マスク どう したら 買える。 6月29日付|マスク入荷,売り切れ情報!売ってる店,買える時間帯は?

【6月29日】アイリスオーヤマ通販でマスクが買えた!買い方・販売状況・時間紹介

マスク どう したら 買える

「花粉症なので毎年この時期はマスクを着けているけれど、今年は新型コロナ対策として少し早めになった。 マスクをしている方が、自分も接する相手もお互い安心感があると思う」。 こう話すのは嘉麻市の道の駅うすいを訪れていた同市の佐竹正利さん(67)。 県内で感染者が確認された後、着用を始めた。 花粉症用に常備しており、飯塚市に住む娘に分けているという。 田川市の会社員元木直也さんは息子が中学3年の受験生で、インフルエンザの予防のため11月ごろから家族で着用。 コロナ対策としても欲しいが「最近はどこに行っても手に入らない」。 JR新飯塚駅で小さめの布マスクをしていた北九州市の会社員男性(58)は「子ども用かもしれん」と笑った。 「コロナはどうでもいい。 それより花粉」。 三つ持っている布マスクを洗濯して使っている。 桂川町の女性(75)は、肺を患った経験もあり、10年ほど前から毎日マスクをしている。 めがねの曇りが気になることから、手作り。 「最近は材料もないらしいけど、5枚作ってあるから私は大丈夫」 ただ、筑豊地区以外に住む中学生の孫は、学校で手作りマスクの着用が許可されず、仕事をする娘に代わり5回ほど開店待ちの列に並んで使い捨てを購入した。 「仕事がある人は朝から並べない。 時間を分けて販売するとか、工夫があっても良いですよね」 飯塚市の大学2年黒瀬忠行さん(20)は顔の凹凸に密着して、隙間を作らないマスクを着けていた。 黒っぽくて、ちょっとおしゃれ。 コロナと花粉対策のためといい、「どうせなら、かっこいいやつがいい」と「」で購入。 価格は3枚千円。 ポリウレタン素材で、洗って繰り返し使うことができる。

次の

ソフトバンクがマスク生産!いつ、どこで買える?値段はいくら?

マスク どう したら 買える

ドラッグストアやスーパー、コンビニ店頭からマスクの姿が消えて約2カ月が経とうとしていますが、現在もマスクは入手困難な状況が続いています。 感染者が急速に拡大しつつある都内では、マスクは入手困難であるにも関わらず、電車の乗客の8~9割はマスクを着用。 「買えないのに、みんなどうやって入手しているの?」と疑問に思ったことがある人は多いはず。 株式会社リサーチ・アンド・イノベーションは、運営する「レシートがお金にかわる家計簿アプリCODE(コード)」のユーザーで、マスク商品を購入できた人を対象に調査を実施しました。 2020年3月25日・26日の2日間に商品を購入できた消費者のうち295人に対して、一体どのように購入したのか、どの時間帯に購入したのか、いつも買い物する店で購入したのかなどをアンケートし、結果を公開しました。 マスク、どうやって買えた? マスクをどのように購入したのかを3月25日・26日の2日間でみると、「並んで買った」人は計3割弱。 一方、並ばずに買えた人は約7割で、意外にも並ばずに買えている人が多いことが分かりました。 並ばずに買えた派は、「このお店にあるとは知らなかったが、来店したら買えた」43. 7%、「たまたま品出しのタイミングだった」20. 3%、「このお店にあることを知っていたので、来店して買った」5. 4%という構成。 並んで買った派は、「(入荷するかどうかは知らなかったが)開店前から並んで買えた」が23. 7%、「(入荷を知っていたので)開店前から並んで買った」が4. 1%でした。 ただし、この調査は家計簿アプリを使いこなしている人を対象としているため、忙しい現役世代が比較的多い可能性があります。 このため、高齢者に聞いてみると、並んで買った派の方が多くなる可能性もありそうです。 いずれにしても、調査から、運が良ければ並ばずに買えることがあることがわかりました。 幸運に出会うには、マメに覗いてみるしかなさそうです。 そのお店でマスクを売っていることをどのように知ったのか 3月25~26日にマスクを購入した人のうち、お店にマスクがあることを事前に認知していたという28人に、マスクがあるという情報をどうやって知ることができたことを聞いたところ、以下のような回答が寄せられました。 ・店員さんから聞いた ・通りがかったら並んでいて、入荷ありとなっていた ・コンビニは毎日入荷があるから ・何度行っても売切れていたので、店員さんが入荷曜日を教えてくれた ・店頭に入荷を知らせる張り紙があった ・Twitterの情報 ・友だちから情報がもらえた 最も多いのが「店員さんに聞いた」という回答で、客に入荷日を教えてはいけないルールの店舗も少なくないと思われますが、あまりにも何度も並んで買えない人には、店員さんが同情して教えてくれることもあるようです。 また、店頭の掲示で知った、行列を目にしてマスクの入荷を知ったという人も複数。 前に買えたから、コンビニは毎日入荷があるから、という回答もあり、やはりマメにチェックするしかないようです。

次の

ソフトバンクがマスク生産!いつ、どこで買える?値段はいくら?

マスク どう したら 買える

「花粉症なので毎年この時期はマスクを着けているけれど、今年は新型コロナ対策として少し早めになった。 マスクをしている方が、自分も接する相手もお互い安心感があると思う」。 こう話すのは嘉麻市の道の駅うすいを訪れていた同市の佐竹正利さん(67)。 県内で感染者が確認された後、着用を始めた。 花粉症用に常備しており、飯塚市に住む娘に分けているという。 田川市の会社員元木直也さんは息子が中学3年の受験生で、インフルエンザの予防のため11月ごろから家族で着用。 コロナ対策としても欲しいが「最近はどこに行っても手に入らない」。 JR新飯塚駅で小さめの布マスクをしていた北九州市の会社員男性(58)は「子ども用かもしれん」と笑った。 「コロナはどうでもいい。 それより花粉」。 三つ持っている布マスクを洗濯して使っている。 桂川町の女性(75)は、肺を患った経験もあり、10年ほど前から毎日マスクをしている。 めがねの曇りが気になることから、手作り。 「最近は材料もないらしいけど、5枚作ってあるから私は大丈夫」 ただ、筑豊地区以外に住む中学生の孫は、学校で手作りマスクの着用が許可されず、仕事をする娘に代わり5回ほど開店待ちの列に並んで使い捨てを購入した。 「仕事がある人は朝から並べない。 時間を分けて販売するとか、工夫があっても良いですよね」 飯塚市の大学2年黒瀬忠行さん(20)は顔の凹凸に密着して、隙間を作らないマスクを着けていた。 黒っぽくて、ちょっとおしゃれ。 コロナと花粉対策のためといい、「どうせなら、かっこいいやつがいい」と「」で購入。 価格は3枚千円。 ポリウレタン素材で、洗って繰り返し使うことができる。

次の