結婚式 お呼ばれ マナー ピアス。 お呼ばれゲスト必見!結婚式・披露宴当日の流れ&マナー

結婚式お呼ばれゲスト♪服装やご祝儀など知っておきたいマナー

結婚式 お呼ばれ マナー ピアス

結婚式に着けるアクセサリーにもマナーがあることをご存知ない方は意外と多くいらっしゃいますよね。 服装についてのマナーだけでなく、ファッションのアクセントでもあるアクセサリーにも注意をすべき点があるのです。 結婚式の服装についてはしっかりとマナーを守れているのにアクセサリーは無頓着というのだけは避けたいもの。 ただ、 服装ほど細かいルールがあるわけではないので、そこまで不安になる必要はありません。 新郎新婦や他のゲストが不愉快にならないように把握しておけば問題はないでしょう。 せっかくなので結婚式に合ったアクセサリーを着けて、オシャレも楽しみましょう。 そこで、今回は皆さんがあまり知らない結婚式のお呼ばれアクセサリーのマナーについてお伝えします。 新婦より目立たないように 主役は新婦であることが間違いない結婚式ではゲストの 目立ちすぎるアクセサリーはNGです。 あまりにも大きな髪飾りや新婦がドレスで付けるティアラ風のものなど、 新婦とかぶるようなアクセサリーも控えて下さい。 空気を読まずに着けていくと、親族や年配のゲストに厳しい目で見られてしまうことでしょう。 フォーマルな場ですから、 会場の雰囲気や自分の立場などでバランスを考えた装いが大切となります。 自分のせいで新郎新婦の評価を下げないように気を付けたいものです。 光物は時間帯に注意 昼間の結婚式に出席する際のアクセサリーに光物を選ぶのはマナー違反と言われています。 なぜなら、室内で写真を撮影するときにアクセサリーがフラッシュなどで反射してしまい、 周りの人の写真の写り具合に影響を与える可能性があるからです。 一生の思い出となる結婚式の写真で自分の着けているアクセサリーのことで迷惑をかけたくないものですね。 昼と夜では光の状態が変わりますので配慮が必要です。 このような理由なので、さり気なくクリスタルやゴールドやラインストーンを着けるのであれば問題はありません。 昼はNGの光物でも夜は華やかに見えるキラキラしたアクセサリーはOKです。 昼と夜ではマナーが変わるので覚えておきましょう。 白い色の小物 結婚式での白は新婦の色なのでアクセサリーも白いものは避けましょう。 ただし例外もあり、 白いパールでしたらフォーマルなどんな場所にも着けてOKな万能アクセサリーとなります。 冠婚葬祭で使えるので1つ持っておけば便利ですよ。 ただし、結婚式では 黒のドレスと合わせるとお葬式を連想させるのでやめておきましょう。 ちなみに高級感のある 黒パールは不祝儀のイメージがあるのでNGと言われています。 他のカラーパールは問題なく着けられますし、他にも 白に近いシルバーのものや天然石は着けてもOKです。 時計は外して行こう いつも身につけていてないと落ち着かない人も多い時計ですが、結婚式のアクセサリーとしてはNGです。 結婚式だけでなく、 フォーマルな場では時計は外すのがマナーです。 なぜなら、時計をしていると、 せっかくの結婚式なのに時間を気にしているという風に取られてしまうからなのです。 うっかり外し忘れてしまわないように気を付けて下さい。 何も着けないと手首がさみしいと感じる時は、 ブレスレットで代用しましょう。 ピンクゴールドのブレスレットであれば光過ぎるということもないですし、上品さもあるのでおススメです。 揺れるアクセサリー 結婚式に着けていくアクセサリーに 揺れるピアスやイヤリングはNGと言われています。 なぜなら、 揺れていることが「家庭が揺れる」「家庭が安定しない」という不吉な意味となり、着けてはいけないとされているからです。 大ぶりなものが揺れているのではなく、 小さい小粒のピアスやイヤリングが揺れているくらいなら許容範囲内でしょう。 今は大振りで揺れるものが流行っていますが、結婚式では着けるのは我慢して下さい。 NGな素材 結婚式のアクセサリーとしてNGなのは、 生き物を素材としたものです。 例えば ファー、革、アニマル柄などは殺生の印象があるので絶対に着けてはいけません。 どんな高級なアクセサリーだとしても、結婚式の雰囲気にはそぐわなとされています。 そして、 生花も華やか過ぎるのでゲストが身につけるのはNGです。 生花が素敵で身につけたくなる気持ちはわかるのですが、着けてよいのは新婦だけと決まっていますので、ゲストとして呼ばれたら選ばないようにしましょう。 いかがでしたか。 これで結婚式でゲストが着けて良いアクセサリーについてわかっていただけたことでしょう。 そこまで細かいマナーはないのですが、結婚式のようなお祝いの席にせっかくゲストとして呼んで頂いたのですから失礼のないようにしたいものです。 結婚式のアクセサリーの定番と言えば品のあるパールでしょう。 大人の女性であれば1つくらいは本物のパールを持っておきたいところです。 カラーパールも良いとされていますが、年配の方には良いイメージを持たれないことがあるので、 白いパールの方が無難でしょう。 大切な結婚式に出席するのですからアクセサリーもこだわりたいものです。 出かける前にしっかりとチェックをし、マナー違反に気を付けて下さい。 とびきりオシャレをして臨みたいですし、せっかく招待してくれた新郎新婦のために、素晴らしい結婚式になるように品格のある装いで出席しましょう。 まとめ 結婚式のアクセサリーマナーとは ・新婦とかぶるものはNG ・光物は昼NG,夜OK ・白いものは新婦の特権 ・フォーマルな場では時計は外す ・ピアス、イヤリングは揺れないもので ・生き物の素材は絶対NG.

次の

結婚式にイヤリングなしはみっともない!?お呼ばれゲストのマナー!

結婚式 お呼ばれ マナー ピアス

CONTENTS• お呼ばれ結婚式 アクセサリーのマナーレッスン 一般的な、結婚式でのアクセサリーマナーをご紹介します。 」です。 生花は花嫁の髪飾りによく使うもの。 花嫁だけの特権です。 ゲストはNGになりますので気を付けましょう。 「時計をしている」=「時間を気にしている」=「帰りたい」 を連想する事から、パーティーの席ではNGに。 時計の着用は控えましょう。 ゲストはNGになります。 さりげないラインストーンやラメ程度ならば問題ありません。 自分の婚約指輪 ダイヤモンド を着けるのもOKです。 実はこの、【光るアクセサリー】が何故いけないのか、理由は明確ではないんです。 撮影時に反射してしまい周りに迷惑、などという意見がありますが、それは夜も同じ事。 要は花嫁程ゴージャスにならず、上品ならOKという解釈でいいと思います。 主役の花嫁が付けている事もありますので、そこまで神経質になるものではないかと。 女性にとって「揺れ」はエレガントな優雅さが魅力です、夜の結婚式にはとても素敵に映えますよね。 ただ、NGだと思われている方がいるのも事実、年配の方が多く出席している場合や、格式の高い結婚式には避けた方がいいアイテムです。 この黒真珠、結婚式に着用していただいても全く問題はありません。 それどころか黒蝶真珠のように高価なものは、葬儀に着用するのはマナー違反なんですよ! ただ、こちらも一般的な印象も問題で、「あれ?」と思われる事が多いのも事実。 着用する場合は、念頭に置いて下さいね。 大きいものや派手に光る石やゴールドは避けましょう。 メノウ・珊瑚・翡翠 ヒスイ ・カメオなどの光を放たない石がおすすめです。 ダイヤモンドなどは小さいものでさりげなくがマナー。 照明に輝く宝石など、華やかなものがおすすめです。 水晶・ガーネット・アクアマリンなど光に反射するカラーストーンが装いをゴージャスアップしてくれます。 フェイクパールも最近では許容されるようになってきたので、選んでOK。 また、パールネックレスの複数連なったものは、「結婚が重なる」=「離婚を連想させる」ので避けるべきとも言われましたが、近年ではそれ程うるさくなく、「喜びが重なる」という意味で考え、結婚式にもOKとされています。 女性らしい華奢なブレスレットです。 アクセサリーの合わせ方レッスン アクセサリーってどれだけつけるのが正解?! 他のアイテムと、どう合わせればいいの?! 不安なあなたに、アクセサリーの合わせ方のコツを伝授しちゃいます。 ポイントを押さえれば、アクセサリーはドレスアップのお助けアイテムに。 1 地金の色は合わせましょう バッグ、ネックレス、ピアス・イヤリングの金具の種類を統一するだけで、まとまりが出てオシャレ感UP。 ちょっとしたことですが、結構重要なポイントになります。 2 アクセサリーは、足し算より引き算 候補のアクセサリーを全て身に付けて鏡の前に立ってみて。 「なーんか変!」に見えたら、どれか外してみましょう。 別のアクセサリーを外してみたり、もう一度付けてみたり、、、色々試してみて下さい。 例えば、存在感のあるネックレスに、大ぶりのピアス・イヤリングをしていたら、顔周りがごちゃごちゃしていたかもしれません。 ピアス・イヤリングを外したら、すっきりと見え、ネックレスの存在感がより引き立ちます。 逆に顔周りが寂しい、と感じたらならネックレスを外し、ピアス・イヤリングを付けなおしてみる。 こんな引き算が、ベストバランスを作る秘訣です。 3 2:1くらいのバランスで ピアス・イヤリングを大ぶりのものにしたら、ネックレスは華奢なポイント使いのものに。 髪飾りにボリュームがあるものを選んだら、その他のアクセサリーは小ぶりなものに。 メリハリがある方がオシャレに見えます。 バランスに迷ったら、2:1を意識してみて下さい。 ネックレスの選び方レッスン ネックレスは大ぶりな物から華奢な物までたくさん種類があって、悩んでしまいますよね。 ドレスのデザインやシルエットに合わせて選べば、迷いも少なくなるはず。 ドレスのイメージで選ぶ 迷ったら、キュート系はショート。 クール系はロング、と考えてOK! また、キュート系はゴールド、クール系はシルバー、を選べば間違いナシですよ。 キュートな印象のドレス ポップなビビットイエローが一際目をひくドレスなら、装飾品なくても華やか。 インパクトのある、少し辛めのビジュデザインが首元に施されているので、アクセサリーなしでも寂しく感じません。 袖付きなので一枚でカッコ良く着こなして頂けますよ。 本当にあったアクセサリーの失敗談… 結婚式ではこんなことに気を付けて! 結婚式のお呼ばれの際の失敗談。 服装や余興に関してはたまに聞くけど、アクセサリーに関しての失敗談ってあまり聞きませんよね。 経験したからこそ次回への反省点として改善していけるものです。 そんな結婚式にまつわる恐ろしい失敗談をご紹介します…。 ぜひ参考にして反面教師にしてくださいね。 経験その1 髪の毛が絡まって… ちょっとだけクリスタルの付いたパールのネックレス。 可愛いと思ったのでそれをつけて参列しました。 ロングヘアの私は、後ろでまとめてサイドにおろすヘアスタイルに。 それが祟り、おろした髪の毛がクリスタルの土台に引っ掛かり大変なことになってしまいました…。 その後は無理矢理髪の毛をちぎって、ネックレスは髪の毛だらけだし髪の毛はぶちぶちだし、散々でした。 しっかりと髪の毛を支えるためのヘアアクセサリーもあれば、飾りとして付けるだけのヘアアクセサリーもあります。 バレッタの場合は後ろについていると自分で見えないし、元に戻すにも一苦労ですね…。 美容院に行くからにはこの合言葉を忘れずに。 「1日中取れないようにしてください!」 マナーをおさえて華やかさを纏おう お呼ばれ結婚式のアクセサリー選び、普段と違って好きなものを付けて行けばいい、といかないところが悩ましいですよね。 でもアクセサリー使いひとつで、オシャレ度がぐんとUPするから、せっかくの機会には可愛いものを身につけたいもの。 マナーや選び方、周りの失敗談など踏まえた上で自分に似合う素敵なアクセサリーを選んで下さいね。

次の

結婚式のイヤリングは大ぶりでも大丈夫?【花嫁様もゲストも必見!マナーと現実のギャップを解説します】

結婚式 お呼ばれ マナー ピアス

結婚式のお呼ばれで、ジュエリーやアクセサリーはつけた方が良いの? 結婚式の装いに、ジュエリーやアクセサリーを身に着けない事はマナー違反でありませんが、華やかなお祝いの席ですので、華やかなドレスに、華やかな(華やかすぎない)ジュエリーやアクセサリーをお祝いをしてあげるといった気持ちも心掛けたいところではあります。 昼と夜でマナーが変わる? 昼間の結婚式と夜の結婚式での、マナーは異なりますのでご参考ください。 昼間の結婚式でのジュエリーやアクセサリーのマナー 一般的には、昼の結婚式や披露宴の時は、キラキラと輝く光物のジュエリーやアクセサリーはマナー違反といわれております。 理由としては、結婚式での写真撮影を行う際にジュエリーやアクセサリーの輝きが反射してしまい、反射した強い光が写真に写り込んでしまう可能性がある為です。 昼のお式では光物は控えて、パールのジュエリーや、ゴールドやシルバーの素材だけを使用した落ち着いたトーンの、ジュエリーやアクセサリーを使用するのが良いでしょう。 夜の結婚式でのジュエリーやアクセサリーのマナー 夜の結婚式や披露宴の席では、華やかで光り輝くジュエリーやアクセサリーもOKです。 ダイヤモンドやゴールド、クリスタル、ビジューのついた夜のパーティーに映えるジュエリーやアクセサリーをつけると場が華やかになります。 ただし、この場合でも、花嫁より目立ってしまわないよう、上品なジュエリーやアクセサリーを選びましょう。 どのようなジュエリーやアクセサリーがNGなのでしょうか? 結婚式や披露宴にお呼ばれした時の、ジュエリーやアクセサリーのマナーは、ドレス同様に花嫁より目立たないように、派手になりすぎないよう心がけることがマナーです。 下記で部位ごとにどのようなジュエリーやアクセサリーがNGなのか、解説をさせていただきます。 これは服装においても同様となりますのでご注意ください。 又、フォーマルな席なので、ヒモ製の物や、布製の物、普段使いのカジュアルなものはNGです。 「バロックパール」などの、形が不ぞろいの物もカジュアルなのでNGです。 昼間の式では、キラキラと輝く光物のジュエリーやアクセサリーを避けるのが良いとされています。 おススメの定番としては、パールのネックレスや、ゴールドやシルバーなどの地金だけのネックレスが一般的ですが、ダイヤモンドや宝石のついたネックレスもNGではないので、派手になりすぎない控え目のものであればあまり気にする必要はないでしょう。 ドレスに合わないのに無理をしてパールのネックレスにする必要はございませんので、TPOに応じてネックレスを選択するとよいと思います。 指輪に関しては特にマナーはありませんが、豪華すぎる指輪や、大ぶりなデザインのものは避けてコーディネートに合うものを選びましょう。 腕時計は「時間を気にしている=早く帰りたいと思っている、お祝いの気持ちが薄い」という意味に捉えられてしまうことがあります。 式場まではつけていっても良いですが、参列中は外しておきましょう。 ブレスレットであれば、あまり豪華なものや太いものではなく、細身で上品なドレスにあ合うものを選びましょう。 気を付けたいのは、花嫁がつけるティアラのように見えるキラキラとした立体的なカチューシャや、お花の髪飾りも花嫁と被りがちなアイテムなので、基本的にNGです。 結婚式にお呼ばれした時のジュエリーコーデのコツ 最後に、結婚式にお呼ばれした時の、ジュエリーやアクセサリーのコーディネートをお届けいたします。 全体のコーディネートとのバランスを合わせる 結婚式のジュエリーやアクセサリー選びのポイントは、服装や小物や髪形など 全体とのバランスを考えること。 アクセサリーは、コーディネートのワンポイントになります。 マナーを守ってはいるけれどアンバランスなコーデではせっかくのおしゃれが台無しになってしまいます。 コーディネートを崩さないように上手に選んでくださいね。 会場の雰囲気を考える 結婚式にもホテルウェディングなどの正統派なお式から、カジュアルなパーティー形式など様々な雰囲気があります。 列席する結婚式がどんな雰囲気で行われるのか、自分のほかにどんな参列者が来るのかを考え、それに合わせたアイテムを選べれば良いですね! まとめ 結婚式は、服装だけではなく、アクセサリーのような小物にもしっかりマナーがあります。 マナーを守って失礼のないようにお祝いしたいですね。

次の