたという場合に「収束」を使います。 「収束」は完全に終わるという場合ではなく、一定の状況に落ち着く、一旦まとまるという場合に用いるのが適します。 例えば、「事件が収束に向かう」「事故による一時の混乱は収束する」などと使います。 言い回しとしては、 ・収束する ・収束を図る ・収束に向かう ・収束をつける などとなります。 数学用語 数学においての「収束」は 「数列が、ある一つの有限確定の値にいくらでも近づくこと」です。 具体的には、 ・ある無限数列が、ある値にいくらでも近づくこと ・数列の項が、ある値に限りなく近づくこと ・級数の途中までの和が、ある値にいくらでも近い値をとること を表します。 収束しない場合は「発散する」と言います。 類語 収斂(しゅうれん) (意味:一つにまとまること。 まとめること) 「こんがらがっていた感情が一点に収斂する」 輻輳(ふくそう) (意味:方々から集まること。 ものが一箇所に混み合うこと) 「種々の交通機関が輻輳する」 交わり (意味:交わること。 付き合い) 「一切の交わりを絶つ」 重複 (意味:同じ物事が幾度も重なること) 「話が重複してしまう」 沈静 (意味:落ち着いて静かなこと) 「事態が沈静する」 収拾 (意味:混乱した状態などを、取りまとめること) 「収拾がつかない」 正常化 (意味:あるべき状態にすること) 「国交を正常化する」 平常化 (意味:常日頃のようにする) 「事態を平常化する」 鎮火(ちんか) (意味:火事の消えて鎮まること) 「鎮火して静かになる」 「終息」の意味と使い方 読み方と漢字 「終息」は< しゅうそく>と読みます。 「終 熄」と書くこともできますが、一般的には「終息」と書きます。 「終」は音読みで「シュウ」、訓読みで「おわる・おえる」と読みます。 「終」は「おわる。 おえる。 おわり」を意味します。 「息」は音読みで「ソク」、訓読みで「いき・やすむ・いこう」と読みます。 「息」は「やむ。 しずめる」を意味します。 意味と使い方 「終息」の意味は 「事が終わって、おさまること」です。 物事がすっかり終わること・事態が完全に集結することを表します。 完全に物事が終わるという場合に「終息」を使います。 世界的に重大な戦争が終わった時や、一つの時代が終わった時などは「終息」が適します。 例えば、「戦争が終息を迎える」「インフレが終息する」などと言います。 「終息」=「息が終わる」=「エンド」と覚えておきましょう。 言い回しとしては、 ・終息する ・終息を迎える ・終息に向かう などとなります。 類語 終わる (意味:物事や動作が最後の段階まで行きついて,それ以上続かなくさま) 「やっと片付けが終わる」 ストップ (意味:止まること) 「雷で電車がストップしてしまった」 完結 (意味:しめくくりがついて、すべて終わること) 「楽しみにしていた連載漫画が完結した」 済む (意味:物事が終わる。 終了する) 「課題がいつもより早く済んだ」 終結 (意味:物事のおさまりがつくこと) 「AさんBさんとの争いはやっと終結した」 止まる (意味:動いていた人物などが動かなくなる) 「前の人が急に止まったのでびっくりした」 終止 (意味:終わりにすること) 「長期に渡った関係に終止符を打つ」 完了 (意味:全てが終わること) 「準備が完了したので始めることにする」 終了 (意味:物事が終わりになること。 終わりにすること) 「そろそろ業務を終了する」 例文 例文 ・ファミコンブームが終息した今、携帯式ゲームが人気となっている。 ・注射を呼びかけた効果があり、蔓延していた感染病が終息した。 ・地震による困難や事故については、なかなか終息しない。 ・長い期間に渡って起きていた暴動は終息を迎えた。 ・生産終息品については、最終セールを実施する予定だ。 ・全土に流行したものの、来週にはインフルエンザの終息宣言ができるだろう。 ・麻疹が注目を浴びているが、いつ終息するかについては気になるところだ。 ・新しい理事長が就任したことから、事件は終息に向かうことになった。

次の

収束(数学)(しゅうそく)とは

収束 する 意味

「収束」は日本語だけでなく、英語でも表現する事ができます。 「converge」という表現です。 「to converge」で「一つに収束する」ことを意味しています。 「converge」という言葉自体は「数学用語」で使われるが多く、「a convergent series」であれば「収束級数」と訳することができます。 他に「収束」を表す語としては、シーンによって様々です。 例文と上げてみると「This issues was setteld. 」であれば「この問題は収束した」または「That tie's up. 」であれば「それは収束する」と訳すことができます。 「収束」という言葉は先述「使い方」で紹介したシーン以外でもゲームのタイトルやアルバムタイトル、ライントレードのシーンなどの日常生活で使われていることでも知られています。 ゲームアプリでは「とある魔術の禁書目録 幻想収束」で知られ、タイトルの一部で「収束」が使われていますし、洋楽アルバムでもそのタイトルに「収束」が使われています。 また、ライン(線)つかったトレード、ライントレードでも「収束三角形」という専門用語が使われています。 「収束三角形」は「トライアングル」とも呼ばれ、株やFXなどの為替相場などのチャートでのパターンを意味しています。 このように「収束」はゲームから為替相場にいたるまで、様々シーンで使用されている言葉あることを理解する事ができます。

次の

収束(しゅうそく)とは

収束 する 意味

収斂ともいう。 数列,,などの収がある。 これを と書く。 数列の収束を拡張して,関数の収束を定義することができる。 ただし,最近では, x= a すなわち | x- a|=0 を含めて,条件の 0<| x- a| の部分を省く流儀もある。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 ある値に限りなく近づくことを表す用語。 以前は収斂 しゅうれん ともいった。 [竹之内脩] 数列の収束数列 a 1, a 2,……, a n,……において、添数の nが限りなく大きくなるとき、 a nの値がある値 Aに限りなく近づくならば、 a nは Aに収束するという。 Aをこの数列の極限値とよび、 と書く。 収束しない数列は発散するという。 数列の収束を論ずる際に基礎となるのは次の定理である。 1 単調増加。 有界な数列は、ある極限値に収束する。 2 数列が基本列ならば収束する。 基本列というのは、先のほうに行くにしたがってお互いどうしの差の絶対値がいくらでも小さくなるような数列のことである。 [竹之内脩] 関数値の収束一つの実変数の関数 f x を考える。 この関数が x= aの近くで定義されているとする( x= aでは定義されていてもいなくてもよい)。 ある一定の数 Aがあって、 aに収束し、かつ aと異なる数列 x 1, x 2,……を任意にとったとき、 となるならば、これを「 xが aに近づくとき、 f x は Aに収束する」といい、 で表し、 Aを、 xが aに近づくときの極限値という。 さらに x< aでありながら xが aに近づくときの極限値が定義される。 これを左側極限値といって、 あるいは f a-0 で表す。 同様に右側極限値 あるいは f a+0 が定められる。 以上は1変数の関数の場合であったが、同様のことは変数の数が多い場合(多変数関数)についてもいえるし、関数の値が高次元空間の点の場合(写像または変換)にも適用される。 [竹之内脩] 関数列の収束ある集合 Dの上で定義された関数の列 f 1 x , f 2 x ,……があるとき、 Dの任意の要素 xに対して、数列 f 1 x , f 2 x ,……がつねに収束するならば、その極限値を xに対応させて一つの関数 f x が得られる。 この関数を極限関数といい、このとき、関数列 f 1 x , f 2 x ,……は f x に収束(あるいは、詳しくは各点収束)するといって、 で表す。 関数列が各点収束するだけでは、極限関数の性質を十分に得ることができない。 関数列の収束の議論には、一様収束および平均収束の概念が重要である。 厳密には、収束を次のように定義して論じる。 数列 a 1, a 2,……がある数 Aに収束するための必要十分条件は、それが基本列であることである。 これは先に与えた定義と非常に異なるが、内容は同じことになる。 収束についてのこのような形の厳密な論理展開は、17世紀イギリスの数学者ウォリスが初めてだといわれている。 一般に用いられるようになったのは、19世紀中ごろからである。 日本の数学教育のなかでは、大学の数学で初めて登場する。 [竹之内脩].

次の