春 献立 レシピ。 おいしい給食レシピ集|足立区

春キャベツの和風ホイコーロー レシピ 斉藤 辰夫さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

春 献立 レシピ

この1か月というもの、食事の準備に追われ、気がつけばずっとキッチンにいるような気がする…という人も多いのでは? 家族がいればなおさら、何を食べようか、何を食べさせようかと悩み、実は大きな負担になっていくもの。 有里:毎日食事を作り続けるのは、当たり前のことのようで、実は簡単ではないですよね。 ご自身やおうちのかたが在宅勤務をされていたり、学校がお休みでお子さんが常に家にいたりすると、なおのこと大変だと思います。 外出自粛生活の中で食べることは貴重な楽しみだし、栄養バランスも気になるけど、最近はもう何を作ったらいいか思い浮かばなくて…。 有里:そこで、今日は栄養がたっぷりつまった、旬の春キャベツのヘルシーアレンジレシピをご紹介します。 春キャベツは千切りにする。 れんこんは皮のまますりおろしておく。 小ねぎは小口切りにしておく。 【2】 フライパンに油(分量外)をしいて熱し、豚肉をさっと炒め、春キャベツも加えて炒める。 キャベツが少ししんなりしたら、ボウルに取り出しておく。 【3】 ボウルに卵とすりおろしたれんこんを入れてよく混ぜたものを、油(分量外)をしいて熱したフライパンにクレープのように流し入れ、すぐに中央に【2】をのせる。 両端からオムライスのように【2】を包み込み、皿に盛り付ける。 【4】 お好み焼きソースと小ねぎをかけたらでき上がり。 それに、栄養もたっぷり! キャベツはもともとビタミンCの含有量が多い野菜なのですが、春キャベツはその1. 3倍のビタミンCが含まれていると言われています。 美肌効果や免疫力を高める効果が期待できます。 それに、美肌という点でいうと、春キャベツには一般的なキャベツの3倍ものカロテンが含まれているので、アンチエイジング効果も期待できるんです。 有里:そうですね。 他にも、むくみ防止に効果的なカリウムや老廃物の排出を助けてくれるクエン酸、リンゴ酸、コハク酸、食物繊維なども含まれているので、デトックスに最適な野菜でもあります。 有里:はい。 シンプルにサラダやポトフにしてもおいしいですが、今回は長引く自炊生活の中の変化球になればと思って、とん平焼きにしてみました。 お子さんがいるご家庭などでは、ホットプレートでワイワイしながら焼いて食べるのも楽しくておすすめです。 その場合は、オムライスのように包まなくてもOK。 まさに、そんなときにもおすすめです。 キャベツには胃の調子を整えるはたらきもあるので、胃もたれとも無縁ですし、私も現役時代に遠征先でとん平焼きを食べてからというもの、おいしさと軽さにハマって、週に何度も作っていた時期がありました。 有里:片栗粉などを使うレシピも多いですが、今回はよりヘルシーに仕上げるため、卵とれんこんで生地を作りました。 れんこんには粘膜を強化するビタミンCなどが豊富に含まれていて、免疫力を高める効果が期待できるんです。 有里:その通り。 れんこんは皮に特に栄養がつまっているので、皮ごとすりおろすのがポイント。 れんこんのザラザラ感が気になるかたは、すりおろし汁大さじ2を加えるといいですよ。 それから、ソースをかける際には、ビニール袋にソースを入れて、袋の端を少し切り、素早く左右に振りながらかけると、おいしそうに仕上がります。 有里:そうですよね。 長引く自粛生活の中で、楽しみにしていた予定がキャンセルになってしまったからも多いと思いますが、今はおうちの中でできることにささやかな楽しみや喜びを1つでも多く感じていけたらいいですね。 今は食べる楽しみのウェイトが普段より重くなっている反面、マンネリで献立を考えるのも億劫になっていたので、新しいレシピはモチベーションを上げてくれそうです。 手軽に旬の野菜をたっぷり食べられるのもうれしい! 有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございました! 有里:こちらこそ! みずみずしく、甘みのある春キャベツは、それだけでもごちそう。 マヨネーズをかけなくても、十分においしく味わえます。 旬のものには栄養もたっぷり含まれているので、楽しく作って、楽しく食べて、心と体にエネルギーをチャージしてくださいね。 一品で満足できて栄養バランスも抜群のヘルシーとん平焼きは、マンネリを打破したいときや、ちょっと手を抜きたいときにもおすすめの一品。 家族と一緒にホットプレートを囲めば、楽しいおうち時間になるはず。 みずみずしい旬の春キャベツのおいしさを存分に味わってみてはいかがでしょうか。 レシピ考案:市橋有里 いちはし・あり。 1977年11月22日、徳島県生まれ。 アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。 1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。 2000年、シドニーオリンピック日本代表。 「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

次の

おいしい給食レシピ集|足立区

春 献立 レシピ

この1か月というもの、食事の準備に追われ、気がつけばずっとキッチンにいるような気がする…という人も多いのでは? 家族がいればなおさら、何を食べようか、何を食べさせようかと悩み、実は大きな負担になっていくもの。 有里:毎日食事を作り続けるのは、当たり前のことのようで、実は簡単ではないですよね。 ご自身やおうちのかたが在宅勤務をされていたり、学校がお休みでお子さんが常に家にいたりすると、なおのこと大変だと思います。 外出自粛生活の中で食べることは貴重な楽しみだし、栄養バランスも気になるけど、最近はもう何を作ったらいいか思い浮かばなくて…。 有里:そこで、今日は栄養がたっぷりつまった、旬の春キャベツのヘルシーアレンジレシピをご紹介します。 春キャベツは千切りにする。 れんこんは皮のまますりおろしておく。 小ねぎは小口切りにしておく。 【2】 フライパンに油(分量外)をしいて熱し、豚肉をさっと炒め、春キャベツも加えて炒める。 キャベツが少ししんなりしたら、ボウルに取り出しておく。 【3】 ボウルに卵とすりおろしたれんこんを入れてよく混ぜたものを、油(分量外)をしいて熱したフライパンにクレープのように流し入れ、すぐに中央に【2】をのせる。 両端からオムライスのように【2】を包み込み、皿に盛り付ける。 【4】 お好み焼きソースと小ねぎをかけたらでき上がり。 それに、栄養もたっぷり! キャベツはもともとビタミンCの含有量が多い野菜なのですが、春キャベツはその1. 3倍のビタミンCが含まれていると言われています。 美肌効果や免疫力を高める効果が期待できます。 それに、美肌という点でいうと、春キャベツには一般的なキャベツの3倍ものカロテンが含まれているので、アンチエイジング効果も期待できるんです。 有里:そうですね。 他にも、むくみ防止に効果的なカリウムや老廃物の排出を助けてくれるクエン酸、リンゴ酸、コハク酸、食物繊維なども含まれているので、デトックスに最適な野菜でもあります。 有里:はい。 シンプルにサラダやポトフにしてもおいしいですが、今回は長引く自炊生活の中の変化球になればと思って、とん平焼きにしてみました。 お子さんがいるご家庭などでは、ホットプレートでワイワイしながら焼いて食べるのも楽しくておすすめです。 その場合は、オムライスのように包まなくてもOK。 まさに、そんなときにもおすすめです。 キャベツには胃の調子を整えるはたらきもあるので、胃もたれとも無縁ですし、私も現役時代に遠征先でとん平焼きを食べてからというもの、おいしさと軽さにハマって、週に何度も作っていた時期がありました。 有里:片栗粉などを使うレシピも多いですが、今回はよりヘルシーに仕上げるため、卵とれんこんで生地を作りました。 れんこんには粘膜を強化するビタミンCなどが豊富に含まれていて、免疫力を高める効果が期待できるんです。 有里:その通り。 れんこんは皮に特に栄養がつまっているので、皮ごとすりおろすのがポイント。 れんこんのザラザラ感が気になるかたは、すりおろし汁大さじ2を加えるといいですよ。 それから、ソースをかける際には、ビニール袋にソースを入れて、袋の端を少し切り、素早く左右に振りながらかけると、おいしそうに仕上がります。 有里:そうですよね。 長引く自粛生活の中で、楽しみにしていた予定がキャンセルになってしまったからも多いと思いますが、今はおうちの中でできることにささやかな楽しみや喜びを1つでも多く感じていけたらいいですね。 今は食べる楽しみのウェイトが普段より重くなっている反面、マンネリで献立を考えるのも億劫になっていたので、新しいレシピはモチベーションを上げてくれそうです。 手軽に旬の野菜をたっぷり食べられるのもうれしい! 有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございました! 有里:こちらこそ! みずみずしく、甘みのある春キャベツは、それだけでもごちそう。 マヨネーズをかけなくても、十分においしく味わえます。 旬のものには栄養もたっぷり含まれているので、楽しく作って、楽しく食べて、心と体にエネルギーをチャージしてくださいね。 一品で満足できて栄養バランスも抜群のヘルシーとん平焼きは、マンネリを打破したいときや、ちょっと手を抜きたいときにもおすすめの一品。 家族と一緒にホットプレートを囲めば、楽しいおうち時間になるはず。 みずみずしい旬の春キャベツのおいしさを存分に味わってみてはいかがでしょうか。 レシピ考案:市橋有里 いちはし・あり。 1977年11月22日、徳島県生まれ。 アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。 1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。 2000年、シドニーオリンピック日本代表。 「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

次の

学校給食で人気の【メニューランキング&レシピ】を調理員が公開中!ヽ(^_^)

春 献立 レシピ

おいしい給食レシピ集 足立区の給食は、できたてを提供するために各校調理方式をとり、天然だし・薄味を基本とし、すべて食材から調理しています。 また、各校に配属された栄養士が、献立に工夫を凝らし、味つけや塩分量を管理するなど、子どもたちにおいしく給食を食べてもらおうと様々な取り組みを行っています。 このたび、足立区内の全小・中学校がおススメする給食メニューのレシピ集を作りました。 給食をおいしく食べるための工夫がいっぱい詰まった各校の給食メニューを、ご家庭でも味わってみませんか。 「あだちおいしい給食グランプリ2018」受賞作品献立 今回、受賞した3作品の家庭用レシピです。 あだちのおいしい給食「自慢の献立」 あだち広報(毎月10日号)でご紹介できなかった家庭用レシピです。 平成28年3月10日号(、)• 平成28年2月10日号()• 平成28年1月1日号(、、)• 平成27年12月10日号(、)• 平成27年11月10日号(、、)• 平成27年10月10日号(、)• 平成27年9月10日号()• 平成27年8月10日号()• 平成27年7月10日号()• 平成27年6月10日号(、) 第10回全国学校給食甲子園で女子栄養大学特別賞を受賞した献立 あだち広報(平成28年1月25日号)でご紹介した献立の家庭用レシピです。 イベントで紹介したメニュー• 季節の献立を手作り・手作りで本格派・家庭で作る魚料理• ご飯に合う手作りふりかけ・子どもが喜ぶ手作りドレッシング• 親子で作ろう・給食の手作りデザート 学校で選ぶ• メニューで選ぶ.

次の