ジェノベーゼ。 ジェノベーゼとバジルソースの違いとは?ソース作り方3選と定番レシピ5選!

antico genovese アンティコ・ジェノベーゼ

ジェノベーゼ

この記事の目次• ジェノベーゼソースとは? 世界で標準のジェノベーゼソースとは? 海外で言う正確な、ジェノベーゼソースは、イタリアのカンパリア地方の豊かな玉ねぎをたっぷり使ったパスタソースです。 実はバジルは使いません。 甘い玉ねぎベースのソースです。 ルネッサンス時代に、ジェノバからナポリに伝わったとされています。 その後、カンパリア地方に伝わるソースとして有名になりました。 画像:Wikipedia 日本で言うところのジェノベーゼソースって? 一方、日本で言っているジェノベーゼソースは正確には、 ペスト (リグリアン・ペスト:リクリア地方のペスト)または、 ペスト・アラ・ジェノベーゼと呼ばれるソースです。 リグリア地方ジェノーバが紀元のソースです。 ニンニク、松の実、粗塩、バジルの葉、パルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズ)、ペコリーノ・サルド(羊のミルクから作られたチーズ)のすべてがオリーブオイルとブレンドされてつくられるソースです。 同じジェノーバを起源とするソースなのですが、ジェノベーゼソースとしては、タマネギベースの方が有名なのでしょう。 海外でジェノベーゼと言って注文すると、そちらが出てきます。 【2】 がん予防 なんと驚くことにバジルにはがん予防の効果がある食材として、アメリカの国立ガンセンターにて名前が挙がっているほどなのです! ガンの発症原因の多くは体内の「活性酸素」。 【3】 整腸作用 バジルの香りには整腸作用があり、胃や腸など全般的な消化器官の働きを促してくれます。 食欲を促したり、胃腸をスッキリとさせる効果もあるので、食後のハーブティーもとっても親しまれていますよね。 また同時に便秘解消効果も期待できます! 【4】 殺菌作用 生のバジルを、そのまま傷口に擦り込むと、消毒ができると言われるほどの殺菌効果をバジルはもっています。 風邪や口内炎など細菌性の病気にもバジルはとても良いとされています。 【5】 かゆみの緩和 少し意外ですがバジルには皮膚のかゆみを緩和させる働きを持つとも言われています。 敏感肌でかゆみが出やすいという方には是非定期的に食べていただきたい食材の一つなのです。 基本のジュノベーゼソース(バジルベース)の作り方 【用意するもの】• バジル…50枚程度• 松の実…10個程• ニンニク…1片• チーズ…適量• 塩…適量 【作り方】• バジルは水に濡らして洗わず、1枚ずつ丁寧に拭き取っていきます• バジルをある程度細かく切る• 材料全てをミキサーやフードプロセッサーにかければ完成です! いかがですか?とっても簡単ですよね。 ですがこうして出来たソースは応用の効く優秀なソースなんです! ジュノベーゼ(バジルベース)ソースにちょい足しアレンジ お次は、基本のジュノベーゼソースに材料を少しプラスしたレシピです。 バジルの青臭さが少し苦手な方にはぴったりなアレンジです。 もちろんバジルを一切加えず、大葉のみで作るジュノベーゼソースもまた美味しいですよ! 詳しいレシピもありました。 大葉と同じように、割合を少し変えてバジルと混ぜ合わせてもよし、100%春菊のみでジュノベーゼ風ソースを作るのもよしなんです! 春菊のみでソースを作る場合はこちらを参考にしてください。 また、大葉を使ったジュのベーゼソースのパスタを作る際は是非トッピングにはミョウガがオススメです! 【2】 <サラダ> 参考: ジュノベーゼソースはもちろんそのままサラダソースとしても使えます。 生野菜と和えるだけ。 作っておけばとっても便利。 海鮮との相性もばっちり。 ジェノベーゼ(バジル)ソースは、ナマ物だけでなく、しっかり焼き上げるピザにもオススメ。 ほんとに、あらゆる具材と相性が良いのでいろいろ使えるのですね。 ピザ生地ソースとしてジュノベーゼをたっぷり塗って、その上に好きな具材をたっぷりトッピングしましょう! 【5】 <ブルスケッタ> 参考: ジュノベーゼ(バジル)ソースを作っておけばお酒のおつまみにも困りません! レシピではフランスパンを使用したブルスケッタを紹介していますが、もちろんパンがなくたってぜんぜんOKです。

次の

ジェノベーゼのパスタ

ジェノベーゼ

概要 [ ] ペストゥはバジリコやチーズ、松の実等を粉砕しオリーブオイルを加えて塩気を整えた、オイルソースの一種である。 の語は元来で「砕いたもの」の意であり、材料をすべて顆粒状に粉砕することに由来する。 ペストゥの最初の調理法はにまで遡るとされる。 伝統的に、の地区で栽培されたの葉を使用した物が最高の品質のペストとされている。 の地方の調味料()と関係が深い。 では、からの移民の影響で、ペストゥと似た緑のをからめた料理の「」(tallarin verde)が作られている。 ペストゥ・ジェノヴェーゼ [ ] ペストゥはリグーリア地方全体で使われる調味料だが、原産地名称保護制度で保護された「 ペストゥ・ジェノヴェーゼ」(ジェノヴァのペストゥ)が特に有名である。 牛肉とタマネギをベースとしたソースであると混同しやすいが、ペストゥはそれ自体が一般名詞であり「ジェノヴェーゼ」を付けなくともバジリコを粉砕したソースを指す。 また、「・アッラ・ジェノヴェーゼ」と書いたときにはスーゴ・アッラ・ジェノヴェーゼを和えたスパゲティを指し、ペストゥを和えたスパゲティではないことに注意する必要がある。 ペストゥ・ジェノヴェーゼの名称はの議定書案に従っている。 「ペストゥ・ アッラ・ジェノヴェーゼ」(ジェノヴァ 風のペストゥ)など類似の名称で本来の調理法に従っていない物との混同を避けるためである。 地方以外では、基本的な成分であるが他の(何か明記されていないことが多い)に替えられたり、本来入れるべきでないやが入ったり、本来はを使う所を他の類(など)で代えることがしばしばあり、そのような場合、風味が大きく変わることとなる。 本来の調理法 [ ] ひとかけと一握りをよくつぶし、エクストラ・バージン・オリーブ・オイルとの葉を小束で10束、少々、50gのと50gのを加える。 以上の材料をよくすりつぶし、十分に濃く暗い緑色のペースト状になるまで少しずつエクストラ・バージン・オリーブ・オイルを加える。 もし、ペストを保存するなら、ペストを薄いオイルの層で覆いガラス容器に入れておく。 ペストゥの作り方 [ ]•

次の

試したくなるよもぎの料理方法!よもぎのジェノベーゼソースは簡単にできて、パスタとの相性最高!

ジェノベーゼ

この記事の目次• ジェノベーゼソースとは? 世界で標準のジェノベーゼソースとは? 海外で言う正確な、ジェノベーゼソースは、イタリアのカンパリア地方の豊かな玉ねぎをたっぷり使ったパスタソースです。 実はバジルは使いません。 甘い玉ねぎベースのソースです。 ルネッサンス時代に、ジェノバからナポリに伝わったとされています。 その後、カンパリア地方に伝わるソースとして有名になりました。 画像:Wikipedia 日本で言うところのジェノベーゼソースって? 一方、日本で言っているジェノベーゼソースは正確には、 ペスト (リグリアン・ペスト:リクリア地方のペスト)または、 ペスト・アラ・ジェノベーゼと呼ばれるソースです。 リグリア地方ジェノーバが紀元のソースです。 ニンニク、松の実、粗塩、バジルの葉、パルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズ)、ペコリーノ・サルド(羊のミルクから作られたチーズ)のすべてがオリーブオイルとブレンドされてつくられるソースです。 同じジェノーバを起源とするソースなのですが、ジェノベーゼソースとしては、タマネギベースの方が有名なのでしょう。 海外でジェノベーゼと言って注文すると、そちらが出てきます。 【2】 がん予防 なんと驚くことにバジルにはがん予防の効果がある食材として、アメリカの国立ガンセンターにて名前が挙がっているほどなのです! ガンの発症原因の多くは体内の「活性酸素」。 【3】 整腸作用 バジルの香りには整腸作用があり、胃や腸など全般的な消化器官の働きを促してくれます。 食欲を促したり、胃腸をスッキリとさせる効果もあるので、食後のハーブティーもとっても親しまれていますよね。 また同時に便秘解消効果も期待できます! 【4】 殺菌作用 生のバジルを、そのまま傷口に擦り込むと、消毒ができると言われるほどの殺菌効果をバジルはもっています。 風邪や口内炎など細菌性の病気にもバジルはとても良いとされています。 【5】 かゆみの緩和 少し意外ですがバジルには皮膚のかゆみを緩和させる働きを持つとも言われています。 敏感肌でかゆみが出やすいという方には是非定期的に食べていただきたい食材の一つなのです。 基本のジュノベーゼソース(バジルベース)の作り方 【用意するもの】• バジル…50枚程度• 松の実…10個程• ニンニク…1片• チーズ…適量• 塩…適量 【作り方】• バジルは水に濡らして洗わず、1枚ずつ丁寧に拭き取っていきます• バジルをある程度細かく切る• 材料全てをミキサーやフードプロセッサーにかければ完成です! いかがですか?とっても簡単ですよね。 ですがこうして出来たソースは応用の効く優秀なソースなんです! ジュノベーゼ(バジルベース)ソースにちょい足しアレンジ お次は、基本のジュノベーゼソースに材料を少しプラスしたレシピです。 バジルの青臭さが少し苦手な方にはぴったりなアレンジです。 もちろんバジルを一切加えず、大葉のみで作るジュノベーゼソースもまた美味しいですよ! 詳しいレシピもありました。 大葉と同じように、割合を少し変えてバジルと混ぜ合わせてもよし、100%春菊のみでジュノベーゼ風ソースを作るのもよしなんです! 春菊のみでソースを作る場合はこちらを参考にしてください。 また、大葉を使ったジュのベーゼソースのパスタを作る際は是非トッピングにはミョウガがオススメです! 【2】 <サラダ> 参考: ジュノベーゼソースはもちろんそのままサラダソースとしても使えます。 生野菜と和えるだけ。 作っておけばとっても便利。 海鮮との相性もばっちり。 ジェノベーゼ(バジル)ソースは、ナマ物だけでなく、しっかり焼き上げるピザにもオススメ。 ほんとに、あらゆる具材と相性が良いのでいろいろ使えるのですね。 ピザ生地ソースとしてジュノベーゼをたっぷり塗って、その上に好きな具材をたっぷりトッピングしましょう! 【5】 <ブルスケッタ> 参考: ジュノベーゼ(バジル)ソースを作っておけばお酒のおつまみにも困りません! レシピではフランスパンを使用したブルスケッタを紹介していますが、もちろんパンがなくたってぜんぜんOKです。

次の