オリンピック 中止 す べき。 【悲報】 東京オリンピック、中止がほぼ確定してしまう…

オリンピック、中止するべきですよね。

オリンピック 中止 す べき

最近は、小池東京都知事は、 「中止、観客なしではありえない」と「延期はありえない」の言葉は 入れなくなりましたが。 もちろん、 そう言わざるを得ないのかもしれませんが 選手の中からも、疑問視の声が上がり始めています。 それらを、まとめてみました。 あなたたちはまさに今、 私たちを危険にさらしている と Twitter で IOC に慎重な判断を求めました。 オリンピック中止?延期?賛成・反対のアンケート結果 JX 通信社のアンケートでは 東京オリンピックの延期提案に対し、 「賛成する」が50. 多くの方が、延期を望んでいるという結果でした。 スポーツは濃厚接触が多くなりますし、 飛沫なども飛びやすい。 オリンピック自体でなく、 オリンピックに 向けて練習すること自体も かなり 危険性が高いと思います。 ただし 「開催に向けて」と言われてしまうと 選手としては練習せざるを得ない。 選手自体は体力もあり、免疫力も強いかもしれませんが 家族はどうでしょう? もし選手がコロナウィルスに感染してしまい、 本人が気づかず、 年をとった家族がいた場合、 彼らを命の危険にさらすことになるのです。 私には歳をとった両親がおり、 母は以前、肺がんを患っています。 私がどこかでウイルスをもらってしまい、 気づかないまま、母を感染させてしまった場合、 取り返しのつかないことになるのです。 そのため、怖くて、実家に近寄れなくなっています。 その状態の中、 多くの選手が訪れ、 場合によっては、そこに感染者が生まれ 観客もいれば、そこでも蔓延(まんえん)しかねない。 そして 観客や選手は、自国や家に戻る。 知らない間に、周囲にウイルスを広めかねない。 オリンピック中止?延期?選手の意見 — 中止・延期に反対? もちろん選手の中には、 オリンピックの中止や延期を 望んでいない方もいらっしゃると思います。 4年に一度しかない大会。 しかも、 日本選手にとっては、自国、日本での開催。 これが、中止または延期されてしまったら、 自分の選手としての、 ピークを過ぎてしまう方もいらっしゃると思います。 と思いきや、Biglobeニュースによると 国内の現役メダリストからも「間違いなく延期でしょ」 や 「世界でまだ感染が広がっているので、 通常開催は難しいんじゃないかな」との意見も出ているそうです。 多くの人の命を考えれば、 やはりこれは、見送るべきではないでしょうか。 オリンピック中止?延期?選手の意見と賛成・反対のアンケート結果 まとめ オリンピックを中止したり、延期したりした場合、 多くの経済損失が出るとは思います。 でも、開催を言い続ける、IOCや政治家の方たちに対し、 「あなたは人の命を、何だと思っているんですか?」 と聞きたくなってしまうのは、 私だけではないと思います。 確かに、 かつてない、この大きな決断をするのは 苦しいとは思います。 でも、世界中の人の健康のために、 正しい決断をしてほしいと思います。 では、最後まで読んでいただきありがとうございました!! Sponsored Link.

次の

2024年五輪を東京で 20年は中止の早期英断を

オリンピック 中止 す べき

本誌は米政府との繋がりをバックに世界展開している大手旅行会社のマル秘レポートを入手。 そこには、こんな一文があった。 「東京五輪は中止が決定している」 その根拠は以下の通りだ。 ちなみにこの企業は、今年、五輪延期が発表される数週間前にも同様のレポートを作成。 いち早く対策を練っていた。 米スポーツ専門誌『スポーツ・イラストレイテッド』のクリストファー・ウォルシュ記者も「五輪中止」を否定しない。 「強行開催したとして、無観客に近い形になるでしょう。 そんな大会に莫大な資金を出すスポンサーがどれだけいるのか。 実際、新型コロナで多くの選手が企業のサポートを失っています。 練習環境に不平等が生じているのもフェアではない。 これらの理由で、複数のIOC関係者が『中止すべき』と主張しています」 長年、アメリカの代表選手や関係者の移動を担ってきたスポンサー企業のひとつ、ユナイテッド航空は1月~3月の決算で1800億円もの赤字を計上した。 「延期を受けて各スポンサー企業は再契約を迫られていますが、難航しています。 大減益のなか、ビジネスとしての旨味も宣伝効果も薄い東京五輪にカネを出す意味を測りかねているのです。 中止になってほしい、というのがホンネでしょう」(在米ジャーナリストの伊吹太歩氏) 「五輪ファースト」は日本だけなのだ。

次の

東京オリンピック延期・中止はありえないと思う理由

オリンピック 中止 す べき

本誌は米政府との繋がりをバックに世界展開している大手旅行会社のマル秘レポートを入手。 そこには、こんな一文があった。 「東京五輪は中止が決定している」 その根拠は以下の通りだ。 ちなみにこの企業は、今年、五輪延期が発表される数週間前にも同様のレポートを作成。 いち早く対策を練っていた。 米スポーツ専門誌『スポーツ・イラストレイテッド』のクリストファー・ウォルシュ記者も「五輪中止」を否定しない。 「強行開催したとして、無観客に近い形になるでしょう。 そんな大会に莫大な資金を出すスポンサーがどれだけいるのか。 実際、新型コロナで多くの選手が企業のサポートを失っています。 練習環境に不平等が生じているのもフェアではない。 これらの理由で、複数のIOC関係者が『中止すべき』と主張しています」 長年、アメリカの代表選手や関係者の移動を担ってきたスポンサー企業のひとつ、ユナイテッド航空は1月~3月の決算で1800億円もの赤字を計上した。 「延期を受けて各スポンサー企業は再契約を迫られていますが、難航しています。 大減益のなか、ビジネスとしての旨味も宣伝効果も薄い東京五輪にカネを出す意味を測りかねているのです。 中止になってほしい、というのがホンネでしょう」(在米ジャーナリストの伊吹太歩氏) 「五輪ファースト」は日本だけなのだ。

次の