在外邦人 給付金。 海外赴任者はコロナ一律10万円給付の対象になるかを確認しよう

在外邦人、10万円支給に数年か=全員確認なら作業膨大に―新型コロナ

在外邦人 給付金

もくじ• 6月5日:在外邦人に10万円給付検討を発表、海外在住者がざわつく 海外在住者も日本政府から10万円もらえる?と在外邦人がザワついたのがこちらのニュース >> キター 在外邦人に10万円給付 自民政調会長: 日本経済新聞 — yukimusi et al. 🏔 yukimusiii 在外邦人へ給付の可能性が浮上して界隈が騒ついている。 税金を納めていない国籍だけの人間が何故と言われるのもわかる。 いらないと言う在外邦人がいるのもわかる。 ただ、多くの税金は日本に納めて生きてきたので、この法案が決まれば私は受け取るぞ。 ありがたい。 在外邦人に10万円給付 自民政調会長: 日本経済新聞 — Mitsuhito Hatsui MitsuhitoHatsui 6月9日:「在外邦人は給付対象外」&「在外邦人の給付検討」 そして6月9日、 「在外邦人は10万円の支給対象外」と「在外邦人の給付検討」、相反するニュースが流れました。 どうなることやら。。 — HattoriM HattoriM 【日本政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一律10万円の特別定額給付金の支給対象を在外邦人にも広げる検討に入った】 支給することを前提に、どうやって支給するかの技術的な検討がなされている段階に入ったと推察します。 岸田文雄政調会長 「在留邦人の実態把握をしなければならない。 どのように支給できるか、政府にシステム構築を申し入れている」(引用:) 菅義偉官房長官 「どのように適正な給付を行うかという問題もあり、関係省庁で課題の整理を行っている」(引用:) 質問趣意書への答弁です。 在外邦人は、既存の特別定額給付金の対象ではない。 との内容です。 しかし政府と与党が第二次補正予算案の成立後は、在外邦人まで対象を拡大する方向で検討を始めました。 第二次補正予算案成立後はで在外邦人も給付金の対象になるかも?• 関係省庁で課題を整理• 支給のためのシステム構築を申し入れ ってことですね。 まだまだ時間がかかりそう。 【6月14日更新】在外邦人10万円、政府内の検討が難航 6月14日に報道された海外在住者への10万円の給付金支給についての新たなニュースです。 政府が新型コロナ対策で「スピード感」を強調する中、関係者からは実際に全員に支給を終えるには2~3年かかるとの見通しも出ている。 (引用:)• 本人が居住しているかの確認• 二重払い防止の事務手続き が煩雑になる可能性が高く全員に配り終えるまで2~3年はかかるとの見通し。 う~ん、、、、私はオーストラリア在住で、もし生活に困窮したらオーストラリア政府からのサポートを受けることができます。 「海外邦人にも10万円」ではなく日本国内の困っている方に手厚い支援をするべきなのでは?と思っています。 国内への対応が優先ですよね。

次の

【最新情報】海外在住日本人へ朗報!ついにコロナ給付金10万円をもらえるかも?

在外邦人 給付金

さて、今回は日本在住の皆様であれば、すでに申請を終わらせているであろう特別定額給付金についてです。 今回の記事では、その日本政府による全国民への救済策として施行された特別定額給付金が海外の在留邦人にも支給されるのではという噂についてまとめてみました。 特別定額給付金とは? 特別定額給付金とは、日本政府における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による経済的影響への緊急経済対策の一施策として施行されています。 当初は1世帯あたりに30万円とか、所得に応じた支給が議論されましたが、最終的には1人に対して10万円の支給をすることで確定しています。 また、条件については迅速な施行を優先するため唯一以下の条件となりました。 基準日(令和2年4月27日)時点で、住民基本台帳に記録されている者 ただし、受給権者は給付対象者の属する世帯の世帯主のみとなっており、家族がバラバラに申請をして10万を得ることはできません。 唯一の条件である 住民基本台帳に記録のある者についてですが、住民基本台帳とは、氏名、生年月日、性別、住所などが記載された住民票を編成したもので、住民の方々に関する事務処理の基礎となるものです。 つまり、住民票があれば受給資格があります。 在留邦人が住民票があるのか? さて、日本政府の緊急経済対策の特別定額給付金が住民票を持っているすべての国民に支給されるわけですが、では 在留邦人=海外に住む日本人には支給されるのでしょうか? 在留邦人は海外に中長期的に滞在している日本国籍を保有する人を指しますが、中長期となると企業の駐在員や永住目的で海外に渡航したけど日本のパスポートを保有している人が大多数となります。 しかし、そんな在留邦人が必ずしも「 在留邦人=住民票が無い」なわけではありません。 なぜなら、永住目的で日本を出国する場合においても、 住民基本台帳から登録を削除(住民票の転出届)は義務ではないからです。 つまり、もう日本なんて帰ってこないというくらいの固い意志で出国する人でも、住民票はそのままにしておけます。 そのため、「 すべての在留邦人=住民票が無い」というロジックは通じないのです。 ただし、日本に居ないのに住民票を維持することに対して、それなりの コストが発生するため、パッパの知る限りでは、永住者はもちろん中長期的に海外に住む方々は出国時に住民票の海外転出を出して住民基本台帳から登録を削除されていると思います。 この日本にいないのに住民票を維持するコストについては、主に以下の3つとなります。 国民年金• 社会保険・国民健康保険• 住民税(市民税・県民税) ここでは詳しい説明は省かせて頂きますが、パッパが以前に国民年金についてはまとめた記事「」がありますので、もしよければ参考にしてください。 どこから始まった在留邦人への特別定額給付金 1番最初にも説明した通り、この特別定額給付金は日本政府が日本経済のための緊急経済対策として施行されたわけですから、海外に移り住んだパッパそして家族はこの特別定額給付金は受け取る資格はないと当初から思っていました。 1人10万円ですから、正直それなりに大きな金額ですし、お金がもらえるならもらいたいのがぶっちゃけた本音です。 両親からも「お前たちも特別定額給付金はもらえるの?」なんて聞かれましたが、当初から特別定額給付金は日本に在住して日々税金を支払っている人々の権利なので、海外に移住したパッパにはもちろん受給資格なんてないと思っていました。 が、しかし、4月末に突然思いもしないニュースが舞い込んできました。 なんと在留邦人にも特別定額給付金を支給すべきと提言する議員が出てきたんです。 政治に疎いパッパですので、詳細な説明はここでは省きますが、どうも自民党議員の方から、海外に住む日本人(同胞)もコロナウイルスで多大な影響を受けており、同じ日本人である同胞を見捨てるわけにはいかないというのが発想の原点のようです。 賛否両論の在留邦人への給付 さて、ここまで読まれるとなぜ在留邦人への特別定額給付金の支給が議論を巻き起こすのかお分かり頂けるかと思います。 まず第1に問題となるのは、いくら同じ日本人の同胞であっても、日々の税金を納税する義務がない人々がその税金から拠出される特別定額給付金を受け取る権利があるのか? これはまさにパッパも思うことですが、住民票を除票した永住者は納税の義務がありません。 住民税はもちろんのこと、国民年金への加入義務もありません。 簡単に言えば、何も日本政府の税制度に寄与していないのですから、同じ日本人だからといって特別定額給付金を受け取る権利があるとは言えないのではないでしょうか? もちろん、在留邦人でもコロナウイルスによってビジネスが無くなってしまったり、会社自体が潰れてしまい収入がまったく無くなった方、もしくは激減した方々もいることは確かです。 海外にいる同じ日本人の同胞も救おうという声がどこまで日本国内で高まるのかは現時点では予想できない状態です。 そして、第2の問題は今回の日本国内の特別定額給付金を支給されている人が少なからずいるため、2重での支給を阻止するためには、非常に煩雑な作業が要求されます。 現在、外務省で在留邦人として登録されている日本人は140万人いると言われています。 しかし、移住時に住民票の海外転出届が義務化されていないのと同様に、海外在住であっても在留邦人として登録することも義務化されていません。 もちろん、在外公館からの様々なサービスを受けるにあたり大多数の方々が登録はされていると思いますが、残念ながら登録されていない方がいることも事実であり、在留邦人の対象者を正確に把握するためには、在外公館の膨大な調査が必須であり、かつ日本に住民票を持ちすでに特別定額給付金を受け取っている人を見つけ出すことは容易ではないと思われます。 ここスウェーデンでも永住目的でスウェーデンに住んでいながら、日本に住民票を残すことで本来なら受けてはならない権利(法的には抜け穴)を授受している人が少なからずいると聞きますから、きっと何人かの人は今回の特別定額給付金を裏で受け取っている人はいるんだと思います。 在留邦人への特別給付定額給付金のニュース 最終的に気になるのは、じゃ在留邦人に特別定額給付金は支給されるのかどうかですが、現時点でパッパの知る限りではまだ決まってはいないようです。 以下はGoogleのニュースで検索した際の最新のニュースとなります。 まとめ 在留邦人邦人への特別定額給付金についての記事いかがでしたでしょうか? んー正直パッパも少なからずコロナウイルスの影響で家計的に苦しくなったのは確かなので、母国日本の優しい心遣いに感謝したい気持ちでいっぱいですが、反面「道理がなってない」と心にモヤモヤしたものがあります。 もちろん、まだこの在留邦人邦人への特別定額給付金は確定しておらず、今後より議論されるのだと思いますので、遠いスウェーデンから見守っていきたいと思います。 最後までパッパのブログを読んでいただきありがとうございました。 パッパのブログは以下のブログランキングに参加しております。 誰かに読んでいただいているという実感と次の記事への執筆意欲となりますので、ぜひクリックをお願いいたします。

次の

丸山穂高氏、海外在住日本人へ給付せずの政府に「ほんと何考えてんの?」

在外邦人 給付金

総務・外務省が適正給付の課題を整理 日本政府は9日の閣議で、新型コロナウイルスの緊急経済対策として支給される1人10万円の「特別定額給付金」について、海外在留邦人は給付対象外とする答弁書を決定した。 立憲民主党の矢上雅義氏の質問主意書に答えたもので、給付金は、今年4月27日時点で住民基本台帳に記録されている人が対象。 自民党内には在外邦人も対象にすべきだとの意見があり、同党の岸田文雄政調会長は今月5日、日本国民1人あたり10万円を支給する特別定額給付金の対象に海外在住の日本人を加える方向で調整していることを明らかにしていた。 菅義偉官房長官は記者会見で「海外に在住する方々にどのように適正な給付をするという問題もあり、関係省庁で課題を整理している」と述べるにとどめた。 日本政府は4月20日に「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、総務省に特別定額給付金実施本部を設置。 特別定額給付金は、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の一環で、国民1人あたり一律10万円を支給する制度。 679市区町村が、5月1日から受け付けを開始した。 給付対象となるのは、4月27日時点で住民基本台帳に記録されている者となっており、海外にいても、住民票を日本に残している人は、規定上受給資格があるとみられるが、実際に現段階で、海外在住者への給付を行なっている地方自治体があるかは不明。 事業費は12兆8802億9300万円。 関連報道によると、岸田発言は、4月27日、自民党の青山繁晴参院議員が代表幹事を務める党内の保守系議員グループ「日本の国益と尊厳を護る会」が、新型コロナウイルスを受けた経済対策に関する要望書を岸田政調会長に提出したことを受け答えたもの。 青山氏は、海外邦人への給付を提言した理由について、海外在住の邦人から同氏に対し「私たちは捨てられたのか」「日本国内の外国人には給付があるのに、同じ同胞なのに海外にいるというだけで給付がないのは日本国民としておかしいんじゃないか」という声が寄せられたからだと明かしていた。 米国では、コロナ生活支援対策として納税者1人に一律1200ドルがすでに給付されていることもあり、在外者は現金給付すべき対象にはあたらないとの指摘もあったという。 海外邦人を見捨てた? いや、既に現地で支給も 受給資格認定に難題 「海外に住む日本人は少なくとも140万人いる。 事実上、見捨てるのかという事になっている」そう日本で報道関係者に語った自民党内の保守系議員グループ「日本の国益と尊厳を護る会」代表の青山繁晴参院議員。 一律10万円の海外在留邦人への支給を岸田文雄政調会長に提言した理由について、海外在住の邦人から「私たちは捨てられたのか」「日本国内の外国人には給付があるのに、同じ同胞なのに海外にいるというだけで給付がないのは日本国民としておかしいんじゃないか」という声が寄せられたからだと述べている(1面に記事)。 関係報道によると、これを受け岸田氏は「非常に大事なことだ。 必ず何かを考えるようにしたい」と応じたという。 実際、岸田政調会長は5日の総務会で、1人あたり10万円を支給する特別定額給付金の対象に海外在住の日本人を加える方向で調整していると明らかにした。 2020年度第2次補正予算案で関連する経費を確保したとまで言っていた。 鈴木俊一総務会長が記者会見で説明している。 それが4日後に翻った。 安倍首相は一律10万円給付の方針を発表した記者会見では、「国民の皆様と共に乗り越えていく。 その思いで、全国全ての国民の皆様を対象に、一律に1人当たり10万円の給付を行う」と述べていたが「全国全ての国民」から海外在住の日本人は外れていた。 岸田氏は「実態把握をしなければならない。 外務省にどのようなシステムを作れば支給できるか申し入れた」と話したというが、菅官房長官の発表によれば、今なお海外に在住する人々に対してどのように適正な給付を行うかという問題もあり関係省庁においてそうした課題の整理を行っているとしている。 実際に海外配布の面で公平で適正な方法を探ること自体、かなりの難題を抱えていることも想像できる。 給付金の海外受給対象者は一見、日本国民として在外選挙に投票している海外の有権者が支給対象有資格者に見えるが、投票するための在外選挙人登録は、日本の住民票を抜いて海外に3か月以上滞在している人となっているため、日本に住民票がない。 また海外在住者はマイナンバーを持っていないなどの問題がある。 さらに海外在住の日本人は、米国の1200ドルなど、居住している国の政府からの給付を受けている例もあるほか、日本政府の緊急事態宣言による生活への直接の影響は海外にいるので比較的小さく、現金給付すべき対象にあたらないとの指摘もあったという。 しかし、パンデミックで海外に足止めをされ、帰国がままならない日本人も今なお多い。 そんななか、日本国内の親が危篤で、ニューヨークから飛行機を乗り継いで万難を排して帰国してきた日本人会社員は「同情するなら金をくれというフレーズが昔あったが、金やマスクは無理してまでいらないが、海外在住の日本人に向けた安否を気遣う言葉の一つも首相の口から聞きたかった。 海外は眼中にないのではないか」とポツリと話した。

次の