エドワード エルリック 身長。 frontPage

frontPage

エドワード エルリック 身長

目次(目次を見るには表示をクリック!)• エドワードエルリック プロフィール 『鋼の錬金術師』に登場するエドワードエルリックとは、どのようなキャラクターなのか、そのプロフィールを確認しておきましょう。 エドワードエルリックは、『鋼の錬金術師』の主人公で、錬金術師。 子供のころから、弟であるアルフォンスエルリックといっしょに、錬金術に励んでいきます。 しかし、そんななか、エドワードエルリックは、人体錬成に失敗してしまったことなどにより、こともあろうに、左足と右腕を無くしてしまうという悲劇に見舞われることに。 以後、エドワードエルリックは、苦労をしながら身体の足りなくなった部分を補いつつ、錬金術に励んでいき、とうとう国家錬金術師となったのでした。 まだたったの12歳の時のことで、史上最年少という栄誉だったのです。 一方、アルフォンスエルリックもおなじように身体を奪われてしまっており、エドワードエルリックは、兄弟そろって、身体を取り戻すために、賢者の石というものを見つけようと、歩んでいくのでした。 エドワードエルリック 年齢は100歳? さて、『鋼の錬金術師』のエドワードエルリックといえば、あることがファンの間で話題になっていました。 それは、エドワードエルリックの年齢だったのでした。 なんと、エドワードエルリックの年齢は100歳に達していたといわれていたのですね。 おそらくですが、人気漫画作品の主人公としては、人間じゃない者を除けば、最高齢に近いキャラクターなのではないでしょうか? もっとも、これは番外編でのことで、最終巻では16歳でしたけどね。 さて、それでも、100歳になっていたことはおどろくべきでしょうが、エドワードエルリックには、もう1つ気になることがあったのでした。 エドワードエルリックは、1899年生まれにもかかわらず、1999年ではなく、2005年に100歳になっていたため、これが疑問に思われていたとか。 たしかに不思議ですが、これは、エドワードエルリックが、子供のころ途中で現実世界に行ったために起こったことのようですね。 そういわれましても、100歳というのは、やっぱり、おどろきなのですが。 スポンサーリンク エドワードエルリック 身長は何センチ?何歳のとき何センチ? エドワードエルリックといえば、その身長も気になるファンが多かったようなのです。 いったい、エドワードエルリックの身長は、何センチあったというのでしょうか。 調べてみたところ、165センチ程度だとされていました。 実は、ほかならぬエドワードエルリック自身が、身長はそれくらいではないかと言及していたのですね。 16歳で165センチであれば、やや高い気がしますが、実際のエドワードエルリックは、もっと背が低いとみられていました。 それは、頭がとがっていて、靴も厚いためで、それを引いたら150センチくらい?といわれていたのですね。 エドワードエルリックの名言 ほかの漫画のキャラクターと同じく、エドワードエルリックにも名言が多々ありました。 なかでも心にしみるのが、「そんな事自分で考えろ。 立って歩け。 前へ進め。 あんたには立派な足がついてるじゃないか」。 なにしろ、エドワードエルリックには、左足がありませんからね。 涙なしには見ることができないような名言だといえるでしょう。 エドワードエルリックの年齢は100歳?身長が意外と高い?名言も!まとめ 今回は「エドワードエルリックの年齢は100歳?身長が意外と高い?名言も!」という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか? また情報入りましたら更新していきますね! スポンサーリンク カテゴリー•

次の

鋼の錬金術師についてエドって、身長が低いですよね?あれは、エド...

エドワード エルリック 身長

【他の画像:ロイ・マスタングモデル】 エドワード・エルリックモデルは黒い服の上に赤いコートを羽織っている姿をそのままデザインに落とし込んでいます。 服の留め具をイメージしたスタッズとシルバーの生地がアクセント。 エドの三つ編みのようなアンクルストラップもおしゃれです。 ロイ・マスタングモデルのパンプスには大佐の証である肩章をイメージしたデザインが施されています。 つま先は軍服の胸元のような切り替えによって、立体感も抜群です。 アメストリス国軍の軍服の色と同じ、目の覚めるようなブルーも冴えていますね。 サイズはS(23. 5センチ)・M(24. 5センチ)・L(25. 5センチ)を展開。 価格は各1万2800円(税別)。 通販サイト「Super Groupies」で10月18日まで予約を受け付けており、準備数に達し次第締切となります。 商品の発送は2016年2月頃の予定です。 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 01月• 02月• 03月• 04月• 05月• 06月• 07月• 08月• 09月• 10月•

次の

リボルテックエドワード・エルリック レビュー

エドワード エルリック 身長

「は?中尉、悪いんだけどもう一回言ってくれる?」 東方司令部のとある一室に、鋼の錬金術師、エドワード・エルリックのすっとんきょうな声が響いた。 久々にイーストシティまで来た彼は、いつものように、弟のアルフォンスと共に、賢者の石や人体練成についての情報はないかと軍部に立ち寄ったのだが。 「だから、無理にとは言わないのよ?ここのところ出没している、たちの悪い通り魔の捕獲に協力してもらいたいの」 ホークアイの真剣な眼差しを見上げながら、エドワードは頭をかかえた。 「だからって、何だって俺が!!」 金の長い髪を三つ編みに束ねた小さな頭は混乱しまくっていた。 冷静になろうと、エドワードはここに来るまでを思い返してみる。 情報を提供してもらうために、ロイ大佐の執務室へ向かおうと、アルフォンスと一緒に歩いていたら、途中でホークアイ中尉に会った。 だから、いつも通りに挨拶をして、大佐の在室の有無を聞こうとしたら、ホークアイの様子がいつもと違っていた。 エドワードをじっと見ていたと思ったら、頼み事があるからと、急に今いるこの部屋へ通されたのだ。 そうだ、ここからおかしな方向へ話が進んだのだ。 「に、兄さん」 肝心の弟は、先程から鎧をカチャカチャ鳴らして、しきりに笑いを堪えている。 「この、裏切り者・・・」 ボソリとつぶやく。 「エドワード君、ここは軍部よ。 おとり捜査をしたくても、犯人が今までに襲った被害者の共通点に当てはまる人物がいないのよ。 かといって、こんな危険なことを一般人から募集するわけにもいかないし、聞き込みも張り込みも成果がない。 恥を晒すようだけれど、うちとしてはもう手詰まりなのよ」 「う~・・・」 目の前にはホークアイの困った顔。 彼女のこんな顔は、大佐が仕事をサボったとき以外には、滅多に見ることはない。 これは本当に困っているのだろう。 だがしかし。 「だからって、何で俺が女装しなきゃいけないんだよ!!」 エドワードは心の底から叫んでいた。 「中尉の話だと、通り魔は大通りから裏に入った細いストリートに出没するんだっけ?その手のお約束だよな」 「でも、もう何人も被害者が出ているんでしょ?ナイフで女の子切り付けるなんて、最低な奴だよね」 兄弟は大通りを歩きながら、中尉から聞かされた、事件についての情報を整理していた。 「ああ。 しかも行動がエスカレートしているらしいしな。 いつ死人が出てもおかしくない」 「あ、襲った女の子の金髪を切ってっちゃうんだよね。 何でかな」 「そんな変態の気持ちなんて知るかよ。 決まって十代前半の、金髪の少女だけを襲うなんて、ロリコンなんじゃねえの?」 先程から、エドワードの眉間には縦皺が二、三本、出来ていた。 極めてご機嫌ナナメだ。 捜査も行き詰って困り果てていたところに、運良く、国家資格を取得して三年経ってもなお、最年少国家錬金術師であるエドワード・エルリックが現れた。 東方司令部の面々にしてみれば、渡りに船というやつだ。 確かに、ごつい集団である軍東方司令部に、被害者に共通している、十代前半の金髪の少女なんてものがいるわけがない。 しかし彼ならこの条件にピッタリと当てはまる。 ただひとつ、彼が少女ではなく、少年であることを除いて。 エドワードにしてみれば、迷惑以外の何者でもなかったが。 「十代前半って、俺は既に十代半ばだぞ」 ぶつくさ愚痴をこぼしながら、ため息ひとつ。 「くっそ、タイミング悪ぃ・・・」 「兄さん、中尉が困ってるんだから、協力しようよ」 「アル、おまえなぁ・・・」 半分面白がっている弟の顔を、横目で見上げる。 アルフォンスが生身だったら、全部押し付けてやるのに。 なにせ弟のほうが母に似て、優しい面差しをしていたし、暴走しがちな自分と比べればおっとりしている(ように見える)。 身長だって自分と大して変わらなかったはずだ。 しかしそれは、彼が生身であればの話。 弟を、こんな鎧の姿にしてしまった張本人は自分なのだ。 だから、思ってはいても、この事は言わない。 「何?」 「何でもない」 見下ろしてくる弟から視線をそらす。 「・・・それにしても兄さん、とても似合ってるよね」 エドワードは思いっきり転びそうになった。 こんな格好を、弟に褒められたところで、まったくもってうれしくもなんともない。 エドワードは現在、ホークアイの用意した、清潔そうな白のワンピースに、機械鎧を隠すための編み上げのロングブーツ(この中には死守したズボンが押し込まれている)、いつもの三つ編みは解かれて、長い金の髪が肩に掛かっている、といった出で立ちで、さらに、淡いピンクのリボンが、頭の真ん中より少しずらして、カチューシャ風にかわいらしく結ばれていた。 母親を幼くして亡くしたためか、この兄弟は年上の女性に弱い傾向がある。 そしてそれが、ホークアイ中尉であればなおさらの事で、彼女の頼みを、エドワードは聞き入れることにしたのだった。 「これが大佐だったら、ぜっっっっっったい、断ってたのにっ!」 東方司令部でホークアイに呼び止められて三日目。 おとり捜査のために兄弟は現場へと向かっている最中なのだった。 ぼさぼさの髪に、無精ひげを生やし、男は道を歩いていた。 とりあえず今日も、小腹が空いたので、何か食べに出たところだった。 ぽとぽとと歩いて大通りに出る。 いつものようにいつもの飲食店へ向かおうとして、きれいな色が目に入った。 男は狂喜した。 大好きな金色。 今日の金色はまた格別だ。 おまけに、あの少女は髪だけでなく瞳まで金色で。 これはもう、我慢できない。 是非、手に入れなければ。 男はこっそり、金髪の白いワンピースの少女の後をつけ、どうやって金色を奪おうか考える。 相変わらず、町の中は軍の匂いがするから、手早く行動しなければ。 おまけに今日は二つの目玉も抉り出さなきゃならない。 少女の傍らの、でかい鎧が邪魔で、男は舌打ちする。 そうだ、少女が一人になるのを待って、人気のないところへ連れ込んでから、ゆっくりもらえばいい。 きれいな金糸の髪と、金のガラスみたいな目玉。 白いワンピースは今でも金色に合うけれど、血で赤く彩ったほうが金色が映えるに違いない。 そう決めると、男はにたりと笑った。 「どうしたの?兄さん」 「いや、今、なんか寒気が」 「もしかしたら、通り魔が兄さんに目を付けたのかも?」 急にぶるっと体を震わせて、自分を抱きしめる兄を、アルフォンスはからかった。 実はまったくもってそのとおりだったのだが、二人が事実を知るわけもなく。 大通りを通って広場へ出ると、ホークアイ中尉とハボック少尉が待っていた。 「ごめんなさいね、エドワード君にこんなことをさせてしまって」 「別にいいよ、中尉」 ホークアイに謝られて、気恥ずかしさに、エドワードは心なしか頬を染めて俯く。 「いや、大将、そうしてるとほんとに女の子・・・!」 ハボックは全部言い終わる前に、エドワードに思い切り足を踏みつけられて、足を抱えて跳ね回った。 「司令部で大笑いしたの、俺忘れねえからな」 ホークアイに着替えさせられて(ワンピースだの編み上げブーツだの、着方も履き方もわからなかった)、東方司令部の面々の前に引き出されたとき、一瞬の間をおいて、全員に笑われたのだ。 大佐はエドワードの足蹴りを喰らい、他のメンバーはホークアイの銃撃を喰らって、あえなく撃沈されたが。 「だってよ、大将の女装が似合いすぎてて、笑うしかなかったんだもんよ」 これは本当である。 何せあの生意気な鋼の錬金術師が女装するというのだから、最初から笑いものにするつもりではあったが、実際、着替えて出てきたエドワード・エルリックの格好に、誰も違和感がなかったのだ。 別の意味で笑うしかない。 「何か言った?」 「いいえ、何も」 エドワードに凄まれて、ハボックは亀みたいに首を縮ませた。 「じゃあ、予定通りにお願いね」 「犯人殴っていい?」 「お任せするわ」 眉間に皺を寄せて見上げてくるエドワードに、ホークアイはくすりと笑って、多少の報復を承諾した。 「じゃあ、兄さん。 僕は中尉と一緒に行くけど、くれぐれも気をつけてね」 「分かってるよ」 念のために釘をさす弟に手を振って、エドワードは歩きにくいスカートを翻して路地裏を目指した。 チャンスはすぐにやってきた。 ぼさぼさ頭の髭面の男が、路地裏に入ってしばらくすると、背後にぴたりと付いてきたのだ。 早足になると男も早足になり、ゆっくり歩くと、男もゆっくり歩く。 これはもう、ほぼ確定だ。 と、思ったそのとき、男が急にエドワードに襲いかかった! 「うおりゃあああああ!」 ギラつくナイフが目に映ったが、エドワードはそんなことにはかまわず、思い切り足を振り上げた! 「ぎゃ!」 機械鎧に顎を蹴り上げられて男はうずくまったが、パン!という手を叩く甲高い音が耳に入った。 「ふ、ふふふふふ、てめえ、覚悟はできてるんだろうな?!」 少女だと思ったのが、少年だったとその声で気づいて見上げた男は、吊り気味の金の瞳が剣呑に輝くのを目撃した。 「ひいいいいいいいい!」 ホークアイから了承を得ていることも加わって、エドワードは思いっきりだった。 その光景を見ていたハボックが、ぼそりと一言。 「大将一人でじゅうぶんだったんじゃ・・・」 最終的には錬金術で練成された数本の槍で、壁に縫い付けられた通り魔を、数日さらし者にすることになり(何せ槍は深々と突き刺さって、抜こうにも抜けなかったので)、きちんと計画的に配備されたわりには、エドワード以外の兵士たちは特にすることもなく事件は幕を閉じた。 そうして鋼の錬金術師の名は、いつもと違った話題を提供することとなり、金髪の少女たちは、しばし犯罪者から恐れられることとなる。 「しかし鋼の、あれは少々やりすぎだったのではないのかね?」 「ロリコン通り魔にはいい薬になったんじゃねえの?金色を見るだけで怯えるようになったって?いい気味だ」 「ロリコン、ね」 「・・・何?大佐。 今ここですぐにあん時の貸し、返してくれんの?高いよ?」 「う、いや、ごほん」 焔の錬金術師ことロイ・マスタング大佐と、鋼の錬金術師エドワード・エルリックとの間で、こんな会話が交わされたのは、また後日のお話。 FIN.

次の