雲が描いた月明かり あらすじ。 雲が描いた月明かり あらすじ

雲が描いた月明かりキャストと相関図!あらすじネタバレ・見どころ紹介

雲が描いた月明かり あらすじ

雲が描いた月明かり 主要キャスト 画像 役名 キャスト名 イ・ヨン パク・ボゴム ホン・ラオン キム・ユジョン キム・ビョンヨン クァク・ドンヨン キム・ユンソン ジニョン(B1A4) チョ・ハヨン チェ・スビン ミョンウン王女 チョン・ヘソン チャン内官 イ・ジュンヒョク 王 キム・スンス 雲が描いた月明かり 概要 今回は「雲が描いた月明かり」の紹介です! 青年世子といえば、見目麗しく聡明で勤勉のようなイメージが強いかもしれないが、そうじゃない世子ももちろんいる。 夜明け前、まだ暗いうちから起き出した内官が湯を沸かし、衣に香を焚き、シワひとつない四爪龍袍を用意して世子の身を清め、強いびんづけ油で結った髪をお団子にして身支度整える。 精悍な世子様の出来上がりといきたいところだが、孝明世子の場合そうはいかない。 夜更かしして遅く起きた世子が最初に手にするのは、お気に入りの恋愛小説。 行列作る内官たちを部屋の外に待たせた世子は、下男と主家のお嬢様の物語に没頭する。 恋のキューピッド、ホン・サムノムが易者顔負けのアドバイスで、道ならぬ恋もパパっとハッピーエンドに片付ける。 身分違いの恋も小説の中ではいともたやすく成就し、お目覚めの一冊としては爽やかな気分。 さてもう一冊というときに内官なだれ込み世子に衣を着せると、今日も朝の挨拶をさぼった世子にお怒りの王がやってくる。 世子のお気に入りの著者サムノムは、男の名前で男の身なりをしている女の子ラオン。 養父の薬代に借金かさんだ彼女は、恋愛小説や恋文の代筆で稼いだお金でコツコツ借金返済。 著者ホン・サムノムの恋愛物語は、実はノンフィクションだった。 旅芸人の父とそろそろ次の土地へ旅立たなければならない彼女は、文通状態で進展しない若様を心配し、次のステップであるデートを進めるが、いざ返書を受けた若様は、身分が違いすぎると怖じ気づき、美男子サムノムに身代わりをお願いする。 身分違いの相手とは、手を延ばしても届くはずがないミョンウン公主さま。 黒真珠の瞳に、三日月のような鼻? 赤いザクロのような唇・・・・。 母を亡くした孝明世子にとって肉親の妹は、目の中に入れても痛くない大切な存在。 目の中どころか腹の中にも入らない巨漢の妹を過保護に守る世子は、おたふく顔で食まっさかりの妹を美しいとたたえる恋文を見て、王女が騙されていると思い、相手をとっちめようと待ち合わせ場所にやってくる。 若様の代理で来たサムノムは相手が男と知り、道ならぬ恋とはそういう道のことかと、花のようにナヨナヨした花若様に愛を語るが、文の相手を知らないようなサムノムに詐欺師の烙印押した世子は、雇い主を吐かせようとして、彼(彼女)をつかまえる。 あの手この手で花若様をごまかそうとするサムノムだが、どうもいつもの調子が出ない。 先日高利貸しに肥だめ落とし穴に入れられそうになったサムノムは、近くを通りピンと閃き、立ちションのふりをして花若様を落とし穴に落っことす。 美男子サムノムに目を付けた高利貸しは、手付けの100両目当てにサムノムを拉致し宮殿に売ってしまう。 目隠しされて去勢部屋につれてこられた彼女は万事休す。 逃げも隠れもできない宮中で術士を泥酔させ、去勢をごまかすが、明日には身体検査までされると知り夜逃げしようとする。 右も左も分からない広い宮殿の中でぶつかった男は月明かりに照らされた花若様。 復讐心丸出しの世子は、身分を隠し別監と名乗ってサムノムを重鎮内官に引き渡す。 逃亡まで試みたラオンだがなぜか身体検査も受かってしまい、こうなれば筆記試験で落第点を目論むが、お暇な世子に見つかり試験を邪魔? される。 内官の衣に着替え試験官になった世子は、落ちる気満々のサムノムに答えを教え無理やり合格させる。 実母ユン王妃を亡くし、領議政の操り人形となっている父純祖王に抗議する世子は、世を欺いているのか。 東宮殿はクソ殿と内官にまでばかにされている孝明世子の本性はいかに。 去勢した内官に混じって去勢する必要のないラオンがどうやって苦難、困難、窮地を乗り越えていくのか。 先がまったく分からないラブストーリー??? 雲が描いた月明かり あらすじのフルバージョンはこちらからご覧ください! 韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ(ネタバレ含む).

次の

韓国ドラマ

雲が描いた月明かり あらすじ

」 概要 カ。 一瞬間も駆け引きの紐を放さない、妖妄なロマンス! ラテより甘い。 真夏の通り雨より清涼だ。 しかし、瑞々しくて爽やかだとがぶりとかじったら涙がぽろっと出るほど、辛くてひりひりする、青春!! 一言でまとめられず、一つでその味を表現するには不可能な名前その為、予測が可能であれば、それは青春ロマンスではない! 一寸先も予測出来ないロマンスの行方、誰も断言出来ないジーンと来るラブストーリー、それぞれ違う魅力の三人の男と怪しい彼女ラオンのときめくロマンスが拡がる! 選択が不可能な5枝選多、龍虎相搏キャラクター熱戦! 宮廷に行った女性、ホン・ラオン! しかし、王の女、官女ではなく、王の男、内侍だ! 宮中一のチャラ男、イ・ヨン! しかし、衰退していく朝鮮最後の希望天才君主だ! 気難しくて高慢な貴公子、キム・ユンソン! しかし、愛の前ではバカ! やっぱり気難しくて高慢な女性、チョ・ハヨン! そして、愛の前ではもっと堂々とする新女性! 王世子の最も親しい友、キム・ビョンヨン! しかし、秘密を秘めている剣客! 木の下に立っているだけでも一幅の絵になり、目を一度だけしかめると足の力が抜けてしまう、善男善女5人のラブロマンスが今始まる!... 数々の試練を味わいながらやがて大人へと成長しますが、女に戻ることはなかなかできません。 また暮らし向きはまったく良くならず、いちおう内官でありながら副業を余儀なくされます。 しかしその副業をきっかけとして、彼女は世子・ヨンと出会います。 ラオンがヨンを穴に突き落とすなど、その始まりは最悪なものでしたが、やがて二人は恋心を抱き合うようになります。 こうしてラオンは完全に女性に戻り、ヨンの妻になるために新しい人生を歩み始めます。 しかし、相変わらず前途多難で試練は多く、ラオンはなかなか幸福になることができません。 そしてその理由についても本人はよく分かっていました。 自分はどこまで行っても謀反人の娘・・その経歴が消えない限り幸せになることはできないのだと・・。 果たしてラオンは父が残した汚名を払拭して、愛するヨンと一緒になることができるのか...。 みどころは、子供の頃から厳しい環境を歩んできたラオンの生き様です。 彼女の父親は王様に刃向かった謀反人・・。 ラオンもその影響を受けて苦しい立場に立たされますが、それでも持ち前のタフさと強運で人生を切り開いていきます。

次の

雲が描いた月明かり4話ネタバレあらすじ!守るために舞うとは?

雲が描いた月明かり あらすじ

【雲が描いた月明かりのあらすじ】 王世子が男に恋するなんて!と悶々とする日々を送る王子ヨン。 男として生活し性別がばれないよう必至の毎日を過ごす宦官ラオン。 朝鮮時代を舞台にツンデレ王子 パク・ボゴム と男装し身分を隠す宦官 キム・ユジョン の甘くキケンなラブロマンスを描く。 ハラハラドキドキの先の読めない展開が繰広げられる…。 【雲が描いた月明かり-あらすじ-17話~18話 最終回 】 雲が描いた月明かり あらすじ 17話 ビョンヨンは、ラオンを助けようとしていたのでした。 そこでヨンに剣を突き刺そうとしていたビョンヨン。 だが、一刻も早く、通路を開けてくれ!というハン内官。 そこで救われたラオンとホン・ギョンネ。 ラッキーなことに、なんとか脱け出すことができたのでした! それでも、ビョンヨンは前に ヨンと話したことを懐古していたのだった。 その瞬間、弓矢を構えた官軍!なんと2人は囲まれてしまい…。 ビョンヨンが剣をさげようとした時に、ビョンヨンの体に矢は直撃! ヨンが「やめろ~~~。 」と叫んだが 官軍の剣に倒れてしまったビョンヨンは限界がきてしまいたのだった。 そうこうしている最中、兵士の姿をした白雲会と共に 宮殿の外に出ようとしていたラオンとギョンネ。 2人は、門の番人にSTOPされてしまうのでした。 そこでハン内官が、通行の証を見せて~なんとか門をあけて 通れたと思いきや運が悪く、本当の官軍が来たのでした。 そこで口論になってしまい…。 そしてラオンとホン・ギョンネ。 2人が 尋問の所から~脱け出して1か月が過ぎたのでした。 宮殿から脱出していたヨン!妓生房にいたのでした。 妓生の踊りを見ていたヨンでしたが、あまり楽しい様子ではなかったのでした。 その頃、便殿内では、ミーティングがスタートしていて…。 また妓生房からヨンが出てきたら~即、ソン内官が妓生房に来たのでした。 不思議に思うヨンは…。 他方、命びろいをしたビョンヨン。 だが意識は戻らなくて…。 眠ているビョンヨンを見ていたヨン! 「おい~~自分が誰かわかるか?いつになってら返事をしてくれるんだ?」と 聞いたヨンは、そこで茶山先生にビョンヨンの病状を聞いたが…。 そして、茶山先生のところに来たラオン! そんなラオンを見て、茶山先生はびっくりしてしまい…。 ラオンも、眠ているビョンヨンに話しをしたのでした。 その頃、人相書きを広げていたヨン! そして、罪人を連れてた官軍でした。 そこで吏判と戸判をさした罪人は 「この人たちが、そうでした!」と言い出した。 その後、吏判と戸判。 2人は罪人と共に 官軍たちに連行されてしまうのでした。 そこでヨンは残された領議政を見ていて…。 そうこうしている最中、王妃は、妓生房から戻ってきました。 そしてハヨンと女官が、赤ちゃんを抱いている姿をみてしまい びっくりしたのでした。 早速、ハヨンはら話を聞いた王妃は驚きを隠せないでいたのでした。 じっと赤ちゃんを見ていた王妃は…。 雲が描いた月明かり あらすじ 18話 最終回 眠っているラオンは熟睡していたのでした。 よく寝ていたので、そのまま話しかけずに旅にでて行ったビョンヨンは…。 だが、その頃、ヨンの夢を見ていたラオン! 夢の中では、短い剣で腕輪をきってしまったヨンでしたが…。 それでも宮殿内でヨンは、毒入りの湯薬を服用してしまったのでした。 そしてヨンは倒れてしまい…。 その時、誰かが門を激しく叩く音がしました。 チョン・ドクホが、茶山先生の所に来て…。 毒入りの湯薬を服用した世子邸下が、危篤状態!と言いに来たドクホ! その話を聞いたラオン。 驚いてしまうのでした。 そこで宮殿まで行ったラオンと茶山先生! だが門の番人にSTOPされてしまいたのだった。 タイミング良くチャン内官が来てくれて…。 茶山先生は即、ヨンの脈を図ったのでした。 そしてヨンの手を繋いだラオン! その後、茶山先生のお手伝いをしていたラオンは ヨンが目を覚ましたことに気付いたのでした。 そしてハヨンもきて…。 ラオンと入れ違いで入って行ったのでした。 その頃、ハヨンが連れてきた赤ちゃんを思っていた王妃は…。 そこに尚宮がきました。 ヨンが毒入り湯薬を服用して 倒れたことを話したのでした。 そこでヨンの毒のことを話した茶山先生は…。 そうこうしている最中、領議政は、ソン内官からヨンの命が危うい!と 宮殿内で噂が蔓延している。 と聞いたのでした。 他方、ヨンの部屋で、交代でしたれちがいの医女がラオン!と思っていたハヨン。 そこで再度、ヨンの部屋に行ったハヨンは…。 ヨンの看病をしていたラオン!眠っていると 思っていたヨンが、なんと手で止めようとしていたのだった。 そこでラオンのマスクをとったヨンは…。 しかもラオンが、ヨンの腕輪をしていた。 とわかったヨン。 嬉しくてたまらないヨンは、ラオンの頬をさわって…。 その光景をハヨンに目撃されてしまったのでした。 それから何日かして…。 ヨンウン王女と共に、ヨンのお見舞いにきた淑儀。 そこでヨンは、ヨンウン王女の話しから~気がかりなことがあったのだ。 その頃、王妃とソン内官は赤ちゃんのことを話していたのだった。 また王妃は、男に赤ちゃんをどうにかしてほしい!と指示したが…。 そこで男性に、ソン内官が赤ちゃんをわたそうとした瞬間 背後から~動くんじゃない!という男性の声が…。 なんと、その声はヨンでしたのでした。 そこで赤ちゃんをおこうとしていたソン内官は…。 そうこうしている最中、過去に殺害された尚宮のことで苦悩していたヨンウン王女! ラオンは、その光景をみて話しかけたのでした。 ヨンウン王女とラオン。 2人で部屋に行って~殺害された尚宮が 手紙を隠した所が蘇ったのでした。 そこで、その場所をラオンに話して…。 そして、ラオンが床の下から手紙を発見した!と聞いた領議政。 領議政は「ラオンを殺害してでも呼んでこい。 」と男に指示したのでした。 他方、ラオンからもらった手紙。 これを王様に見せたヨンでした。 この手紙はヨンの母上のだ!と言いヨンに手紙を読ませた王様でした。 手紙を読んだヨンは、お母さんを思いだして泣いてしまったのだ。 その頃、ラオンは、ヨンの看病が終ったのでした。 そこで資泫堂に戻って来たラオ。 すると背後で ユンソンがラオンを呼んだのでした。 それでもユンソンの背後には、全身が真っ黒の男どもが…。 ラオンもドキドキしてしまい…。 後ろに下がるラオン! 男たちに捕えられてしまい…。 そこで男性たちを切りにいくユンソンは…。 男たちを倒したものの、ユンソンは負傷してしまったのでした。 ユンソンは倒れてしまい、ラオンは近づいたが泣いてしまったのでした。 そして、ヨン・王・王妃・領議政達にもユンソンの訃報が飛び込んできました。 皆が衝撃を隠せないでいて…。 それから数日が経った日。 キム・ホンは罪人として扱われていたのだった。 護送中、ラストにユンソンの部屋を見せてほしい!と話すキム・ホン。 単独でユンソンの部屋に行くと、過去を懐かしんでいたキム・ホンは いきなりユンソンの拳銃を持って、自ら命を絶ってしまいたのだった。 その頃、お母さんのお墓参りに行ったヨン! お母さんと約束したことが懐古されて…。 他方、ヨンは、便殿にいたのだった。 そこでラオンへの王の指示を読んだのでした。 本人のラオンは、便殿の前の庭で土下座しながら、王の指示を聞いていたが…。 そして、お父さんの礼曹判書と一緒に王様に会ったハヨン! そこで宮殿から出て行ったハヨン。 それか1年の歳月が流れて…。 チャン内官のかけ声と共に登場したヨン! 便殿では、ヨンが出迎えられていたのでした。 そこでには、チョン・ドクホ&茶山先生たちの顔ぶれも…。 また、ソン・ヨルとド・キ。 2人を見つけてハッとしてしまうのでした。 またラオンは、本屋の棚を整理していて…。 「雲が描いた月明かり」本の表紙は、ヨンの顔が..。 そして、その本をヨンが取って~ラオンに顔を接近してきたが…。 そんなヨンとラオンは、コスモスの花が咲いている畑を歩いて…。 2人はキスしながら~…。

次の