アウディ rs7。 アウディRS7パフォーマンス

新型アウディRS7スポーツバックにフランクフルトで速攻試乗! 超スポーティなのにマイルド!

アウディ rs7

新型「RS7」の日本発売時期はいつ? 新型「RS7」の日本発売時期は、 2020年9月以降と予想します。 2019年9月のフランクフルトモーターショーで発表されたということは、欧州を中心に早ければ2019年中に予約が開始されると思われます。 そうなれば新型「RS7」の最初のラインオフが2020年1月頃となるでしょう。 日本への導入時期は約半年後の7月頃と予想したいところではありますが、アウディは日本導入に時間がかかるので早くとも2020年9月以降に日本で発表されると思っておいた方が良いでしょう。 同じドイツメーカーのメルセデスベンツとBMWは早々と新型車を日本に導入できることを考えると、日本の審査が厳しいから導入が遅れているということではないかもしれませんね。 アウディの日本導入の遅れの理由は、アウディもしくは親会社であるフォルクスワーゲンの社内的な都合による可能性もあります。 いずれにせよ、「欧州発売の半年後に日本デビューする」という輸入車の定義はアウディには通用しないので、ちょっと気長に待つ必要があります。 新型「RS7」の日本発売価格はいくら? 新型「RS7」の日本発売価格ですが、 1800万円前後になると予想します。 数字の根拠としては、兄弟車であり一足先にデビューした「RS6」のイギリスでの販売価格の予想が80,000ポンド(約1080万円)からと予想されていることです。 欧州を含めイギリス仕様ではマニュアルトランスミッションをはじめ、日本仕様では標準とされている様々な装備がない安価モデルが存在します。 新型「RS7」を日本仕様に仕上げるため様々なオプションを追加していくと軽く1600万円から1700万円に届くでしょう。 この車両価格に日本へと輸送料や消費税を考えた結果、新型「RS7」の日本販売価格は1800万円前後になると予想しました。 新型「A7スポーツバック」の日本仕様は3. 1800万円・・・・・安いと思うか高いと思うかはあなた次第です! 新型「RS7」に更なるパフォーマンスモデルの噂? 新型「RS7」についてですが、さらなる新情報が伝えられています。 「RS」モデルと手掛けるアウディの子会社「Audi Sport」の役員の一人が、新型「RS7」にさらなるハイパフォーマンスモデルを追加する予定があることを示唆したというものです。 その役員の話によると、新型「RS7」のパフォーマンスモデルにはプラグインハイブリッドテクノロジーを導入するとのことです。 このプラグインハイブリッドテクノロジーはアウディ「A7スポーツバック」のプラグインハイブリッドモデル「A7 Sportback 55 TFSI e」に搭載されている 14. 新型「RS7」に搭載されている4. 最高トルクもおそらく1000Nm前後となるでしょう。 まさに次世代パワートレントいったところです。 この次世代パワートレインは、現在開発が進められているアウディのフラッグシップSUV「Q8」の高性能モデルとなる「RSQ8」にも搭載される可能性があるという噂もあります。 車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか? 愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。 「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。 しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました! 35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ! そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、 中古車買取実績No. 1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい! ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。 どうせ値段が付かないからと諦めていませんか? あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません! だからこそ、まずは査定してみましょう。 それに、中古車買取実績No. 1のガリバーは買取専門店ではありません! ガリバーは中古車販売実績No. 1の中古車販売店です!! 「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。 完全無料• 45秒のカンタン入力 たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます! もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。 「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます! あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、 まずは中古車買取実績No. 1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

次の

アウディRS7パフォーマンス

アウディ rs7

究極の高性能プレミアムスポーツであり、ブランドの3要素「スポーティ」、「洗練」、「革新」を高いレベルで実現したRSモデル。 「RS7スポーツバック」は、美しい5ドアクーペのフォルムとハイパフォーマンスが共存。 V8 4L TFSIツインターボエンジンを搭載。 高性能エンジンやフルタイム4輪駆動クワトロ(quattro)システムなど先進技術を受け継ぎ、圧倒的なパフォーマンスと環境性能を両立。 多段化により燃費向上に寄与する8速ティプトロニックトランスミッションが組み合わせる。 これらV8エンジンには革新的な気筒休止システムシリンダーオンデマンド(COD)を採用。 また、リヤスポーツディファレンシャル、DRC付きスポーツサスペンションプラスを標準装備。 さらに安全装備として、自動ブレーキ機能のアウディブレーキガード、車線変更の際、危険を察知するとドアミラーに組み込まれたライトが点灯するアウディ サイドアシストや自動でステアリング修正機能が付いたアクティブレーンアシスト、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールなども標準装備。 また、動物も識別可能になった進化版ナイトビジョンシステムや駐車時に自動でステアリング操作をしてくれるパークアシスト付アウディパーキングシステムも採用。 今回、価格変更を行った。 左右ハンドルの設定。 A7スポーツバックの画像を使用しております。 究極の高性能プレミアムスポーツであり、ブランドの3要素「スポーティ」、「洗練」、「革新」を高いレベルで実現したRSモデル。 「RS7スポーツバック」は、美しい5ドアクーペのフォルムとハイパフォーマンスが共存。 V8 4L TFSIツインターボエンジンを搭載。 高性能エンジンやフルタイム4輪駆動クワトロ(quattro)システムなど先進技術を受け継ぎ、圧倒的なパフォーマンスと環境性能を両立。 今回マイナーチェンジを行い、最大トルク412kW(560hp)を発揮。 多段化により燃費向上に寄与する8速ティプトロニックトランスミッションが組み合わせる。 これらV8エンジンには革新的な気筒休止システムシリンダーオンデマンド(COD)を採用。 また、リヤスポーツディファレンシャル、DRC付きスポーツサスペンションプラスを標準装備。 さらに安全装備として、自動ブレーキ機能のアウディブレーキガード、車線変更の際、危険を察知するとドアミラーに組み込まれたライトが点灯するアウディ サイドアシストや自動でステアリング修正機能が付いたアクティブレーンアシスト、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロールなども標準装備。 また、動物も識別可能になった進化版ナイトビジョンシステムや駐車時に自動でステアリング操作をしてくれるパークアシスト付アウディパーキングシステムも採用。 左右ハンドルの設定。 A7スポーツバックの画像を使用しております。 究極の高性能プレミアムスポーツであり、ブランドの3要素「スポーティ」、「洗練」、「革新」を高いレベルで実現したRSモデル。 「RS7スポーツバック」は、美しい5ドアクーペのフォルムとハイパフォーマンスが共存。 最高出力560馬力、最大トルク700Nmを発揮する、V8 4L TFSIツインターボエンジンを搭載。 8速ティプトロニックトランスミッションを組み合わせ、高性能エンジンやフルタイム4輪駆動クワトロ(quattro)システムなど先進技術を受け継ぎ、圧倒的なパフォーマンスと環境性能を両立。 0-100km/h加速は3. 9秒、JC08モード燃費は10. 4km/Lを実現。 エクステリアは、標準装備の専用21インチアルミホイール、LEDエクステリアライトパッケージ(ドアハンドル)/電動リトラクタブルリヤスポイラーなどを装備。 インテリアでは、センターアームレスト(フロント)/LEDインテリア アンビエンスライト/アドバンストキーシステム(エンジン始動/ドア開錠、施錠)に、電動チルト式2ウェイガラスサンルーフを装備。 セーフティー機能では、EPB(エレクトロメカニカル パーキングブレーキ)/アウディ ホールドアシスト、アウディパーキングシステム(リヤビューカメラ付)を採用。 左右ハンドルの設定。 今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。 究極の高性能プレミアムスポーツであり、ブランドの3要素「スポーティ」、「洗練」、「革新」を高いレベルで実現したRSモデル。 「RS7スポーツバック」は、美しい5ドアクーペのフォルムとハイパフォーマンスが共存。 最高出力560馬力、最大トルク700Nmを発揮する、V8 4L TFSIツインターボエンジンを搭載。 8速ティプトロニックトランスミッションを組み合わせ、高性能エンジンやフルタイム4輪駆動クワトロ(quattro)システムなど先進技術を受け継ぎ、圧倒的なパフォーマンスと環境性能を両立。 0-100km/h加速は3. 9秒、JC08モード燃費は10. 4km/Lを実現。 エクステリアは、標準装備の専用21インチアルミホイール、LEDエクステリアライトパッケージ(ドアハンドル)/電動リトラクタブルリヤスポイラーなどを装備。 インテリアでは、センターアームレスト(フロント)/LEDインテリア アンビエンスライト/アドバンストキーシステム(エンジン始動/ドア開錠、施錠)に、電動チルト式2ウェイガラスサンルーフを装備。 セーフティー機能では、EPB(エレクトロメカニカル パーキングブレーキ)/アウディ ホールドアシスト、アウディパーキングシステム(リヤビューカメラ付)を採用。 左右ハンドルの設定。

次の

アウディの高性能モデル「RS7」日本発売時期はいつ?価格はいくら?

アウディ rs7

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治) アウディ・スポーツが2代目RS7を発表した。 拡大し続けるRSモデルレンジに、真の「グランドツアラー」として設計されたモデルが追加されることになる。 フランクフルト・モーターショーで発表された新しいRS7は、2020年初頭に発売が開始される予定。 ベースとなったのはアウディA7スポーツバックで、パワートレインを共有するRS6の兄弟モデルとなる。 エンジンは4. 0LのV8に電圧48Vのマイルド・ハイブリッドシステムを結合。 最高出力600ps、最大トルク81. 新型アウディRS7(2020年発売予定) A7から大幅にエクステリアデザインには手が加えられ、ボンネットとフロントドア、テールゲート以外のすべてのボディパネルはRS7の専用設計。 全幅は1951mmでA7よりも40mm広くなっている。 エクステリアデザインを手掛けたフランチェスコは、「プレステージカーとしての姿を表現できた」とAUTOCARに話してくれた。 フロント周りはグロスブラックのシングルフレームグリルが新しくなり、冷却効率を高めるべく、スーパーカーのR8を彷彿とさせるエアインテークが穿たれている。 リアで目を引くのは大きなディフューザー。 大きなエグゾーストはクロームメッキ仕上げで、アウディ・スポーツのモデルの中では最大の径となるという。 フロント・リアともにライト類はLEDが標準。 RS7のホイールは鋳造の21インチ・アルミホイールが標準で、オプションとして22インチも設定。 RSブレーキディスクが標準となり、ディスクの直径はフロントが420mm、リアが370mm。 オプションでセラミックブレーキも選択でき、直径は440mmと370mmへと大きくなる。

次の