グラン メゾン 東京 の 視聴 率。 グランメゾン東京のロケ地となっているビルは小網町にある? | drama box

グランメゾン東京【木村拓哉主演ドラマ】視聴率一覧表&グラフ推移【速報】

グラン メゾン 東京 の 視聴 率

2019年10月20日放送、 グランメゾン東京1話の視聴率は12. 4%でした。 20%は超えてもいいと言われていましたが、他局でラグビーワールドカップ日本代表戦を放送していたのと、同局での野球の試合延長により、50分間も放送開始が遅れてしまったことが、視聴率が低くなってしまった原因です。 とは言え、初回から10%越え発進は数字だけで言えばとても良い方です。 グランメゾン東京は製作費に1話約1億円もかかっている(と噂されている)だけに、本当はもう少し数字が欲しい結果となりました。 舞台はパリ。 フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた 早見倫子(鈴木京香)。 彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。 そんな中、ある一人の男と出会う。 聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。 その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。 その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。 しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・ 尾花夏樹(木村拓哉)だった。 その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。 そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。 その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。 ー 2019年10月27日放送、 グランメゾン東京2話の視聴率は13. 2%でした。 初回より 0. 8ポイントアップ!数字的には好調キープです。 とは言え、他局で放送していた「フィギュアグランプリシリーズ2019」ともろ被りしてしまって、羽生結弦選手がグランプリを取るかどうかで非常に注目されていたので、そちらの方に視聴者が取られた可能性があります。 フィギュア試合と被らなければ、もう少しポイントアップしていたのかも? オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。 だが早速大きな壁にぶちあたっていた。 開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかったのだ。 倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)は銀行にかけあうが、断られ続ける。 一方で、尾花(木村拓哉)はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。 そんな彼らの動向を掴んだ「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後(尾上菊之助)だけは警戒を強めていた。 尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢(及川光博)に手を借りにいくが、シングルファザーで娘を育てていることもあり、オファーを断られてしまう。 窮地の中、京野はある秘策を思いつく。 それは、「gaku」の時に懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・ 汐瀬(春風亭昇太)に相談すること。 それを聞いた尾花は汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判する。 はたして汐瀬が納得する一皿はできるのか? ー 2019年11月3日放送、 グランメゾン東京3話の視聴率は11. 8%でした。 前回から少しポイントダウンしてしまいましたが、数字的には好調キープしています。 尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理に挑んでいた。 しかし、納得できる食材でメニューを作り出せずに悩んでいた。 そんな折、京野(沢村一樹)は、パリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されたというフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農水省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。 最初は乗り気ではない尾花だったが、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加することを聞き、やる気になる。 ついに直接対決か?と思われたが、「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)が、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めてしまい、尾花たちは絶体絶命のピンチに陥る。 そんな中、相沢(及川光博)から、伝説のジビエ猟師・ 峰岸(石丸幹二)の存在を聞かされた尾花と倫子。 上質な肉を求め、早速彼のもとへと向かうが、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまう。 「gaku」とは雲泥の差の食材を使い、どう料理を作るか…尾花は必死に向き合う。 しかし、迫り来る期日…ついにコンクールの日を迎えてしまう。 不利な状況でも「グランメゾン東京」は「gaku」に勝つことができるのか!? ー 2019年11月10日放送、 グランメゾン東京4話の視聴率は13. 3%でした。 2話から0. 1ポイント伸ばし、 過去最高の視聴率となりました! この日は特にスポーツ等での放送延期はありませんでした。 いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。 だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。 彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。 やる気を燃やす尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。 そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。 コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。 さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。 そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。 萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。 萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。 その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…。 刻々と近づくプレオープン。 尾花たちはリンダが認めるデザートを完成させることができるのか? そしてグランメゾン東京は無事オープンを迎えることができるのか!? ー公式HPより引用 木村拓哉さんにはアンチの人たちも沢山いると思いますが、アンチがいるという事はそれだけ一流だという事だと思います。 そして、何を演じてもキムタクだと言われる事に関しても、それは彼が主役級の俳優であるという証であるとも思っています。 この作品は、この数年の木村拓哉さんんが主演されたドラマの中でも、ダントツで良さそうだと思いました。 1話からかなり引き込まれました。 題材が木村拓哉さんの得意分野でもある料理であり、実際にお料理が上手だという事は分かっているので、料理のシーンは凄くリアリティーがあって魅力的で、本当に彼の作るものは美味しいのだろうと思って見入ってしまいました。 これまでにない意気込みの強さも強く感じました。 (50代 女性) パリの素敵な風景に、木村拓哉さんと、鈴木京香さんかなり絵になりますね。 本当にステキでした。 パリの素敵な風景に、木村拓哉さんと、鈴木京香さんかなり絵になりますね。 本当にステキでした。 木村拓哉さんの料理を作る姿がとてもかっこよく自然です。 ミシュランは店を見抜かないのでしょうか?と疑問に思いました。 鈴木京香さんが京野さんを1000万円をもって、引き抜きに店に訪れたときには何か感動しました。 やっぱり心のこもった料理は人を動かせるんですね。 とても応援したくなるドラマです。 人タラシのおじさんと、ばかなおばさんの言い合い面白かった。 京野さん来てくれた。 鈴木京香さん、さすがですよ。 尊敬します。 三ツ星とってくださいね。 (40代 女性) 創作料理を作る尾花シェフ達の張り切る場面も素晴らしいですが、実際フレンチ創作料理をどういう風にすれば出来るか等の工程作業・逆算した料理時間を想像する場面や食材のレシピを倫子さんがテレビで伝授するシーンや珍しい調味料で味がぐっと変わる事をテレビの前で披露する事が有れば、面白いです。 (40代 男性) グランメゾン東京関連作品の視聴率・評価は? ドラマの今後の視聴率を予想するには、関連作品の評判評価も参考になります。 グランメゾン東京キャスト&スタッフ一覧 ドラマ出演キャスト(俳優・女優)• 尾花 夏樹(木村拓哉)• 早見 倫子(鈴木京香)• 平古 祥平(玉森裕太)• 丹後 学(尾上菊之助)• 相沢 瓶人(及川光博)• 京野 陸太郎(沢村一樹)• 芹田 公一(寛一郎)• 蛯名 美優(朝倉あき)• 松井 萌絵(吉谷彩子)• 丹後 学(尾上菊之助)• 久住 栞奈(中村アン)• 江藤 不三男(手塚とおる) ドラマ制作スタッフ(脚本・プロデューサー等) 脚本家• プロデューサー• 伊與田 英徳• 東仲恵吾 演出• 塚原あゆ子• 山室大輔• 青山貴洋 料理監修• トーマス・フレベル(INUA)• 服部栄養専門学校 音楽• 木村秀彬 主題歌• グランメゾン東京視聴率推移一覧まとめ 2019年秋クールのドラマ「グランメゾン東京」の気になる視聴率や評判・評価を一覧でまとめました。

次の

【みんなの感想】初回視聴率は12.4%!キムタク主演ドラマ、グランメゾン東京1話ついにスタート!

グラン メゾン 東京 の 視聴 率

木村拓哉が天才シェフ役を務めるドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)の第4話が11月10日に放送され、シリーズ最高となる視聴率13. 3%をマークした。 これで初回から4週連続での二桁となり、一部のメディアでは「好調!」と持ち上げているようだ。 ところが、この数字に当のTBSは青ざめているというのである。 「キムタクの主演作で第4話までの平均視聴率は、17年1月期の『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)が13. 8%、そして18年1月期の『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)が14. 4%となっていました。 それに対して『グランメゾン東京』では12. 7%にとどまり、物足りない数字であることは明らか。 しかも前2作では視聴率が12%以下だった回がなかったのに対し、『グランメゾン東京』では初回が12. 4%、第3話は11. 8%と低迷。 この数字にTBSでは頭を抱えているに違いありません」(テレビ誌ライター) ちなみに13年10月期の『安堂ロイド』(TBS系)では10%台に落ち込む回もあったが、同作は木村が未来から来たアンドロイドを演じるという実験的な作品。 それゆえ《この内容で平均視聴率12. 8%はむしろスゴい》と評価されていたものだ。 それに対して本作は料理人ものという王道ドラマゆえに、想定外の低迷ともいえるだろう。 「ここで問題となってくるのが、過大な制作費です。 フランスロケまで敢行した本作では1話あたりの制作費が1億円を超えていると言われており、NHK大河ドラマ並みのコスト。 全10話なら10億円超えとなり、ちょっとした大作映画並みです。 これだけの巨大コストを回収するには、最低でも『A LIFE』の平均視聴率14. 5%がノルマになることでしょう。 そのためには残りの6話で平均15. 8%という数字が必要になりますが、これはなかなかキツいハードル。 TBSとしてはどうテコ入れすればいいのか、必死に知恵を絞っているのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター) なお第4話では、キムタク演じる主人公の尾花夏樹シェフが「ウチらがどれだけ努力したかどうかなんて、お客様にはまったく関係ないから」と語っていた。 そのセリフ、制作陣にはどう響いていたのだろうか。 (北野大知).

次の

グランメゾン東京【木村拓哉主演ドラマ】視聴率一覧表&グラフ推移【速報】

グラン メゾン 東京 の 視聴 率

木村拓哉が天才シェフ役を務めるドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)の第4話が11月10日に放送され、シリーズ最高となる視聴率13. 3%をマークした。 これで初回から4週連続での二桁となり、一部のメディアでは「好調!」と持ち上げているようだ。 ところが、この数字に当のTBSは青ざめているというのである。 「キムタクの主演作で第4話までの平均視聴率は、17年1月期の『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)が13. 8%、そして18年1月期の『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)が14. 4%となっていました。 それに対して『グランメゾン東京』では12. 7%にとどまり、物足りない数字であることは明らか。 しかも前2作では視聴率が12%以下だった回がなかったのに対し、『グランメゾン東京』では初回が12. 4%、第3話は11. 8%と低迷。 この数字にTBSでは頭を抱えているに違いありません」(テレビ誌ライター) ちなみに13年10月期の『安堂ロイド』(TBS系)では10%台に落ち込む回もあったが、同作は木村が未来から来たアンドロイドを演じるという実験的な作品。 それゆえ《この内容で平均視聴率12. 8%はむしろスゴい》と評価されていたものだ。 それに対して本作は料理人ものという王道ドラマゆえに、想定外の低迷ともいえるだろう。 「ここで問題となってくるのが、過大な制作費です。 フランスロケまで敢行した本作では1話あたりの制作費が1億円を超えていると言われており、NHK大河ドラマ並みのコスト。 全10話なら10億円超えとなり、ちょっとした大作映画並みです。 これだけの巨大コストを回収するには、最低でも『A LIFE』の平均視聴率14. 5%がノルマになることでしょう。 そのためには残りの6話で平均15. 8%という数字が必要になりますが、これはなかなかキツいハードル。 TBSとしてはどうテコ入れすればいいのか、必死に知恵を絞っているのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター) なお第4話では、キムタク演じる主人公の尾花夏樹シェフが「ウチらがどれだけ努力したかどうかなんて、お客様にはまったく関係ないから」と語っていた。 そのセリフ、制作陣にはどう響いていたのだろうか。 (北野大知).

次の