コロナウイルス 収束時期。 新型コロナウィルスは湿度に弱い?梅雨には収束?

コロナウイルスはいつ収束する?各国や専門家の予測と今後気をつけるべきポイントを紹介

コロナウイルス 収束時期

新型コロナの感染が中国から欧米諸国に広がり、世界を覆いつつある。 WHOのテドロス事務局長はパンデミック宣言を行い、流行は加速していると述べるとともに、今後は途上国で感染者を発見し、隔離することで感染拡大を防ぐことが重要との見方を示した。 振り返って日本の状況を見ると、この1カ月余りで新たに見つかる感染者数は、少しずつ増加しているものの、感染爆発を起こすような状況は回避できている。 しかし、厳しい対策によって個人も、社会も、経済も疲弊しつつある。 今後の対策はどうあるべきか。 リスク管理の観点から考えてみる。 封じ込め対策の効果と被害 急激な感染拡大の恐れがあった北海道は、2月28日に緊急宣言を行い、週末の外出や大規模イベントの自粛、そして休校を実施した。 3月19日、政府の専門家会議はこの措置が感染の拡大防止に一定の効果があったと判断し、北海道は緊急宣言を解除した。 ソメイヨシノが開花した上野恩賜公園は、「宴席禁止」が呼びかけられた=2020年3月21日、東京都台東区、西畑志朗撮影 他方、2月27日に政府が要請した全国一斉の臨時休校については、専門家会議はほとんど評価していない。 休校は、児童、両親、学校、給食関係者などに広範に及んだ被害が極めて大きかった。 つまり対策には、効果とともに、被害がある。 その両者を比較して「リスク最適化」を図ることが要なのだ。 全国一斉という措置についてはその計算に不備があったのではないか。 文科大臣は、20日、休校を延長しない方針を明らかにした。 疑問がある対策もあった。 感染者が増加していた大阪府と兵庫県では、国の専門家から「大阪府・兵庫県内外の不要不急な往来の自粛を呼びかける」ことを提言されたという。 これを受けて、府知事は3月20〜22日の3連休に府県間の移動自粛を要望し、多くの人がこれを受け入れた。 しかし、国の専門家の提言は、県内外や府内外のすべての往来自粛を求めたものと読み取ることができる。 そうであれば有効な対策として評価できるが、府県間のみを制限して意味があったのか。 やはり、リスク最適化の検証が必要である。 真に効果がある対策とは? それでは、感染拡大の防止に効果がある対策は何だろうか。 中国での状況を検証した論文が発表されたので、その内容を紹介する。

次の

新型肺炎コロナウイルス収束時期は?SARSやMARSのはどうだったか調査

コロナウイルス 収束時期

パンデミック終了時期を計算するため、研究者らは131ヵ国の新型コロナの状況に関するデータを分析した。 予想を行う上で研究者らは疫学研究ではポピュラーなSIRモデルを使用した。 このモデルによれば、「感染しやすい状況の人たちは感染し、その後、全快する」という。 によれば、日本は5月18日には感染の97%が終了し、6月4日までに99%に達するという。 感染の最終的な収束は9月25日とされる。 ロシアに関しては次のように予想している。 4月24日にロシアは感染のピークを越える見込みで、5月19日は97%、5月27日には99%に達するという。 国内の感染は7月19日には収束を迎える。 は、研究者らは、8月26日までには感染病から完全に抜け出すことができると予想している。 また、世界中のパンデミックは12月9日までに収束すると予想する。 しかし、研究者らは、彼らの予想は不確実であり、間違いも含まれている可能性があると強調している。 また、研究者らは、彼らの研究結果に対して注意深く対応するよう読者に要請している。 関連ニュース ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

新型コロナウイルスが収束する時期は意外と早いと思う理由│50歳でアーリーリタイアした男のブログ

コロナウイルス 収束時期

もくじ• <新型コロナウイルス終息時期>SARS(サーズ)の場合 重症呼吸器症候群SARS(サーズ)が世界的に大流行したのは2002年のこと。 2002年11月、中国の広東省で初めての患者が報告されたのを皮切りに、世界に広がっていきました。 感染経路は、旅行者と治療を行った医療従事者が主で、当時のデータによると、最終的に感染者数8096名、亡くなった方は774名でした。 つまり、新型のSARSコロナウイルスの終息の時期は、 中国で初めて感染が確認された2002年11月から数えて約8か月後ということです。 <新型コロナウイルス終息時期>MERS マーズ の場合 中東呼吸器症候群MERS(マーズ)の大流行は、2012年9月の英国からの重症肺炎患者からの新型コロナウイルスがみつかったというWHOへの報告から始まっています。 発生源はサウジアラビアと言われており、感染源はヒトコブラクダとも言われていますが、感染方法、感染経路とともに解明されていません。 「自分自身は中東への渡航歴をもたず、中東からの訪問者に接触して感染した」という事例が、英国やフランスでみられ、「濃厚接触」での限定的な感染が確認されています。 2019年時点での感染報告もあり、 完全な終息には至っていない状態です。 2020年の新型コロナウイルス終息時期と3つのウイルスの比較 ここまで、過去に流行ってきた2種類の「新型コロナウイルス」について振り返ってきました。 その分、感染した人が死んでしまう率が高いので、感染力は弱く現在も流行しているのにも関わらず、感染者数は2494名と最も少ない数になっています。 2020年2月現在、大流行している今回の新型コロナウイルスは、致死率が低いために感染力が強く、SARSの時に比べて何倍もの感染者数となってしまっているということです。 それぞれのウイルスが、「いつ終息を迎えたか」ということに関してみてみると、 SARSは8カ月ほどで終息宣言が出されたのに対し、MERSについては現在も流行が続いています。 これは、MERSに対して感染源や感染経路がハッキリと特定されていないことも一因と考えられます。 そこだけを考えたとき、感染経路が現時点ですでにわかっている今回の新型ウイルスに対しては、SARSの時と同じ対策ができるので、その終息も同じような時期になる可能性は大きいです。 その場合は、 今回の新型コロナウイルスによる肺炎の大流行は、7-8月頃終息を迎える可能性が高いのではないかと考えられます。 ただ、今回の新型コロナウイルスは、SARSよりも感染力が強く、「検疫と隔離」というSARSの時と同じ対策が追いつかないという可能性も・・。 また、無症状の感染者も出ていることから、今後のさらなる大流行も懸念されています。 終息宣言がその前までに出ないとなると、最悪の場合、東京オリンピックが中止になってしまう可能性も高いです。 なぜなら、現在、「フォーミュラEのレース」など、国際的なスポーツイベントがこの新型コロナウイルスの大流行を受けて中止になっているからです。 <追記>2月25日 パウンド氏は、準備期間の短さから他都市での代替開催や分散開催は難しいと指摘。 数カ月の延期も、米プロフットボールNFLや米プロバスケットボールNBAのシーズンと重なるため、放送権料を支払う北米のテレビ局が納得しないだろうと否定的だ。 より引用 国際オリンピック委員会(IOC)のパウンド氏によると、 開催地変更や分散しての開催、延期も難しいとのこと・・。 そして、東京オリンピックが開催されるかどうかの判断は、引き延ばせたとしても5月下旬までとのことです。 開催地変更や延期はダメとなると、万が一の場合は、「中止」一択ということですね・・。

次の