黒い砂漠 駆逐艦 装備。 【黒い砂漠】エフェリア貿易船、エフェリア駆逐艦の材料、作り方

【黒い砂漠】#167 駆逐艦緑装備を強化!WTとLNの伝承アバター試着です!

黒い砂漠 駆逐艦 装備

エフェリア駆逐艦の増築式• 【結論】エフェリア駆逐艦増築に必要な素材一覧• デイリー1日 or カーンの鱗10個 or 大洋コイン1600枚• [2段階]精製された飲み水・ナルボ産ナマコ・海賊金鋳貨 のいずれか• 新緑を含んだブラックストーンの入手方法• 海獣からドロップ• クエスト報酬• [2段階]精製された飲み水• [2段階]ナルボ産ナマコ• [2段階]海賊金鋳貨 いずれかと物々交換で100個。 幽霊船からドロップの 難破した幽霊船の残骸を 薪割• [デイリー]ギルドがボランティア団体ではないの報酬で3個• [2段階]海賊船帆柱• [2段階]最高級のカキの箱• [2段階]海洋救助用品 いずれかと物々交換で2個。 大洋コイン160枚と交換• [デイリー]終末の月ギルドのキャンディドゥムハンターの報酬で10個• カーンの鱗を乾燥 エフェリア駆逐艦の装備(緑枠) エフェリア駆逐艦に装備させる装備です。 太陽の日差しを含んだブラックストーンの入手方法• 大洋コイン10枚と交換• [2段階]クロン城金鋳貨 を物々交換• [3段階]岩つららの破片 を物々交換• [3段階]骸骨飾りのカップ を物々交換• [4段階]船乗りの修練書 を物々交換• [4段階]金鋳貨が入った古い箱 を物々交換 月明かりが漂うブラックストーンの入手方法• 大洋コイン20枚と交換• [2段階]クロン城金鋳貨 を物々交換• [3段階]弦月料理用ナイフ を物々交換• [4段階]貝殻の飾り を物々交換 さらに上位の青枠の装備は重帆船の増築素材となるので、重帆船のページにてまとめます.

次の

貿易船と駆逐艦の緑装備を強化して少し後悔してます【黒い砂漠Part2786】

黒い砂漠 駆逐艦 装備

・『新緑を含んだブラックストーン』 120個 ・ヒノキの樹液 5,000個 ・アカシアの樹液 5,000個 ・ニワトコの樹液 5,000個 ・赤い木のこぶ 5,000個 ・枯れ木の皮 5,000個 上記3点の入手が『エフェリア駆逐艦』製作のポイントとなります。 長い期間『黒い砂漠』をプレイしている方であれば素材アイテムを倉庫にため込んでいる方も多いとおもいます。 しかしながら、手持ちの在庫がない場合には、上記アイテム入手が困難です。 本来であれば1万個必要ですが、 半分は『カラスの巣』での連続依頼(1日に1依頼しか受けられない)を完了すると『増築用~』アイテムが必要数の半分 50個 入手できます。 この中でも特に大変なのが 『新緑のブラックストーン』です。 入手には『物々交換1段階』の品を交換することで入手できます。 数が多いのでアイテムが揃うまでは物々交換の回数をこなす必要があります。 『ラビニアの船舶増築日誌』をクリアすることで『新緑のブラックストーン』100個を入手することができます。 ばらまきイベントもありましたので、達成条件をクリアしている方であればさらに必要個数は減ります。 メインクエスト『笑顔のベリア』で『新緑のブラックストーン』を5個入手できますので、他のキャラクターでメインクエスト『笑顔のベリア』を複数こなし入手することもできます。 『新緑のブラックストーン』は『物々交換』1段階をひたすら集める 1次素材や料理(樹液やビールなど)を『物々交換』すると 1段階の物々交換品をもらえます。 1段階の品はNPCを通じて『新緑のブラックストーン』に交換することができます。 不足している『新緑のブラックストーン』の数だけ1段階物々交換品を集めなければなりません。 集めた1段階物々交換品は舟守NPCの近くにいる『貿易品交換員ロビニア』に渡すと『カラス商団の交換証書』に交換できます。 『カラス商団の交換証書』を『カラスの巣』にいる『ラビニア』に渡すと『新緑のブラックストーン』に交換できます。 『エフェリア軽帆船』を『エフェリア貿易船』に造船するときにも『新緑のブラックストーン』を使います。 『エフェリア駆逐艦』に必要なアイテム 樹液系・赤い木のこぶ ・枯れ木の皮 の入手 ・労働者派遣 ・採集での副産物 ・取引所購入 ・物々交換[1段階] ・「終末の月」ギルドの重帆船 上記4点で入手できます。 以前から労働者を派遣しアイテムを集めていた方であれば問題ありません。 ですが、これから労働者派遣を行っても必要個数を貯めるには、かなりの日数が必要になりますので現実的ではありません。 採集も同様です。 取引所での購入は『エフェリア駆逐艦』や物々交換を行っているプレイヤーが多いため品薄です。 流通量自体は多いので予約購入で購入できるのを待つしかありません。 流通量が多いため1日待たず購入できますが取引所の最大予約数が1,000個のため、長期戦になりそうです。 新しく実装された『物々交換』でも増築に使うアイテムを入手できます。 とくに 『「終末の月」ギルドの重帆船』での物々交換では、樹液や『枯れ木の皮』など大量に交換可能な場合があります。 強化は武器や防具を強化するブラックストーンとは違い、『大洋時代アップデート』で新しく実装された『新緑を含んだブラックストーン』が必要です。 手持ちの『記憶の破片』がない場合、強化時の耐久度回復は同じ装備で『職人の記憶』を使用がお得です。 増築用黒鉛塊 100個 ラビニアの船舶増築日誌(依頼)50個報酬 亜鉛の塊 100 海洋怪獣のエキス 1 を加工ー加熱 亜鉛の塊は『大洋の時代』特需により取引所では品薄。 『亜鉛鉱石』は大量に出回っていますので、加熱加工し自力で製作を行えば問題ありません。 増築用木材 100個 ラビニアの船舶増築日誌(依頼)50個報酬 枯れ木の皮 100 ・赤い木のこぶ 100 ・海洋怪獣のエキス 1 を加工ー薪割 『枯れ木の皮』や『赤い木のこぶ』も特需により取引所では品薄。 今後のアップデートや物々交換のことも考えて、労働者を派遣しておきたいところです。 増築用接着剤 100個 ラビニアの船舶増築日誌(依頼)50個報酬 ヒノキの樹液 100 ・アカシアの木の樹液 100 ・ニワトコの樹液 100 ・海洋怪獣のエキス 1 を加工ー加熱 こちらもアップデート特需により取引所では品薄。 個数が大量なため自力で採集もかなり厳しいかもしれません。 労働者で採集できるものは早めに派遣しておくとよいでしょう。 目的の『エフェリア駆逐艦』が完成したとしても当面の間は取引所で高値で売却できます。 取引所での予約購入がメインとなりますが、物々交換1段階や『「終末の月」ギルドの重帆船』での物々交換も検討したいところです。 波色が漂う規格角材 6個 ・[デイリー] ギルドがボランティア団体ではない デイリー報酬 海獣MOBドロップアイテムの『難破した幽霊船の残骸』を[加工:薪割]で作ることもできます。 島の木蒸着合板 100個 物々交換 ・[2段階] 精製された飲み水 ・[2段階] ナルボ産ナマコ ・[2段階] 海賊金鋳貨 帆船増築に使うアイテムは物々交換で入手できる物もあります。 『島の木蒸着合板』は[2段階]の物々交換です。 同じターンで交換できない物もありますので、対象の品を倉庫に保管しておくとスムーズです。 コバルトの塊 2個 物々交換 [2段階] 海賊船帆柱 [2段階] 最高級のカキの箱 [2段階] 海洋救助用品 『コバルトの塊』も同様に、物々交換の2段階で交換可能です。 『エフェリア駆逐艦』や『エフェリア貿易船』の装備の素材も物々交換から入手するアイテムもありますので、チャンスがあれば交換しましょう。 月の鱗が刻まれた合板 ・『オーキルアの目』のデイリークエスト 報酬 [デイリー] 「終末の月」ギルドのキャンディドゥムハンター 『キャンディドゥムハンター』は海獣の中でも強いです。 『改良型エフェリア護衛艦』であればソロでも倒しやすいと思いますので、地道に依頼を消化していきましょう。 ・『カラスの巣』で『海洋コイン』交換 簡単に交換できますが『海洋コイン』はその他のアイテムにも使用しますので、デイリークエストをがんばりましょう。 『カーンの鱗』1つを加熱で10個できますので、1個あれば『エフェリア駆逐艦』の増築に足ります。 ですが倒すというよりも、出現させる難易度の高さが問題です。 やはりデイリークエストをこなしたほうが良いですね。 『エフェリア駆逐艦』ステータス 『エフェリア護衛艦』から『エフェリア駆逐艦』にバージョンアップする時に気になるところが「攻撃力」だと思います。 残念ながら攻撃力に関しては護衛艦も駆逐艦も変化はわかりません。 しかしながら、大砲の弾数が格段に上がるため食糧と砲弾がなくなるまで思う存分戦闘することができます。 最大のメリットと言えるのが重量アップです。 貿易船ほどではありませんが装備や重帆船へのステップアップに必要な物々交換には十分な性能です。 『護衛艦の船乗り契約書』は『エフェリア駆逐艦』では使えない 装備として『エフェリア護衛艦』に乗せることができた『護衛艦の船乗り契約書』を『エフェリア駆逐艦』で使うことはできないようです。 NPCに販売できますので不要であれば売却、今後また『エフェリア護衛艦』を作るのであれば倉庫などに保管しましょう。

次の

≪黒い砂漠≫エフェリア貿易船完成!!

黒い砂漠 駆逐艦 装備

スポンサーリンク ボランテとアドバンスの使い道 物々交換は金策としては行っていないため、 私が海でやることは3つに限られます。 航海目的 一つ目は物々交換です。 目的は、2~5段階で交換できる 船素材を集めつつ、 4段階で交換できる近海の カラスコイン(旧名:大洋コイン)を集めます。 更に積載量に余裕があれば1~4段階の交換品を集めて蓄えます。 基本的には更新の度 1週しかしません。 ベリア出発して回収できるだけ回収して戻ってきます。 迷うのでマゴリア海には2度と行きたくないですね…。 二つ目は重帆船素材デイリーです。 兵士から受ける3種と 子供のキャンディドゥム討伐をできるだけ毎日行っています。 これは 物々交換のついでに寄り道して行うことができます。 大型のキャンディドゥム領域までいくと、 海流の影響で戻ってくるのに時間がかかって寝落ちしてしまうため、 海賊島上側の 子供のキャンディドゥム討伐をやっています。 討伐クエ付近では目印になる 島が豊富で迷いません! また、ボランテで意外とすぐ終わるので、気軽にできますね。 三つ目はハコバン島の物々交換です。 ここではキャラチェンするだけでカラスコインを500近くも稼げることができます。 予め船に交換品を1種類ずつ入れておき、 更新の度に 150コイン以上の交換できる品を交換します。 しかし問題なのは、連続で同じ品を要求される場合です。 その場合は一回アンカトまで戻らなければならず、めんどくさい。 装備無しの貿易船では10種しか入らず、 交換品種14種中の載せてない物は取りに戻らなければならず、めんどくさい。 更に船員を乗せる余裕はなく、ハコバンの旨い経験値を貰えません、もどかしい。 ボランテとアドバンスの用法を決める 重帆船ボランテを手に入れる前まではデイリーが一番の苦でしたが、 入手してからは 一番問題なのはやはりハコバン島の物々交換です。 アドバンスができた今、 積載量の多いアドバンスを物々交換とデイリーに回して、往復回数の多いハコバン島に速度の速いボランテを回すことができます。 だが物々交換がメイン金策ではなく、素材やコインの回収は現状ボランテで事足りてしまいます。 更に討伐デイリーも 万能であるボランテの方が適所に思えます。 ではハコバンにアドバンスを置くのか…。 ハコバン島の物々交換にアドバンスを使う アドバンスをハコバン用にしてから気づいたのですが、こいつはここが一番相応しい。 みろ…この 圧倒的な積載量。 14種をフルカバーできるだけではなく、 更に6種を詰め込むの余裕があります。 更に 600LTもの余りがあり、 船員を入れて経験値を吸わせることができます。 これなら船員厳選をも行えそうです。 往復の速度を重視するのではなく、そもそも 往復する回数を減らせばいいだけの話でしたね。 積載量が2倍になっただけでこれだけ変わるとは思いもしませんでした。 スポンサーリンク まとめ ということで今回は重帆船の中でも、 積載量が豊富なアドバンスと 万能なボランテの使い道について考える記事でした。 アプデでカプラス石を毎日カラスコインで交換できるようになり、 そのためカラスコインを積極的に回収していきたいですね。 結果、• ハコバン島に重帆船アドバンス• デイリーとコインや素材回収に重帆船ボランテ これが物々交換を主な金策としない人にとっては最適じゃないかと思います。 重帆船の青装備はロマンを感じますが、頑張って作成して強化しても性能が緑装備に毛が生えた程度に思えてしまい、まだ手を出していません。 ですが、先日に重帆船青装備の素材ドロップ緩和アプデがきましたね。 これから海戦などの更なる海コンテンツの拡張に備えて、3隻目の重帆船バロールを作りつつ青装備も視野に入れていきたいと思います。

次の