あすか い 病院。 あすか動物病院(岩手県盛岡市本宮)

医療法人華桜会 星陵あすか病院

あすか い 病院

埼玉あすか松伏病院:埼玉県北葛飾郡松伏町:内科・外科・胃腸科・肛門外科・整形外科・脳神経外科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・リハビリテーション科 外科、内科、胃腸科、肛門外科、脳神経外科 整形外科、皮膚科、循環器内科、眼科 耳鼻咽喉科、放射線科、リハビリテーション科 午前 9時〜12時 午後 3時〜5時30分 休診日:木曜・日曜・祝日 このお知らせは、iframe 対応のブラウザでご覧ください。 医療法人社団明日佳・埼玉あすか松伏病院は昭和56年12月に埼玉県の東南部松伏町に野村外科胃腸科医院として診療業務を開始し、現在近隣近郊の皆様の診療に当たらせていただいています。 外来診療科目は、内科、外科、胃腸科、肛門外科、放射線科、循環器内科、整形外科、脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、リハビリテーション科の専門外来10科です。 多くの疾患をお持ちの方はどうぞご利用ください。 迅速な救命手術を必要とする場合には三次救急病院に搬送させていただいています。 大学病院や公立病院とも連携してご紹介しています。 入院病棟は130床。 その内訳は、一般病棟31床、医療保険の療養病棟52床、介護保険の介護病棟47床です。 当病院はいろいろな疾患に対応できますように施設の整備に努めてまいりましたので、大学病院や公立病院に入院できない方にも利用可能な施設だろうと思っています。 都内から当病院へ入院を希望される方も多くいらっしゃいます。 これからも私ども一同力を合わせてよりよい医療と介護を目指して努力してまいります。 ご支援ご鞭撻のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。 |||||||| ||||||||| | 医療法人社団明日佳 埼玉あすか松伏病院 〒343-0111 埼玉県北葛飾郡松伏町松伏1263番地5 TEL:048-992-0411 FAX:048-992-0415 Copyright(c)SAITAMA ASUKA MATSUBUSHI HOSPITAL All Right Reserved.

次の

《口コミ1件》 星陵あすか病院(大崎市

あすか い 病院

埼玉あすか松伏病院:埼玉県北葛飾郡松伏町:内科・外科・胃腸科・肛門外科・整形外科・脳神経外科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・リハビリテーション科 外科、内科、胃腸科、肛門外科、脳神経外科 整形外科、皮膚科、循環器内科、眼科 耳鼻咽喉科、放射線科、リハビリテーション科 午前 9時〜12時 午後 3時〜5時30分 休診日:木曜・日曜・祝日 このお知らせは、iframe 対応のブラウザでご覧ください。 医療法人社団明日佳・埼玉あすか松伏病院は昭和56年12月に埼玉県の東南部松伏町に野村外科胃腸科医院として診療業務を開始し、現在近隣近郊の皆様の診療に当たらせていただいています。 外来診療科目は、内科、外科、胃腸科、肛門外科、放射線科、循環器内科、整形外科、脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、リハビリテーション科の専門外来10科です。 多くの疾患をお持ちの方はどうぞご利用ください。 迅速な救命手術を必要とする場合には三次救急病院に搬送させていただいています。 大学病院や公立病院とも連携してご紹介しています。 入院病棟は130床。 その内訳は、一般病棟31床、医療保険の療養病棟52床、介護保険の介護病棟47床です。 当病院はいろいろな疾患に対応できますように施設の整備に努めてまいりましたので、大学病院や公立病院に入院できない方にも利用可能な施設だろうと思っています。 都内から当病院へ入院を希望される方も多くいらっしゃいます。 これからも私ども一同力を合わせてよりよい医療と介護を目指して努力してまいります。 ご支援ご鞭撻のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。 |||||||| ||||||||| | 医療法人社団明日佳 埼玉あすか松伏病院 〒343-0111 埼玉県北葛飾郡松伏町松伏1263番地5 TEL:048-992-0411 FAX:048-992-0415 Copyright(c)SAITAMA ASUKA MATSUBUSHI HOSPITAL All Right Reserved.

次の

飛鳥病院

あすか い 病院

病院概要 名称 更生保護法人鶴舞会飛鳥病院 設立 昭和34年7月 診療科目 精神科・診療内科・内科 理事長 吉川 正男 所在地 〒194-0005 東京都町田市南町田三丁目8番1号 TEL 042-795-2080 病床数 261床(4病棟) 職員数 190名 沿革 1959(昭和34)年 7月 財団法人更生保護会 愛慈会 東京愛慈病院 開設 1967(昭和40)年 7月 財団法人更生保護会 日本精神医療センターに名称変更となる (病院名は日精病院) 1996(平成8)年 4月 更生保護法人鶴舞会 法人名称変更となる (更生保護法の法律により、財団法人が廃止となり、新たに更生保護法人となる) 1997(平成9)年 4月 病院名が、飛鳥病院へ変更となる 病院名称の由来 飛鳥病院は、ノーマライゼーションが強く主張されるようになった平成9年に更生保護会財団法人・日精病院から更生保護法人鶴舞会・飛鳥病院と名称を変更しました。 この飛鳥病院という名称には、治療に向けた当院の想いが込められています。 郷土史によると、当院周辺の町田市小川一帯は、かつて沼地で、鶴が渡ってくる土地だったと言い伝えられています。 鶴が安心してとどまり、羽を休めて元気になって飛び立って行ったように、患者さんが安心して治療を受けて元気に退院して行かれることを願って鶴舞会としました。 そして「あすか」という言葉が文化の栄えた飛鳥時代のように、穏やかで安心する所をイメージさせるところから、飛鳥病院と命名したのです。 飛鳥病院は、更生保護法人鶴舞会が収益事業として経営している病院で、同法人が営む更生保護施設に対して経済的な支援をしています。 更生保護施設では、刑の執行を終えた人や保護観察中の少年らを保護して、彼らが社会復帰するのを援助しています。 この援助により再犯や再非行が防がれ、社会全体を守る事業の一端を担っています。 この保護事業は全国的に展開されていて、その数は103か所あります。 しかし、更生保護法人が精神科病院を運営しているのは全国で飛鳥病院1か所だけです。 なお、更生保護施設「鶴舞会」は昭和41年建築で、老朽化がすすみかつ狭隘であったため、鶴舞会敷地の南側に建てなおすこととし、更生保護事業振興財団、財団法人JKA等の補助を受けて収容人員20名の新施設が、平成24年12月に完成いたしました。

次の