首 こり 解消 ストレッチ。 首こりを解消するストレッチの方法まとめ!簡単に1週間で効果が出るやり方って?

肩こりと首こりを同時に解消する魔法のストレッチを紹介!1日5分で頭痛や吐き気を撃退しよう!

首 こり 解消 ストレッチ

首こりのメカニズムは姿勢にある 首がこる理由はシンプル、それは、首の筋肉が頭を支え続けるからです。 その重さを首の筋肉だけで支え続けることはまず不可能です。 肩や背中の筋肉、そして、 脊椎が首の筋肉と一緒に頭の重さを支えています。 首こりの人は、首の筋肉だけが極端に頭の重さを支える姿勢をとっている為、首が疲れてしまっています。 具体的には、頭が肩より前に出る姿勢をとっています。 頭部前方突出、 首猫背などと呼ばれるこの姿勢は、デスクワーカーに非常に多く頭の重さを首の筋肉で支える為、首がこるのです。 姿勢を正さないと首こりは治らない 自分の姿勢が、頭部前方突出かどうか調べる簡単な方法は、鏡に向かって体の側面を映し、耳たぶの位置が肩の真ん中と垂直の位置にあるかを見るだけ。 肩の真ん中と耳たぶが垂直のラインで結べる人は大丈夫ですが、 耳たぶが肩よりも前に位置している人はアウトです。 頭の位置が体の前側に出過ぎることで、肩や背中、脊椎で支えるべき重たい頭の重量が首の筋肉に極端にのしかかり、首こりを生んでいます。 首こりを根本的に解消するには、この頭が体の前側に寄り過ぎている姿勢を改善しなければなりません。 首猫背解消ストレッチのやり方 首猫背の人は、 胸の筋肉(小胸筋)と肋骨についてる筋肉(前鋸筋)が硬くなっています。 後ろに手を伸ばしてストレッチを掛けることで、これらの筋肉が伸ばされて柔らかくなります。 また、首を上に反らすことで首を前に曲げたりする作用のある筋肉(斜角筋)にストレッチが掛かり、首猫背の人が負担を掛けている筋肉をほぐす効果が期待できます。 首のマッサージは胸鎖乳突筋をほぐす 首にある筋肉の中で最も大きな筋肉は、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)で 首を横にねじると浮き上がってくる首すじのラインを作っている筋肉です。 首をねじったり、頭部を下げて頷く動きをしたりする筋肉です。 首にある筋肉で一番大きいのでマッサージする際に筋肉をとらえやすく、ほぐすことで首がとても楽になります。 迷走神経(胃腸の働きやリラックスした時に働く神経)と深い繋がりのある筋肉でもある為、しっかりとマッサージしてほぐすことで、 不眠やストレスにも効果があります。 マッサージのやり方 首を軽くどちらかにねじって、胸鎖乳突筋を浮きだたせます。 浮き出てきたら、 人差し指と親指で優しく摘み上げるように引っ張り上げ離します。 これを胸鎖乳突筋に沿って上下に往復して、回数は3往復を目安に行ってください。 次に、人差し指から小指までの四指を使って円を描く様に、胸鎖乳突筋をほぐします。 特に、コリのひどい人は首の付け根あたりにコリコリとした塊を感じることがあります。 その辺りを狙って重点的にほぐしましょう。 強い力で押さないように優しく円を描きながら行ってください。 マッサージグッズならこれがおすすめ ストレッチもマッサージも自分でするのはめんどくさい。 疲れすぎてそんな気力が持てないと言う人は、首こりに効くマッサージグッズがおすすめです。 寝転がって首をフィットさせるだけで、胸を開き小胸筋と前鋸筋にストレッチを掛けます。 同時に、首すじの筋肉をマッサージしてくれる優れもの。 首こりの 根本的な原因である姿勢の矯正を掛けながら、首のマッサージも行ってくれる一石二鳥のおすすめグッズです。 お湯と頭の重さを利用したグッズ もっと安く手軽に使える物が良いという方には、熱と頭の重さを利用した首こりグッズがおすすめ。 お湯を注いで床に置き、首をフィットさせて寝転ぶだけでいい楽チンマッサージグッズ。 お湯の温かさで首の筋肉を柔らかくし、頭の重さを利用して首にストレッチを掛けてコリをほぐすことが出来る賢いアイテムです。 まとめ 首こりの原因は、首猫背と言われる頭が肩よりも前に出ている姿勢にあり、頭の重さを首だけで支える姿勢の悪さが首の筋肉に負担を掛ける。 姿勢を正すには、胸と肋骨の筋肉をストレッチすることがポイント。 首の筋肉で一番大きな胸鎖乳突筋はマッサージしやすい。 迷走神経にも影響を与えるので、コリをほぐすことで睡眠やストレスにも良い効果が期待できる。 マッサージの際は、優しく摘み上げるように行うこと。 首こりの姿勢を矯正しつつ、首のマッサージまで行ってくれるグッズがおすすめ。 寝転ぶだけで勝手にストレッチと首こりをほぐしてくれる。

次の

肩こり解消法2 首・肩・背中のストレッチ

首 こり 解消 ストレッチ

肩こり解消法1の記事では、肩こりの原因を確認し、肩こりの解消法を下記の6つにまとめました。 肩こりがある人は、経験上、肩周辺(首・肩・背中)の関節・筋肉が硬いことを体感して知っていることと思います。 肩周辺(首・肩・背中)の関節・筋肉が硬いと、正常であれば動かすことが出来ていた動きが出来なくなっている状態です。 また、同時に筋肉の疲労を解消される能力が低下してきますので、筋肉は硬くコリを持った状態になり、結果、肩こりとなります。 この状態を解消するためには、首・肩・背中のストレッチを行うことが必要となります。 ストレッチを行うことで硬かった筋肉は柔軟性を取り戻します。 柔軟性を取り戻した筋肉は硬い関節に対してもよい影響を与えます。 *頚椎症や鞭打ち、靭帯の病気などある場合はこの運動は控えてください。 、まずは担当医に相談してから行いましょう。 息を止めないようにしましょう。 勢いをつけると人間の身体は防御反応が起こり、筋肉を縮めてしまいます。 ストレッチは痛みを我慢してグイグイするものではありませんので、痛みが起こらない範囲で行うようにしましょう。 強い痛みが現れた場合は中止してください。 首筋の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行います。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 耳を肩にくっつけるようなイメージで行いましょう。 首筋の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行います。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 同時にもう一方の手は遠くに伸ばします。 こうするとよりストレッチが効果的に行えます。 (椅子に座っている場合は座板をつかんでも効果的です) 首~肩にかけての筋肉がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 下に位置している方の肩の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 肩の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 こうすると肩甲骨と肩甲骨が離されます。 また、体を前に倒すと背中の筋肉も伸びてきます。 肩甲骨と肩甲骨の間にある筋肉と 背中の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行います。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 背中~脇腹の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行います。 10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。 この7種のストレッチを行うことで肩こりの原因となっている首・肩・背中のカチカチに硬くなった筋肉を個別的にストレッチすることが出来ます。 7種類で少し多いような印象を受ける人もいるおは思いますが、すべてを網羅するにはこのくらいの数のストレッチが必要です。 合わせて、次にご説明するも合わせて行うことで、より肩こり解消に効果的です。 ストレッチと柔軟体操はセットと言ってもいいです^^ ぜひ、次のについても実践してみてください。 本気で肩こりを解消したい人は必見です。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

たったコレだけ!肩こりや首が痛いときのストレッチ方法

首 こり 解消 ストレッチ

首こりを解消するストレッチの方法って? 首こりを解消するストレッチは いくつか種類がありますが、 間違ったやり方をしてしまうと 一層筋肉を損傷してしまう恐れも。 そこで以下に 誰にでも簡単に 合間時間で行なえる、 首こりを解消するストレッチの方法を やり方動画付きでご紹介していきます。 youtube. バランスボールで身体をまっすぐに 位置矯正しながら、 ねじりのストレッチで コリをほぐしていく方法。 全身血流をよくしてやるほかに 正しい場所に骨盤を戻す効果もあるので、 首こり改善のみならず 体幹歪みも治すことができてしまいますよ。 youtube. 首のこりで悩んでいる方は 大抵身体全体が硬いもの。 この際徹底的に全身柔軟を 目指してしまうのも一つの方法です。 こちらは骨盤を意識しながら行うため 体全体のゆがみ改善に働きかけ、 体幹の整えから首こり解消を目指すことができます。 リンパの流れが改善されれば 首こり・肩こりが起きにくくなり、 すっきりしたボディラインも手に入りますよ。 youtube. ゆっくりした動作と呼吸の 合わせ方がポイントのストレッチ。 首こりはストレスも 一因になっている説もあるので、 自律神経を整えるのにもぴったりです。 youtube. 高齢者の方などで首こりをわずらい、 でもあれこれ動かすストレッチは できないという方に、 一押しな柔軟ストレッチです。 仰向けに寝て手を上にのばすだけなので、 これなら毎日取り入れられるでしょう。 挟み込む手ぬぐいやタオルの 位置を少し変えるだけで、 血流が劇的に改善されて 首回りが軽くなります。 youtube. タオルを3枚置く位置に気を付ければ、 あとは腕を胸の高さに挙げて 15秒寝ているだけ。 このあとで ゆっくり首を動かすと 格段にスムーズに回り、 首・肩回りが軽いことに気づくはず。 寝る時も動画に出てくる タオルの並べ方を枕にすると、 首こりの治りの早さもグッとあがるでしょう。 youtube. 傍から見ると何もしていない、 むしろ眠っているように見える 静の柔軟体操となるストレッチ。 横隔膜を意識した深呼吸をすることで 身体全体の血のめぐりを 活発にする効果があります。 youtube. 首こりを引き起こしている 僧帽筋の硬化を集中的に しっかり開き伸ばすので、 凝りかたまりをほぐすことができます。 ポイントが決まったら あとは動かす必要がないため、 首を動かせないくらいの 重度の首こりの方でも行えますよ。 youtube. 深い呼吸法のやり方から 説明されていますから、 ヨガに興味がある方にとっても 入門編になるでしょう。 首回りだけに特化せず、 背筋や腰回りものばすので、 全身の柔軟性も高められそう。 1日1回、バイオリズムを整える時間として 是非取り入れたいストレッチです。 <関連記事> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ いかがでしたでしょうか? 本記事では 首こりを解消するストレッチで、 簡単に1週間で効果が出るやり方を ご紹介して参りました。 首がこってしまうと代謝が悪くなるので 顔色の悪さからむくみまで呼び、 顔が大きく見えるという損な部分もあります。 美容面でもさることながら、 ついには ヘルニアを引き起こしたり 自律神経を乱れされるなどの 健康面での弊害も見過ごせません。 たかが首こり、されど首こり、 軽く見過ごしてしまわずに、 毎日の隙間時間でしっかりと ストレッチによる凝りほぐしを! 以上、『首こりを解消するストレッチの方法まとめ!簡単に1週間で効果が出るやり方って?』の記事でした。

次の