横須賀 市 異臭。 三浦半島の異臭騒ぎの原因は海?横須賀沿岸部までにおいが北上!

三浦半島で異臭騒ぎ 地震予兆説、タンカー説...推測相次ぐも「原因わからなかった」: J

横須賀 市 異臭

三浦半島(神奈川県)の異臭騒ぎの原因は海? まず、三浦半島から発生している異臭の原因ですが、県警や消防・海上保安庁が調査を実施しています。 しかし、5日2時現在では大規模な事故やガス漏れなどは発生していないようです。 僕もグーグルはもちろん、ツイッターや5chもチェックしてみましたが、それらしき情報は全く見つかりませんでした。 少なくとも現時点ではネット上で異臭への決定的な情報は一切出回っていません。 ですが、様々なリサーチをしている中、次のような過去事例を発見しました。 今回の騒動と同じく異臭騒ぎがあり、原因が湖の死んだ魚や藻類が原因だったと言われる事象ですので、ご紹介いたします。 過去にカリフォルニアでも異臭騒ぎがあった 引用: こちらのニュースは2012年のお話です。 ちなみに、この年のカリフォルニアでは巨大地震はありませんでした。 また、下記のようなツイートも見かけました。 昔住んでいた房総半島沿岸部でも、たまに異臭はしたもんだ。 全然ニュースにもなったことないけど、あれはなんだったのか気に、、、ならない。 異臭で通報 三浦半島「北上」 — 如月伽梛彌 kisaragikanaya 偶然なのか、 沿岸部付近で発生しているように見受けられます。 もし、カリフォルニアで発生した事象と同じように考えるのであれば、 ・三浦半島沿岸部で大量に死んだ魚や藻類が原因となりえている可能性がある ・沿岸部付近の海で上記以外の別の異常事象が発生している可能性がある と推測できます。 ただ、今回通報されているにおいは揮発性の臭いを示唆されています。 過去事例とは種類が若干違うように見受けられるので、このような可能性もあるな…と感じて頂ければと思います。 ですが、海が関係している可能性は高いのかな…と個人的に感じました。 横須賀沿岸部までにおいが北上! 異臭の情報ですが、人によって様々な種類のにおい報告が寄せられています。 ・ガスのようなにおい ・ゴムが焼けたようなにおい ・接着剤やシンナーのようなにおい 中には、においによって気分を害し、病院に運ばれた方もいらっしゃいます。 幸い命に別状はなかったようですが、それほどの強烈な刺激臭のようです。 そして、三浦半島から始まった異臭は北上を続け、現在は横須賀市までにおいを感じるようになってしまっています…。 …何もないことを祈りましょう。 まとめ 5日現在、県警や消防・海上保安庁が総出となって正確な原因究明に当たっています。 何事にも及ばないことが一番ですが、火のないところに煙はたたぬです。 においには何かしらの原因が必ずありますので、それらが有害なにおいでないことを祈るばかりです。 また、今回のにおいの詳細が分かり次第、加筆させて頂きます。 ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

次の

横須賀市などで異臭の情報相次ぐ 現在も場所や原因を特定できず

横須賀 市 異臭

海面がエメラルドグリーンになる「白潮」からの説も 「ゴムが焼けたような臭いがする」「ガス漏れのよう」「接着剤やシンナー?」「ニンニクみたい」... 2020年6月4日20時過ぎごろから、消防や警察にこんな119番や110番が殺到し、ツイッター上などでも同様な書き込みが相次いだ。 横須賀市消防局の指令課にJ-CASTニュースが5日に聞いたところでは、最初は、三浦半島の南端に近い三浦市内の沿岸から通報があり、次第にその場所も北上して横須賀市の北部まで達した。 22時近くまでの2時間ほどで、約200件も通報があったそうだ。 その原因については調査中だとしか報じられなかったため、ツイッターやネット掲示板などでは、様々な推測が書き込まれている。 「大地震の前兆じゃないよね?」「海底または地中からのガスだとしたら、いやな予感」「海底噴火してんのかな」「ケミカルタンカーが怪しい」「船か飛行機から何か燃料系がもれたとか?」などだ。 東京・秋葉原で同じ4日、フッ化水素酸が原因とみられる異臭騒ぎがあったため、その関連を疑う向きもあった。 このほか、「多分くじらの死骸とかだろうな」といった生物由来を考える意見もあり、5月に相模湾などで海面がエメラルドグリーンになる「白潮」が発生したため、海中のプランクトンから出たガスではとの見方もあった。 同様な「広域異臭」は年に数回、いずれも原因分からず 異臭の原因について、横須賀市消防局の指令課は、警察や東京ガス、海上保安庁とともに調べたが、「結局分からなかった」と取材に答えた。 ガス検知器を持ち込んだが、何も反応せず、臭いの成分は分からなかったという。 フッ化水素酸も検出されなかった。 ただ、初めに通報があったときは、風速3メートルの南風が吹いており、それに乗って臭いが運ばれた可能性はあるとした。 船が異臭を出しながら移動したかも海上保安庁が調べたが、分からなかったという。 タンカーがガス抜きしたという報告もないとしている。 天然ガスの噴出なら無臭なので考えにくく、クジラなどの生物は、腐ったような臭いがするので違うのではないかという。 実は、三浦半島では、5月31日にも異臭騒ぎがあり、三浦市内で「ガス臭い」といった119番通報があった。 しかし、消防が駆け付けると、臭いが消えており、原因などは分からなかった。 東京湾沿岸では、千葉市内などで2019年5月8日夜に「ガス臭い」「ゴムが焼けたような臭いがする」「プラスチックが燃えたよう」といった同様な異臭騒ぎで約120件の119番通報があったことがある。 当時について、千葉市の環境規制課は、1、2時間と短時間のため臭いを分析できず、結局原因は不明だったと取材に答えた。 「東京湾の海の方から異臭がしており、こうした『広域異臭』は年に何回かはあります。 赤潮、青潮といった原因でしたら、磯臭い、生臭いはずですので、違うと思います。 過去に原因が分かったケースはないのではないか」 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

【現在調査中】横須賀市東部沿岸沿いで原因不明の異臭事件。Twitter騒然

横須賀 市 異臭

もくじ• 三浦半島沿岸部で異臭騒動!通報相次ぐ原因は? この異変があったのは、2020年6月4日(木)の午後8時10分ごろからのこととされています。 三浦市南下浦町金田付近から「ゴムのような異臭がする」といった通報が横須賀市消防局にあったことを皮切りに、午後10時までに「化学薬品のような臭いがする」など約150件の通報が消防局へ相次ぎました。 また、この件で三浦市、横須賀市の警察署に50~200件ほど通報があったされており、合計では300件以上の異変を知らせる通報があったことが分かっています。 大規模異種騒動の原因は何? 何か異変が生じた際、多少のことであれば通報まで行う人は少ないため、今回の異臭騒動でのこれほどまでに通報が相次いだということは、かなりの大規模な範囲で発生していたと思われます。 この異臭の訴えは、三浦半島南端付近から寄せられ始め、 南東部から東部と沿岸を北上していったとされており原因は「三浦半島南端」にあったと思われます。 この異臭騒動によって、異臭によって気分が悪くなったり、体調を崩した人はいましたが、住民らが集団で避難するような状況にまではなっていなかいとされています。 スポンサーリンク 異臭の原因は赤潮か? 実は4日東京湾全域で、薄く赤潮が発生していました。 夕方は臭わなかったのですが、夜間に急に海水が冷えて独特な異臭が発生したのだと思われます。 今日早速、昨日の東京湾の水質のデータを精査して見ようと思います。 その際の理由の一つに「ここ数日の暑さによる水温の上昇が要因の一つ」といったものがあり、東京付近も暑い日が続いていたタイミングでもあるため一致しています。 ただ今回の件については、まだ赤潮が原因かは不明ですが、かなりの広範囲に広がっての現象のため、早期の解明が待たれます。 赤潮とは? 赤潮(あかしお)は、プランクトンの異常増殖により海や川、運河、湖沼等が変色する現象。 水が赤く染まることが多いため「赤潮」と呼ばれるものの、水の色は原因となるプランクトンの色素によって異なり、オレンジ色、赤色、赤褐色、茶褐色等もある。 赤潮を引き起こす生物は、色素としてクロロフィルの他に種々のカロテノイドを持つ場合が多く、細胞がオレンジ色や赤色を呈する為にこう見える。 また、赤潮が起こると、海中の空気が減ることになり多くの生物が死んでしまい、その生物の死骸の腐敗によって生臭い臭いが発生し、赤潮の臭いは起こった場所から数キロ先まで臭うこともあるとされています。

次の