リミット あらすじ。 美しい私の花嫁(リミット)

「タイムリミット」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

リミット あらすじ

『リミット』の見どころ この作品は、2013年に放送されたドラマの原作コミックです。 当時、人気がじわじわと、メディアに露出が増えてきた女優の 土屋太鳳さんが非常に魅力的だったのを覚えています。 生き残ったのは女子ばかりでわずか5人。 完璧だったはずのコンノの日常は、脆くも完全に崩れ去った。 さまざまなサバイバルを経た中、男子で唯一の生存者・ 日向 (ひなた)の登場で、 状況は好転したものと思えたが、 薄井を殺害したのはなんと日向だった。 薄井が死体となって発見され、一番疑われたのが ハルだったのですが、 錯乱した彼女は崖下に転落してしまい絶体絶命のピンチに! 犯人が日向だと気づいた コンノは日向を問い詰めますが、逆に襲われて殺されかけます。 そしてコンノを助けようとした 神矢は日向に傷つけられて背中に重症を負う事に・・・ 全てが明るみになり、絶望から崖から飛び降りて自殺を図ろうとする日向。 しかし、コンノが死に行こうとする日向の手をしっかりと掴んで離さない・・・ ここから濃いやつ 崖から身を投げた日向の腕を掴んで離さないコンノ。 「もう…いいんだ…はなせよ…」 日向の声に逆らい腕を引っ張り続けるコンノ。 日向は恐ろしい殺人犯で、昔の彼とは違うんだと思っていた彼女は、 優しかった日向の笑顔を思い出しもう一度みんなでやり直そうと説得します。 そんな二人の会話を聞いていた盛重がコンノを支え、 「死んでる暇があったら神矢を助けなさいよー!」 と言って力任せに二人を引っ張り上げたのです。 そこから4人は和解して、負傷した神矢を助けながら脱出の道を探します。 彼女たちを捜索するヘリが近くまで飛んでくるのですが、なかなか彼女たちは発見してもらえません。 ヘリが向かっていった方向へ向かうため4人は崖をつなぐつり橋へとめざします。 そんな中、盛重がこの場に残ると言い出します。 どうしてだと尋ねるコンノ。 すると、盛重は子供のころから親に虐待を受けていた事を語り始めたのです。 もし自分が助かってもあの地獄のような生活が続くのは耐えられないと泣き叫びます。 盛重が初めて出した心からの叫びにコンノは笑顔で答えます。 「大丈夫。 もうあなたは一人じゃない!」 「家に帰ったらその苦しみを口に出して親に言えばいいのよ!」 そう言ってしっかりと盛重の手を掴んだコンノ。 「ありがとう・・・」 涙を流しながらステキな笑顔で答える盛重。 救助がいる場所に行くためには古いつり橋を渡らなければならない 崖と崖をつなぐつり橋までやってきた4人。 しかし… そのつり橋はかなり老朽化して今にも崩れ落ちそうです。 あきらめて、この場所でのろしを上げて救助を待つよう提案する神矢。 しかし、日向と盛重が、一刻も早く怪我をしている神矢のために助けを呼ぼうと勇敢につり橋を渡ってゆくのです。 涙の結末・・・神矢の強さとコンノの決断 後に残った。 コンノと神矢。 しばらくして神谷がコンノに言います。 「お願いがあるんだけど…」 「私をここにおいていって欲しい」 と・・・ よく見ると呼吸が荒く苦しそうな神矢。 それは彼女の負った傷口が化膿して、感染症を引き起こしており、 このまま生きて帰れないと判断した神矢の決断でした。 さらに神矢は続けます。 「自分をかばって怪我をした人が目の前で何もできないまま死んでしまったら・・・」 「あなたは一生自分を責め続けてしまう。 」 「そうなって欲しくないの・・・」 神矢の命がけの優しさに涙するコンノ。 彼女は何も言わずつり橋に向かってゆきます。 そしておもむろに木の太い棒を掴むと、目の前のつり橋を破壊し始めたのです。 すると、つり橋は無残にもくずれ落ちてしまったのです。 「なんてことを・・・」 「今野さん、あなたどうかしてるわ」 それは間違ってるとコンノに訴える神矢。 するとにっこりと笑ったコンノは 「うんそうだね…でもいいんだ」 「それでも私は神矢のそばにいたいんだよ・・・」 目と目が合う二人。 大声で笑いあう神谷ととコンノ そこへ、凄まじい爆音とともに一台のヘリコプターが姿を現したのです・・・ いよいよここからが クライマックスとなります。 今回の ネタバレでは書いていなかったハルも無事、救助されているのです。 この年代の仲間という存在は何者にも変えがたい存在だと思います。 仲間との事で死のうとしたり、仲間がいる事で死ぬ事をやめたり生きる希望が生まれたり。

次の

リミット (漫画)

リミット あらすじ

バーティカル・リミット登場人物 あらすじの前に主要のバーティカル・リミットのメンバーを紹介します。 兄:ピーター 登山一家ギャレット家の青年、自然写真家の仕事をしている。 妹のアニーが遭難し、6人の救出メンバーを結成しニトロを背負って救出に向かう。 妹:アニー ギャレット家の娘で登山家として成功を収める。 ヴォーンの登山チームに参加しK2に登頂してクレバスに落下し遭難する。 企業家:ヴォーン 企業の宣伝の為にK2に挑む企業家で登山家。 救出チームのウィックとは因縁の関係を持つ。 案内人:トム ヴォーンのK2登頂成功させる為の案内人。 クレバスに落ちて体を打ち動けなくなる。 救出チームリーダー:ウィック 過去にK2の遭難者をたった一人で向かい3人を救出した、その時に発見出来なかった嫁を探して一年中K2をうろついている。 限界高度バーティカル・リミットでも余裕の顔をしている怪物。 救出メンバー:シリル K2登頂経験をもつ登山家、ピーターからのニトロを背負っての救出作戦に「やるぜ!」とOKした兄弟の兄。 救出メンバー:マルコム シリルの弟でK2登頂経験を持つ。 シリルと共に救出作戦にOKし参加。 マルコムも「やるぜ!」と皆が嫌がる危険な救出を引き受ける。 救出メンバー:モニク ニトロの横でタバコを吸い、からかうシリルを殴る乱暴な女。 救出メンバーは金が貰えると聞き、自身の夢の為に参加する。 救出メンバー:カリーム 遭難した従兄弟の兄を探すために救出作戦に一番に参加する。 その時の「俺は行くぞ、従兄弟の兄が俺の助けを待ってる」のセリフかしびれる! バーティカル・リミットあらすじ 登山一家ギャレット家の父ロイス、兄ピーター、妹アニーでロッククライミングを楽しんでいたが、この後に悪夢の様な出来事が起きる。 (もり助:早いツッコミごめんね、兄がピーターで妹がアニーって紛らわしいです) ロッククライミング中に他人のミスで転落事故に合い高所の絶壁で3人共宙吊りになる、父ロイスは命綱が3人の重さには耐え切れないと判断し、2人の命を救う為にピーターに自分のロープを切らせ落下し死亡。 事故から3年後、兄ピーターは登山の道を離れ自然写真家になり、妹アニーは父の背中を追い登山家となる。 登山家として生きるアニーは、父から学んだ登山技術を捨てたピーターを許せないでいた。 アニーは雑誌の表紙を飾る程に成功したトップクライマーへ成長、企業家で登山家のヴォーンの登山チームとしてK2のあるカラコルムのパキスタン軍ベースキャンプに居たところ、写真家として仕事に来たピーターと再開。 ピーターとは打ち解けないまま、アニーはK2へヴォーンと案内役トムと他2人と共に登頂した。 登頂の途中に氷の割れ目クレバスに落下してアニー、ヴォーン、案内役トムが遭難、その他は雪崩に巻き込まれる。 高山病よる高地肺水症による死のタイムリミットがせまる中、アニーを助ける為にピーターは救助の仲間を募る。 氷を破壊する為にパキスタン軍から手に入れた、ニトログリセリンを持ちながらの自殺行為とも呼べる登頂に付き合うのは、モニク、カリーム、シリル、マルコム、ウィックそしてピーターの6人で人間の存在が数時間した許されない限界高度バーティカルリミットへと向かう。 遭難したヴォーンは抗炎症剤確保の為に案内役トムを殺害してしまう、ヴォーンは過去にも遭難した事があり、その時も薬を独り占めし、当時の案内役だったウィックの妻が死亡している。 救助隊のシリルは雪崩で死亡、マルコとカリームはニトロの爆発で死亡してしまう。 残ったモニク、ウィック、ピーターはアニー達が落ちたクレバスを発見し、救助を開始するが引き上げ途中で氷が落下し足場が崩れ4人が宙吊り状態になってしまう。 ウィックは命綱が耐え切れないと判断し、自ら命綱をナイフで切って因縁のヴォーンと共にクレバスの底に落下を選ぶ。 救助メンバー4人が死亡しながらもアニーの救助に成功する。 バーティカルリミットの感想 感想としては、冒頭のロッククライミングシーンからハラハラドキドキの連続で面白いと思いました。 妹を助ける為に、ニトロを担いで再び登山をする兄って設定が好きですし、ウィックとヴォーンの過去の因縁も楽しめました! でも、なんで!?って思うシーンは多々有ります。 K2の登頂経験が程の登山家シリルが簡単なミスでリュックと共に斜面を滑り落ちてニトロが爆発するってシーンでは、「ド素人じゃねーか!」って言いたくなるし、ニトロも簡単に容器から漏れ爆発するし「管理どうなってんだよ!」って言いたくなる。 さらに、一番のメインシーンでもあるピーターの大ジャンプですが、バーティカル・リミットで立つのがやっとなピーターが、次のシーンではダッシュして谷(多分10メートル以上ある)に飛んでしがみつくって「実は体調万全以上だろ!超人か!」って言いたくなる。 救助メンバー4人が死亡して、アニー1人だけ救出してハッピーエンド的な雰囲気になるのも「なんでやねん!」ってバリバリの静岡人が関西弁でツッコミたくなります。 ですが、総合的にはやっぱ面白い!ブログに書いておすすめしてしまう程に! とにかくハラハラドキドキを味わって欲しい! ほとんど内容言ってしまったけど、見てない人は見てみて! 見たことあって、僕と共感してくれる方は、SNS等でコメントくれると嬉しいです。 あと、バーティカル・リミットでも余裕の顔で行動するウィックが良いキャラなんです、過去にヴォーンに殺され、未だに発見されていない妻を一年中K2を探しまわって生きている怪物です。 公開当時はPVの映像で見た山の谷間を大ジャンプするシーンから面白そう!と思ったんですが、当時の世間の意見は厳しく、面白くないって意見が多くて見ませんでした。 ですが、今回見て僕はすごく面白いって思った!おすすめの映画と思う、確かに「えっ!?」って思うシーンは多かったが、展開がハラハラドキドキで楽しめました。

次の

映画『[リミット]』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

リミット あらすじ

『ファン・ジニ』『エマージェンシーカップル』『Mother マザー』のキム・チョルギュ演出家と、『ハートレスシティ〜無情都市〜』のユ・ソンヨル脚本家による作品です。 スポンサーリンク リミット韓国ドラマ あらすじ 平凡な銀行員のドヒョン(キムムヨル)は2年付き合った恋人のジュヨン(コソンヒ)にプロポーズをします。 ジュヨンは悩んだ末にプロポーズを受け入れることにするのですが、彼女が突然姿を消してしまったのです。 彼女の行方に見当もつかないドヒョンは警察に失踪届けを出すのですが、逆にドヒョンが疑われてしまいます。 一方、ジュヨンと顔見知りだった刑事のユンミ(イシヨン)は、彼女の失踪を知り事件を担当することになりますが、何かを隠しているドヒョンのことを疑います。 そんなドヒョンは、警察の事が信じられず独自で彼女を探し出そうとするのですが、彼女を追えば追うほどに隠された過去が明かになり・・・。 スポンサーリンク リミット韓国ドラマ みどころ 本作は、映画専門チャンネルOCNが贈るアクションミステリードラマです。 映画なような緊張感と映像の美しさがあり、地上派のサスペンスドラマとは一線を画した作品となっています。 では、そんなアクションドラマの主人公なら刑事とかスパイなのか?と思うかもしれませんが、なんとただの銀行員なんです! そんなアクションとは何の関係もないような仕事をしている男が、女性刑事と共に失踪した婚約者を探すことになります。 その過程で主人公はとんでもない強さを発揮するのですが、彼の過去や婚約者にも秘密があったりとミステリー要素もあります。 この二人の秘密が明かされていくのも魅力であり、ストーリーはシンプルでありながらも主人公の魅力で強く引き付けられます。 この主人公は普段はお堅い銀行員で愛想もないんですが、婚約者の前だけで見せる笑顔は魅力的ですし、二人のロマンスも見応えありです。 そんな彼が彼女のためにどんどん変わっていくところも本作の見どころとなります。 スポンサーリンク リミット韓国ドラマ 感想と評価・評判 普通の人だと思っていた男が、実は過去に秘密がありめっぽう強かった!というのは、アクション映画やノワール作品で良く使われる設定ですが、それを連続ドラマで観れるのがこのドラマの醍醐味ですね。 主演のキム・ムヨルさんの作品は見たことなかったので、彼のイメージがあまりなかったのがこの場合は良い方に働き、サラリーマンから怪物のように強くなる流れが非常にインパクトがあり、そのギャップにやられました。 アクションドラマとして見応えがあるのは勿論、主人公と婚約者に様々な秘密があるのもポイントとなっていて、そこに闇の組織なんてものも関わってきます。 ストーリー的には珍しいところは特に無いのですが、バックで流れる音楽がドラマと良く合っていて、映画のような雰囲気がありました。 主人公の変貌やそのアクションだけ見ても十分面白い作品で、特に格闘ものが好きな人におすすめな作品です! そして主人公が戦う理由が愛する女性のためというのも定番ですがグッと来ますし、主人公以外のロマンスも良かったです。 ただ、敵の組織については謎な部分が多く、出演女優さんにもあまり魅力は感じませんでした。 後半ダレてくるところもありますし、内容が重いので人によっては見ていて疲れるかもしれません。 更に、ラストも評価が分かれるものだと思います。

次の