群発 頭痛 原因。 群発頭痛の診断基準:群発頭痛はどのようにして診断するのでしょうか

群発頭痛の原因と誘発因子

群発 頭痛 原因

中でも顔面や頭部の痛みには堪え難いものがあります。 一般に痛みの王様はくも膜下出血とも心筋梗塞とも尿管結石とも言われていますが、群発頭痛もそれらに匹敵するほどの激しい痛みで、持続性がある分、かなりの苦痛であろうと思います。 これは経験した者でなければわかりません。 群発頭痛は頭痛の形式の中では特異な現象による痛みです。 「地滑り」や 「雪崩」をイメージしていただけるといいでしょう。 一瞬のうちに起こる現象です。 これは頭蓋内部の痛みではなく、頭蓋骨の硬膜から筋肉・皮膜との間で発生しているものです。 頭皮と頭蓋骨との間は、胸や腹などに比べて非常に薄くはありますが筋肉です。 つまり、 群発頭痛は筋肉の異常なのです。 このような筋肉の病気は、和医術の得意とするところです。 病院でも明確な原因を掴めずなかなか治しにくい慢性頭痛が、薬品も使わず外科的手術もせずに、和医術を施すことで解消しているのはなぜか? 結論から言いますと、 それは和医術の治療手段が病院とは違うからでありましょう。 以下、病理とその対応手段などについて、日本式の和医術と西洋式医学(病院)を比較しながら私の考えを述べていきます。 その後で、和医術ではどのように解消へと導いているのかを説明していきますので、治すための手段を選択する際の判断目安にしていただければと思います。 群発頭痛の治し方 目次• 1,西洋式医学の見解は? まずは、群発頭痛について病院(西洋式医学)ではどのように診断し、どのように治療しているのか簡単に見ておきましょう。 西洋式医学では頭痛は大きくは症候性頭痛と機能性頭痛の二つに分けられています。 脳などの疾患が原因で起こる頭痛を症候性頭痛、疾患などの原因がないのに頭痛が繰り返して起こるものを機能性頭痛と呼んでいます。 群発頭痛・緊張型頭痛・偏頭痛は機能性頭痛として分類され、慢性頭痛ともいわれています。 群発頭痛の一般的な症状 群発頭痛の場合、発作は数週間に渡って続き、その後全く発作のない時期が数ヶ月から数年間続きます。 このようにある時期に集中して発作が頻発する為に、群発頭痛と呼ばれています。 偏頭痛とは異なり、男性に多くみられ、発症年齢は比較的若く20〜50歳位が最も多いようです。 (症状1)偏頭痛のように拍動する痛みではなく、目の周囲を中心とした片側性で、持続性の、激しい痛みが特徴です。 (症状2)目の周囲だけではなく、目の奥深くにも痛みを感じることがあり、前頭部・側頭部・頬にもしばしば放散します。 (症状3)頭痛は夜間、特に睡眠後1〜2時間の間に生じる傾向があり、前兆はありません。 (症状4)毎日規則正しく同じ時間帯に再発することが特徴です。 (症状5)痛みに伴う症状として、鼻づまり・鼻汁・結膜充血・流涙・縮瞳・頬の紅潮・浮腫などが出現します。 またマブタが垂れ下がる眼瞼下垂が生じることもあります。 (症状6)再発発作は、ほとんど同じ側に生じます。 西洋式医学における群発頭痛の原因 偏頭痛と同様に頭部の血管の拡張が関係していると推定されていますが、群発頭痛が起こる原因はまだ解明されていないようです。 遺伝要素はほとんどないといわれています。 病院における群発頭痛の治療手段 (治療手段1)頭痛発作に対する薬物療法や酸素吸入 (治療手段2)発作を予防するための薬物療法 最近では血管収縮作用をもつ鎮静剤や、予防としてステロイドホルモン剤などが使われています。 また、保険適用ではないと思われますが、ボツリヌス毒素菌注射も効果を上げているようです。 2,痛みの直接的な原因は何か? 2-1,化学薬物で治る、治せる道理がない 群発頭痛の原因について、西洋式医学においては様々な角度からの論説がありますが、結局は、痛みの発生にはいろいろなメカニズムが関与していると思われるとし、今のところ原因を断定してはいません。 ですから治療方法は薬物による対症療法にとどまっているようです。 つまり今のところ病院では、治すことを目的とはしていないということです。 とはいえ、そもそも西洋式医学は対処対症が目的でありますから、それはそれでその目的を達成しつつあるわけです。 西洋式医学としてはその役割から考えても、病名一つ一つに対してその原因物質を究明する必要があります。 「薬物で治療する」という固定した観念が根底にありますから、原因物質を化学的に見つけ出す必要があるでしょう。 しかし、そのような学問的方向性のみで仮に頭痛を誘発する物質がいくら特定できても、これは根本的な原因解明には至らないであろうと考えます。 この方向性だけでは、化学的原因物質は今後も無限に発見され続け、行き着くところはありません。 ここが現在の西洋式医学(病院)の治療手段が抱えている問題点であり、足りないところであると考えます。 化学薬物という治療手段にのみ合わせた原因解明であるからこうなるのです。 患者の願いは治ることです。 治療手段を変えればもっと簡単なのです。 二義的原因である物質をいくら抑制しても、体はそれをつくり続けます。 そう考えると、神経伝達物質やホルモン物質の分泌を抑えるだけでは治らないのは当然のことだとわかります。 では西洋式医学でも特定出来ていない、その「根本原因」が何かわかるのか? 和医術ではわかっています。 それは「ゴミ」です。 和医術では、西洋医学が「原因」としている領域の物質は確認できません。 例えば、「ここにセロトニンが分泌されています」などと私には判りません。 しかし体内の「ゴミ」なら、骨の硬膜から筋繊維・筋膜・皮膚・皮膜まで全層にわたって指先で物理的に感じることができます。 体内の「ゴミ」が観えるのは「気エネルギー」によるものです。 和医術は、「気」の働きによって、病気の「根本原因」となっている体内の「ゴミ」を見つけ出し、確認し、解消することによって元の「元気」を取り戻す医術です。 ではその物理的「根本原因」である「ゴミ」について話しを進めて参りましょう。 3,「ゴミ」ってなに? 和医術ではいつも言うのです。 「そりゃ、ゴミの仕業じゃ」と。 群発頭痛も緊張型頭痛も片頭痛も、頭痛の根底にある物理的仕組みは同じです。 いずれも頭蓋骨の硬膜から筋肉・皮膜との間で発生しているものですし、それぞれに関与する神経伝達物質は違っても、痛みが出る時の体の内・外の環境が違っても、痛みを引き起こす直接的な物理的原因は同じで、体内の「ゴミ」によるものです。 悪症状を起こしている部位には必ず「ゴミ」があります。 コレは何だろう? から始まって、 コレを消せばどうして症状が消えるのだろう? そうだ、コレは「ゴミ」なんだ! と研究を重ねてきました。 ここでは私が実際に確認してきた体内の「ゴミ」の状態をいくつかご覧いただきながら、皆様にも「ゴミ」についての理解を深めていただきたいと思います。 も是非併せてお読み下さい。 3-1, 人体内では常に「ゴミ」が造られている 体内では代謝によって生命の維持に必要なエネルギーや物質が生成されていますが、同時に不必要な物質もつくられています。 それは疲労素や石灰質、脂肪・タンパク質・血球などの変質物である異常化合物のことで、一般的には老廃物ともいわれています。 これらを、和医術では簡単に「ゴミ」と呼んでいます。 本来、人体にはその「ゴミ」を片付ける機能もちゃんと備わっています。 元気な体においては、体内各所で不要になった「ゴミ」は静脈に乗って肝臓や腎臓を経て尿として排泄されます。 その他、便や垢、汗、呼気や屁など、様々な方法で体の外に放出されています。 人間の体は実に完璧に出来ているのですね。 しかし様々な理由で、通常の排泄ルートに乗れずに体内に溜まってしまうことがあります。 少しずつ溜まった「ゴミ」は、少しずつ体の機能を狂わせていき、さらに「ゴミ」を溜め込むようになるという悪循環を起こします。 この悪循環こそが、慢性病の始まりだと、和医術では考えています。 3-2「ゴミ」は形態変化し成熟していく 「ゴミ」には気体・液体・固体の3形態があります。 体内に留まった「ゴミ」は体内を移動しながら、あるいは特定部位に堆積しながら、液体あるいは微粒子状態から固形化方向へと、形態を変え、分化・熟成・成長しているものと考えています。 現代日本人の体内環境は、実はこの「ゴミ」でいっぱいなのです。 3-3,「ゴミ」は膜と膜の間に溜まり、「玉」や「玉道管」を形成する 人体内において、「ゴミ」は膜と膜の間に溜まるように出来ているようです。 和医術ではこの膜と膜の間を「ゴミ」の「排出路」と呼んでいます。 また、粒子状であった「ゴミ」がくっ付き合って大きく熟成した状態のものを「玉(ぎょく)」 それが鎖(くさり)のように管状になったものを「玉道管(ぎょくどうかん)」と呼んでいます。 膜と膜の間、つまり「排出路」に流れ込んだ「ゴミ」は、通常ならば移動しながら自然分解されて体外へ排泄されていきます。 しかし様々な要因により体の機能が低下し、排泄されずに「ゴミ」が溜まり続けると、「ゴミ」は「排出路」を塞ぎ、周囲に「玉(ぎょく)」や「玉道管(ぎょくどうかん)」を形成し始め、筋繊維・筋膜・神経・血管等を圧迫し、冷えや凝り、痛みなどの症状が出るようになっていきます。 「ゴミ」が直接的に生命を脅かすことはありませんが、長年に渡って大量に蓄積されると、内科的には血管が目詰まりして脳梗塞や心筋梗塞になったり、内臓器質的には肝硬変・心臓肥大・腎不全を誘発したりと、間接的には命にかかわる場合も出てきます。 4,「ゴミ」が群発頭痛を引き起こす構造 4-1,「ゴミ」が痛みを発生させるメカニズム このような「ゴミ」が筋肉に痛みを発生させている様子を簡単に見てみましょう。 ではまずは正常な骨格筋をご覧ください。 【図-1】筋肉皮膜層にはゴミがなくきれいな状態です。 【図-2】筋束の断面(【図-1】の断面)はこうなっています。 正常時は筋束断面もこのように整っています。 この筋肉皮膜層に「ゴミ」が溜まるとどうなるか、というのが次の図です。 骨の硬膜や筋肉内に発生した「ゴミ」は、まずは筋束を包んでいる筋膜に集積していきます。 【図-3】「ゴミ」が蓄積し、「玉」が重なり合って神経を圧迫しています。 【図-4】「ゴミ」が移動し、形成された「玉道管」が筋肉層にくさりのように絡み付いて、神経や血管を圧迫しています。 (図-3)(図-4)のようになった段階での断面は(図-5)のような状態です。 (図-2)と比べてみてください。 【図-5】膜と膜の間に「ゴミ」「玉」「玉道管」が堆積しています。 このように、それぞれの機能を持っている筋肉の一つ一つに、「ゴミ」の構造物が出来上がっていきます。 さらに「ゴミ」の量が増えると、「ゴミ」は関連筋肉をグループごとに包んでいる筋膜へと移行していきます。 またさらに「ゴミ」の量が増えると、今度は筋肉全体を包んでいる一番外側にある筋膜と皮膚皮膜とが接合しあう空間に流れ込みます。 そこが和医術で言うところの「ゴミ排出路」でありますが、この時点ではまだ症状は出ていません。 やがて皮膜と筋膜の空間である「排出路」内の「ゴミ」の量が過剰になってくると「玉(ぎょく)」や「玉道管(ぎょくどうかん)」が形成され始めます。 「玉(ぎょく)」や「玉道管(ぎょくどうかん)」が方々に張り巡らされるようになると悪影響が出はじめます。 筋肉の緊張・収縮に伴い、筋膜の空間に出来上がっている「ゴミ」「玉」「玉道管」も収縮します。 「玉道管」はよじれ、一定の箇所に集中し、それに引っ張られるようにように散乱していた「ゴミ」も一定の箇所に集中していきます。 その結果、その部位の筋繊維・筋膜・神経系・血管系の働きが阻害され、それぞれの相互情報伝達が混乱を起こしはじめます。 そして、ついに神経終末にスイッチが入ります。 その結果としてアセチルコリンや痛みの物質が分泌され、発症となるわけです。 【図-6】神経終末の様子 患者さんによって多少の違いはありますが、群発頭痛の場合には、基本的には頭部・顔面・頸部・肩部に至るまでの筋膜上の「ゴミ」の流れが停滞し、「排出路」に目詰まりが生じています。 以上の【図-1】-【図-6】は一つの骨格筋を簡略化して描いたものに過ぎません。 人体の筋肉は多重構造になっていますから、実際にはゴミ構造物が幾重にも絡み合って築かれていくことになります。 その複雑さたるやすごいもので、まさに大自然の驚異を見るようです。 4-2, 群発頭痛発症のメカニズムには2つのパターンがある 和医術においては群発頭痛発症のメカニズムを、以下のように考えています。 冒頭にも、「地滑り」や「雪崩」に例えましたが、群発頭痛は頭部・顔面に堆積していた「ゴミ」が、筋弛緩と同時に一瞬のうちにドンッと移動するものと考えられます。 頭部・顔面に停滞し堆積し続けてきた「ゴミ」の量が臨界点または極限域に到達すると、筋弛緩と同時にその「ゴミ」が重石となって血管を押さえ込んで、血管と「ゴミ」との押し合い状態が生じ、この時痛みが発生する。 ですから、この血管と「ゴミ」との押し合いぶつかり合い状態が治まると、ウソのように痛みが消えるのでしょう。 これが第一のパターンです。 第二のパターンは自律神経の乱調が加わります。 【図-7】負の自律神経スパイラル この連鎖反応を負の自律神経スパイラルと名付けていますが、交感神経の過敏性・過緊張性に対して、副交感神経が立て直しのためのホルモンを分泌することによる痛み発症です。 重症の患者さんにはこの負の自律神経スパイラルが定着していると思われ、物理的な「ゴミ」による重圧との双方により、より激しい疼痛となっているものと考えられます。 この負の連鎖はまた新たな「ゴミ」をつくることにもなるのです。 いずれにしろ「ゴミ」や「玉」「玉道管」の量が多いと、自分を取り巻く内外のストレスが何かにつけ誘因子となってスイッチが入り、頭痛を頻発し、慢性化していきます。 そのスイッチは、温度や気圧であったり、音や臭いであったり、感情の乱れや肉体疲労であったり様々です。 「以前はこんな頭痛はしなかったのに…」と思われるのは、その頃より心身双方の「ゴミ」が増えたからなのです。 「ゴミ」がなければ、少々のことでスイッチの入りようがありません。 なお、鎮痛剤も「ゴミ」に変わります。 緊急時に短期で服用するならば便利なものですが、長期服用はお薦めできません。 5,和医術における群発頭痛の治し方 5-1, 物理的「ゴミ」を消せば解消する 群発頭痛の場合の痛みや不快症状の原因は「ゴミ」過剰によるものであることがおわかりいただけましたでしょうか。 和医術はそんな体内の「ゴミ」を解消する医術です。 施術により、神経系や血管を圧迫している「ゴミ」を確認しながら溶かし、尿や汗として、あるいは血流に乗せて自力で排泄できるように促します。 「ゴミ」の塊となった「玉(ぎょく)」や鎖状になった「玉道管(ぎょくどうかん)」も細かく砕き、同様に通常の排泄路の流れに乗せていきます。 それにより患部組織に新鮮な血液が届き、体は本来の働きを取り戻し、徐々に正常化され、やがて症状は消えていきます。 5-2, 群発頭痛に見られる「ゴミ」堆積実態例 群発頭痛の場合の顔面・頭部に渡る「ゴミ」の実況をご覧いただきましょう。 【図-7】群発頭痛の顔面・頭部に渡る「ゴミ」の実況 これは私が施術中に見ている体内の実際の状況です。 このような微細な「ゴミ」を確認しながら施術を進めているわけです。 これはあくまで平面的イメージでありまして、実際は多重構造になっていますから、もっと複雑なものです。 なお、頭部と顔面のゴミは交流していますし、頸部・肩部・胸部へも流れ込んでいますから、頭部から顔面はもちろん、頸部・胸部までのゴミ処理が必要になってきます。 人体は機械のようにパーツで区切ることはできません。 和医術では西洋医学が見えている所が見えず、西洋医学では和医術が見えている所が見えない。 これは面白い構図です。 双方が協力し合えれば素晴らしいことになると思います。 5-3, 群発頭痛にも原発病巣があるのか? 和医術では患部を面でとらえて「ゴミ」分解をしていますが、その結果、症状は解消されています。 群発頭痛の臨床例は希少ですので絶対とは申せませんが、和医術で解消できていることを考えると、直接的な物理的原因は「ゴミ」だ、としか言いようがないところです。 しかし群発頭痛に関しては、原発病巣となるような特定のトリガーポイントがあるのではないかとも考えています。 頭蓋内に特定のピンポイントとなるような血管あるいは神経の不正箇所があるかも知れません。 これについては和医術では解り得ませんから、西洋式医学の力に期待するところです。 将来、西洋式医学でそのあたりが解明されれば、それに従って施術することでより迅速に解消されることになるでしょう。 いずれにしろ、原因物質が「ゴミ」であることには変わりありません。 5-4, 和医道心身体術が必要な場合がある 先ほど「ゴミ」が群発頭痛を引き起こす構造には2つのパターンがあるとお話ししましたように、和医術による体の「ゴミ」分解で解消できた場合は、これは軽症です。 重症である場合には、自律神経と関わっているが故に、和医道心身体術の実践が必要になってきます。 近年の慢性的な「痛み」は、神経終末のトラブルによる筋肉痛だけにとどまらず、中脳中枢神経領域にも悪影響を及ぼし、それが原発となって筋肉痛を引き起すという症状も増えているようです。 自律神経にパターン化した負のスパイラルが定着してしまったため、心の内・外環境の誘因と「ゴミ」とがキャッチボール状態となり、どちらが直接の原因なのか判別しにくい状況をつくっています。 「根本原因」が非常にわかりにくい現象となっているわけです。 これは頭痛に限った事ではないのですが、「痛み」を鎮痛剤等で長年ゴマカシゴマカシしながら我慢して対処してきた結果、どんどん治しづらい病域へと変化させてしまったということでしょう。 この場合もまずは物理的「ゴミ」を片付けますが、ご本人には和医道心身体術を実習していただくことで、治癒しています。 病院では、中脳中枢神経領域にまで波紋が及んだ場合は精神薬を処方して悪化を食い止めるわけですが、それはそれでそれなりの有効性はあるようです。 しかしそれで満足するかしないかは皆様方次第。 各人の判断次第です。 「痛み」の元を絶って、「痛み」のことなど忘れて過ごしたいのであれば、和医術プラス心身の体術を使って自分のために、自分でコントロールなさることをお薦めします。 自律神経との関わりについては次章にも記載していますので、最後までお読みください。 なお、群発頭痛の場合、この和医道心身体術は、出来る事なら痛みの出ていない期間に実習していただくのが望ましいところです。 予防にもなりますし、和医道心身体術だけでも治癒してしまうものだと私は思っています。 是非ともご自分で、心身の体術を使って治していただきたいと願っております。 6, 心の誘因子は自分で消す! さらに先があります。 6-1, 過剰な「ゴミ」は自分の心が造ったもの 人間の体はいつも健康であるように完璧に造られています。 にもかかわらず、群発頭痛を発症するほどの「ゴミ」を出してしまった原因も考えなくてはなりません。 食事やその他にも要因もあるかも知れませんが、恐らく「働き過ぎ」「頭の使い過ぎ」「寝不足」「心に感じる不快感」などのストレスが内分泌系に働きかけ、交感神経を過緊張状態にしたのでしょう。 常時の我々は健康のことなどいちいち考えなくても体がちゃんと調整し、常に一定の状態になるよう整えてくれています。 一般に生体恒常性(ホメオスタシス)と言われる機能で、この機能の指令伝達網の役割を担っているのが自律神経です。 この自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、お互いの神経はまるで反対の働きをして体の平衡バランスを調整してくれています。 簡単に言うと、交感神経は昼間の神経で、頑張るときの神経です。 それに対して副交感神経は夜間の神経で、寝ているときに働いて体内の「ゴミ」を片付け、明日のために体内を整える神経です。 このまったく異なる反対の働きをしている交感神経と副交感神経には、面白いことにお互いに助け合い協力し合おうとする相補力も働いているのです。 正常に排出・移動されない「ゴミ」が局部に集まり堆積していきますと、これはもう副交感神経が入る隙間がない。 それでも何とか立て直そうとして副交感神経は痛み物質を分泌して訴えかけていると考えられます。 「しばらくの間、体を休ませていただけませんか…。 このままいったら大変なことになりますから…。 お願いします!」 その結果が、頭痛となって現われているのです。 これがいわゆる副交感神経の相補力の現われですから、痛いということは、あなたが正常人間である証でもあるのです。 人体の仕組みは、実に完璧に出来ています。 7-3, ストレスに負けない心と体に戻す方法 今までお話ししてきたように、「ゴミ」を消せば症状は消え去ります。 しかし、またいつか再発するようでは消した意味がありません。 一度ゴミを消す経験をされたら、それをきっかけにその後はストレスに振り回されないよう、ストレスをストレスと感じないような自分(心とからだ)になっていただきたいと思っています。 それが一番の幸せでしょう。 心的ストレスを解消することが心理学で出来るなら簡単ですが、理屈や理論だけではどうにもならないのが心というものです。 「自分で自分の心がどうにもならない、治めようがない」とよく言われますが、自分で自分の心を治める方法がわからないところに、人間が生きる上での難しさがあるようです。 例えば、自分の心が恐れ焦っている時は、いくら「恐れるな焦るな!」と言い聞かせても、交感神経が緊張して心臓がドキンドキンと拍動します。 血管が引き締まって体が硬くなり、身動きがぎこちなく、普段のようになめらかにはいきません。 人間の「心」というものは潜在意識に原因しているものですから、顕在意識ではどうにもならないわけです。 これは既に科学の世界でも理解されていることでありますが、問題となるのは、自分の「心」を治めるための有効で安全で社会性ある方法・技術とはどのようなものかという事になってくるでしょう。 それが和医道和医術の得意とする分野であります。 和医道和医術には、ご自分で出来る有力な心身調律法があります。 時間のある時、自宅でも外出先でもどこでもできる、自律神経コントロール法です。 自分が心身共に日々元気を感じられるような自信が持てるようになるまで、実行されるとよろしいでしょう。 人生は短いようでも長い。 今持っている病気をきっかけに、もちろんその病気を解決されて、今後は安心した日常生活を送ることができる心と体に造りかえていただきたいと願っております。

次の

目の奥まで痛む「群発頭痛」の原因・症状・治療法 [頭痛] All About

群発 頭痛 原因

群発頭痛は最も激しい頭痛で、目の周りの激痛、鼻水、目の充血、涙、まぶたの腫れなどの自律神経症状を伴います 脳腫瘍やなどの原因がない一次頭痛の中で、最も痛くて激しい頭痛と言われている「群発頭痛」。 群発頭痛の有病率は10万人につき124人で、約1000人に1名におこるといわれています。 群発頭痛は、同じ一次頭痛の片頭痛と比較して100分の1の発症率ですが、その頭痛の激しさ、20~40歳代の働き盛りに多いこと、連日続くこと、しかも多くが深夜におこることから社会的損失が非常に大きな頭痛です。 男女比は5:1といわれてきましたが、女性の社会進出や喫煙率のアップから、性差は少なくなってきているのではないかともいわれています。 連日、激しい頭痛症状が続く極めて辛い群発頭痛ですが、未だに世間の認知度は低いようです。 今回は群発頭痛の原因や症状、治療法、また普段から注意すべき生活習慣について解説します。 群発頭痛の原因 群発頭痛は、一日のうちほぼ決まった時間に連日定期的に起こること、持続時間がほぼ一定であることなどより、脳の体内時計に関係していると考えられています。 また、片頭痛の治療薬であるトリプタンが有効なことから、片頭痛同様、三叉神経血管系の賦活が原因であり、首の奥にある内頚動脈の炎症と血管の拡張がおこり、激しい頭痛が引き起こされているのではないかといわれています。 群発頭痛は、まず脳の一番奥の視床下部(ししょうかぶ)から頭痛信号が発信され、次いで三叉神経核、上唾液核を介して頭痛が伝わっていくという説です。 群発頭痛の症状 群発頭痛の症状は、頭痛とともに片目の周りと目の奥がえぐられるような激しい痛みを伴います。 同時に、涙、鼻水、鼻づまり、瞳孔の左右差、目の充血、まぶたが腫れて垂れ下がるなどの自律神経症状を現わします。 群発頭痛が起こっている時には、じっとしていられないことも特徴の一つです。 発作中は部屋の中をうろうろ動き回り、時には激しく壁に頭をぶちつけたり、頭を殴ったり壁を蹴りあげたりしたいといった衝動にかられ、のたうちまわるなどの激しい行動を伴うことが多いようです。 これは、片頭痛の特徴である、暗い部屋でじっと安静に横たわっているほうが落ち着くのと対照的です。 群発頭痛の持続時間は15分から180分で、一日1回~8回程度おこります。 発症時間がAM1時~3時といった深夜に起こることも多く、一旦起こると1~2カ月の間起こり続けるので、睡眠不足も深刻な問題となります。 群発頭痛の診断と心がけたい生活習慣・治し方 群発頭痛はその発症頻度が低いため、正しい診断にたどり着くまで時間がかかることが多いようです。 Klapperらの報告によると、群発頭痛と診断されるまでには発症から平均6. 6年かかり、正しく診断されるまでかかったお医者さんの数は平均4. 3名、群発頭痛以外に受けた診断名の数は3. 9だそうです。 群発頭痛は自律神経の関与が強いため、頭痛が起こっている間(群発期)は規則正しい生活を送ることが大切です。 また、アルコールで群発頭痛が誘発されることも知られているため、群発期の飲酒は控えましょう。 また、タバコを吸う人に多いことも群発頭痛の特徴です。 激しい頭痛から解放されるためにも、禁煙に取り組みましょう。 群発頭痛を期に禁煙を開始される方も多いようです。 群発頭痛の治療法・薬 群発頭痛の場合、内服治療では効果が実感できません。 スマトリプタンの自己注射が効果的です 病院で治療を受ける場合、群発頭痛では、ベラパミル(商品名:ワソラン)が第一選択薬として処方されます。 ベラパミルは不整脈の薬ですが、群発頭痛の予防薬としては最も有効です。 一方で、片頭痛に効果があるロメリジン(商品名:テラナス)などは効果がありません。 また、発作は突発的で激烈におこるため、内服薬では効きが遅く効果を実感できません。 そこで発作時には、自分で注射するスマトリプタンの皮下注射が有効な治療法として推奨されています。 ペン型の専用注入器は、ペンを太ももに抑えつけるようにするだけで、針を見ることなくスマトリプタンが体内に注入される仕組みです。 群発頭痛はその激しさと特徴的な自律神経症状から、自己診断でも的中する確率が高い頭痛です。 「もしかして、群発頭痛かも……」と思われたら、迷わず頭痛外来を受診しましょう。 群発頭痛の場合、適切な治療を受けるのに迷っている余裕はありません。 ぜひ、一刻も早く頭痛の苦しみから解放されるために、上手に病院を選びましょう。

次の

群発頭痛

群発 頭痛 原因

群発頭痛は最も激しい頭痛で、目の周りの激痛、鼻水、目の充血、涙、まぶたの腫れなどの自律神経症状を伴います 脳腫瘍やなどの原因がない一次頭痛の中で、最も痛くて激しい頭痛と言われている「群発頭痛」。 群発頭痛の有病率は10万人につき124人で、約1000人に1名におこるといわれています。 群発頭痛は、同じ一次頭痛の片頭痛と比較して100分の1の発症率ですが、その頭痛の激しさ、20~40歳代の働き盛りに多いこと、連日続くこと、しかも多くが深夜におこることから社会的損失が非常に大きな頭痛です。 男女比は5:1といわれてきましたが、女性の社会進出や喫煙率のアップから、性差は少なくなってきているのではないかともいわれています。 連日、激しい頭痛症状が続く極めて辛い群発頭痛ですが、未だに世間の認知度は低いようです。 今回は群発頭痛の原因や症状、治療法、また普段から注意すべき生活習慣について解説します。 群発頭痛の原因 群発頭痛は、一日のうちほぼ決まった時間に連日定期的に起こること、持続時間がほぼ一定であることなどより、脳の体内時計に関係していると考えられています。 また、片頭痛の治療薬であるトリプタンが有効なことから、片頭痛同様、三叉神経血管系の賦活が原因であり、首の奥にある内頚動脈の炎症と血管の拡張がおこり、激しい頭痛が引き起こされているのではないかといわれています。 群発頭痛は、まず脳の一番奥の視床下部(ししょうかぶ)から頭痛信号が発信され、次いで三叉神経核、上唾液核を介して頭痛が伝わっていくという説です。 群発頭痛の症状 群発頭痛の症状は、頭痛とともに片目の周りと目の奥がえぐられるような激しい痛みを伴います。 同時に、涙、鼻水、鼻づまり、瞳孔の左右差、目の充血、まぶたが腫れて垂れ下がるなどの自律神経症状を現わします。 群発頭痛が起こっている時には、じっとしていられないことも特徴の一つです。 発作中は部屋の中をうろうろ動き回り、時には激しく壁に頭をぶちつけたり、頭を殴ったり壁を蹴りあげたりしたいといった衝動にかられ、のたうちまわるなどの激しい行動を伴うことが多いようです。 これは、片頭痛の特徴である、暗い部屋でじっと安静に横たわっているほうが落ち着くのと対照的です。 群発頭痛の持続時間は15分から180分で、一日1回~8回程度おこります。 発症時間がAM1時~3時といった深夜に起こることも多く、一旦起こると1~2カ月の間起こり続けるので、睡眠不足も深刻な問題となります。 群発頭痛の診断と心がけたい生活習慣・治し方 群発頭痛はその発症頻度が低いため、正しい診断にたどり着くまで時間がかかることが多いようです。 Klapperらの報告によると、群発頭痛と診断されるまでには発症から平均6. 6年かかり、正しく診断されるまでかかったお医者さんの数は平均4. 3名、群発頭痛以外に受けた診断名の数は3. 9だそうです。 群発頭痛は自律神経の関与が強いため、頭痛が起こっている間(群発期)は規則正しい生活を送ることが大切です。 また、アルコールで群発頭痛が誘発されることも知られているため、群発期の飲酒は控えましょう。 また、タバコを吸う人に多いことも群発頭痛の特徴です。 激しい頭痛から解放されるためにも、禁煙に取り組みましょう。 群発頭痛を期に禁煙を開始される方も多いようです。 群発頭痛の治療法・薬 群発頭痛の場合、内服治療では効果が実感できません。 スマトリプタンの自己注射が効果的です 病院で治療を受ける場合、群発頭痛では、ベラパミル(商品名:ワソラン)が第一選択薬として処方されます。 ベラパミルは不整脈の薬ですが、群発頭痛の予防薬としては最も有効です。 一方で、片頭痛に効果があるロメリジン(商品名:テラナス)などは効果がありません。 また、発作は突発的で激烈におこるため、内服薬では効きが遅く効果を実感できません。 そこで発作時には、自分で注射するスマトリプタンの皮下注射が有効な治療法として推奨されています。 ペン型の専用注入器は、ペンを太ももに抑えつけるようにするだけで、針を見ることなくスマトリプタンが体内に注入される仕組みです。 群発頭痛はその激しさと特徴的な自律神経症状から、自己診断でも的中する確率が高い頭痛です。 「もしかして、群発頭痛かも……」と思われたら、迷わず頭痛外来を受診しましょう。 群発頭痛の場合、適切な治療を受けるのに迷っている余裕はありません。 ぜひ、一刻も早く頭痛の苦しみから解放されるために、上手に病院を選びましょう。

次の