髪 留め。 ヘアクリップのおすすめ人気ランキング20選【リボンやパールがおしゃれ!】

【楽天市場】【アイテム別】 > 【ヘアピン・パッチン留め】 > 【パッチン留め】:リトルムーン(ヘアアクセサリー)

髪 留め

ボブの簡単ヘアアレンジまとめ。 髪が短くても、人気のアレンジは可能なんです!ハーフアップ、くるりんぱ、お団子、編み込みなど、毎日のお仕事や学校から、華やかにしたい結婚式などにおすすめのヘアアレンジを集めました。 どれも簡単にできるので、いつものヘアアレンジにマンネリを感じているなら、ぜひトライしてみて! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 動画でわかりやすく!簡単にできるボブのヘアアレンジ 上品ハーフアップ トップをふんわりさせた上品フェミニンなハーフアップ。 広がりやすい髪をボリュームとして利用し、華のあるアレンジに。 ハーフアップにすれば、膨張しやすいハチ上もスマートに抑えられ、頭が小さく見える効果も。 <How to> コームを使って分け目をジグザグにとり、顔周りの毛束がペタッとつぶれるのを予防。 その後、顔周りの毛束を残してハーフアップにし、大きめのクリップで留めて。 仕上げに、毛先中心にソフトワックスを薄くつけ、自然な毛流れをメーク。 その上から、パールピンをランダムにあしらったら完成。 ソフトワックスをなじませた手のひらで前髪を斜めに流した後、毛先にも手ぐしを通して毛束感をつけるのがポイント。 まとめた毛束を半回転ねじってピンで固定。 【2】残しておいた顔周りの毛束を2~3束にざっくり分け、1束ずつヘアアイロンを使って中間から毛先を外巻きに。 【3】ヘアワックスを指になじませ、巻いた毛先をつまんで程よくくずし、ニュアンスをつける。 ひとつ結びを大人っぽくアレンジ!分け目と後れ毛で今どきフェミニンに HOW TO 【1】短めの髪は、あらかじめ適当に巻いてジェルやワックスをなじませておく。 【2】センターで分けてからこめかみと耳後ろの毛束を残し、後ろの低い位置でひとつ結びに。 【3】残しておいた毛束に再度スタイリング剤をつけて完成。 丸顔+地味顔をカバーしてくれるカチューシャ風ツイスト編み込み 骨格や顔立ちが強調されがちで、スタイリングもマンネリしがちなボブ。 カチューシャ風ツイスト編み込みなら、骨格や顔立ちカバーが可能で、脱マンネリも叶う! HOW TO 【1】トップを7:3の位置でざっくり分けて、7側の毛束を少量とります。 【2】毛束を2分して、交差させツイスト編みにする。 【3】顔まわりの毛を少しずつすくい、交差させて前側にきた毛束と合わせて編み込み風に。 【4】そのまま耳うしろまでツイスト編み込みを続けます。 【5】ツイストした毛先を片手でしっかり押さえ、もう片方の手でトップの毛を部分的に引き出して、ボリュームとルーズ感を出す。 【6】同様に片手でツイストした毛を押さえ、もう片方の手でサイドの編み目を少しずつ引き出してルーズ感を出す。 【7】ツイストした毛先はアメピンで固定して完成。 HOW TO 【1】こめかみから上の毛束を2つに分け、2本を交差させていく。 反対側も同様に交差させたらクリップでセンターに留める。 【2】顔周りの毛束は、ストレートアイロンを斜めに入れて1回転巻く。 やや硬めのワックスを毛先へもみ込んで完成。 上品なのに華やかな、ボブの結婚式ハーフアップはコレ! シンプルなのにおしゃれで華やかな印象を与えるのは、後頭部にボリュームを持たせているから。 ピンだけで作る簡単&手軽さも魅力のヘアアレンジ! HOW TO 【1】ざっくり手ぐしで耳上半分の髪をとり、後頭部で強くねじる。 ねじって筒になった部分に盛りが出るように、ピンで下の髪に固定。 【2】トップから後頭部の髪をつまみ出し、【1】で作った盛り感にラフさが出るよう形を整える。 【3】バレッタで留めてスタイルを固定。 下ろしている髪もふんわりほぐし、耳前にひと束後れ毛を出して完成。 後ろ姿で差をつける正統派3つ編みハーフアップ 結婚式でのきちんと感を狙うなら、正統派な3つ編みハーフアップがおすすめ。 後ろ姿の美人度も高く、気になる存在になれるかも?! HOW TO 【1】表面の髪を編むと毛束が浮きやすくなるので、内側の毛束をきっちり丁寧に編む。 指でほぐし反対側も同様に編む。 【2】両サイドの毛束を後ろでひとつにまとめ、ゴムでハーフアップに。 【3】結び目が隠れるようにバレッタを留めた後、バレッタを押さえたままトップの髪を指でそっとつまみ出してふんわりさせる。 短いボブでもできる!華やかアップスタイル ボブをお団子風にアレンジ!必見テクニック 長さのないボブも、少しの工夫で魅力的なアレンジが可能に。 ロングの髪をふんわり結んだような後頭部の丸みや表面の毛束感、結んだ毛束を隠すヘアアクセ使いで、定番ひとつ結びをこなれたまとめ髪風アレンジに! HOW TO 【1】トップ~後頭部の根元をくるくるドライヤーでしっかり立ち上げる。 根元の立ち上がりを、手ぐしを通せるハードスプレーでキープ。 【2】内側から手ぐしを通しながら、下の位置で髪をひとつ結びに。 後頭部のふんわり感をつぶさないよう注意。 【3】後頭部の上部分の髪を、指先で少しずつつまみ出す。 サイドはハチの少し上部分の髪を引き出し、正面から見たときのふわっと感を作る。 【4】引き出した髪を指で再度つまみ、ハードスプレーでふんわり感をキープする。 【5】結び目にヘアアクセを飾れば、短い毛束が隠れてお団子風フォルムに。 清潔感のあるスタイルはオフィスシーンでも活躍! HOW TO 【1】ワックスを軽くとり手に広げ、ハチ上の髪を後ろでざっくりと束ねてハーフアップに。 【2】そのまま下の部分もひとつ結びに。 表面の髪を部分的に引き出し、耳前の後れ毛は束っぽくねじる。 複雑そうに見えてピンだけで簡単に作れます。 HOW TO 【1】トップの毛束を幅広にとって持ち上げ、毛束の裏側の中間から根元に向かってコームを下ろし逆毛を立てる。 目の細かいコームで、数回繰り返す。 【2】全体を3つに分け、襟足の毛束の面を平らたくとり、指で挟む。 その状態をキープしたまま、地面と平行にくるんと外側へ巻き上げ、襟足付近で横からピンを挿して留める。 全体的にハードスプレーを軽く吹きかけて完成。 アシンメトリーにねじ上げたバックスタイルが一枚上手のスタイルに。 HOW TO 【1】全体に軽くワックスをもみ込み、前髪を7:3に分ける。 量の多い方の毛束を一回転半ほど外巻きにねじり、耳の上でピンで固定する。 【2】残りの髪を右に寄せ、毛束を二つに分ける、右は耳上から、左は耳下から毛束をとり、それぞれ右の襟足まで外巻きにねじってピン留めする。 【3】右の毛束を毛先まで外巻きにねじり、左の毛束の上でピン留めする。 左の毛束も同様にねじり、右の毛束の上で交差させるように留めて完成。 簡単にできる!今っぽハーフアップアレンジ 波巻きとツヤぬれ感がキュートなハーフアップお団子ヘア 表面の立体感がこなれた印象だけど、お団子から出たちょこんと毛束がかわいいフェミニンヘア。 HOW TO 【1】ストレートアイロンで、Cカールを重ねながら波巻きに。 顔まわりは特にしっかりくせづけ。 【2】耳より上の髪を手グシで集め、表面や分け取った境目の毛束を指でつまみ出してくずす。 【3】集めた髪は、輪結びでハーフアップに。 残した毛束の一部を結び目に巻きつけてピン留め。 【4】完成! ハーフアップお団子の毛先をあえて残し、ラフに見せて。 3段階で押さえているから、くずれにくい! HOW TO 【1】こめかみから毛束をとってゴムでまとめてハーフアップに。 さらに、耳上の毛束を左右それぞれねじり、ハーフアップの結び目付近でアメピンを挿して留める。 【2】マジェステをつけて結び目とアメピンを隠したら、襟足の髪を低め位置でひとつにまとめてゴムで結ぶ。 トップの髪は指で軽くつまんでほぐせば完成。 HOW TO 顔周りの髪を残し、生え際より少し後ろにヘアバンドをつける。 手ぐしでラフにハーフアップを作り、毛先は輪っか状にしたお団子風にまとめる。 でも見た目が地味になりがちなので、ハーフップを加えてバックスタイルに動きを出す変化球スタイルがおすすめです。 HOW TO 【1】耳上の髪を後ろでまとめてゴムで結ぶ。 前髪は透け感が出るよう少なめに残すとリラックス感が! 【2】残った髪をひとつにまとめ、毛先を抜ききらないよう途中までゴムを通し、お団子の丸い部分を作る。 【3】毛先がお団子の上にくるよう折り返す。 お団子がくずれないよう固定。 【4】お団子と折り畳んだ毛先をひとまとめにして、ゴムできつく結ぶ。 余った毛先はゴムの間に挟み収める。 ボブさんはハーフアップと組み合わせるのが正解。 毛先、後れ毛、バックシルエットに緩やかなニュアンスが加わり、女性らしいムードが加速! HOW TO 【1】顔周りの後れ毛を細かくひと束残し、耳上の髪をまとめる。 ゴムを少し下げて結び目を緩める。 【2】ゴムの上に穴をつくって毛束をくぐらせる。 仕上げに毛束を左右にぎゅっと引っぱり、ゴムを押し上げる。 【3】結び目付近の毛束を細かく引き出してゴムを隠す。 トップと耳横の毛束も引き出し、ラフな感じに仕上げて完成。 【2】ゴムを少し下にずらしてから、結び目の上に指で穴をあける。 【3】穴に通し切ったら、毛先を下にキュッと引っ張る。 最後に毛束をふたつに分け、ゴムを押し上げるように左右に広げる。 襟足をピンで留めたアップスタイルは華やかなシーンにも好相性。 HOW TO 【1】耳の上からセンターまで編み込み。 毛先まで丁寧に編んで毛先をゴムで結んだら、指でつまんで軽くほぐす。 【2】編んだ毛束の毛先をねじりながら上げ、襟足の少し上でピン留め。 落ちてこないように、ピン数本を使って隠れるように奥まで差し込む。 面長をカバー!ボブヘアの小顔アレンジ 面長さんにおすすめなのが、横幅広めのぱっつん前髪ボブ。 サイドの編み込みアレンジで横幅をさらに広げ、顔周りをすっきりさせることでより縦長感をカバー。 HOW TO 【1】右側のこめかみの毛束を上下2段に分けてねじる。 下の髪をすくい足しながら、2本の毛束を毛先まで交差。 【2】耳の上でアクセサリーをパッチン留め。 反対側の髪も耳にかけ、顔周りをすっきりと。 ショート・ショートボブは前髪&サイドでヘアアレンジ! 短めボブもコームで簡単におしゃれに!こなれオールバックヘア 結べる長さがなくても、前髪を上げておでこを出した爽やかなヘアアレンジ。 ざっくり留められておしゃれさも引き出せる、コームを活用して。 HOW TO 【1】少量のソフトワックスを手に広げ、前髪をかきあげる。 【2】シンプルなコームで、髪が落ちてこないようにセンターから適当に留める。 【3】こめかみ部分は髪で隠すのが素敵に見えるコツ。 サイドをくるんとねじって留めるだけ!簡単アレンジ サイドの長さがあれば、髪をねじり留めしたヘアアレンジで簡単に印象チェンジ。 爽やかでクールなのに、ほんのり大人フェミニンな印象に。 HOW TO 【1】前髪を9:1に分ける。 根元からしっかりと髪をかき分け、手で押さえてくせをつける。 【2】分け目側のサイドの髪を、後ろ向きにねじりながら飾りピンで固定。

次の

【楽天市場】【アイテム別】 > 【ヘアピン・パッチン留め】 > 【パッチン留め】:リトルムーン(ヘアアクセサリー)

髪 留め

2020年4月8日 せっかくオシャレをしようとポニーテールしたというのに、髪の毛の量が多くて上手く留められなかったり、絶壁が目立ってしまい、どこか垢抜けない感じになってしまう。 「なぜ、私の髪でやると綺麗なポニーテールにできないの?」 このような疑問から何か解決策がないかと考え、この記事に辿り着いたのかもしれない。 実は、「ポニーテールの作り方」と「アレンジの仕方」を少し工夫するだけで簡単におしゃれなポニーテールアレンジをつくることができる。 そのため以下では 「6種のポニーテールアレンジ」と共に 「簡単にゴムの結び目を髪の毛で隠すやり方」についても解説している。 この記事を読み終えたあとに実践することで、これから益々ポニーテールアレンジすることが楽しくなり、オシャレな印象を醸し出すことができるだけではなく、 今までどこか垢抜けないと感じていたポニーテールも、ほんの一手間加えるだけで見違えるようなヘアアレンジをつくれるように変わるだろう。 見た目の印象が変われば一日を過ごす気分が変わり、一日を過ごす気分が変われば生きることが楽しくなる。 それこそがヘアアレンジを上達させる最大の目的だ。 それでは1本目の動画から解説していこう。 コンテンツ一覧• ポニーテール 高めでも崩れないやり方 1つめのポニーテールアレンジでは、 ベーシックスタイルを紹介しよう。 一般には一回で全ての髪をまとめてポニーテールをつくるが、ここでは「髪の毛が多い人」や「不器用な人」のことを考えて 2段に分けてつくるやり方を解説している。 絶壁でお悩みの人は、髪の毛が長ければ高い位置でも絶壁をカバーできるが、「2」以下のローポニーテールアレンジのほうがトップや後頭部のバランスを整えやすいのでそちらを参考にしてみよう。 ゴムを通したあと反対へ移動させる前に、毛束とゴムを左右にしっかり引いておこう。 この作業をするだけで安定感が向上するはずだ。 整える際はコームのテールを使い、裏面に通してから後ろへスライドさせると綺麗に整ってくれる。 コームの目で整えることもできるが、目の荒さによっては隙間ができてしまうのでテールで整える方法をおすすめしている。 臨機応変に使い分けてもらえれば大丈夫だ。 上段の髪を下段に被せるのが目的だ。 ここまで出来たらポニーテールアレンジは完成だ。 ヘアピンを留めたら1つめのポニーテールアレンジは完成だ。 大人っぽいヘアアレンジ。 綺麗なポニーテールのやり方 ポニーテールアレンジは、高い位置であればあるほど「可愛い」「若々しい」印象が強くなる。 30代後半にもなれば、高い位置でポニーテールをつくりたいとは思わなくなるだろう。 そこでおすすめしたいのが低めの位置でつくるポニーテールアレンジだ。 以下で紹介するやり方のポイントは、上と下に分けてポニーテールをつくっている点にある。 上下に分けることで上の髪を引き出してボリュームやバランスを調整しやすくできる。 「上段と下段に分ける必要はないのでは?」と思うかもしれないが、2つに分けておくことでまとめた髪を崩すことなくアレンジすることができたり、「トップの高さ」や「後頭部の凹み」をカバーできるので「絶壁」や「顔の大きさ」でお悩みの人にもオススメの手法だ。 「ヘアスタイル」や「ヘアアレンジ」において、骨格に対してシルエットのバランスを整えることは重要なポイントになるので、土台づくりは丁寧に仕上げよう。 アメピンを使用しても構わないがスモールピンを使用した方が邪魔になる可能性は低い。 バランスを整える際は、「旋毛まわりの毛」と「ゴムを結んだ少し上の毛」両方を少しずつ引き出し、曲線的なシルエットになるよう意識して整えよう。 ポイントは、面長な人は横にボリュームを加え、丸顔の人は縦にボリュームを加えるとバランスを整えることができる。 エラ張りが気になる人は、エラにかかる部分の髪を巻いて下ろすことで馴染んでくれるだろう。 上から下というような真っ直ぐなラインで編んでしまうと後ろで1つに結んだときにバランスが悪くなってしまう。 編み込みが苦手な人は『』の記事を参考にしてみてほしい。 仕上げに編み込みした耳上の髪を少しだけ引っ張り、顔周りのシルエットを整えたら完成だ。 動画では「マジェステ」「バレッタ」を使用しているが、自分の「髪の色」や「肌の色」に合わせて好みのヘアアクセを選んで付けよう。 ゴム2本で可愛いストレートポニーテールアレンジをつくる方法 ポニーテールにアレンジしたときに、ゴムを隠しヘアピンで留める作業が面倒に感じることがある。 このようなときは ゴムだけを使ってアレンジすることができるので以下の動画を参考にしてほしい。 真っ直ぐ取ってしまうと後ろでまとめたときに毛流れが悪くなってしまうので気をつけよう。 すると、たるみが無くなり安定感が増す。 するとゴムが隠れてくれるはずだ。 先のアレンジと同じように「マジェステ」「バレッタ」を付けるとオシャレ度が上がる。 ポニーテールした前髪でおでこ出しアレンジする方法 ポニーテールアレンジをした際に、前髪の処理に迷いを感じてしまうこともあるだろう。 このような場合は、前髪の一部を取り分けて「ヘアピン」や「ヘアアクセリー」で留めよう。 そこで以下の動画では、 「伸ばしかけの前髪」や「長めの前髪」を三つ編みで簡単にアレンジする方法を紹介している。 ではなく、最小限に抑えることができるアレンジなので前髪が目にかかって邪魔になっている人におすすめのアレンジだ。 これまでに紹介してきたポニーテールアレンジとの相性も良いので是非試してみてほしい。 ポイントは前髪の両端を外しておくことだ。 前髪すべてを取ってしまうとおでこが丸見えになってしまうので気をつけよう。 前髪を三つ編みしてヘアピンで留める。 三つ編みをつくる際は、のちに留める位置を目安に角度を斜めに調整しながら編んでいくのがポイントだ。 三つ編みが完成したらスモールピンで毛先を固定しよう。 結び目のゴムをヘアピンなしで隠すポニーテールアレンジのやり方 できれば ヘアピンを使うことなく、ゴムだけでポニーテールアレンジを完成させたいこともあるだろう。 このような場合にオススメしたいのが以下のアレンジだ。 3回ほど毛束を内側へ入れるとロープ編みと同じ形状がつくれるはずだ。 ゴムを巻きつける際は、1〜2回転ほど巻いたあと、毛先を余分に残しておこう。 ゴムを結んだあとは、毛先を左右に引いて根本を締める。 すると、ゴムが内側に入ってくれるので隠すことができるというわけだ。 ポニーアレンジスティック ゴム隠し方 これまで紹介したゴムの隠し方とは別に、 「ポニーアレンジスティック」という道具を使って結び目のゴムを隠す方法があるので参考にしてみてほしい。 この方法以外にも取り除いた毛をゴムの上に一周巻き付けてからポニーアレンジスティックの中に通して行う方法もある。 ツインテールしたゴムを三つ編みで隠すやり方 「ポニーテール」や「ツインテール」をつくる際に使用したゴムを隠すときに、もう少しこだわりたいという人にオススメしたいのが 三つ編みでゴムを隠すやり方だ。 詳しい方法は『』の記事をチェックしてみよう。 さいごに このようにポニーテールにした結び目のゴムを隠したり、1つにまとめる際の作業を一工夫することによって様々なバリエーションを楽しめる。 今までどこか垢抜けないと感じていたポニーテールアレンジも、ほんの一手間加えるだけで見違えるようなヘアアレンジをつくれるはずだ。 見た目の印象が変われば一日を過ごす気分が変わり、一日を過ごす気分が変われば生きることが楽しくなる。

次の

「あのヘアアクセの名前って何だっけ?」と悩んだ時に。自分に合う髪飾りの種類と選び方

髪 留め

この記事でわかる事• ヘアピンの種類と使い方 アメリカピンとスモールピン 上 スモールピン(玉付き) 下 スモールピン(ストレート) 上 アメリカピン(玉無し) 下 アメリカピン(玉付き) まずアメリカピンとスモールピンですが一番使用率の高いピンで100円均一で手に入りますね。 スモールピンとアメリカピンの主な違いは大きさです。 アメリカピンの場合大きさがある分留める力がありますが細かい部分には不向きだったりします。 逆にスモールピンは留める力が少ない分細かい所に向いています。 特に顔周りや前髪に使用する事が多いです。 玉付き・玉無しのメリットデメリット スモールピン アメリカピン 実は玉付き・玉無し・波有り・ストレートの組み合わせでピンはいろいろな形があります。 実はなぜこんなに種類があるのかと言うと使用用途によって波有りの方が良かったり、ストレートの方が良かったりとするのです。 アメリカピン玉無 アメリカピン玉有 まずアメリカピンの玉有と玉無しですが単純に玉有の方が頭皮に刺さっても痛くないので比較的使いやすいです。 個人的には玉有の方が私は好んで使用しますが実は写真を比較してもらえるとわかるのですがピンの先が玉有の方が外に伸びているので留まりやすいのですがピンで留めった時に出っ張るので繊細なヘアアレンジでは不向きだったりします。 これは和装スタイルなどで面を綺麗に整える時に使いにくかったり小さくねじり上げをした時にピンが出っ張るので使いにくい事もあります。 一般的に私達美容師さんみたいにヘアメイクをしない方はどちらでも構いませんが玉有の方が使いやすいと思います。 ストレートと波ありのメリット・デメリット 玉無し・ストレート 玉有・波あり 玉無し・波あり ここまで玉有と玉無しのお話をしてきたので省きますがストレートタイプと波有りのピンの違いですが単純に留めるという事に関しては波有りのピンの方が止まります。 なみなみの部分が滑り止めになるので当然留まりやすく取れにくいのです。 ただし、止まりやすいけどデメリットも存在します。 たとえば面を綺麗に作ってピンで留める場合などでは波ありの場合は意外と使いにくかったりします。 波ありは面を綺麗にするには不向き ストレートは面が綺麗にできる 波ありの場合は良く留まるけど面に筋が入り易かったりします、逆にストレートタイプは留まりにくいけど筋が出来ないという利点もあります。 この編のこだわりは私達美容師の作るスタイルによると思いますが参考までに。 アメリカピンの色々な留め方 ねじり留め 面を留める 千鳥留め まず、アメリカピンもスモールピンも使用用途は同じです。 細かい所にはスモールピンを使用して普通の所はアメリカピンを使用します。 ここで皆様に覚えて欲しい事はネジって留める時と面を綺麗に留めるという2点です。 その他の技術もありますが大きく分けて3種類の留め方さえマスターしておけば大丈夫です。 そして間違えてはいけない事ですが、ピンの持ち方ですは2種類あるので覚えておいてください。 通常の持ち方 開いて持つ持ち方 大半の方が間違えていますが実はアメリカピンは開いて持つ事が少ないのです。 もともとピンの先が開いているのでそのまま使用すればOKです。 普通の持ち方 = ほとんどこの持ち方• 開いて持つ = 面を綺麗に留める時 正しいアメリカピンの知識 留め方の前にアメリカピンを使うに前に正しい知識を身に付けておきましょう。 まず、アメリカピンの構造ですがこのようにおしりの部分が開いております。 おしりの所が開いている その分ピンの先が留まるようになっている 留まる部分はここ おしりの部分が開いているのはピンの先が良く留まるようにばね上になって居るからです。 ですからピンを打つときは全部入れてしまうと逆に取れやすくなるのです。 正しいヘアピンの留め方 間違ったヘアピンの留め方 正しいヘアピンの留め方 間違ったヘアピンの留め方 ですからヘアピンを留める時は必ず全部入れないで少し余裕があるぐらいの方が良く留まります。 この辺は使用用途にもよりますが覚えておきましょう。 閉じた状態でのヘアピンの留め方 基本的にはこの持ち方で全然大丈夫です。 ねじった所 ねじった所 まとめる所 フアフアな所 通常の持ち方の場合はこんなシチュエーションの時に使用します。 ピンを開く必要はありません。 むしろ開いて持っていても普通にピンを留める時は閉じてしまう事が多いので無理に開く必要ありません。 今回は一番使うねじった所に使用するときのピンの留め方を解説してきます。 山の部分を下に そのままねじり部分に入れる ねじり部分の添わせる ねじりに合わせてピンを移動 ピンは山の部分を下にします。 そのままねじった部分にピンを入れねじり部分の合わせるようにピンを打ちます。 ねじる部分の添わせる 頭皮の迄運んだらピンを入れる ピンを差し込む ピンが留まった状態 ピンをねじった部分に沿わせたら頭皮の方へとピンを運びます。 頭皮の方へピンが来たらそのままピンを打ち込みます。 ここで注意点ですがねじった所を留める時は必ずねじっているラインの反ってピンを入れる事が重要です。 正しいピンの位置 ピンのイメージ ダメなピンの止め方 ダメなピンの止め方 ピンは必ずねじった部分と下の毛が均等に留まるようにしておきましょう。 間違ってもねじった部分からはみ出てはいけません。 またねじってデザインをする事が苦手な方はコームのテールを使うと簡単にねじる事が出来ます。 まとめた所に留める場合 次に、このようにまとめた所をヘアピンで留める方法です。 頭皮に対して垂直に入れる 頭皮に当たったら平行になるように倒す そのままピンを入れる ゆっくり入れ込む まず打ちたい所にピンを打ち込みます。 この時は頭皮に対して平行になるようにピンを打ちます。 で、頭皮にピンが当たったらそのまま頭皮と平行になるようにピンを倒してピンを打ち込みます。 この時に注意をして欲しい事は山型のピン先が頭皮の方に来ないようにピンを確認してから入れましょう。 ねじった所(細かい所) 最後にねじってフアフアにした所を留める場合をお話します。 ネジって ピンを垂直に入れる 見えないようにねじりながら頭皮の方に移動 そのまま見えないように入れる この場合はここまでお話して来た留め方の2種類のどちらでも構いませんがやりやすい方法を使用してください。 また、こういった細かい所にピンを入れる時はアメリカピンではなくスモールピンが使いやすいです。 ヘアピンを開いて持つ場合 ピンを開いて留める場合は面の部分を崩れないようにする時に使用します。 持ち方はこんな感じです。 開いて持つ 髪の毛に入れる 入れ込んだらピンの上の部分を持つ 上の部分を持ちながらピンを入れる ピンを開いた状態で使用する場合はこのように面の部分に使用するときに有効です。 ピンをうまく打つポイントはピンを髪の毛に入れる前はピンの下側と上側の両方を持った状態で入れますが、髪の毛に入れたらピンの上側を持って入れると簡単に入れる事が出来ます。 千鳥止めの場合も同じです。 まずは平行にピンを2~3本ぐらい事前に打っておきます。 そのままクロスになるようにピンを入れます 入れたら上の部分を持ち移動する ピンの真ん中で留める 上も同じようにしたら完成 面を留めた時同様にピンを開いて持ちピンとピンをクロスするようにピンを入れます。 この時の注意点はピンを真ん中で留めましょう。 ピンの根本は空洞になって居る 正しい留め方 全部入れると外れる ですから完全に入れ込むのではなく真ん中に留めるのが正解です。 このようにピンを入れすぎると面が割れるし外れやすいのでピンをしっかり留めたいからと言って全部押し込んでしまうのはあまりおすすめしません。 他の留め方 両方から留める クロスして両方から留める その他にも両側から留めるやり方もあります。 この方法はサイドの髪の毛や毛先を平たくアレンジする時に使用したりします。 また、前髪などに使用したりしますが一般の方はあまり使用しないやり方かもしれません。 Uピンと鬼ピンの使い方 次にUピンと鬼ピンの使い方です。 大きい方が鬼ピンで小さい方がUピンです。 このピンは主に形を調整したり毛束間を作ったりする時に使用します。 このピンの特徴は何度も留めやすく作った形を壊す事がないので一番使用頻度の多いピンです。 また、ヘアアップした髪の毛を元に戻す時にピンが簡単に外す事が出来るので、私はこのピンを8割ほど使用します。 頭皮に対して垂直に入れる ピンを寝かして頭皮と平行にする そのままピンを入れる 最後まで入れる ピンの入れ方は今までお話してきたアメリカピンの打ち方と同じで頭皮に対して垂直に入れ、そのままピンを倒して頭皮と平行にします。 出来たら、ピンを入れ込みましょう。 アメリカピンと違って最後まで入れ込んで使用します。 Uピンや鬼ピンを折り曲げる 片方だけ曲げる 両方曲げる Uピンは片方だけ曲げる方法と両方を曲げる方法がありますがこの使い方をする場合結婚式のパーティーアップや成人式となど長時間スタイルをキープするときに使用します。 ピンを折り曲げる事により髪の毛が引っかかり抜けにくくなります。 その為ピンを取る時にメチャクチャめんどくさいので特別な時しか使用しません。 私が良く使うのはヘアアクセサリーを留める時にこの方法を使用しますが必ず、お客様に了承を得てから使用する使い方です。 Uピンと鬼ピンを使用すする場所。 巻いたところ フアフアにしたところ ねじった所の形成 仮止め Uピンや鬼ピンはとにかくどんな所でも使用できます。 髪の毛を巻いたところに打ち込んだりフアフアにしたところに打ち込んだりと使用頻度が多いです。 特にねじってアメリカピンなどで留めた場合形が変な時もUピンで形成出来ます。 しかも何度やり直しても形が崩れない所がいい所です。 また、細部をアレンジするときにアメリカピンで留める前にUピンで一度仮止めをしてバランスを確認する時にも便利です。 また、飾りのついたUピンはそのまま付ければ簡単にヘアアレンジができてしまうので飾り付きの物が簡単でおすすめです。 形を整えながら使う 全体のバランスを見る 左右のバランスを見て入れる 完成 ほんの一例ですがこんな感じです。 全体のスタイルを作ってからピンをしても良いですし整えながら使ってもいい感じになる飾り付きのUピンです。 まとめ 基本的なピンの使い方やピンの特徴を書いて来ましたが実は、ヘアアレンジの場合はアメリカピンは数本しか使いません。 一番使用するのはUピンや鬼ピンを使用します。 ですからUピンの使い方をマスターしておくとゆるふあなヘアアレンジができます。 次回はヘアピン(クリップ)の使い方をご説明してアレンジ編を書いていきます。

次の