シンドラー の リスト。 シンドラーのリスト “真実のオスカー・シンドラー” : 緒方-ヴェストベルグ 美樹の “グローバル インナーマッスル”

映画「シンドラーのリスト」を見ました。

シンドラー の リスト

舞台は1939年、第二次世界大戦下のポーランドのクララフという街。 ユダヤ人排斥が深刻さを増す中、チェコ生まれのドイツ人実業家オスカー・シンドラーは私腹を肥やしていました。 ナチス親衛隊との親密な関係を利用し、大勢のユダヤ人を自社のほうろう工場で安い給料で雇い、大きな利益を上げていたのです。 その中でもシンドラーが頼りにしていたのは計理士のシュターンという中年男性でした。 シュターンは持ち前の頭の良さを活かし、シンドラーの右腕として工場を切り盛りしていました。 シンドラーがユダヤ人の働きで得た利益で酒に女にと娯楽を思いのままに楽しむ一方、シュターンはその立場を活用し、できるだけ多くの同胞を救うべくシンドラーの工場で有能なユダヤ人を次々と雇っていました。 そんな中、ナチスによるユダヤ人への締め付けはさらに激しさを増します。 シンドラーは自社の工場に勤めるユダヤ人を奪われることのないよう、自らが持つコネクションを最大限に利用しました。 シンドラーがそうした行動に出たのは、優秀な作業員を失いたくないという理由からでした。 シンドラーはあくまでユダヤ人を労働力としか見ていなかったのです。 しかし、ユダヤ人収容所所長ゲートはユダヤ人に対して容赦なく、シンドラーの予想を超える残酷さを持つ人物でした。 ポーランドに暮らすユダヤ人は次々と財産を奪われ、収容所へと連行されていきました。 その中には、シュターンらシンドラーの下で働くユダヤ人も多く含まれていました。 逃げようとする者もいましたが、ナチスは執拗に追跡を行い、虐殺を続けていました。 シンドラーは虐殺を主導するゲートと面会の場を持ち、収容所に捕らわれた従業員たちを以前のように工場で働かせたいと希望を伝えます。 ゲートはシンドラーの望む通り、シュターンら一部のユダヤ人の工場勤務を許可。 しかし、ゲートはユダヤ人を使ってビジネスで成功するシンドラーを快く思っていませんでした。

次の

20世紀最大の悲劇…『シンドラーのリスト』で描かれた収容所の生存者が語る真実とは

シンドラー の リスト

タグ Chara Free! セリフに込められた監督の思い 「シンドラーのリスト」は単なる娯楽映画ではなく、史実を基に描かれた人間の歴史です。 劇中には 監督を務めたスティーヴン・スピルバーグの思いが溢れています。 監督スティーヴン・スピルバーグはユダヤ系 スティーヴン・スピルバーグは、 ウクライナ系ユダヤ人です。 スピルバーグ監督が生まれた2年後の1948年には、ユダヤ人国家イスラエルが誕生しています。 この時アメリカは、イスラエルを支援する立場を取りました。 しかし アメリカ国内でのユダヤ人の立場はあまりいいものではなかったようです。 ディスレクシアのために同級生より読み書きを修得する速度が遅く、このためいじめも受けたこともあった。 wikipedia. また2006年、レバノン侵攻時にユダヤ人の国イスラエルに多額のお金を寄付しています。 スピルバーグ監督がユダヤ人であったということは、映画「シンドラーのリスト」に 大きく影響しているのではないでしょうか。 監督の心の声 劇中でシンドラーは、ユダヤ人のシュターンに下記の台詞を伝えます。 私はドイツ人だ。 だから何だ。 シンドラーがユダヤ人に対し同じ人間として、ひとりの人として向き合う姿に強さを感じます。 現代日本でこそ当たり前のことですが、戦時中のドイツ国内で彼のような考え方が出来るのは ごく稀な人物だけです。 そしてこのセリフは、ユダヤ人の血を引く スピルバーグ監督の心の声ともいえるのではないでしょうか。 ユダヤ人の辿った悲痛の歴史は、今なお 心の奥に影を落としているようです。 タイトルにもなった「シンドラーのリスト」 劇中に映画タイトルともなったリストが登場します。 これは善のリストです。 このリストは命だ。 シンドラーは戦争という異常な空間において、しっかり善悪の判断が出来たのです。 監督は 「善」を強調しています。 このリストこそが、異常な戦時中における一つの正義であり善なのです。 希望のリストですが、多くのユダヤ人の内たった1000人ほどしか助けられないという 悔しさも感じるセリフです。 監督が同じ時代その場にいたら…… 劇中でシンドラーは下記の台詞を口にします。 もっと救えたはずだ。 もっと多くの人を。 わからないが…できたはずだ。 この思いは 観客の思いであり、 監督の思いでもあります。 もしスピルバーグ監督が同じ時代にいたら、彼もシンドラーと同じことをしたかもしれない……。 可能なら一人でも多くの人を助けたかった。 シンドラーの台詞が監督の胸の内とこだまするようです。 世界に向けたメッセージ この映画は、戦争を知らない世代へ向けて作られています。

次の

シンドラーのリストのレビュー・感想・評価

シンドラー の リスト

解説 第二次大戦下、1200人のユダヤ人をナチスの虐殺から救った実在のドイツ人実業家の姿を、ドキュメンタリー・タッチで描いた大作。 第66回アカデミー賞では最優秀作品賞・監督賞ほか、7部門を受賞した。 トマス・キニーリーの同名ノンフィクション小説を「レナードの朝」のスティーヴン・ザイリアンが脚色し、「ジュラシック・パーク」のスティーヴン・スピルバーグが映画化。 製作はスピルバーク、「ジュラシック・パーク」のジェラルド・R・モーレン、「ソフィーの選択」でプロダクション・デザイナーを務めたブランコ・ラスティグの共同。 エグゼクティヴ・プロディーサーは、スピルバーグ作品のほとんどを手がけているキャスリーン・ケネディ、撮影はヤヌス・カミンスキー。 音楽は、監督とは14度目のコンビとなるジョン・ウィリアムス(2)。 主演は「ダークマン」のリーアム・ニーソン。 共演は「ボビー・フィッシャーを探して」のベン・キングスレイ、「嵐が丘」(92)のレイフ・ファインズら。 1993年製作/アメリカ 原題:Schindler's List 配給:UIP ストーリー 39年、ポーランド南部の都市クラクフにドイツ軍が侵攻した。 ドイツ人実業家のオスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)は、一旗揚げようとこの街にやって来た。 彼は金にものを言わせて巧みに軍の幹部たちに取り入り、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。 ユダヤ人会計士のイツァーク・シュテルン(ベン・キングズレイ)をパートナーに選んだシンドラーは、軍用ホーロー容器の事業を始める。 41年3月、ユダヤ人たちは壁に囲まれたゲットー(居住区)に住むことを義務づけられる。 シュテルンの活躍で、ゲットーのユダヤ人たちが無償の労働力として、シンドラーの工場に続々と集められた。 事業はたちまち軌道に乗り、シンドラーはシュテルンに心から感謝したが、彼の差し出すグラスにシュテルンは決して口をつけようとしなかった。 シンドラーはドイツ人の愛人イングリートをはじめ、女性関係は盛んな男だった。 別居中の妻エミーリェ(キャロライン・グッドール)は、そんな奔放な夫の生活を目撃し、彼の元を去った。 43年2月、ゲットーが解体され、ユダヤ人たちはプワシュフ収容所に送られることになった。 ゲットーが閉鎖される当日、イングリートを連れて馬を走らせていたシンドラーは、小高い丘からその様子を目撃した。 親衛隊員たちは住民を家畜のように追い立て、抵抗する者、隠れようとする者、病人など、罪もない人々を次々に虐殺していった。 その悲惨な光景の中、シンドラーの目に赤いコートを着た少女が隠れるところが映る。 (このコートの赤はパート・カラーで示される)収容所に着任したアーモン・ゲート少尉(レイフ・ファインズ)は所内を見下ろす邸宅で、酒と女に溺れる生活を送る一方、何の感動もなく無造作に囚人たちを射殺していた。 シンドラーは地獄図に耐えかねて、生産効率の向上という名目でユダヤ人労働者を譲り受け、私設収容所を作ることを許可してもらう。 シンドラーは、ゲートのメイドとして働くヘレン(エンベス・デイヴィッツ)にも希望を与える。 44年、敗色濃いドイツ軍は、ユダヤ人をアウシュヴィッツをはじめとする死のキャンプに送り込みはじめた。 シンドラーはチェコに工場を移すという理由で、ユダヤ人労働者を要求する。 急ぎリストアップされたのは1200人。 途中、女性囚人がアウシュヴィッツへ移送されたが、シンドラーは役人にワイロを渡し、彼女たちを救い出す。 彼の工場は武器弾薬の製造にも、徹底して不良品を作ることで抵抗する。 やがて45年、ドイツ無条件降伏。 ユダヤ人は開放された。 ネタバレ! クリックして本文を読む ずっと気になっていて、やっと鑑賞。 3時間超えの超大作且つ白黒映像にも関わらず、夢中で見入ってしまった。 本作品は、シンドラー氏の心境が、状況と共に変化していくところが見所だと私は思う。 徐々にユダヤ人の生命が危うくなっていく感じも、私としては見応えがあった。 最も、ユダヤ人がゲットーへ移住させられるところから、誤ってアウシュビッツへ移送させられ、シンドラー氏が助けに来るまでは終始気を抜けず、心臓ががバクバクしていた。 ホラー映画を観るよりも心臓が飛び跳ねた。 戦々恐々とした状況が実際にあったということを脳裏に思い浮かべながら観ると背筋が凍るほど。 身震いもした。 あのような状況で必死に生きることを選択することも勇気がいると思うし、シンドラー氏のように、同胞で無く寧ろ蔑んでいた者を、心境の変化とは言えど助ける勇気は相当なものだっただろう。 善と悪が凄まじく入り混じる描写に、『これが戦争だ』と彷彿とさせてくれたのも、大変によかった。 そして観終わった後も少々鼓動が止まらない…。 これは今の若者が、人生で一度は必ず観たほうが良い映画だと思う。 『生命』を軽く扱ってはいけない。 この世に生まれ立ったからには、『生命』は大切にしなければならない、重んじなければならない。 今、この平和な時代だからこそ、本作品を観て思った次第である。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の