ジェイソン ウィリアムス。 ジェイソンウィリアムスの息子が父とそっくりすぎる件

ジェイソンウィリアムスの息子が父とそっくりすぎる件

ジェイソン ウィリアムス

現役時代 のウィリアムス ポジション 現役時 背番号 現役時 55, 2 44 , 3 身長 現役時 185cm 6 ft 1 in 体重 現役時 86kg 190 lb 基本情報 本名 Jason Chandler Williams 愛称 J-Will, White Chocolate , J-Dob ラテン文字 Jason Williams 誕生日 1975-11-18 (44歳) 国 出身地 出身 ドラフト 7位 選手経歴 1998-2001 2001-2005 2005-2008 2009-2011 2011 受賞歴• :2006• 1stチーム:1999 目次• 学生時代の経歴 [ ] ウィリアムスはチャールストンから数マイル離れた小さな町ベレで成長し、デュポン高校(現在は廃校となっている)を卒業した。 最上級生の年に彼は後にの大スターとなると並んで、バスケットボールで頭角を現す。 プロビデンス大学に推薦が決まっていたが、ウィリアムスはマーシャル大学に入学する。 プロビデンス大学コーチのリック・バーンズがに移ったからだった。 大学入学後、初めてのシーズン(1995-96)では、平均13. 4得点、6. 4アシストを記録した。 夏、ヘッドコーチのがにあるゲイターズのヘッド・コーチに就任すると、ウィリアムスは彼についてゲインズビルに行く。 1997-98シーズンでは、ウィリアムスはPGとしてチームをリード。 平均得点17. 1、アシスト6. 7という記録を残した。 の対との試合では17アシストを記録。 そして、前シーズンチャンピオンのをラップ・アリーナでの試合でほとんど独力で打ち破った。 そのシーズン後、ゲイターズはウィリアムスがチームの規則(大麻使用)を破ったとして追放した。 NBA [ ] サクラメント・キングス [ ] からの追放処分を受け、ウィリアムスはNBAに行くことを決める。 彼は、からで全体7位で指名された。 そこでウィリアムスは、、およびらと共にチームをプレーオフに進出させることになる。 7月20日、ウィリアムスはの最初の5試合出場停止処分を受ける。 NBAの薬物追放プログラムへの参加義務を怠ったからだった。 メンフィス・グリズリーズ [ ] 、キングスはウィリアムスを、と共にの・と2対2の交換トレードで放出した。 グリズリーズは2001-02シーズンに先立って本拠地を・からへ移転。 当時のヘッドコーチはだったが、移転初シーズンの成績は前シーズンと変わらなかった(23勝59敗)。 、GMのはをコーチに迎え入れる。 2002-03シーズン、グリズリーズはチーム史上最高の28勝を挙げた。 2003-04シーズンには大方の予想を覆し、ウィリアムスはチームメートのと共にチーム記録を22勝も上回る50勝する原動力となって、ウェスタン・カンファレンスで6番目のシードに位置し、初のプレーオフ進出に貢献した。 マイアミ・ヒート [ ] 8月2日にウィリアムスとチームメイトのは、リーグ史上最大のトレードとなった5チーム合計13名の選手の内の2名としての、との交換で移籍した。 2005-06シーズンは、ヒートの先発PGとしてプレイ。 膝の故障もあったが、ファイナル、対第6戦で、ウィリアムスは21得点をあげ、進出に貢献した。 そして、ファイナルでヒートはを破り、ウィリアムス自身初のを手に入れた。 ファイナルでの成績は、平均12得点、5アシストであった。 は61試合の出場にとどまる。 平均得点10. 9、アシスト5. 3という成績は、キャリア平均11. 7得点、6. 5アシストには遠く及ばなかった。 ポストシーズンでは更にパフォーマンスを落とし、平均5. 3得点、3. 5アシストに終わった。 ヒートも第1ラウンドでにスウィープを喫した。 なお、ウィリアムスは2007年にHEAT Players of All-Timeの25人の中に選ばれた。 は67試合に出場し、平均8. 8得点、4. 6アシストという成績だった。 チームは、の故障やがに放出されたこともあって、15勝67敗で最下位に終わった。 一時引退そしてオーランド・マジック [ ] 07-08シーズン終了後8月7日に、と契約したが、2008-09シーズン開幕前に1試合も出場する事なく現役引退を表明した。 しかし、2009年8月19日に引退を撤回し、と契約する。 そして翌2010年8月3日、マジックと再契約を果たした。 メンフィス・グリズリーズに復帰 [ ] 2011年1月に、を解雇される が加入したことにより、PGが飽和状態になったため。 その後、かつて所属した、に復帰。 11試合に出場してをもって引退した。 プレースタイル [ ] キャリア初期はに似たスタイルで注目を浴び、でそのパスやアシストがよく取り上げられた。 ビハインド・バックパスやノールックパスなどトリッキーなパスを得意とし 、多彩なボールハンドリングや強く高く弾ませる独特なドリブルなど予想がつかないプレイスタイルからの再来と言われることもあった。 しかし、そのスタイルはが多いという弱点もあった(2年目と4年目では1試合平均3. それ故に、ボールを持たせるのが危ないという評判をもたらしキングス時代では試合の局面(主に最終クオーター)で起用してもらえることが少なく、こういった場面はが任されていた。 グリズリーズの後期以降では、ストリートボールのスタイルは封印し、ボールを無駄にする傾向を著しく改善するよう努めた。 その結果、試合ごとに高水準のアシスト・ターンオーバー比(ターンオーバー1つに対するアシスト数)を達成。 ヒート在籍時では、1試合平均ターンオーバー1. 69を上回ったことはなかった。 にもかかわらず、彼への悪評は改善されなかった。 マーベリックスとのNBAファイナルでも、ベテランのが終盤にはウィリアムスより多用されがちだった。 ニックネーム [ ] ウィリアムスは白人であるにもかかわらず、黒人のストリートボールをルーツとしたプレースタイルをとっていたことから「ホワイト・チョコレート」のニックネームで呼ばれる。 ただ、ウィリアムス本人は人種的な響きの強すぎるこの呼び名を好んでいない。 彼はまた「J-Will」「J-Dub」とも呼ばれる。 また、ナックルに「WHITEBOY」とを施している。 私生活 [ ] 妻と3人の子供がいる。 スポットライトを浴びることをあまり好まず、質素な生活で家族との時間を長くとるよう心がけている。 2008年の一時引退時の理由も病気の妻をサポートする為であった。 をやったり、を聞いたりして休日を過ごす。 時代のチームメイトだったとも仲が良く、では3年間隣人同士であった。 また、沢山のタトゥーを入れており、右腕には豹、左腕にはドラゴン(07-08シーズンで再び施した)、胸には眼のタトゥーがある。 1999-2000のシーズン前には右腕に日本語で「」と彫った。 その年日本で開催された公式戦のジャパンゲームでは、チームから日本ではだと伝えられ自らこの部分をテープで隠して試合に臨んだ。 2000-2001シーズンの時は腕にバスケットボールを持っている狼のタトゥーを、そしてナックルに「WHITEBOY」と彫った。 また、前腕部には子供の名前を彫っている。 ウィリアムスを巡るトラブル [ ]• 2000年のプレイオフの前、の映像室で、が映画で扮する、スキンヘッドでのタトゥーを施しているデレク・ヴィンヤードの映像と、ウィリアムスの写真を選手たちに交互に見せた。 それからジャクソンは、と当時のキングスのコーチの写真を交互に見せた。 アデルマンがこれを知ったとき、ジャクソンのやり方は「一線を越えている」と語った。 2001年、遠征の際、のファンでの男性に「お前はゲイか?お前はカマ野郎か?このつり目のクソ野郎」と言い放ち、さらに続けて「お前らアジアのクソ野郎を全員撃ち殺してやる。 を覚えているか?あれと同じ様にお前ら全員撃ち殺してやる」という人種差別的、同性愛差別的な言葉を浴びせた。 彼の周りには、数人のアジア系アメリカ人がいた。 その男性によりコミッショナーのに送られた書簡によると、その日の試合の前半にその男性と仲間がウィリアムスに「ベンチでの生活に慣れておけよ」というヤジを飛ばしたところ、差別的言辞を返されたとのことである。 NBAはこの行為に対し、ウィリアムスに15000ドルの罰金を科した。 もまた、彼に対するスポンサー戦略の変更を余儀なくされた。 ウィリアムスはこの件に関し、結局謝罪した。 グリズリーズでの1年目、メディアの取材に対し「畜生。 現実を見ろよ。 このチームは最低だぜ」と発言。 2002年、NBAはこの発言に関し罰金を科した。 しかし、この後チームは3連勝。 シドニー・ローは「彼はああやってチームを発奮させるんだよ」と言った。 後に、ウィリアムスはこのように説明した。 「確かに畜生、と言ったさ。 でも、その中には自分に対する怒りもあったんだ。 でも、今はチームも良くなってきてるし、成長してるよ」。 GMのDick Versaceも、「彼は当たり障りのないことは言わない。 正しいと思ったことをストレートに出すタイプなんだ」。 2005年のプレイオフ、サンズにスウィープを喫した後、コマーシャル・アパレルのコラムニスト、ジェフ・カルキンスと口論になった。 ウィリアムスは耳越しに怒鳴りつけ、ペンを奪い取って投げ捨てた。 カルキンスが、ウィリアムスが「負けたら家に帰れてリラックスできるしな。 勝敗なんて関係ねえさ」と発言した、と記事に書いたことが発端だった。 カルキンスは、ウィリアムスに勝負に対する執着心がない、またチーム全体にも緩慢なプレイが目立つと批判。 2005年、NBAは彼に10000ドルの罰金を科した。 ウィリアムスは、事実無根だと主張していた。 慈善活動など [ ] 2003年、UTメディカルグループ医師のボブ・ウォーラスと「We will Foundation」を設立。 これは、頭蓋顔面欠損の治療を受けている子供たちのために設立された。 またウィリアムスは、在籍時にのSt. Jude小児病院を頻繁に訪れていた。 子供好きなウィリアムスは、このように言う。 「ここに来てすぐに始めたんだ。 できるだけ来るようにしている。 彼らの顔が輝くのを見るのは最高さ!」。 374. 310. 752 3. 1 6. 0 1. 0 2. 9 12. 8 81 81 34. 373. 287. 753 2. 8 7. 3 1. 1 3. 7 12. 3 77 77 29. 407. 315. 789 2. 4 5. 4 1. 1 2. 1 9. 4 65 65 34. 382. 295. 792 3. 0 8. 0 1. 1 3. 3 14. 8 76 76 31. 388. 354. 840 2. 8 8. 3 1. 1 2. 2 12. 1 72 68 29. 407. 330. 837 2. 0 6. 8 1. 1 1. 9 10. 9 71 68 27. 413. 324. 792 1. 7 5. 6 1. 1 1. 8 10. 1 59 56 31. 442. 372. 867 2. 4 4. 1 1. 7 12. 3 61 55 30. 413. 339. 913 2. 3 5. 3 1. 0 1. 6 10. 9 67 53 28. 384. 353. 863 1. 9 4. 6 1. 1 1. 4 8. 8 82 18 20. 444. 380. 756 1. 5 3. 0 1. 1 6. 0 16 0 10. 342. 304. 000 1. 4 1. 0 0. 7 2. 1 11 0 11. 310. 200. 000. 7 2. 1 0. 6 1. 9 Career 788 667 29. 398. 327. 813 2. 3 5. 9 1. 1 2. 1 10. 356. 310 1. 000 3. 6 4. 0 1. 2 2. 6 10. 0 5 5 29. 375. 320. 800 1. 6 2. 0 1. 6 10. 4 8 8 23. 426. 367 1. 000 2. 3 2. 9 1. 0 2. 6 8. 8 4 4 32. 326. 286 1. 000 2. 3 4. 0 1. 8 10. 8 4 4 28. 528. 476 1. 000 2. 3 5. 3 1. 0 2. 0 17. 0 23 23 29. 405. 274. 844 2. 0 3. 0 1. 6 9. 3 4 4 28. 250. 294. 800 2. 0 3. 5 1. 3 0. 8 5. 8 14 0 13. 342. 250 1. 000. 8 1. 0 0. 4 2. 6 Career 67 53 25. 393. 309. 889 1. 9 3. 0 1. 5 8. 3 脚注 [ ] []• 2008年12月8日. 2010年8月19日閲覧。 " 2010年8月19日閲覧"• 2009年8月19日. 2010年8月20日閲覧。 2000年、のでは、へ肘を使ったパス(いわゆるエルボーパス)を披露した。 Fry, Darrell. , , 18 June 2000. Weinstein, Brad. , , 16 March 2001. Callanan, Neil. , , 29 April 2001. , Associated Press. AsianWeek, 5 April 2001. この話は、ESPNドキュメンタリー「The Life - Jason Williams」でも取り上げられた• , Associated Press, 2 May 2005. Darr, Jimmy MSGM• Dixon, Oscar , USA Today 外部リンク [ ]• ジェイソン・チャンドラー・ウィリアムス --- 略歴と生涯成績 --- (英語), (英語)•

次の

【NBA選手名鑑|ジェイソン・ウィリアムス】最強の魔術師

ジェイソン ウィリアムス

経歴 [ ] 学生時代 [ ] 高校卒業後はバスケットボールの名門へ入学。 2001年シーズンには、、、らと共にNCAAトーナメントを制覇。 在学中にはネイスミス賞を始め、数々の賞を受賞する。 NBA [ ] においてに続き、より全体2位指名を受けてNBA入りした。 当時、"ジェイソン・ウィリアムス" と という同姓同名選手がリーグに2人いた事から、混同を避ける為、登録名を【 ジェイ・ウィリアムス】とした。 しかし1年目は平均9. 5得点、4. 7アシスト、2. 6リバウンドと期待外れの成績に終わり、そのオフシーズンにバイク事故で大怪我を負い、結果ブルズに契約を解除された。 その後は解説者などの仕事で活躍しつつ復帰を目指していた。 2006年10月と契約するも1ヶ月経たずに解雇。 直後にのとの契約にサインするが怪我の為解雇された。 ウィリアムスはその後、バスケットボールのキャリアを再開する計画はないと発表した。 引退後の活動 [ ] 主にESPNの大学バスケットボールのアナリストとして活躍。 プレイスタイル [ ] 脚注 [ ].

次の

ジェイ・ウィリアムス (バスケットボール)

ジェイソン ウィリアムス

2 シーズン目を終了した時点で、ウィリアムスの評価は総体的に芳しいものではなかったが、本人はそれを特別気にする事もなかった。 確かにターンオーバーは多い。 そして何よりチームはこの 2 シーズンで想定以上の成功を得ることが出来た。 ルーキーシーズンこそロックアウトの余波を受け短縮スケジュールで 27 勝 23 敗となったが、翌 1999-2000 シーズンは 44 勝 38 敗。 長らく低迷を続けてきたチームにとっては強豪チームの目安となる 『 50 勝到達』を目前に控え、このメンバーでのチーム作りは成功と言えた。 そしてウィリアムスの在籍した 2 シーズンともプレイオフに進出。 運悪くファーストラウンドで強豪チームと当たった事もいい意味で言い訳に出来た。 『ここまでの 2 シーズンは準備運動のようなもので、ここからチームとして今までにない成績をあげられる。 』 という期待の声も少なくはなく、そんな期待を背に 3 シーズン目を迎える事になったのだが、結果は想定通りかそれ以上の勝敗数で、全 30 チーム中 2 位となる 57 勝 25 敗というレギュラーシーズン 50 勝オーバーの大台に乗せた。 前シーズンの成績やスタッツから講じた策の多くが的中した結果である。 2000-01 シーズンを迎えるにあたって、キングスは前シーズンまでに弱点となった 2 つの大きな対応策を講じた。 ひとつは 『ディフェンス』である。 これにはシーズン開幕前に小柄な PG だがディフェンスの良い ボビー・ジャクソンと、当時リーグを代表するディフェンダーだった ダグ・クリスティを獲得した。 ウィリアムスと同身長( 185cm )で大きいとは言えないボビー・ジャクソンだったが、ハンドチェックがうまく、相手の横の動きに大して抜群の読みが出来るプレーヤーだったという点では今の クリス・ポールに近い。 そしてダグ・クリスティ。 オールディフェンシブファーストチームに 1 回、セカンドチームに 3 回選出されるほどに卓越したディフェンスセンスの持ち主で、相手エースとマッチアップし封じ込めるエースキラーとしての役割を着実にこなせるという点では アンドレ・イグダラのようなプレーヤーである。 こんな二人が期待通りの活躍をしキングスの躍進を支えたのだから、ウィリアムスの出番が多くなる事は望めない。 更にこの二人はディフェンス以外でもウィリアムスの出番をさらに縮めることになる能力を遺憾なく発揮した。 ボビー・ジャクソンはターンオーバーを含むミスが少ないだけでなく、『ここ 1 本』という局面においてしっかりとしたゲームメイクの出来るポイントガードだった。 そしてもうひとりのダグ・クリスティは、ボールハンドリングやパスセンスに非凡な才能を持ち、シュートタッチも良く、思い切りの良い 3 ポイントシュートも打てるばかりではなく状況に応じてポイントガードを務める事も出来た。 チームが、主にディフェンスに対してのテコ入れのつもりで獲得した二人は他の分野でも活躍し、勝ち星という最高の成果をチームにもたらした。 そんなチームの好調とは裏腹に、ここ 2 シーズンをポイントガードとして支えたウィリアムスのプレーイングタイムは一定量減少。 ファーストラウンドを突破したもののセカンドラウンドでまたしてもレイカーズと当たった挙句スイープされた時に、ウィリアムスの気持ちは 『今のチームでこのような役割を担に続ける限り、自分の望む自分にはなり得ない。 』という方向に気持ちが傾き、遂にチームを設立して 6 年目のメンフィス・グリズリーズへの移籍を決断する。 しかし、メンフィス・グリズリーズでの最初の 2 シーズンはキングス入団初年度よりも苦戦が続いた。 キングスのオフェンスの中心となっていたのは元ドラフト 1 位でキングス入団時に 6 シーズンを NBA で過ごしていた クリス・ウェバーと、レイカーズで黄金期を担いキングス入団時には 10 年目のベテランとなっていた ブラデ・ディバッツだったのに対し、グリズリーズのオフェンスの核とされたのは当時まだルーキーだった パウ・ガソルと シェーン・バティエだった。 チームを作り上げていくことだけでなく、この二人がNBAプレーヤーとしてこの環境に慣れていくこともチームの浮沈に関わっていたので、その為の敗戦も受け入れなければならなかった。 1995 年の創立以降、ディビジョン最下位をさまよい続けたドアマットチームは、ウィリアムス加入後の 2 シーズンもガソルとバティエの成長を待つ形で、それまでと同じような成績でプレイオフ進出すら望めない弱小チームであり続けたのだが、そんな中でウィリアムスは、ストリートボールスタイルのパスやドリブルを極力控え、安定感のあるプレーとチームの勝利を目指した。 その結果、ウィリアムスのターンオーバーの主な原因である 『バッドパス』は 144 本から 117 本と目に見えて減り、次の原因となった 『ロストボール』も 51 本から 34 本へと減少させた。 そして、ガソルとバティエが NBA プレーヤーとして 3 シーズン目となる 2003-04 シーズンには、 2 人と同じように成長したウィリアムスが活躍をする事となる。 レギュラーシーズンを 50 勝 32 敗とし、フランチャイズ史上初のプレイオフへ進出することになったのである。 キングス在籍時と同じように 3 年間を要したが、プレーヤー個人として短所とされていたターンオーバーをなくしボール無駄にする傾向を改善するように努めたグリズリーズの 3 年間の方が、ウィリアムスには価値があり思い入れも深いものであった。 しかし、ここからプレイオフ初進出のチームが勝ち上がれるほど NBA は簡単ではなかった。 またも強豪チームのひとつである サンアントニオ・スパーズに立ち塞がられる形となり、スイープで早々とプレイオフから姿を消してしまう。 努力が報われなかったという訳でもなかったが、少なくともウィリアムスにとっては 『やるべきことをやったのになぜ・・・』『何が足りないのだ・・・』という気持ちが生まれ、それは翌 2004-05 シーズンもウィリアムスを悩ませた。 8 となり、プレーヤー個人としては以前とは比べるべくもないほど上方改善が見られた。 チームはレギュラーシーズンを 48 勝 34 敗とし、 2 年連続でプレイオフに進出。 しかしここでも当時ダントーニの指揮下、強豪となっていた フェニックス・サンズにスイープを喫してしまう。 ストリートボールのスタイルで名を挙げたキングス時代。 新たな可能性を夢見て新興チームに移籍し、自身の短所を消すために最大の長所であるストリートスタイルも封印し、チームに貢献したグリズリーズ時代。 それでも勝ち上がる事の出来ない事実と向き合いながら、キャリアの中盤を迎えた自分に対しての更なる可能性を考えると、このままグリズリーズに居続ける事はウィリアムスにとって賢明な判断ではなかった。 ウィリアムスはこのシーズンオフに当時リーグ史上最大のトレードといわれた 5 チーム合計 13 名の関わるトレードの中のひとりとして マイアミ・ヒートに移籍を決意する。 続く NBAグッズ、全30チーム、50,000点以上取扱い! NBAグッズ バスケショップ通販専門店はこちらから!.

次の