サバンナ 高橋 闇 営業。 『グッディ』サバンナ高橋、闇営業問題の反応に心配の声 「様子が…」 (2019年6月25日)

永野 なりすまし被害告白、事務所公認なのに闇営業「すみません。してました!」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

サバンナ 高橋 闇 営業

お好きなところからご覧ください。 闇営業!サバンナ高橋の挙動不審の報道内容 サバンナ高橋の挙動不審についてニュースでは次のように報道されています。 25日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)にサバンナの高橋茂雄が出演。 闇営業で謹慎処分になった芸人たちについてコメントしたのだが、その様子に心配の声があがっている。 高橋は、芸人らが「飲み会の延長でパッと行って、その後で入江(慎也)が支払ってくれた」という認識だったとするなら、宮迫博之が覚えていない可能性もあると説明。 さらに、「5年前の一個の仕事のいくらもらったかまでは覚えてへんというのもあることなんかな…」と沈痛な面持ちでコメントした。 要約するほどでもないですが、 ・闇営業問題でのコメントで挙動不審になっていた。 ・コメントの時には沈痛な面持ちであった。 何かに怯えているかのような感じにも見えてしまいます。 同じ芸人としてコメントしにくいのはわかりますが、ここまで挙動不審だと誰もが心配しますよね。 特にいつも世話になっている芸人や先輩もいてコメントを求めるのも気のどくかなあと思ったりもします。 特に原因、理由があったとして考えられるのは、 ・同じ芸人だから。 ・先輩芸人だから。 ・闇営業に近いことをしているから。 ・本当に体調が悪かった。 ・誰かに脅迫されている。 ・墓穴を掘るコメントにならないように注意している。 などなどが考えられますが、あまりにも気にしすぎで視聴者にもすぐにわかってしまったのでしょう。 サバンナ高橋の挙動不審はいつも? 俺と野球と何か : サバンナ高橋さん、闇営業の話題になり挙動が明らかにおかしくなっていると話題に — カープ丼 amarimonodon 基本的には顔を赤くしながら話すサバンナ高橋なのですが、挙動不審な雰囲気はありません。 いつも緊張した口調で話すので、話が苦手なのかなあという感じ。 ただ、今回は尋常じゃなくおかしかったんですよね。 いつもこんな感じっていうのではなく、素人目線で感じるぐらいなので、かなりの挙動不審さでした。 いじめられた経験がある人は、もしかして感じるかもしれない。 闇営業について何か心当たりがあるのか分かりませんが、挙動不審になっていたことは間違いなく、新たな謹慎者が出るのではと心配ですね。

次の

サバンナ高橋の挙動不審がヤバイ!闇営業問題で目が泳ぐ?

サバンナ 高橋 闇 営業

お笑いタレントの永野(45)が7日、インターネット放送ABEMAのニュース番組「ABEMA的ニュースショー」(日曜正午)に出演し、かつて自分になりすました人物が勝手に営業を行っていたことを告白した。 初めて情報番組のスタジオコメンテーターを務めるという永野は、「ついにこのポジションに来たんだなって。 初めてなんですよ、コメンテーターって。 ズバズバ、歯に衣(きぬ)着せず(話す)」と気合十分で臨んだ。 番組では、「新型コロナウイルスに感染して死亡した」というデマがSNS上に拡散して、店の業務に支障が出たという愛知県のスポーツ店の経営者について報道。 デマに踊らされた経験について、MCの千原ジュニア(46)からたずねられた永野は、「1度だけありまして」と告白した。 「六本木の飲み屋さんみたいなところに、取材みたいに仕事で行ったんですけど、飲み屋さんのお兄ちゃんたちから『この間、ありがとうございました』って言われまして」。 永野本人を名乗る人物が、その店で勝手に営業をしていたそうで、「永野のものまねじゃなくて、『永野だ』という人がそこで闇営業をしていたんですよ。 お金も女の子も持ち帰ったみたい」と明かした。 身に覚えのない永野は、自分ではないことを主張したが、店の人は信じてくれなかったらしく、「マネジャーもずっと疑ってるんですよ」と困惑したという。 ジュニアから「はっきり言っておきましょう。 永野ではない?」と問いただされると、永野は「ないです」と断言した。 ところが、「闇営業はしていない?」と問われると、急に「それはすみません、ちょっと…」としどろもどろに。 「うそつきたくないんで、この番組では。 ここ(の店)ではしてないですけど、まあちょっとそういうこともあった」と話した。 ただ、所属事務所も公認の営業だったようで、「事務所的に大丈夫なんで、うちは」と説明。 「すみません。 闇営業してました!」と素直に明かしていた。

次の

サバンナ高橋 “闇営業”芸人のウソの理由を推測 入江の解雇が「保身につながってしまった」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

サバンナ 高橋 闇 営業

サバンナの高橋茂雄(43)が25日、フジテレビ系の生番組「直撃LIVE グッディ!」で、振り込め詐欺グループとの闇営業で金銭を受領していたことが判明した雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら芸人11人が所属する吉本興業から謹慎処分を受けた問題で、芸人たちが金銭授受について当初ウソをついていたのは、闇営業を主導していたカラテカ・入江慎也(42)のスピード契約解除から来る恐怖があったのではと指摘した。 高橋も11人と同じ吉本興業所属で、処分された芸人には先輩も後輩もおり、レイザーラモンHG(43)は同学年、天津・木村卓寛(43)は同じ1976年生まれだ。 キャスターの安藤優子(60)から「例えば、こういう形で金銭の受け取りがあった時に、これ5年前ですよね、覚えてないってことってあるんですかね?意図的にウソをついたんじゃなくて、本当に覚えてないことってあり得るんですか?」と聞かれた高橋は「例えば、飲み会の延長でパッと行って、その後で入江が支払ってくれたっていう認識、宮迫さんがおっしゃっていたような形やったら、僕は覚えてへんっていうこともホンマにあるやろうし、5年前の一個の仕事のいくらもらったかまでは覚えてへんというのもあることなんかなとは思うんですけどね」と、数年前の金銭授受の記憶が曖昧であることはあり得ると説明。 その上で「結果的に、最初に聞き取り調査された時にはたぶん思い出してると思うので、その時にもらってないってハッキリおっしゃったっていうのはウソにあたるのかなと思いますね。 気持ちを思うと、(亮が)保身という言い方をしてはりましたけど、今回、入江がすごいスピードで解雇されたんで、お金もらったと認めてしまうことが自分の解雇につながるっていうふうに思って怖くなるという気持ちはちょっと分かりますけどね。 それが結局はウソになって信用を失ってしまったということなんでしょうけど」と、入江がスピード契約解除されたことへの恐怖が、保身のため芸人にウソをつかせたと推察した。 高橋は「(一報である)フライデーの記事が出る前に入江が解雇されるっていうニュースが出た。 前例のあるケースじゃないんで、どこが解雇のラインなのかが、みんな分からなかったと思うんですよね。 そうなった時に、自分がお金もらってたということをちゃんと伝えられへんかったという。 まさに保身につながってしまったんやろうなと思います」と、沈痛な表情で分析していた。

次の