イソプロピル ウノ プロ ストン。 網膜色素変性に対するウノプロストンの第3相試験結果を報告-アールテック・ウエノ

レスキュラとキサラタンの違いは?

イソプロピル ウノ プロ ストン

イソプロピル ウノプロストン:レスキュラ スポンサード リンク 成分(一般名) : イソプロピル ウノプロストン 製品例 : レスキュラ点眼液0. 緑内障や高眼圧症の治療に用います。 作用 【働き】 眼球内では房水と呼ばれる水分が循環しています。 房水の役目は、内側から圧をかけ眼球を保つこと、それに目に栄養分を与えることです。 ところが、房水が充満しすぎると、眼圧が上がり視神経を圧迫してきます(高眼圧症)。 そのままでいると視神経が弱り、視野が狭くなったり視力が落ちたりします。 このような状態が高眼圧をともなう典型的な緑内障です。 この目薬は、房水の流出を促進することで 眼圧を下げます。 このため、緑内障や高眼圧症の治療に用いられます。 有効性が高いことから、第一選択されることも多いです。 緑内障の治療目標は、健常眼圧を日々保つことにより、視力や視野を長期にわたり維持することです。 根治療法ではないので治療期間は長くなりますが、眼圧を適正にコントロールするため根気よく続けなければなりません。 このような作用から「FP受容体作動薬」と呼ばれています。 プロスタグランジン関連の緑内障治療薬です。 略してPG関連薬。 この部類としては1番目に開発されました。 比較的強い眼圧下降作用を示し、高い治療効果が期待できます。 開放隅角緑内障に対し第一選択されることが多くなりました。• PG関連薬のうち代謝型プロストン系に分類されます。 プロストン系は、PG関連薬としては作用がマイルドで、虹彩色素沈着をふくめ副作用も軽度です。 点眼回数は1日2回になります。 注意 【診察で】 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。 【使用にあたり】• ふつう1回1滴、1日2回点眼します。 根治療法ではないので、一般的に治療期間は長くなります。 適正な眼圧を維持するため、決められた期間 根気よく続けてください。• 正しく点眼することにより、副作用の予防や軽減がはかれます。 以下に一般的な点眼方法を示しますが、医師の指示を優先し決められた手順で点眼してください。• できるだけ仰向けの状態で点眼するようにします。 清潔な手で下まぶたを下にひき、容器の先がまぶたの縁やまつげに触れないように点眼してください。• 1滴点眼したあと、ゆっくりと目を閉じ、まばたきをしないで1〜5分間そのまま閉じていてください。 このとき、目がしらを指先で押さえておくと鼻や口に薬液が回らず苦い思いをしなくて済みますし、全身性の副作用の予防になります。• 点眼液が目の回りに付いたり、目からあふれ出たときは、ガーゼやティッシュで拭き取るか、目を閉じて洗顔するようにしてください。 皮膚変色やかぶれを予防するうえで大事なことです。• 他の点眼薬と併用しているときは、点眼間隔を5分以上あけてください。• コンタクトレンズをしている場合は、レンズをはずしてから点眼し、15分以上経過してからつけてください。 防腐剤のベンザルコニウムによるレンズの変色を防ぐためです。• 点眼し忘れた場合は、 気づいたときに1回分を点眼してください。 ただし、次の点眼時間が近い場合は忘れた分をは抜かし、次回より通常どおりに点眼してください。 2回分を一度に点眼してはいけません。• 涼しい所に保管しましょう。 なお、決められた使用期限を過ぎたら破棄してください。 【備考】 緑内障はその成因から大きく2つのタイプに分かれます。 「閉塞隅角緑内障」と「開放隅角緑内障」です。 閉塞隅角緑内障は、房水の排水路である隅角が虹彩でふさがれてしまうタイプです。 その多くは慢性型ですが、ときに眼圧が急上昇し激しい眼痛や頭痛、充血や視覚異常などをともなう緑内障発作を起こします。 一方、開放隅角緑内障は、隅角とは関係なく、房水の排水口が目詰まりするタイプです。 慢性に推移し、自覚症状が乏しく、視野異常にも気づきにくいので、自覚したときには相当に進行していることが多いです。 治療方法も違います。 閉塞隅角緑内障では、房水を排出させるための手術を優先し、薬物療法は補助的におこなわれます。 一方、開放隅角緑内障では、点眼薬による薬物治療が中心になります。 単薬で効果不十分な場合は、これらによる併用療法もおこなわれます。 なお、最近の調査で、緑内障の約6割が「正常眼圧緑内障」であることが分かりました。 眼圧は正常範囲なのに緑内障になってしまうのです。 視神経が耐えられる眼圧には個人差があり人それぞれで大きく異なります。 視神経がもともと弱いなど、必ずしも高い眼圧だけが緑内障の要因ともいえないのです。 効能 緑内障、高眼圧症 用法 通常、1回1滴、1日2回点眼する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 比較的多いのは目の充血です。 まれに角膜障害を起こすことがありますので、痛みやかゆみ、異物感などの症状が長く続くときは、すぐに受診してください。 点眼時の一時的な刺激症状(しみる、かすむ)は心配ないと思います。 PG関連薬に特徴的な まつ毛の伸長、まぶたや虹彩の色素沈着は少ないほうです。 一時的な刺激症状(しみる、灼熱感、痛み)、かゆみ• 充血、まぶたの腫れ、かすみ目• 角膜障害(目の痛み、かゆみ、異物感、かすみ目などの症状が続く)• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

イソプロピルウノプロストン点眼液0.12%「ニッテン」│お薬事典│イソプロピルウノプロストン点眼液0.12%「ニッテン」の詳細情報ならここカラダ

イソプロピル ウノ プロ ストン

イソプロピル ウノプロストン:レスキュラ スポンサード リンク 成分(一般名) : イソプロピル ウノプロストン 製品例 : レスキュラ点眼液0. 緑内障や高眼圧症の治療に用います。 作用 【働き】 眼球内では房水と呼ばれる水分が循環しています。 房水の役目は、内側から圧をかけ眼球を保つこと、それに目に栄養分を与えることです。 ところが、房水が充満しすぎると、眼圧が上がり視神経を圧迫してきます(高眼圧症)。 そのままでいると視神経が弱り、視野が狭くなったり視力が落ちたりします。 このような状態が高眼圧をともなう典型的な緑内障です。 この目薬は、房水の流出を促進することで 眼圧を下げます。 このため、緑内障や高眼圧症の治療に用いられます。 有効性が高いことから、第一選択されることも多いです。 緑内障の治療目標は、健常眼圧を日々保つことにより、視力や視野を長期にわたり維持することです。 根治療法ではないので治療期間は長くなりますが、眼圧を適正にコントロールするため根気よく続けなければなりません。 このような作用から「FP受容体作動薬」と呼ばれています。 プロスタグランジン関連の緑内障治療薬です。 略してPG関連薬。 この部類としては1番目に開発されました。 比較的強い眼圧下降作用を示し、高い治療効果が期待できます。 開放隅角緑内障に対し第一選択されることが多くなりました。• PG関連薬のうち代謝型プロストン系に分類されます。 プロストン系は、PG関連薬としては作用がマイルドで、虹彩色素沈着をふくめ副作用も軽度です。 点眼回数は1日2回になります。 注意 【診察で】 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。 【使用にあたり】• ふつう1回1滴、1日2回点眼します。 根治療法ではないので、一般的に治療期間は長くなります。 適正な眼圧を維持するため、決められた期間 根気よく続けてください。• 正しく点眼することにより、副作用の予防や軽減がはかれます。 以下に一般的な点眼方法を示しますが、医師の指示を優先し決められた手順で点眼してください。• できるだけ仰向けの状態で点眼するようにします。 清潔な手で下まぶたを下にひき、容器の先がまぶたの縁やまつげに触れないように点眼してください。• 1滴点眼したあと、ゆっくりと目を閉じ、まばたきをしないで1〜5分間そのまま閉じていてください。 このとき、目がしらを指先で押さえておくと鼻や口に薬液が回らず苦い思いをしなくて済みますし、全身性の副作用の予防になります。• 点眼液が目の回りに付いたり、目からあふれ出たときは、ガーゼやティッシュで拭き取るか、目を閉じて洗顔するようにしてください。 皮膚変色やかぶれを予防するうえで大事なことです。• 他の点眼薬と併用しているときは、点眼間隔を5分以上あけてください。• コンタクトレンズをしている場合は、レンズをはずしてから点眼し、15分以上経過してからつけてください。 防腐剤のベンザルコニウムによるレンズの変色を防ぐためです。• 点眼し忘れた場合は、 気づいたときに1回分を点眼してください。 ただし、次の点眼時間が近い場合は忘れた分をは抜かし、次回より通常どおりに点眼してください。 2回分を一度に点眼してはいけません。• 涼しい所に保管しましょう。 なお、決められた使用期限を過ぎたら破棄してください。 【備考】 緑内障はその成因から大きく2つのタイプに分かれます。 「閉塞隅角緑内障」と「開放隅角緑内障」です。 閉塞隅角緑内障は、房水の排水路である隅角が虹彩でふさがれてしまうタイプです。 その多くは慢性型ですが、ときに眼圧が急上昇し激しい眼痛や頭痛、充血や視覚異常などをともなう緑内障発作を起こします。 一方、開放隅角緑内障は、隅角とは関係なく、房水の排水口が目詰まりするタイプです。 慢性に推移し、自覚症状が乏しく、視野異常にも気づきにくいので、自覚したときには相当に進行していることが多いです。 治療方法も違います。 閉塞隅角緑内障では、房水を排出させるための手術を優先し、薬物療法は補助的におこなわれます。 一方、開放隅角緑内障では、点眼薬による薬物治療が中心になります。 単薬で効果不十分な場合は、これらによる併用療法もおこなわれます。 なお、最近の調査で、緑内障の約6割が「正常眼圧緑内障」であることが分かりました。 眼圧は正常範囲なのに緑内障になってしまうのです。 視神経が耐えられる眼圧には個人差があり人それぞれで大きく異なります。 視神経がもともと弱いなど、必ずしも高い眼圧だけが緑内障の要因ともいえないのです。 効能 緑内障、高眼圧症 用法 通常、1回1滴、1日2回点眼する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 比較的多いのは目の充血です。 まれに角膜障害を起こすことがありますので、痛みやかゆみ、異物感などの症状が長く続くときは、すぐに受診してください。 点眼時の一時的な刺激症状(しみる、かすむ)は心配ないと思います。 PG関連薬に特徴的な まつ毛の伸長、まぶたや虹彩の色素沈着は少ないほうです。 一時的な刺激症状(しみる、灼熱感、痛み)、かゆみ• 充血、まぶたの腫れ、かすみ目• 角膜障害(目の痛み、かゆみ、異物感、かすみ目などの症状が続く)• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

イソプロピルウノプロストン点眼液0.12%「ニッテン」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

イソプロピル ウノ プロ ストン

冷所保存が必要な点眼液の詳細 上記の内容に関して、ジクロード、キサラタン、トラバタンズ、ザラカムについては基本は開封前の保存について。 開封後は室温で良いとされている。 」() ところでトラバタンズの配合剤であるデュオトラバはなぜが開封前も室温保存になっています。 この理由ですが、実はトラバタンズも室温であまり問題ないということみたいです(メーカーさんに教えてもらいました。 実際にジェネリックのトラボプロスト点眼液0.004%「ニットー」は室温保存になってますし。。。 ただ、その理論でいくとキサラタンのジェネリック(ラタノプロスト点眼液0. メーカーによって室温と冷所が分かれていますね。 本当は室温でもあまり問題ない気がしますが、そこは念のため添付文書に従いましょう。 より詳しい情報はポータルサイトでも 今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。 より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。 無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだと m3. comと 日経DIの2種類が有名どころですね。 comは業界ニュースの他にも、 薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。 閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。 上記は m3. comの薬剤師掲示板の一例です。 日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。 こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。 ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。 勤務先とかも入力する必要があるので。 しかし、 今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。 デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。 登録するメールアドレスはご注意ください。 勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

次の