じゃらんゴルフ 一人予約。 ゴルフ場予約サイトを徹底比較!【GDO・楽天GORA・じゃらん・ALBA】本当にお得なのは?

ゴルフ場予約格安|ホットプライス・GDO・楽天・じゃらん

じゃらんゴルフ 一人予約

一人でゴルフをしたい!と思ったことはありませんか? また、ひとりで回れるゴルフ場を探していませんか? このサイトでは、こうした方々に一人で参加したりラウンドしたり出来るゴルフ場をご紹介しています。 更には、全国各地のオープンコンペの情報などもご案内していきます。 (スマホ/スマートフォン/携帯に対応しています) 一人でゴルフを予約するためのサイト まず、ひとりでのプレイをするためのゴルフ場を予約しましょう。 今では、各種条件を指定して検索できる予約サイトは様々あります。 じゃらんゴルフ ゴルフ場予約、検索ならリクルート運営の[じゃらんゴルフ]。 日本全国のゴルフ場から、あなたの好みにピッタリのプランを、おすすめプランや、コース情報、口コミから探せます。 予約をすればするほどポイントが貯まるので、お得にゴルフをお楽しみ頂けます。 一人で回れるコース、オープンコンペの予約もこちらから! オープンコンペもここで予約! ひとりでプレイしたい、という方にとってはこのオープンコンペという形式は最適でしょう。 一人で予約して、知らないゴルファー仲間の中で一緒にラウンドするものです。 自分の腕も磨かれ、スコアにも好影響を与えることも多いようです。 また、普段とは違う仲間と回れるこのオープンコンペは、適度な緊張感といい刺激があるでしょう。 北海道・東北• 中部・北陸• 近畿(関西)• 中国・四国• 九州・沖縄 といったエリア近郊から、ゴルフ場を検索することが可能です。 一人でゴルフに! 最近ではひとり行動ができるサービスが増えました。 ゴルフもそうですね。 一人でコースを回れたりプレーするスタイルが、多くの人に支持されています。 実際に、一人でゴルフができるところはありますか?という質問はよく受けます。 【一人ゴルフ】は、もう完全にゴルファーの中では認知された一つのスタイルなのです。 こんな方に支持されています。 練習場からいきなりコースデビューはちょっと・・・。 その前に練習がてら一人でプレーしたい。 初心者のため、周りの仲間に引け目を感じるのでまずはこっそりとラウンドしたい• プロのレッスン付きのプランなどで腕を上げてから、本格的にラウンドしたい• 女性が気軽に参加できるオープンコンペを探している.

次の

1人予約

じゃらんゴルフ 一人予約

お得にゴルフ場予約をするときの注意点 バブル期のゴルフ予約といえば電話が当たり前で、なかなか繋がらなくて受話器をそのままにして30分待つ、なんてことも良くありました。 もちろんプレー代金も高くて、休日ともなると3~5万円が最低料金なんてのも普通でした。 ネット予約が主流の現在では、平日なら3千円を切るコースもあり、 オンシーズンでも探せば休日5千円以内などの格安コースは沢山ヒットします。 でもそれだけで満足しないでくださいね。 ゴルフ場予約サイトを上手に活用することで、更にお得なプランを発見できることもあります。 それぞれの特徴を捉える 現在主流なゴルフ場予約サイトは、冒頭にお話した通りの4つです。 一見して同じように見えるかも知れませんが、その中身は似て非なるものです。 大きく違うのは検索システムや予約できるゴルフ場の違いではなく、 ポイントやキャンペーンなどの付加サービスです。 後半には各サイトの特徴をまとめていますので参考にしてみてください。 口コミの数は評価ポイント 一昔前は 「ステマ(ステルスマーケティング)」なんて言葉も流行った時期がありましたが、ペニーオークションの事件などもあり現在では自演口コミはほとんどありません。 とはいえ一部のユーザー(?)による自演書き込みも想定した上で 「口コミの数」は必ずチェックしておきましょう。 たとえ評価が4. 5(5点満点)なんて高評価コースでも、総口コミ数が10も付いていない場合は参考にならないことが多いですね。 人気コースともなれば100以上の口コミが付くので、予約前にパッと読んでみて 「待ち時間・スタッフの接客・コースのメンテナンス状況」について事前に確認しておきましょう。 ポイントを有効活用できるか どの予約サイトもユーザーの再訪問を期待して利用料金に応じたポイントを用意しています。 貯まったポイントで提携サイトでのお買い物ができたり次回のゴルフ予約に使えたり、 中には現金と交換してくれるサイトもあります。 また電子マネーに交換できるところもありますので、ご自身の利用シーンに合わせて予約サイトを使い分けることが大切です。 最安値かどうか トリバゴさんのCMではありませんが 「どこの予約サイトも料金が同じ?いいえ違います」というのが面白いところです。 これは予約サイトによって確保している組数が違うから発生し、直前まで埋まらなければ「直前割」など割引をしてくれていたり、時期によってはキャンペーンなどを行っているからです。 金額差はあっても数百円程度ですが、コンペ予約ともなると大きな差になってきますから、大人数での予約の際には予約サイトを横断して確認しておくと良いですね。 ゴルフ予約サイトそれぞれの特徴 続いて今回比較するゴルフ予約サイトについて、それぞれの特徴をまとめていきます。 若者にやさしい【じゃらんゴルフ】 リクルートが運営する 「じゃらんゴルフ」は日本全国のゴルフ場から、あなたの好みに合わせたピッタリプランの予約ができます。 じゃらんゴルフ限定プラン、コース情報、とくに辛口の口コミも数多くあることはひとつの情報源になるかもしれません。 先ほども触れましたがGDOとの提携を強化しているので、ユーザーは両社が提携しているゴルフコースを予約することができます。 その他にも じゃらんゴルフならではのサービスが多数あります。 「プレーしたゴルフ場のクチコミ投稿で200ポイント(現在は終了)」や 「女子ゴルファーにオススメのゴルフ場特集」、さらには 「ゴルマジ20」という19・20歳はゴルフ場・ゴルフ練習場のプレー料金が無料という太っ腹なサービスも行っています。 少子高齢化に伴うゴルフ人口減少を防ぐべく、若年層のプレーヤー増加を目指し2014年から始まったプロジェクトで、その趣旨に賛同したゴルフ場・練習場がプレー代金を負担しています。 楽天市場と提携している【楽天GORA】 まずは 「楽天GORA」のサイトです。 ご存知楽天株式会社のグループである楽天GORAは、 日本最大級のゴルフ場予約専門サイトです。 特徴的なのは 「プレーで貯まったポイントが他の楽天グループでも使える」ことです。 楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスでのお買い物時にも共通のポイントとして使用できるので非常にお得感があります。 さらに楽天GORAは、2017年12月に中国の「BaiGolf. com」、韓国の「GOLFZON」といった海外のゴルフ場予約サイトと在庫の連携を進め、韓国最大の予約サイト「XGOLF」とも提携開始になり、国内200コース、韓国300コースがネット予約可能となり、これまでのグアム、サイパン、ハワイ、タイなどに加わりました。 国内ならず海外でも簡単に予約できるのも魅力のひとつですね。 国内に目を向けると1,850近くのコースを収録しており、 最近では1人予約に力を入れていて専用の検索フォームも実装済みです。 またクーポン・キャンペーンも充実しており、このような感じで常に何かしらのキャンペーンを実施しています。 その他にもサインレスで当日受付ができる 「楽天チェックイン」や、ゴルフ場制覇マップ付きのスコア記録管理アプリなど様々な連携手段があるのも魅力です。 日本最大級のゴルフポータルサイト【GDO】 GDOは全国のゴルフ場が予約できるだけでなく、ドライバーやアイアンなど12万点以上のゴルフグッズを取り扱っているネットショップや、レッスン・ゴルフニュースメディアなどもあるポータルサイトです。 東証1部上場企業で、2016年の売上は200億円に迫る勢いの大会社です。 ゴルフ関係のIT企業としては先駆者的存在で、 ゴルファーから最も注目されている会社のひとつです。 単純に予約サイトとして使うのは勿体ないぐらい豊富なコンテンツがあり、これひとつでゴルフ界の出来事を全てウォッチできるのでは?と思えるぐらいです。 ゴルフ予約としても最大級のコース数を収録しており、また 2017年11月にはじゃらんゴルフとの連携を強化、ゴルフコース情報の共有を開始したことにより、ユーザーへの利便性向上に繋げています。 これまでもスタート枠の一部共有など連携をしてきた両社ですが、さらなるユーザーへの利便性向上を狙い合計約1600ものゴルフコース情報を共有、これによりユーザー側は今まで以上に多様なプランからゴルフ予約が可能となりました。 そして、GDOで特にオススメなのが 「HOT PRICE」というプラン。 価格はビックリの割引率で、事前購入のプレーチケットが手に入ります。 30~40%は当たり前で中には60%以上オフもあり、4名で行けば格安になります。 しかし、一度購入すると予約日は空きさえあれば期間内で変更できますが、キャンセルしても返金はありません。 他にも比較的高級コースに属するゴルフ場など他のサイトで予約が取れないゴルフ場もGDOなら可能になるケースがあります。 また、GDOはゴルフ用品の品揃えが豊富なので、クラブなどギア購入の際に使えるというメリットがあります。 ポイントが現金と交換できる【ALBA. 限定プランも豊富にあって、会社のコンペ企画を考えている人には便利なサイトです。 エリアや日にちを決めると比較しながら簡単予約できます。 またゴルフ情報雑誌ならではのツアー情報など、ほかにないゴルフ関連コンテンツが実に豊富で、読むだけでも楽しくなります。 ゴルフの予約をしたついでにグッズのショッピングを楽しんだりもできます。 大きな特徴は 「貯めたポイントを現金に交換可能」なことですね。 他サイトではポイントは提携サイトでのお買い物など用途が限定されていますが、 ALBAでは現金・商品券に替えることができます。 ピンと来た方もいらっしゃると思いますが、 ALBAはコンペ幹事さんにとって強い味方となります。 年間プレー回数に応じて付与されるポイントが変動しますが、予約1人あたり300ポイント(1ポイント1円)もらえるので、10人のコンペなら3000円、30人なら9000円分のポイントが付きます(年間8回以上のゴルフ予約をした場合)。 一見どのサイトでも良さそうに見えますが、 普段からネットでお買い物をしている方やクレジットカード払いをしている方なら断トツで楽天GORAがオススメです。 楽天GORAで付与されたポイントは楽天市場で使えます。 楽天市場はポイントボーナスが非常に多く、定期的に実施されているお買い物マラソンでは最大10倍のポイントチャンスや、楽天カード使用でポイント2倍など、様々な形でポイント還元があります。 また毎月 「5・10・15・20・25・30日」は楽天カード利用でポイントが5倍になるキャンペーンも実施しています。 もちろんゴルフ用品も多数取り揃えていますので、普段のお買い物ポイントでゴルフプレー料金ぐらいは簡単に貯まります。

次の

一人ゴルフ|ゴルフ場一人予約

じゃらんゴルフ 一人予約

一昔前なら「ゴルフは4人(または3人)一組で楽しむモノ」という概念がありましたが、最近はそんなことありません。 気の合った仲間が日程を合わせてお出かけするも良し、一人予約で空いた時間に軽~いノリでフラッとコースに足を運ぶのもアリな時代となりました。 大人数になるとなかなか意見が合わないこともありますが、一人予約ならその点の問題はありません。 そんな一人予約ですが、 最近は婚活目的の方もいるという話を耳にしました。 たしかにお互いの趣味が一緒なら、素敵な方に出会うことはたくさんあるでしょうね。 今回は一人予約で知っておきたいことと注意点、そしておすすめのサイトについてまとめてみました。 一人予約最大のメリットとは 大変便利な一人予約ですが、最近広まっているのにはいくつか理由があります。 まず一番に来るのがゴルフ人口の減少。 団塊の世代でゴルフを引退する方も増えているからか全体としては減少しています。 しかし全体のボリュームは下がってきているものの、若者を中心としたプレーヤーが増えてきているのも事実です。 最近ではというパワーワードも登場してきて、すでに若い世代の社交場となってきているゴルフ場もあります。 とはいえゴルフ仲間を4人揃えるのも大変ですし、ツーサム(2人でプレー)だと別途料金が取られてしまうこともあり、気兼ねなくサクッと遊びに行ける環境が整っているとは言い難いですね。 そんな背景もあり最近流行っているのが、タイトルにもある「一人予約」です。 ゴルフはひとりだけでラウンドするものではないため、 最大の悩みは仲間探しとなります。 かなり多くの方からゴルフをしていない理由として挙げられるのが 「一緒に回ってくれる仲間がいない」ということです。 もう少し深く掘り下げて聞いてみると 「ゴル友はいるけどなかなか時間が合わなくて…」というのが多いようです。 でも一人予約ならすべて自分の都合で日時を決めることができるので、こういった悩みから解放されます。 一人予約の料金は総じて安い 先ほども触れましたがゴルフは基本4人(または3人)一組でラウンドするスポーツです。 2サムは場合によっては割増料金が取られてしまい、1人だけでのプレーはほとんどのゴルフ場でお断りとなっています。 理由は明確で 「1人でプレーしても4人でプレーしてもラウンド時間に大きな違いはなく、であれば沢山の方にプレーしてもらったほうがゴルフ場が儲かる」からです。 では一人予約だとプレー料金も高くなるのかというとそんなことはなく、 ほとんどの場合が通常の予約サイトよりも安くなっています。 ゴールデンウィーク明けの2018年5月13日で調査をしてみます。 調査コースは千葉県にある。 都心からのアクセスが良好なこととメンテナンスの良さで人気のゴルフ場です。 ゴルフ場予約サイトの大手である「」ではセルフ乗用カート・昼食付きで総額19,034円、2サムでのプレーはできません。 対して1人予約ランドの同日プランでは総額が17,198円でした。 しかも2人以上集まればOKなので2サムでもラウンドすることができます。 この差はどうして生まれるのでしょうか? 一人予約はゴルフ場にとって救世主的存在 人気コースともなればすぐに枠が埋まるゴルフ場ですが、全盛期の頃に比べれば来客数も激減しています。 ゴルファー人口の減少が主な理由ですが、前述のように一緒にプレーできる仲間がいないというのも大きな理由です。 ゴルフ場には友の会と呼ばれる年会費を支払うことで割引優待が受けられるサービスを提供しているコースがあります。 ゴルフ会員権と似たような性質がありますね。 しかし、せっかく友の会に入会しても一般の方に交じってプレーするわけではないので、同じ友の会に入っているプレーヤー同士またはご自身のお知り合いとラウンドする、たまに開かれるコンペに参加するといった具合でしかゴルフを楽しめませんでした。 しかし一人予約サイトが増えた現在、友の会会員と連携を行うことで、一人予約メンバーと友の会会員の混合枠も作れるようになり、 ゴルフ場の来客数が増加したケースも多くあるそうです。 「ゴルフに行きたいけどメンバーが集まらない」というユーザーの悩みと「(特に平日の)空き枠を埋めたい」というゴルフ場側のニーズがマッチしたことで一人予約に注目が集まりました。 ゴルフ場としては全くお金を生み出さない空き枠が埋まるのですから、多少安い料金設定でもありがたいという訳です。 目的に応じて料金が変わる ゴルフ1人予約はさらに進化を遂げています。 冒頭で「婚活目的」で一人予約サイトを活用している方がいらっしゃると言いましたが、このあと紹介するアンゴルという一人予約サイトは、まさに 「出会いの場」として人気沸騰中です。 このサイトでは通常の一人予約もできますが一番のウリは 「ゴルフ合コン」が適宜開催されているところです。 コンペ形式で開催されますが、募集の男女比は50:50でまさに合コン。 プレーフィーのほかにラウンド後のパーティ代も含まれているので実際にはやや割高になりますが、 共通の趣味を持った異性との出会いを求める方には嬉しいサービスです。 一人予約で注意するべき点 ゴルフの新しいプレイングスタイルともいえる一人予約ですが、やはり注意する点はいくつかあります。 ゴルフスコアはどのくらいから? ゴルフは最低2人以上でラウンドするスポーツなので、ルールも知らない・ミスを連発してしまうような状態で一人予約をするのは避けたほうが賢明です。 最低でもスコア130を切る程度までは腕前を上げておきたいところです。 ほとんどの同伴者は許容してくれるでしょうが、スロープレーの原因ともなりがちなのである程度の実戦経験を積んでおいた方が良いでしょう。 ルール・マナーはしっかりと覚える さきほど「スコア130を切る程度までは」と書きましたが、 「え?そのくらいで大丈夫なの?」と思った方も少なくないのではないでしょうか。 これは同伴者に迷惑をかけないラインとして独自に設定しましたが全く問題ありません。 それよりも重要視すべきは「ルール・マナー」です。 ルールに関してはすべて把握する必要はないですが、それでも最低限知っておくべき項目は理解しておきましょう。 ゴルフは紳士のスポーツとも呼ばれ、ルールブックの冒頭にはエチケットについての記述もあるぐらいマナーを重んじるスポーツです。 特に重要とされるのが• プレーファースト• スポーツマンシップ• 安全の確認、他プレーヤーへの心配り です。 プレーファーストについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご確認ください。 「初心者だから遅くても仕方ない」という意識は捨て去り、グリーンでは同伴者のパッティングを待っている間にラインを読んでおくとか、道中クラブは常に数本持っておくなどの行為を忘れないようにしましょう。 また、 ゴルフは審判のいないスポーツでもあります。 いうなればウソは付き放題です。 OBラインを少し越えていてもバレなければいいや、という気持ちを持っていても案外同伴者はそういうところを良く見ています。 その他、前の組に打ち込みそうな距離からショットをしたり、周りを確認せずに素振りをするなどは絶対にしないようにしましょう。 ドタキャン・遅刻は最大のマナー違反 一人予約はその性質上、初めてお会いする方と長時間プレーをすることになります。 反対に言えば「まだ会ったことのない方」でもあります。 まだその人を知らないので迷惑をかけても問題ないだろうとドタキャンするのはもってのほかです。 さきほども触れましたが、一人予約は現代社会にマッチした画期的なシステムです。 その根幹をなすのがゴルフ場の空き枠を有効活用したスキームですが、ドタキャンが増えれば増えるほど格安料金で提供したゴルフ場の収益性が下がり、悪化の一途を辿れば「ウチは一人予約システムお断り!」なんてゴルフ場も増えていくことでしょう。 またプレーは最低催行人数というのがあり、ドタキャンが発生することで楽しみにしていた他プレーヤーも巻き添えを喰らってしまうこともあります。 遅刻についても同様です。 ゴルフ場への到着は2時間前を目安に家を出発するようにしましょう。 一人参加で嫌われる方の例 一人予約に限らずですが、ゴルフは腕前よりもルール・マナーが大事であることがご理解いただけたかと思います。 ここで、一緒に回っていて嫌われる方の一例を紹介しておきます。 他人のショットを見ない、打球の行方を追わない• 他人のロストボールになりそうなボールは探さない• プレーイングフォー(前進4打)があっても無視して何発もOBを打つ• 次の地点までクラブを持たずに行く• グリーン上の他プレーヤーのラインを踏む• 同伴者のプレーををダメ出しする(ルール的にもアウト) 他にもいくつかありますが、詳しくはこちらの記事でまとめていますので、気になる方は読んでみてください。 人気の一人予約サイト ここまで一人予約サイトのメリットや実際に使用するときの注意点などをまとめてきました。 ここからは代表的な一人予約サイトの紹介をしていきます。 「1人予約ランド」 1人予約ランドは国内での規模がトップクラス、2010年からバリューゴルフが運営しているサイトです。 ゴルフ場の1人予約に関しては、受付コース数・利用者数ともに国内最大級といわれていますから、それだけお相手もコースも日程も選べるということになります。 1人予約ランドでは安心してゴルフを楽しむための独自システムを用意しています。 登録者の簡単なプロフィールが公開されているので、同伴者の年代や性別・ゴルフレベルなどを事前に確認しておくことが可能です。 プロフィールだけでいきなり当日というのは若干不安だという方には、予約の時に 「意気込み」機能があり、お会いする前にある程度自分を知ってもらうことができます。 通常料金よりも安い価格設定となっている場合が多いので、 非常に良心的な予約サイトであるといえます。 「ゴルフメンバーズ」 ゴルフメンバーズは 「チョー初心者の方、ご一緒していただけませんか~」とか 「シングルレベルの方とゴルフがしたい~」などなど、 個人的な希望で呼びかけながらメンバーを集めるサイトです。 特にイベントなどの情報が掲載されてはおらず、またゴルフ場と提携している訳でもありませんが、その分シンプルで使いやすいサイトです。 こちらは一人の代表者があらかじめゴルフコースの予約などの段取りをとっておきます。 一人で参加したい希望者はこの中から、日にち、場所などが自分にマッチした募集を探します。 そこには募集要項(年齢・性別・レベル)などがあるので、すぐに自分が適合しているかどうかがわかります。 プレーフィや雨天の時などの条件などチェックして申し込みましょう。 有料会員になると承認制の募集もできます。 ゴルフ一人予約のまとめ ゴルフ一人予約サイトの使い方やおすすめサイトなどの紹介をしてきましたが、 初めて予約をする時はとても緊張します。 ですが、ご友人たちと一緒にプレーするときには、事前に 「どこのゴルフ場にしようか、誰の車で行こうか、日時はいつにしようか」などなど決め事をしなくてはいけませんよね。 こんな煩わしさもなく気軽にネットですぐに申し込むことができる一人予約は、 月に何度かプレーをしたいと切望しているゴルファーにとっては大きな魅力です。 それにね、諸先輩方も同じく最初は1人予約で緊張した思い出が強烈に残っています。 ですから 「一人予約したの初めてなんです」と申し出れば、みなさん優しく応対してくれます。 バブル崩壊で生まれた一人予約、ぜひアナタのプレースタイルのひとつとして役立ててみてください。 通常予約でも時期やプランによっては格安でプレーできることもあります。 くわしくはこちらの記事を参考にしてみてください。

次の