ハルナ バッ チーン。 GANG PARADE

GANG PARADEから本日付けでハルナ・バッ・チーン脱退

ハルナ バッ チーン

GANG PARADEのハルナ・バッ・チーンが、本日2月20日をもってグループを脱退することが発表された。 では脱退について、"先程本人から「本日付けで脱退したい」との連絡を受け、事務所としましても今後の活動が困難であると判断し、本日をもってGANG PARADEを脱退する運びとなりました"と説明されている。 また、本日以降のイベントは9人での出演になるという。 【重要なお知らせ】 ハルナ・バッ・チーンに関しまして 本日をもってGANG PARADEを脱退するはこびとなりました。 詳細については、HPをご確認ください。 冒頭、ラップをふんだんに取り入れたエレクトリックで美しい「行かなくちゃ?」が、いきなりの名曲で心震えた。 続く「I don't say sentiment」は、バンド・サウンドで攻め立てる、ライヴお披露目前ながらアンセム誕生を予感させた1曲。 「パッパラパー」では、個性的な歌声を持つメンバーだからこその唯一無二のコーラス・ワークを堪能でき、「MISSING」では、エスニックなパートから疾走感のあるサビへ展開していく様がたまらなくカッコいい。 前身グループからのファンへ、新たに彼女たちを知ったリスナーへ、どちらに向けても自信を持って太鼓判を押せる名作。 (宮﨑 大樹) GANG PARADEから分裂する形で生まれたWACKの新グループによる1stフル・アルバムは、セルフ・タイトルの"PARADISES"="楽園"を体現する1枚に。 温かなサウンドと4人のフレッシュな歌声が聴き手を優しく包み込む「終わらない旅」や、"私絶対キラメくさ"と高らかに歌い上げるポップ・ロック・ナンバー「TWINKLE TWINKLE」は、聴いているうちに自然と心が開放的な気分になった。 古き良きJ-POPを彷彿させる「ズルい人」のサビメロとコーラスには引き込まれたし、メンバーのピュアな歌声は、「青い春」のようなラヴ・ソングとの親和性もバッチリだ。 全体として耳馴染みのいい1枚は、既存のWACK SLAVEだけでなく、リスナーの裾野をさらに広げていくだろう。 (宮﨑 大樹) 新メンバーのナルハワールドが加入し10人体制になったギャンパレのメジャー初アルバム。 これまであまり愛については歌ってこなかったイメージのある彼女たちだが、本作では、まっすぐな愛を表現した「らびゅ」、ユメノユアが日常で感じた歪んだ愛を歌詞にしたという「ALONE」、南国情緒溢れるサウンドで陽気な愛を感じさせる「LOVE COMMUNICATION」と、"LOVE PARADE"のタイトル通り、実に様々な愛が歌われている。 王道なテーマとも言えるが、ひとりひとりの個性が強いギャンパレが歌うからこそ、多様な愛の形を表現した曲の説得力がより高まった印象だ。 (宮﨑 大樹) "苦労人"ギャンパレが満を持して世に送り出すメジャー・デビュー作品。 彼女たちの門出を祝うようなイントロから始まる表題曲「ブランニューパレード」は、野外フェスや5月に行う東阪野音のステージが似合いそうなストレートなロック・チューンで、ギャンパレのアイドルとしての姿勢や歴史を語るような自己紹介ソングに仕上がっている。 音の響きを意識しつつも意味があり、さらに文字の見た目としてのカッコ良さも考えているという秀逸な歌詞なので、ぜひ歌詞カードを片手に堪能してほしい。 ギャンパレが持つふたつの魅力を知ることができる、メジャーへの挨拶代わりの1枚だ。 (宮﨑 大樹) 現9人体制初のアルバム。 オープニング・トラックの「LAST」は、決して順調なことばかりではなかったグループの歴史がフラッシュバックするような歌詞で、傷つきながらも前に進もうとする強い意志を感じる1曲だ。 そのほかの新曲はメンバーが作詞を手掛けており、振り切りすぎている「HERETIC」、「正しい答えが見つからなくて」や、皮肉を込めた歌詞をノリノリな曲に乗せる「Jealousy Marionnette」、温かくてほっこりする「Message」、冷たくも美しい「BOND」、そしてハルナ・バッ・チーンが作曲したグループ初の和テイストな1曲「夜暗い夢」といった、メンバーの個性が弾けるカラフルな曲が揃う。 いずれもアンセムとなっているシングル3曲も収録され、文句なしの名盤に仕上がった。 (宮﨑 大樹) GANG PARADEの現体制2作目のシングル。 「CAN'T STOP」はそのタイトルどおり、シーンを立ち止まることなく走り続ける彼女たち自身を歌う歌でもあり、一方で、優しい歌詞とリラックスした歌声で聴き手にそっと寄り添うような1曲でもある。 表題曲としては珍しいミドル・テンポの曲だが、そんな"らしくなさ"も、個性の塊のようなメンバーの歌声が入ることでしっかりとGANG PARADEのカラーに染め上げた。 セリフ調のパートや、癖の強い歌い方など、遊び心溢れるギミックもあり、そのエンタメ性の高さは"みんなの遊び場"をコンセプトとする彼女たちらしい。 (宮﨑 大樹) 新9人体制で初となるシングル。 今作は大きな会場が似合いそうなスケール感のある楽曲が揃っている。 表題曲はイントロから荘厳な鍵盤が響き、ストリングスを効果的に用いた美しくも躍動感に溢れた曲調。 "ウォーウォーウォー!"という合唱ポイントもあり、ライヴでの一体感を高める強力ソングと言っていい。 いばらの道を突き進みながら、高みを目指そうとするリアルな心情が綴られた歌詞も共感を誘う。 特に"はみ出た分だけ 新たな続きが 溢れ出すの"というフレーズがドラマチックに響いた。 新たな代表曲になりそうな名曲だ。 癖の強い歌い回しも中毒性が高く、こちらもライヴで抜群の威力を発揮しそう。 (荒金 良介) 2018年の幕開けを告げるニュー・シングルは、なんでも乗りこなすGANG PARADEの音楽的振れ幅を象徴する、熱さと遊び心を兼ね備えた内容に仕上がった。 表題曲はギャンパレ初のツー・ビートを用いたパンキッシュなナンバーで、道を壊して未来に突き進むんだ! という想いと見事にシンクロした曲調。 コール&レスポンスできるパートもあり、ライヴでは観客を巻き込んでシンガロングの嵐を巻き起こすアンセム曲になるだろう。 楽曲と歌詞を照らし合わせることで、より一層エモーショナルに響いてくる。 歌詞と曲調とのギャップに心を奪われつつ、一度聴いたらヤミツキになる中毒性がある。 濃厚なシングルだ。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg.

次の

GANG PARADEのハルナ・バッ・チーンが脱退してしまった。

ハルナ バッ チーン

ハルナバッチーン脱退理由は病気? まさかのギャンパレのリリイベが最初で最後のハルナになるなんて…。 GANG PARADEからハルナ・バッ・チーンが脱退することが発表された。 オフィシャルサイトによるとハルナ本人から「本日付けで脱退したい」という連絡があり、事務所は今後の活動が困難であると判断。 本日2月20日でグループを脱退することとなった。 本日以降のイベントに関してはハルナを除く9人での出演となる。 ハルナは2018年3月に行われたオーディション「WACK合同オーディション2018」に合格し、同年4月にGANG PARADEのメンバーとしてお披露目された。 GANG PARADEの公式サイトでは、『ハルナ・バッ・チーン脱退のお知らせ』というタイトルで公式コメントが掲載されています。 参考: 公式サイトの発表によれば、本人の意志による脱退ということだけが書かれており、具体的な脱退理由は明言されていません。 一部では『病気?』などと体調を心配する声も上がっていますが、直近までライブなどでも元気な姿を見せており、体調を崩しているようには見えませんでした。 ハルナ本日付け脱退か…….. 2回しか会ったことないけど可愛かったなあ わっくは急に病んで急に脱退パターン多すぎ。 今日で辞めるって言うなんてよっぽど色々溜め込んでてしんどかったんだろうなメンタルケアしてあげて……. ちなみに、2020年2月20日現在、ハルナさんのツイッターアカウントは閉鎖されています。 ハルナ・バッ・チーンさんについても、12月31日生まれの千葉県出身であること以外、経歴に関する情報は公表されていない状況です。 一応、年齢は非公表のようですが、ファンの方が運営するサイトなどによると2002年生まれであることが記載されています。 また学生時代は一説によると中学生のとき不良であり、ほとんど学校に行っていなかったと言われています。 ちなみに、アイドル活動は2018年に行われたWACK合同オーディションから。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 元々BiSHに興味湧いてて2年前の野外音楽堂に初めて現場に踏み入れその時にオーデに受かったのがハルナでめちゃくちゃにそこから好きになってギャンパレ大好きになってアイドルオタクに初めてなって知らない感情いっぱい教えてもらいました ハルナのおかげでアイドルオタクに ハルナがいなくなった事実よりも、最後に会えない、何も話すこともできないハルナ推しの人たちや遊び人のことを考えると苦しい ハルナちゃん脱退。 お疲れ様でした…。 ちょっと元気なさそうな感じがしたし、当日付ってことはよっぽど疲れちゃったのかな。 とりあえず今は休んでください。 お元気で。 私は本名にはるが入ってるから、勝手に親近感湧いてました。

次の

ハルナバッチーン脱退理由は病気?出身高校や年齢経歴など

ハルナ バッ チーン

Contents• ハルナ・バッ・チーンがGANG PARADE脱退 2020年2月20日付けでハルナ・バッ・チーンさんが突如として脱退することが発表されました。 脱退の内容はどのようなものだったのでしょうか? 遊び人の皆さま いつもGANG PARADEを応援いただき誠にありがとうございます。 メンバーのハルナ・バッ・チーンにつきまして、 先程本人から「本日付けで脱退したい」との連絡を受け、 事務所としましても今後の活動が困難であると判断し、 本日をもってGANG PARADEを脱退する運びとなりました。 本日以降のイベントに関しましては、9人での出演となります。 遊び人の皆様、関係者の皆様には突然の発表となりましたこと、 心よりお詫び申し上げます。 今後ともGANG PARADEへの応援、何卒よろしくお願い申し上げます。 出典:GANG PARADE 公式サイト このように、発表内容には 「本人から本日付けで脱退したい」という連絡が入り、それを事務所が受理したという内容になります。 ただ、普通はグループを脱退するにしても予め脱退について事務所と話し合ったり、脱退が決まったとしても先の予定であることが多いですよね。 それに対して今回は、ハルナ・バッ・チーンさん本人から連絡があったその日のうちに脱退を発表したことが気になります。 また、発表内容にある 「事務所としましても今後の活動が困難であると判断し〜」というのも、何だか意味深ですよね。 そこでハルナ・バッ・チーンさんについて色々調べていたところ、脱退の理由に繋がるのではないかという情報が出てきました。 ハルナ・バッ・チーン脱退の理由は本人の性格に原因がある? ここで、ハルナ・バッ・チーンさんのプロフィールについて見てみましょう。 ・ ネガティブで、毎日夜20時からメンタルブレイクがくる ・ 評価されるのが嫌いで、アイドルは絶対に向いていない職業だと語る ・ オーディションに落ちたら死んでいた気がする。 人生に飽き飽きだった ・GANG PARADEとして大きいステージに立ちたい このように、ハルナ・バッ・チーンさんは 性格的に病みやすく、精神的には不安定になることが多いように見受けられます。 学生の頃は荒れていたようで、 小学生の頃は学校の授業が嫌過ぎてダッシュで逃げたり、中学校生活では学校の先生にいじめられたことが原因でヤンキー化するなどのエピソードもあります。 具体的には、 金髪や赤髪で学校に行っていたり、夜8時に学校に乗り込んで教室の机を全部外に投げたり、先生に悪口を書いた手紙を送りつけた などです。 また、家族と仲が良かったとは言えず、WACKのオーディションを受ける前はしばらく家に帰っていなかったようで、「捜索届け出すよ」とまで言われたそうです。 おじいちゃんには「8万円ちょうだい」と言ったら車にはねられかけたこともあるそうで、家庭環境もかなり荒れていたんだということが分かります。 そういった荒れた家庭環境やいじめを受けたことが原因で、ハルナ・バッ・チーンさんは学生生活を楽しく過ごせなかったんだと思います。 「WACKのオーディションに合格していなければ死んでたかも」というのも、ハルナさんの心情を察するとそう思ってしまうのも無理がないと思います。 GANG PARADEに加入してからは多くのファンから応援され、また表情も明るかったように感じますが、もしかしたらハルナさんの性格上、 仕事をしながら何かあっても誰にも愚痴を吐けずに一人でストレスを抱え込んでしまい、その溜まりに溜まったストレスが爆発してしまったのかもしれないですね…。 ハルナ・バッ・チーンの今後の活動は? 2月20日付けで突如GANG PARADEから脱退を発表したハルナ・バッ・チーンさんですが、今後の活動はどうなるのでしょうか? 通常は事務所から発表があってから、脱退を表明した本人から脱退の理由などが語られる他、今後どのように活動していくのかも語られることが多いですが、今回に至ってはハルナ・バッ・チーンさんは事務所に急な申し出をして脱退しているため、詳細な脱退理由を語ったり卒業ライブをすることなどは、残念ながらないと思われます。 そのため、ハルナ・バッ・チーンさんの今後としては、アイドルではなく一般人として生活していくことになるのだろうと思いますが、 「オーディションに落ちたら死んでいた気がする。 人生に飽き飽きだった」 と語っていたので、脱退してまた同じような人生を送ってしまわないかがとても心配です。 今後おそらく事務所からの発表はないかと思われますが、また何かあり次第更新します。

次の