南野 拓実 リバプール。 南野拓実の採点は?地元紙がリバプールの過去10年間の補強選手を採点

南野拓実がリバプールにフィットしてきた。「毎日必死です」|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

南野 拓実 リバプール

再開後のプレミアリーグはのFWにとって追い風となるかもしれない。 イギリス『90min』が同選手に対する期待感を伝えている。 南野はザルツブルクに所属していた今季UEFAチャンピオンズリーグ 欧州CL のリバプール戦で好パフォーマンスを見せ、今冬に725万ポンド 約10億円 の移籍金で引き抜かれた。 「リバプールがザルツブルクからタクミ・ミナミノの加入を発表した時、レッズ リバプールの愛称 は世紀の強盗をやってのけたと思った。 ライバルたちがアーリング・ホーランドのために5倍の金額を支払おうとしていた時に、725万ポンドで彼を獲得したのだ」 リバプール加入後は強力な攻撃陣の中で十分な出番を得られず、公式戦7試合の出場でゴールやアシストといった結果は残せていない。 しかし同メディアは「ミナミノについて早合点しないことが重要だ。 監督が彼を信頼していることは明らかである」とし、シーズン再開後の巻き返しを予想している。 「6月17日のプレミアリーグ再開に向け、トレーニングが始まっている。 新型コロナウイルスの影響による 今回の休暇はミナミノにとって恵みのようなものになるかもしれない」 「シーズンが再開され、 リバプールがプレミアリーグの タイトルを確定させた後は、期待するファンの前でプレーする重圧も一時的に解消される。 若いミナミノがレギュラーの前線3人にプレッシャーをかけるための舞台が用意されることになる」 リバプールは中断前の時点で、2位マンチェスター・シティに勝ち点25差をつけて首位を独走。 残り9試合で6ポイントを獲得すれば、30年ぶりのリーグ制覇が決まる状況だ。 同メディアが指摘するように早々と優勝を決めた場合は主力を休ませ、南野など控え選手たちに多くのアピールチャンスが与えられる可能性もある。 同メディアは「クリスマスに彼が初めてリバプールのシャツを着て写真撮影を行った時、私たちはとてもワクワクした。 それが正しかったことを示してくれるだろう」と期待を寄せた。

次の

南野拓実リバプールは年俸いくら?ザルツブルクまでの年俸推移 | 話題のニュースサイト「爆速ニュース」

南野 拓実 リバプール

藤江直人 [ノンフィクション・ライター] 1964年、東京都生まれ。 早稲田大学第一文学部卒。 サンケイスポーツの記者として、前身の日本リーグ時代からサッカーを取材。 1993年10月28日の「ドーハの悲劇」は、現地の記者席で目の当たりにしている。 角川書店との共同編集『SPORTS Yeah! 』を経て2007年に独立。 フリーランスのノンフィクションライターとして、サッカーを中心に幅広くスポーツを追う。 ニュース3面鏡 インターネットの登場以来、以前にもまして巷にはニュースがあふれ返っています。 そうしたニュースや出来事の中から、DOL編集部が気になる出来事を厳選し、正面のみならず右から左から、価値あるニュース、楽しいニュースをお届けします。 エバートンとのFAカップ3回戦から幕を開けたビッグクラブにおける新たな、そして最大の挑戦を手繰り寄せた背景には、5年前に流した「涙」とオーストリアで積み重ねた「我慢」、そして昨秋に世界中へ与えた「衝撃」という3つのキーワードがあった。 (ノンフィクションライター 藤江直人) 鮮やかなステップアップで リバプールへ移籍するまでの軌跡 クラブカラーの赤でスタンドを染める熱狂的なサポーターの大声援が、ヨーロッパ王者・リバプールFCの選手たちを鼓舞し、同時に対戦チームを畏怖させる。 鳥肌が立つ雰囲気に支配されることで知られる聖地アンフィールドのピッチで、南野拓実は3カ月あまりの間に2度も躍動した。 最初は昨年10月2日。 オーストリア王者レッドブル・ザルツブルクの一員としてヨーロッパ最高峰の舞台、UEFAチャンピオンズリーグへ挑んだ。 そして、95日後の今月5日。 背番号は「18」のままで赤いユニフォームに身を包んで世界最古のカップ戦、FAカップの舞台に立った。 ヨーロッパの中でもセカンドグループに入るオーストリアのクラブから、昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグを制し、昨年末のFIFAクラブワールドカップでも頂点に立ったイングランド・プレミアリーグの名門へ。 ほんのわずかな間に、南野は鮮やかなステップアップを成就させた。 昨夏にも久保建英がレアル・マドリード、安部裕葵がFCバルセロナとスペインの名門クラブへ旅立った。 しかし、直近のチャンピオンズリーグおよびクラブワールドカップを制した、圧倒的な強さをも兼ね備えたビッグクラブに移籍した選手は、南野の前には一人しかいない。 FC東京からイタリア・セリエAのチェゼーナを経て、2011年1月に同じくセリエAのインテル・ミラノの一員になった長友佑都は、ビッグクラブでプレーする価値をこう表現する。 「サバンナにいる動物とそのへんの山にいる動物とでは、研ぎ澄まされ方がまったく違いますよね。 常に狙われ続ける厳しい環境で育つ動物と、普通に寝ていても襲われない動物とでは。 僕ら人間も動物なので同じなのかな、と。 やっぱりインテンシティーが高い、厳しいリーグでプレーしないと」 インテンシティーとはプレーひとつひとつの強度を指す。 世界中から猛者たちが集まってくるプレミアリーグの首位を、無敗で独走しているリバプールは最も過酷なサバンナと言っていい。 弱肉強食の世界へすすんで身を投じた南野は、5年前には涙ながらに日本からの旅立ちを訴えていた。

次の

南野拓実のリバプール移籍金はいくら?年俸・市場価値・背番号・結婚・海外の反応

南野 拓実 リバプール

【写真:Getty Images】 プレミアリーグのリバプールは2011年から2020年冬まで19回の移籍市場で66人の選手を補強してきた。 19日付の地元紙『リバプール・エコー』は補強した66人の選手を採点している。 今冬の移籍市場でリバプールが獲得した日本代表MF南野拓実までを紹介している。 最高となる10を獲得したのは、サウサンプトンから2016年に加入したセネガル代表FWサディオ・マネや2017年にローマから加入したエジプト代表FWモハメド・サラー、2018年にサウサンプトンから加入したオランダ代表DFフィジル・ファン・ダイク、同年夏にローマから加入したブラジル代表GKアリソンなど。 一方、最低の1をつけられたのは、2014年夏にACミランから加入したイタリア代表FWマリオ・バロテッリ。 2点をつけられたのは、2012年夏にヘーレンフェーンから加入したモロッコ代表MFウサマ・アサイディなど。 そして、今季公式戦7試合のみの出場となっている南野の採点はなし。 同メディアは南野について「この日本代表は(フィリペ・)コウチーニョ(採点10)になれるか(アンディ・)キャロル(採点4)になるかだ。 しかし、リバプールのスカウト部門と(ユルゲン・)クロップ監督から得ている信頼は、フェンウェイ・スポーツ・グループが最近の移籍市場で正しいということを証明している」とコメント。 採点なしとなった南野だが、同メディアは今後に期待を寄せている。 ようやく再開となったプレミアリーグ。 リバプールの再開初戦はエバートンとのマージーサイド・ダービー。 南野はこの試合に出場することになるのだろうか。 【了】.

次の