月山 天気。 月山神社の10日間天気 週末の天気・紫外線情報【お出かけスポット天気】

月山(鶴岡市)天気|気温・風速・日の出・積雪

月山 天気

自然とふれあいながら、「自然のしくみ」や「自然と人間とのかかわりあい」などが学べる施設です。 園内には、ネイチャーセン... 他のスキー場がクローズしていく4月にオープンする「月山スキー場」。 標高1,600mの高地にゲレンデがあり、7月までスキーや... 4月下旬~11月まで高さ112m、日本一の高さの噴水が打ち上げられます。 月山は山形県の中央に位置し、標高1984メートル。 めずらしい楯型アスピーテ形式の火山で、朝日連峰、飯豊連峰とともに磐梯朝... かつて三山参詣の拠点としてにぎわった旧日月寺。 正面総長66. 9mという破格の規模を誇り、国の重要文化財に指定されています。 西川町の自然豊かな環境で育まれた山菜・きのこなどの山の幸や農産物を中心に、地元の穫れたて品が集まります。 また、温泉施... 霊峰月山の麓にある月山酒造株式会社は、山形県の中でも屈指の銘醸地として知られるこの地方で、長年の間、伝統とすぐれた品... 月山山麓の丘陵地に位置し、自然環境を極力生かした空間づくりが魅力。 近くには野球場や陸上競技場、テニスコートなどのスポ... 見学のほか、個人~団体まで各種体験が楽しめる施設です。

次の

【月山情報】令和2年度 月山および月山周辺各施設の受け入れ状況について

月山 天気

パワースポット「月山」とは 写真の「左、鳥海山」「中央、月山神社」「右、月山小屋」• 山梨県の中央にある標高1984mの山。 全8コースあり、初心者~上級者まで難易度に合わせて登山出来る。 山頂は神社、宿舎、休憩小屋、トイレがある。 山頂からの展望は鳥海山、庄内平野、朝日連峰を一望できる。 県内外、外国からも人気があり、毎年多くの登山者が訪れます。 死と再生の聖なる山。 供養する霊祭所がある。 全登山口情報 月山の登山口は上の地図の赤茶色の登山者マークで示した。 各登山コースの概要は以下の通り。 人気は5段階で5が一番ある。 初心者の日帰りコース 初心者おススメとしては• 羽黒山コース• 姥沢リフトコース• 姥沢コース 1. 羽黒山コース• 個人的には、 羽黒山コースがお勧め。 登山時間は長いが、登る人が多くて、売店、休憩ポイントが多いため。 山道を見守るお地蔵様に登山の安全祈願をしながら行きましょう。 2.姥沢リフトコース• 次におススメが リフトコース。 リフトに乗る最短ルート。 リフト場が売店、休憩所でもある。 晴れて天気の良い日は、リフトが気持ちがイイ。 全コース中の最短コースで木道が多く登りやすい。 3.姥沢(志津)コース• 整備された登山道。 リフト営業時間を待たず登れる。 リフトコースと合流するまで、人は少ない。 山頂までトイレ、避難小屋は無い。 水が流れていて、足が少し濡れます。 リフトコースと合流地点まで、熊が出る可能性あり。 熊遭遇ポイントは、先が見えない曲がり角、木や藪に囲まれた登山道、沢の大きな音がある所です。 マイカーアクセスして登り口と下山口を変える場合、(山を横断したら)車を取りに戻るのに、車の移動サービスは無く、公共機関で戻るには、かなり不便。 タクシー移動しても、1万円以上はかかるので、やめた方がいいでしょう。 羽黒山コース(8合目) 名前が羽黒山とあるが、羽黒山経由で登る訳ではない。 近くにある羽黒山側から登るという事で、羽黒山は別にある。 山伏、行者が登るコース。 羽黒山コース途中にある「仏生池小屋」前から。 登山口アクセス 自動車:「月山8合目」か「月山レストハウス」を目指す。 鶴岡ICから約1時間。 通行期間:7月1日から10月初旬(月山6合目ゲートは10月下旬で閉鎖) 公共機関:以下の方法。 1.鶴岡駅からバスで(エスモール)月山八合目へ。 2.鶴岡市のタクシー会社 前泊宿 下の地図で赤茶色のベットマークです。 ほとんど鶴岡駅前です。 東京第一ホテル鶴岡に泊まりましたが、展望風呂でした。 月の沢温泉北月山荘• 「月の沢温泉北月山荘」は月山8合目から一番近い宿。 こちらは、日帰り温泉もある。 入浴料金350円。 8合目まで車で32分。 休日もあるので、問い合わせて行った方がよい。 @休日は、電話に出ない様子。 公式サイト 登山道 登山口の月山8合目駐車場、レストハウスにトイレがある。 一回使用毎に100円。 登山道の途中にある御田原参篭所、佛生池小屋にトイレ、売店がある。 鳥海山を背に登っていくと7合目くらいから朝日連峰が左側に見える 「行者返し」が急斜面の岩場。 8合目は標高1400mなので山頂の標高1984mの高低差500mを4kmに及ぶ、なだらかな傾斜を歩いて行きます。 最初は木道で、残りは岩の上を歩いて行きます。 写真は御田原参篭所 山と高原のアプリから引用 日帰り温泉 〒997-1201 山形県鶴岡市湯野浜1丁目14 湯田川温泉観光協会 TEL 0235-35-4111 姥沢リフトコース 最短コース。 姥沢コース(志津)より約1時間早く登れる。 リフト場に売店、食堂がある。 家族やツアー客がよく使う。 晴れて風が強くない日に乗りたい。 写真は、月山リフトから。 登山口アクセス 【自動車】• 姥沢駐車場まで月山ICから30分、西川ICから50分。 ナビ検索「月山リゾートイン」が良い• 周辺20km以内にガソリンスタンドなし。 駐車場は姥沢駐車場(200円)か宿泊先の駐車場。 月山ICについて• 山形自動車道、月山花笠ライン、112号が交差している所。 山形駅方面から月山湖PAの次。 月山IC出入り口は迷いやすいので、ナビや案内板をよく見て行先に注意して下さい。 写真は姥沢駐車場@美化費として200円かかる。 朝6時頃回収しにくる 【公共機関】• バスで行く• JR山形駅東口で高速バス40分で西川バスストップ• 徒歩2分で西川ICバス停• シャトルバス乗り換え40分で月山姥沢口へ。 乗り換えバス停が同じ場所は「月山口」だけだが本数が少ないので西川バス停で乗換が良い• 高速バスは予約制。 一日4便。 月山観光タクシー:電話 0237ー74ー2310• レンタカー:• 送迎付き宿(登山口から近い順)• :電話 0237-75-2316• : 電話 0237-75-2241• :電話 0237-75-2533• :電話 0237-75-2431 問合せて聞いてみて下さい。 地図は 山形駅東口ー西川IC経由-姥沢駐車場 リフトについて リフト料金表 大人1人 団体(20人以上) 片道 580円 530円 往復 1030円 930円 *子供料金は一回当たり約150円、大人より安い。 営業期間:6月中旬~10月下旬(夏山リフト用)• 営業時間:8:00~16:30(7・8月の土日祝日は7:30から営業)• リフト時間:20分間• 連絡先1: 月山ペアリフト下駅 TEL0237-75-2025 写真はリフト上駅 登山道 リフト上駅から牛首まで少し遠回りになるが姥ケ山を経由してもいい。 下の地図で赤丸を付けた。 最短距離で行くより登りは20分、下りは10分、時間がかかる。 上駅で標高1520m。 (山頂1984m) 山と高原のアプリから 日帰り温泉 登山口の宿はチェックアウト後は、別料金で入れる。 ゆきしろ: 山形県西村山郡西川町志津5 電話0237-75-2033 姥沢コース(志津) 2番目に早い最短コース。 朝一で、早く登るのに良い。 リフト営業開始が朝8時からなので、このコースで7時過ぎに登るならリフトに追い越されてしまう。 下山時にリフトを利用しても良い。 登山道に避難小屋、トイレは無い。 姥ケ岳との分岐にベンチがある。 木道、岩の道が続き、やや単調なので少し飽きがきます。 7合目付近から庄内平野、鳥海山が見える 前半のリフトコースと合流までは熊が出る。 沢の音がザーとして、曲がり角は先が見えないので出没すると思われる。 気付けば熊の方が逃げると月山リゾートインのスタッフさんが言っていました。 熊鈴を持って行きましょう。 月山リゾートインに前泊したが、朝5時に出発で弁当を作ってくれました。 登山口アクセス 登山口アクセス、登山口周辺、、駐車場日帰り温泉、前泊の内容は 姥沢リフトコースと同じ 登山道 山と高原アプリから 写真は姥沢コースの木道 月山神社について 月読命 月山山頂にある月山神社は、月読命(つきよみのみこと)が祀られている。 天照大神が太陽なら月読命は月のような存在。 天照大神の弟神とされ、夜の神、月の神ともいわれている。 古事記に登場回数が少なく、謎多き神様です。 神社境内は、石垣で囲まれて出入口は一か所。 撮影禁止で御払い(500円)をうけなければ入れない。 御払いは、人型の紙に体の部位で気になる所を摩り、近くの水に入れる。 その後、神主から「頭(こうべ)を垂れて下さい」と言われ御払いを受ける。 神主さんから最後に御守が貰えます。 境内は反時計回りに進んで行く。 入って行くと賽銭箱と月読命が祀られている神社がある。 次に進むと御守など売ってる売店がある。 最後にロウソク、線香が無人で売ってあり、火をつけ近くの祠に供える。 風が強く、なかなか火が付きにくいです。 写真は月山神社順路の看板を撮影した 月山で思う事 写真は月山から見る庄内平野と日本海 僕が月山に登山した年は、頭痛と腰痛がひどく月山神社でお祓いをした時に、健康を願った。 それが良かったかは、分からないが、今は頭痛も腰痛も軽減している。 そして、僕が考えるに、この山は騒がしい事を嫌う。 大きな声を出したり、はしゃいだりするのはやめた方がいいでしょう。 観光客が増え賑やかになる事を望んでなく、そっとしておいて欲しい様子です。 静かで落ち着いた気持ちで参拝する事が大事だと思う。 冷たさと暖かさが入り混じった不思議な感覚がする山です。 遠いが毎年登りたい山です。 写真は月山山頂にある月山神社本宮。 鳥居から中は撮影禁止のため外から撮影した。

次の

月山(鶴岡市)天気|気温・風速・日の出・積雪

月山 天気

月山情報 月山残雪情報・・・今年は例年に比べると雪が多く残っています 3月~5月上旬まで降雪があったため。 月山八合目ルート・・9合目佛生池小屋手前の一ノ岳付近、残雪の距離長いのと急な ためアイゼン(軽アイゼンでの可)あれば安心です。 又、行者返しの手前では大きな吹き溜まり上の残雪が残って います。 山頂付近は、大峰の木道より先は、月山神社まで続 いています。 大きい雪原は、3カ所の残雪があります。 ガイドロープ目印など設置は完了しています。 【情報:山頂小屋さんより】 姥沢コース ・・ リフト上駅より、すぐ残雪があります。 姥ヶ岳経由山頂・木道牛首経由ともアイゼン必要です。 姥ヶ岳山頂までは、ガイドロープの設置あり、残雪の距離 100m以上、他のルートのガイドロープなどの設置は開山祭 までには設置するそうです。 【情報:県立自然博物園さんより】 湯殿山ルート ・・未確認。 近々に情報入手いたします。 【天候が急変する場合もございます】 装備は、・レインウエア・食料(行動職・携帯食(補助食品・菓子類等)・ 飲料水・簡易な救急用品・帽子・登山用ストック・紫外線が強いので日焼け 止め切めクリーム・目守るためサングラスなども。 必要に応じて、アイゼン などもお持ちください。 又、携帯電話・スマホのバッテリー消耗が激しいの で、予備バッテリーか充電できる機能を持ったものをお持ちください。 充電する場合は、施設の管理者に、声がけしたから行って下さい。 道路情報 湯殿山有料道路 ・・・通行可能 羽黒山有料道路 ・・・通行可能 月山公園線 県道211号 ・・・ 通行可能。 道路は幅が狭いので気をつけて通行してください。 なお、月山ビジターセンター~2合目区間は工事の ため、引き続き通行止めとなります。 月山高原牧場 経由でお願いします。 (誘導看板あり) 志津姥沢線(県道114号)・・・通行可能 交通情報 バス「エスモール・鶴岡駅前~羽黒山頂・月山八合目「羽黒山頂~月山八合目」区間 は、7月1日(水) より運行開始となりますが、 4往復から2往復に減便 し、7月と8月 のみの運行となります。 運行ダイヤの詳細はこちらのサイトをご覧ください。 施設情報 月山八合目公衆トイレ・駐車場 ・・・利用可能 月山八合目レストハウス ・・・今シーズン休止 月山八合目弥陀ヶ原参籠所 ・・・今シーズン開所中。 但し宿泊・食事の提供はしない 九合目佛生池小屋 ・・・営業しています。 九合目公衆トイレ ・・・利用可能。 100円以上の協力金をお願いします。 月山神社本宮 ・・・7月1日より開門(7月1日~8月31日) 月山山頂小屋 ・・・営業しています。 山頂公衆トイレ ・・・諸事情により、バイオトイレ稼働してい ません。 また、メンテナンスが行き届か ない場合もございます。 100円以上の協力金をお願いします。 月山ペアリフト ・・・リフト通常運行。 営業時間8:00~16:30 下駅食堂は当面の間休業となります。 花情報 月山八合目弥陀ヶ原・・・・ニッコウキスゲ・ハクサンフウロ・コイワカガミ・ エゾイチゲ・ミズバショウ・ヨツバシオガマなど 九合目佛生池小屋周辺・・・・ミヤマシオガマ・ヒナウスユキソウ・ハクサンチドリ・ ミヤマキンバイなど【情報:佛生池小屋さんより】 月山山頂周辺 ・・・・クロユリ(今年は)少し多く見られます・ ヒナウスユキソウ・コイワカガミ・イワウメ・ツガザクラ・ エゾノツガザクラ・アオノツガザクラ・コケモモ・ ハクサンイチゲなど 姥ヶ岳周辺 ・・・・コイワカガミ・ハクサンチドリ・ヨツバシオガマ・ シラネアオイ・チングルマ・ミヤマキンバイなど 登山マップ 月山登山マップと八合目弥陀ヶ原遊歩道の簡易マップです。 日本語版とEnglish版あります。

次の