鹿児島 看護 師。 鹿児島市立病院の看護師・看護学生の採用情報【マイナビ看護学生】

鹿児島市立病院の看護師・看護学生の採用情報【マイナビ看護学生】

鹿児島 看護 師

看護職員修学資金等貸与事業について 看護職員として鹿児島で働きませんか? 鹿児島県では,県内の看護職員の確保と定着を図るため,県内の看護職員の確保が困難な施設等において,将来看護職員として就業しようとする者に対し,修学資金を貸与しています。 また,看護職員の地域偏在を解消するため,鹿児島市以外の看護職員の確保が困難な施設等において,将来看護職員として就業しようとする者に対し,看護職員特別修学資金を貸与しています。 修学資金の概要 看護職員修学資金 看護職員特別修学資金 対 象 卒業後,直ちに県内の対象施設に就業しようとする者 卒業後,直ちに県内(鹿児島市を除く)の対象施設に助産師又は看護師として就業しようとする者 就業義務年限 5年以上 3年以上 対象施設 【すべての職種で共通】 ・200床未満の病院 ・精神病床数が全病床数の80%以上を占める病院 ・離島の病院 ・国立ハンセン病療養所 ・診療所 ・医療型障害児入所施設 ・指定発達支援医療機関(独立行政法人国立病院機構の設置するものに限る) ・母子健康包括支援センター(助産師に限る) ・介護老人保健施設 ・介護医療院 ・居宅サービス事業を行う事業所 *上記施設を「対象施設等」という 【助産師】 ・病院 ・診療所 ・母子健康包括支援センター 【看護師】 ・左欄の施設と同じ 貸与期間 当該修学資金貸与契約に定められた月から卒業の日の属する月まで 【助産師】 当該修学資金貸与契約に定められた月から起算して1年間 【看護師】 当該修学資金貸与契約に定められた月から卒業の日の属する月まで 返還の債務の 当然免除 卒業後,直ちに県内の対象施設等において看護職員として業務に従事することとなり,かつ,引き続き5年間看護職員として在職し,返還免除手続きを完了したとき。 ただし,卒業の日から起算して1年以内に免許を取得した場合に限る。 卒業後,直ちに県内(鹿児島市を除く)の対象施設等において助産師(又は看護師)として業務に従事することとなり,かつ,引き続き3年間助産師(又は看護師)として在職し,返還免除手続きを完了したとき。 ただし,卒業の日から起算して1年以内に免許を取得した場合に限る。 返 還 返還事由が生じた日の属する月の翌月の末日までに一括して返還 [返還事由] ・貸与契約が解除されたとき ・卒業後,直ちに県内の対象施設等において看護職員 見習職員も含む としての業務に従事しなかったとき ・県内の対象施設等において看護職員として業務に従事した後死亡し,又はその業務に従事しなくなったとき ・卒業の日から起算して1年以内に免許を取得しなかったとき 貸与金額等 助産師 区分 看護職員修学資金 看護職員特別修学資金 養成所 国公立 民間立 32,000円 50,000円 50,000円 大学 国公立 民間立 32,000円 50,000円 60,000円 大学院修士課程 国公立 民間立 32,000円 50,000円 83,000円 看護師 区分 看護職員修学資金 看護職員特別修学資金 養成所 国公立 民間立 32,000円 36,000円 32,000円 36,000円 高校 国公立 民間立 32,000円 36,000円 対象外 大学 国公立 民間立 32,000円 36,000円 対象外 大学院修士課程 83,000円 対象外 准看護師 区分 看護職員修学資金 看護職員特別修学資金 養成所,高校 国公立 民間立 15,000円 21,000円 対象外 申請方法 例年4月~6月に養成施設を通じて募集を行います。 申請については,各養成施設の事務局へお問合せください。 申請にあたっては,養成所(学校)長の推薦と,連帯保証人2名が必要です。 申請者全員が必ず貸与を受けられるものではありません。 予算の範囲内で選定しますので御了承ください。 参考資料 (1) (2) (3).

次の

鹿児島市立病院の看護師求人・評判・口コミ(給料やボーナス)@鹿児島市

鹿児島 看護 師

こういう人に育てます• 人間を全人的に理解・受容できる柔軟性のある看護専門職者• 人の発達段階において生活支援できる健康のエキスパート• 社会の動向に関心をもち変化やニーズに対応できる人 こういう教育をします• 講義・演習・実習を統合する実践型教育• 看護のこころを育てる感性教育• 表現力・コミュニケーション能力を育む双方向性教育 こういう人を期待しています• 看護を理解するのに必要な基礎学力を有し、自ら学ぶ意欲のある人• 知的好奇心を持ち、論理的に物事を考えられる人• ボランティア・クラブ活動等を通して人とのコミュニケーションが図れる人 学びの特色 ~心の痛みが分かる感性を育む学び~ 心の窓を開き世界を広げる教育科目 看護者には、専門的知識だけではなく、深みのある人間性や幅広い視野に基づく柔軟な思考力が求められます。 看護の専門家として、生命と人格の尊厳を基盤とした倫理観と科学的根拠に基づいた看護を実践できるよう科目構成しています。 また、看護に関する専門科目に加えて、将来の国際的視野を見据えた専門用語などを学習する外国語科目を用意しています。 そのほか、海外研修の機会も設けています。 生と死の尊厳に関わる看とりの看護 人の生と死に携わる看護者にふさわしい豊かな感性と知性を育むためには、学生一人ひとりが生命の尊厳に関わる責任感を自覚することが望まれます。 人がその人らしく最期まで生き生きと暮らしていけるような看護 見守っていくこと を学びながら、人間の生き方に対する思索を深め、看護の基本である人間愛と洞察力を身につけます。 卒業後の進路.

次の

鹿児島県の看護師求人・転職【ナース人材バンク】

鹿児島 看護 師

看護職員修学資金等貸与事業について 看護職員として鹿児島で働きませんか? 鹿児島県では,県内の看護職員の確保と定着を図るため,県内の看護職員の確保が困難な施設等において,将来看護職員として就業しようとする者に対し,修学資金を貸与しています。 また,看護職員の地域偏在を解消するため,鹿児島市以外の看護職員の確保が困難な施設等において,将来看護職員として就業しようとする者に対し,看護職員特別修学資金を貸与しています。 修学資金の概要 看護職員修学資金 看護職員特別修学資金 対 象 卒業後,直ちに県内の対象施設に就業しようとする者 卒業後,直ちに県内(鹿児島市を除く)の対象施設に助産師又は看護師として就業しようとする者 就業義務年限 5年以上 3年以上 対象施設 【すべての職種で共通】 ・200床未満の病院 ・精神病床数が全病床数の80%以上を占める病院 ・離島の病院 ・国立ハンセン病療養所 ・診療所 ・医療型障害児入所施設 ・指定発達支援医療機関(独立行政法人国立病院機構の設置するものに限る) ・母子健康包括支援センター(助産師に限る) ・介護老人保健施設 ・介護医療院 ・居宅サービス事業を行う事業所 *上記施設を「対象施設等」という 【助産師】 ・病院 ・診療所 ・母子健康包括支援センター 【看護師】 ・左欄の施設と同じ 貸与期間 当該修学資金貸与契約に定められた月から卒業の日の属する月まで 【助産師】 当該修学資金貸与契約に定められた月から起算して1年間 【看護師】 当該修学資金貸与契約に定められた月から卒業の日の属する月まで 返還の債務の 当然免除 卒業後,直ちに県内の対象施設等において看護職員として業務に従事することとなり,かつ,引き続き5年間看護職員として在職し,返還免除手続きを完了したとき。 ただし,卒業の日から起算して1年以内に免許を取得した場合に限る。 卒業後,直ちに県内(鹿児島市を除く)の対象施設等において助産師(又は看護師)として業務に従事することとなり,かつ,引き続き3年間助産師(又は看護師)として在職し,返還免除手続きを完了したとき。 ただし,卒業の日から起算して1年以内に免許を取得した場合に限る。 返 還 返還事由が生じた日の属する月の翌月の末日までに一括して返還 [返還事由] ・貸与契約が解除されたとき ・卒業後,直ちに県内の対象施設等において看護職員 見習職員も含む としての業務に従事しなかったとき ・県内の対象施設等において看護職員として業務に従事した後死亡し,又はその業務に従事しなくなったとき ・卒業の日から起算して1年以内に免許を取得しなかったとき 貸与金額等 助産師 区分 看護職員修学資金 看護職員特別修学資金 養成所 国公立 民間立 32,000円 50,000円 50,000円 大学 国公立 民間立 32,000円 50,000円 60,000円 大学院修士課程 国公立 民間立 32,000円 50,000円 83,000円 看護師 区分 看護職員修学資金 看護職員特別修学資金 養成所 国公立 民間立 32,000円 36,000円 32,000円 36,000円 高校 国公立 民間立 32,000円 36,000円 対象外 大学 国公立 民間立 32,000円 36,000円 対象外 大学院修士課程 83,000円 対象外 准看護師 区分 看護職員修学資金 看護職員特別修学資金 養成所,高校 国公立 民間立 15,000円 21,000円 対象外 申請方法 例年4月~6月に養成施設を通じて募集を行います。 申請については,各養成施設の事務局へお問合せください。 申請にあたっては,養成所(学校)長の推薦と,連帯保証人2名が必要です。 申請者全員が必ず貸与を受けられるものではありません。 予算の範囲内で選定しますので御了承ください。 参考資料 (1) (2) (3).

次の