ディープ フェイク twitter。 Twitterがディープフェイクやチープフェイク対策として削除やラベリングの方針を発表

ディープフェイク動画を秒で作れるアプリZAOが大人気から大バッシングへ|中国情報局@北京オフィス

ディープ フェイク twitter

提供:Facebook ただし、これらの成功率は、Facebookがコンテストのために制作した動画10万本の公開データセットを使った結果だ。 一方、これまで非公開であり、判定をより難しくする手法を用いた別の動画1万本では、成功率は最高で65%だった。 AI技術は、人の音声の書き起こし、スパムの検出、ゴッホのようなスタイルを自撮り画像に適用するエフェクトの追加といった、これまでコンピューターでは困難だった多くのタスクの自動化を実現している。 一方で、同じ技術がディープフェイクの生成に利用される恐れもあり、例えばある人の話し方などの特徴をほかの人の動画に合わせるといったことが可能になる。 選挙候補者が失態を犯したかのような動画が、誤りを正さずにネットで拡散すれば、問題となる恐れがある。 Microsoft、Amazon、Facebookとマサチューセッツ工科大学、オックスフォード大学、コーネルテック、カリフォルニア大学バークレー校など複数の大学は2019年9月、共同でDFDCを立ち上げた。 主催者らは3500人の俳優を雇って基になる動画を撮影し、これらをさまざまな方法で改変することで、コンテスト参加者が各自の人工知能(AI)モデルのトレーニングに使える動画10万本を生成して公開した。 俳優は、性別、肌の色、民族、年齢など多様な特徴を代表するように選ばれたとFacebookは説明した。 2020年11月の米大統領選挙に向けたキャンペーン中にフェイク動画が有権者をミスリードしかねないという懸念がある中、DFDCの結果は重要だ。 たとえディープフェイクの多くが説得力に欠け、検出されるとしても、ディープフェイクの存在自体が有権者の動画に対する信頼を損なわせ、選挙を妨害することになりかねないと専門家は懸念する。 Facebookは、他の手がかりがディープフェイク対策に役立つ可能性があると考えている。 「研究コミュニティーがコンテストの結果を踏まえた開発を目指す中、われわれはさらに視野を広げ、画像と動画の分析にとどまらない解決策を検討すべきだ。 背景や発信元など他の兆候を確認することが、ディープフェイク検知モデルの向上に役立つ可能性がある」(同社) DFDCの主催者らは、この分野における新たな取り組みに役立てる目的で、38日分の再生時間に相当する未加工の動画素材をリリースする計画だ。

次の

Twitterがディープフェイクやチープフェイク対策として削除やラベリングの方針を発表

ディープ フェイク twitter

「イカサマは、ばれなきゃイカサマじゃない」は、ダメ。 ディープフェイクは顔認識などの技術を使い、 顔と顔を入れ替える加工を動画や写真にすること。 たとえば著名人の口の動きを加工し、言ってもいないことを言わせるだとか、性的な写真に有名人の顔を移植するとか、おもに悪意をもって加工された 偽映像のことを指します。 Video: 有名なオバマ元大統領のフェイク映像。 ディープフェイクの認知が広まるきっかけとなった ディープフェイクの技術がさらに進歩し、今後さらに本物と偽物の見分けがつかなくなったとき、 収拾つかない事態になるのは火を見るよりも明らかです。 Twitterがポリシー策定に動く そんななか先日、Twitterは 「改ざん、およびねつ造」された画像や動画への対策としてポリシー策定に乗り出したと。 「改ざん、およびねつ造」されたメディアについて、「 人々に誤解を与える、もしくは本来の意味を変える目的で、大幅に変更された、あるいは作成された写真、音声、または動画」と定義しています。 誤ったメディア拡散からユーザーを保護するため、Twitterは今後、以下アクションをするかもしれないとのこと。 ・ディープフェイクの疑いがあるツイートに フラグをたてる ・シェアやいいねをしようとするユーザに 警告を出す ・なぜそれがディープフェイクとみなされたのか根拠が確認できるように リンクを貼る また、「誰かの 身体的安全を脅かすもの、あるいは別の 深刻な害をもたらす」可能性があるツイートは 削除されることに。 とはいえ、これらはすべて決定事項、というわけではありません。 一般ユーザーから募集「Twitterには、ディープフェイクを削除あるいはラベル付けする責任があるかどうか」 またTwitterはポリシー案を固めるため、一般ユーザーからのフィードバックを募集しています。 「これなんかどう?」というアイデアのあるユーザーは、ハッシュタグでツイートするか、に参加できます。 アンケート記入は、数分で完了します。 アンケートで問われる内容は主に2点で、1つが「Twitterには、ディープフェイクを削除あるいはラベル付けする 責任があるかどうか」という点。 そして、もう1つは「改ざんの恐れがあるコンテンツをシェアしようとするユーザに 警告を出すべきかどうか」ということ。 この2点にどの程度同意(あるいは反対)するのか、評価をつけてもらいます。 期限は日本時間で 2019年11月28日(木)08:59まで。 現時点では、Twitterがどのようにしてディープフェイクを検出、検証するかどうかは不明だそうで、そうした作業を支援してくれるパートナーも募集中だとか。 今後のスケジュールとしては、まず一般募集したフィードバックを検証し、その後に担当チームでトレーニングを開始する予定です。 すでに社会問題になりつつあるディープフェイク インターネット上のディープフェイクは、が圧倒的多数ですが、改ざんされたメディアが2020年の アメリカ大統領選挙に悪用されれば、深刻な影響を与える恐れもあると懸念されています。 今年5月には、の発言をスロー再生加工し、どもっているように見せたフェイク動画が話題になりました。 というのも、 トランプ大統領がこの動画をシェアしたものですから、あっという間に拡散してしまったんですね。 このときの動画はディープフェイクではなく、カット編集で、わざと言葉を詰まらせるような編集をしていたのですが、かなり物議をかもしました。 あと有名なのが、FacebookのザッカーバーグCEOのディープフェイク動画。 Facebookがペロシ議長の動画削除を拒否した直後のものです。 こうした現状をうけて、この2カ月、 で政治目的のディープフェイクが禁止される事態になっています。 Tags :•

次の

ディープフェイク動画を秒で作れるアプリZAOが大人気から大バッシングへ|中国情報局@北京オフィス

ディープ フェイク twitter

「イカサマは、ばれなきゃイカサマじゃない」は、ダメ。 ディープフェイクは顔認識などの技術を使い、 顔と顔を入れ替える加工を動画や写真にすること。 たとえば著名人の口の動きを加工し、言ってもいないことを言わせるだとか、性的な写真に有名人の顔を移植するとか、おもに悪意をもって加工された 偽映像のことを指します。 Video: 有名なオバマ元大統領のフェイク映像。 ディープフェイクの認知が広まるきっかけとなった ディープフェイクの技術がさらに進歩し、今後さらに本物と偽物の見分けがつかなくなったとき、 収拾つかない事態になるのは火を見るよりも明らかです。 Twitterがポリシー策定に動く そんななか先日、Twitterは 「改ざん、およびねつ造」された画像や動画への対策としてポリシー策定に乗り出したと。 「改ざん、およびねつ造」されたメディアについて、「 人々に誤解を与える、もしくは本来の意味を変える目的で、大幅に変更された、あるいは作成された写真、音声、または動画」と定義しています。 誤ったメディア拡散からユーザーを保護するため、Twitterは今後、以下アクションをするかもしれないとのこと。 ・ディープフェイクの疑いがあるツイートに フラグをたてる ・シェアやいいねをしようとするユーザに 警告を出す ・なぜそれがディープフェイクとみなされたのか根拠が確認できるように リンクを貼る また、「誰かの 身体的安全を脅かすもの、あるいは別の 深刻な害をもたらす」可能性があるツイートは 削除されることに。 とはいえ、これらはすべて決定事項、というわけではありません。 一般ユーザーから募集「Twitterには、ディープフェイクを削除あるいはラベル付けする責任があるかどうか」 またTwitterはポリシー案を固めるため、一般ユーザーからのフィードバックを募集しています。 「これなんかどう?」というアイデアのあるユーザーは、ハッシュタグでツイートするか、に参加できます。 アンケート記入は、数分で完了します。 アンケートで問われる内容は主に2点で、1つが「Twitterには、ディープフェイクを削除あるいはラベル付けする 責任があるかどうか」という点。 そして、もう1つは「改ざんの恐れがあるコンテンツをシェアしようとするユーザに 警告を出すべきかどうか」ということ。 この2点にどの程度同意(あるいは反対)するのか、評価をつけてもらいます。 期限は日本時間で 2019年11月28日(木)08:59まで。 現時点では、Twitterがどのようにしてディープフェイクを検出、検証するかどうかは不明だそうで、そうした作業を支援してくれるパートナーも募集中だとか。 今後のスケジュールとしては、まず一般募集したフィードバックを検証し、その後に担当チームでトレーニングを開始する予定です。 すでに社会問題になりつつあるディープフェイク インターネット上のディープフェイクは、が圧倒的多数ですが、改ざんされたメディアが2020年の アメリカ大統領選挙に悪用されれば、深刻な影響を与える恐れもあると懸念されています。 今年5月には、の発言をスロー再生加工し、どもっているように見せたフェイク動画が話題になりました。 というのも、 トランプ大統領がこの動画をシェアしたものですから、あっという間に拡散してしまったんですね。 このときの動画はディープフェイクではなく、カット編集で、わざと言葉を詰まらせるような編集をしていたのですが、かなり物議をかもしました。 あと有名なのが、FacebookのザッカーバーグCEOのディープフェイク動画。 Facebookがペロシ議長の動画削除を拒否した直後のものです。 こうした現状をうけて、この2カ月、 で政治目的のディープフェイクが禁止される事態になっています。 Tags :•

次の